« ドラフト会議で県勢、5選手が指名されました! | トップページ | 静高がセンバツ当確! 秋季東海大会準決勝(10月30日)~岡崎球場レポート »

2017年10月27日 (金)

秋季東海大会2回戦(10月26日)~刈谷球場レポート

 静岡1位の静岡高はいなべ総合を1対0で下して2年連続でベスト4進出。センバツ出場に王手をかけました。一方、常葉菊川、常葉橘の「常葉勢」は残念ながら敗退しました。
 
★第2試合 静岡高 1-0 いなべ総合

10271 静岡高は初回、先発の春翔一朗がいきなり2連打を浴び、無死満塁のピンチを迎える。ここで捕手の黒岩陽介がマウンドへ。黒岩が「点を取られるのは仕方がないから、とにかく思い切って腕を振ってこい」と鼓舞すると、春は後続をインフィールドフライとピッチャーゴロ併殺打に仕留める。すると、その裏にチャンスを掴む。先頭の村松開人が右中間を破る二塁打で出塁。続く2番・齋藤來音のバントが安打となり、無死一三塁に。3番・黒岩の打球はセカンドゴロ併殺となるが、この間に村松が生還し、1点を先制する。2回にはセカンドの加茂翔太とショートの村松がファインプレーを連発。これで波に乗った春は2回以降、二塁を踏ませない快投。ストレート、変化球ともに低めに集めて、初回の1点を最後まで守り抜いた。

栗林俊輔監督
「春がよく投げれてくれた。全体にストライク先行で丁寧な投球だった。打線は今日1試合を戦ったことで、感覚を取り戻してくれると思う」

<写真/9回、最後の打者を仕留めて喜ぶ春翔一朗(静岡)>

|

« ドラフト会議で県勢、5選手が指名されました! | トップページ | 静高がセンバツ当確! 秋季東海大会準決勝(10月30日)~岡崎球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65968908

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東海大会2回戦(10月26日)~刈谷球場レポート:

« ドラフト会議で県勢、5選手が指名されました! | トップページ | 静高がセンバツ当確! 秋季東海大会準決勝(10月30日)~岡崎球場レポート »