« 「静岡県高校野球メディカルサポートスキルアップ研修会」が開催されます! | トップページ | 静岡高出身・村木文哉(筑波大)が東海大相手に好投! »

2017年9月30日 (土)

秋季県大会準々決勝(9月30日)~草薙球場レポート

 秋季県大会は準々決勝4試合が行われました。ベスト4に残ったのは、静岡高、静岡市立、常葉大橘、常葉大菊川の4チーム。準決勝は明日、草薙球場で開催されます。

第1試合 静岡高 6-3 知徳

 09301_3静岡高は初回、2番・斎藤來音が左中間を破る三塁打を放つと、続く3番・黒岩陽介のセンター前タイムリーで1点を先制する。さらに3回には5番・木下将吾のタイムリー二塁打などで一挙4点を追加。5回にも1点を挙げ、6点のリードを奪う。一方の知徳は4回からマウンドに上がった2番手の小船歩が好投し、徐々に流れを引き寄せる。6回に1点を返すと、8回には9番・塙翔貴の2点タイムリーで3点差まで迫る。しかし、反撃はそこまで。逃げ切った静岡高がベスト4進出を決めた。

静岡高・栗林俊輔監督
「まだ全部の歯車が噛み合って押し切るだけの力はない。まだまだ力不足。頑張ってやるしかない」

<写真/2安打3打点の活躍を見せた黒岩陽介(静岡高)>

★第2試合 常葉大菊川 11-1 磐田東(5回コールド)

09302_2 先制したのは磐田東。常葉大菊川・漢人友也の立ち上がりをとらえ、1死一三塁から4番・小林卓登のセンター前タイムリーで1点を先制する。しかし、常葉大菊川は3回にランナーを一人置き、打席に4番・鈴木淋央を迎える。「漢人を助けたかった」と、鈴木は4球目をとらえると、打球はレフトスタンドへ一直線。2試合連続となる豪快な一発を放ち、逆転に成功する。これで一気に常葉大菊川ペースとなると、5回には長短7安打を集中する猛攻。この回、9得点を挙げて、コールド勝ちを決めた。

常葉大菊川・高橋利和監督
「初回に1点を取られたが、あとの満塁のピンチをしのげたことが大きかった。あの場面は3点くらいの失点を覚悟していた。(鈴木)淋央がポイントで打ってくれていることが大きい。明日は絶対に負けられない試合。チームをいい感じにもっていきたい」

<写真/3回に逆転2ラン本塁打を放った鈴木淋央(常葉大菊川)>

|

« 「静岡県高校野球メディカルサポートスキルアップ研修会」が開催されます! | トップページ | 静岡高出身・村木文哉(筑波大)が東海大相手に好投! »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65856057

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季県大会準々決勝(9月30日)~草薙球場レポート:

« 「静岡県高校野球メディカルサポートスキルアップ研修会」が開催されます! | トップページ | 静岡高出身・村木文哉(筑波大)が東海大相手に好投! »