« 秋季西部地区大会4日目(8月18日)~浜松球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会7日目(8月23日)~掛川球場レポート »

2017年8月21日 (月)

秋季東部地区大会6日目(8月21日)~富士球場レポート

<富士球場・敗者復活2回戦>
星陵 1 - 0 富士市立
富士 9 - 2 吉原工(7回コールド)

 この日のお目当ては星陵の川島レオナルド(2年)。勝ち抜き1回戦の日大三島戦で敗れたはしたものの、愛鷹球場のスピードガンで137キロをマークしたという話を耳にしていました。

08211_3 川島は初回からビシビシと低めに決めて、6回までノーヒットに抑える快投。7回に2安打を浴びたものの、8回、9回も安打を許さず、完封勝利を飾りました。
 前の試合までは球が浮いてしまうことが多かったそうですが、この日はリリース時だけに力を入れることを意識。結果的に力が抜けて、キレのあるボールにつながったとのことです。
 イラン人の父と、ブラジル人の母を持つ川島。ほぼ上半身だけで140キロ近く投げてしまう馬力、そしてダイナミックなフォームに魅力を感じました。持っているエンジンの大きさが違います。
 実は星陵にはもう一人、楽しみな投手がいます。加藤秀明監督が「今日は川島とどちらを先発にしようか迷った」という左腕・斎藤アラン拓海(1年)です。この日はファーストで出場。次はぜひ、斎藤の投げる姿も見たいと思います。

 08212川島の快投が目を引いた試合ですが、影のヒーローは「1番センター」の鈴木海渡(2年)ではないでしょうか。守備での一歩目が速く、二塁ベース後方のフラフラっと上がった打球を2球もダイビングキャッチ。さらに9回、1死二三塁というピンチでセンターにフライが飛ぶと、タッチアップした三塁走者を刺しにいくのではなく、少し飛び出していた二塁走者を見て、セカンドに送球。併殺を完成させて試合終了となりました。視野が広く、状況判断が素晴らしかったです。もし、鈴木がいなかったら、この試合の勝負はどうなっていたのか…。富士ボーイズ時代は県選抜にも選ばれていた選手。野球センスを感じました。(編集部・栗山)

<写真上/富士市立相手に2安打完封を飾った川島レオナルド(星陵)>
<写真下/打撃面ではノーステップから鋭い打球を放つ鈴木海渡(星陵)>

|

« 秋季西部地区大会4日目(8月18日)~浜松球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会7日目(8月23日)~掛川球場レポート »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65692494

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東部地区大会6日目(8月21日)~富士球場レポート:

« 秋季西部地区大会4日目(8月18日)~浜松球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会7日目(8月23日)~掛川球場レポート »