« 台湾強豪チームが県内の高校と対戦しました! | トップページ | 伊藤翼咲(東海REX)が公式戦初登板で5回1失点! »

2017年10月13日 (金)

愛知学院大、後藤黛(横須賀出身)の粘投で1部残留!

 10日は名城大グランドで行われた愛知大学リーグ、愛知学院大対東海学園大の試合を見てきました。

★10月10日 愛知大学リーグ 名城大日進総合グランド 晴   

 チーム
東海学園大 0 0 0 0 0 1 0 3 2 6
愛知学院大 0 1 0 0 0 3 4 1 × 9

(東)木下、古田、吐前、児嶋、野崎-村上、橋本
(愛)後藤、青島、十河-三浦

10131 愛知学院大の先発を任されたのは横須賀出身の後藤黛(3年)。今年はエースとして期待されながらも、春から肩の故障に苦しみ、満足な結果が出ていませんでした。
 この日は立ち上がりこそ三者凡退に抑えるも、2回以降は毎回のように走者を背負う苦しい投球。それでも、崩れることなく、粘り強く投げ、5回まで無失点に抑えます。
 6回に、相手の4番打者に本塁打を浴びたものの、味方打線が6回、7回に大量援護。後藤は9回途中まで投げ、5失点で勝ち投手になりました。
 この勝利で、愛知学院大は一部残留が決定。試合後、「久しぶりに長いイニングを投げて最後は疲れてしまいましたが、とにかく勝てて良かったです」と、ホッとした表情を見せてくれました。ストレートの伸びはまだまだこんなものじゃないと思いますが、球速は最速で141キロをマーク。何より、負ければ入れ替え戦にまわる危機があった中で、ゲームを作ったのは立派です。
 いよいよ、来年は最上級生になります。オフの間は肩の状態を万全にしながら、無駄の四球を減らすために制球力を磨きたいとのこと。高校の時に誓った「4年後のプロ入り」を現実なものにするために、まずは来春、全国の舞台に立って欲しいです!(編集部・栗山)

★後藤黛の過去の記事(静岡を巣立つ球児たち2014)はこちら→
http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/12/2014-f475.html
http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/12/2014-3263.html

|

« 台湾強豪チームが県内の高校と対戦しました! | トップページ | 伊藤翼咲(東海REX)が公式戦初登板で5回1失点! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65911117

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知学院大、後藤黛(横須賀出身)の粘投で1部残留!:

« 台湾強豪チームが県内の高校と対戦しました! | トップページ | 伊藤翼咲(東海REX)が公式戦初登板で5回1失点! »