« 国士舘大・山田裕介(常葉菊川出身)がリーグ戦初勝利! | トップページ | 秋季東海大会1回戦(10月24日)~岡崎球場レポート »

2017年10月21日 (土)

静岡市内大会 城南静岡vs東海大静岡翔洋

 雨天の影響で秋季東海大会は延期となりましたが、本日開幕の第14回静岡市高等学校野球大会は1試合のみ行われました。

★10月21日 静岡市内大会 西ヶ谷球場   

  チーム
東海大静岡翔洋 0 0 0 4 0 2 3 9
城南静岡 0 0 0 0 0 0 0 0

<7回コールド>

(東)山本、今村、足立、梁川-貞岡
(城)伊東-今枝
▽三塁打=森(東)
▽二塁打=畑中(東)、岸本(城)

10211_2 東海大静岡翔洋の先発は山本功大(2年)。東海大翔洋中時代はエースとして県優勝を経験している左腕ですが、高校入学後は名前を聞くことがなく、今秋の県大会もベンチから外れていました。
 久しぶりに見た山本は中学時代よりも、体が一回り、いや二回りほど大きくなっている印象。立ち上がりは球を置きにいっている感がありましたが、ラストの3イニング目になって腕が振れだすと、相手の2番打者、3番打者から連続三振を奪うなど貫禄を見せました。原俊介監督も「現状130キロ台前半のストレートが一冬を越して130キロ台後半まで出てくれば面白い」と期待している様子。東海大静岡翔洋はこの秋、1年生の片桐一真や久松一真が頑張りを見せましたが、やはり、実績のある山本が出てきて欲しいところでしょう。

102102_2 この日、最大の収穫は城南静岡の先発・伊東大地(1年)でした。181センチの長身で角度が武器の本格派タイプ。まだ下半身は使えていませんが、マウンドの傾斜を利用しながら、鋭く腕を振り抜きます。
 焼津大村中時代は3年夏に焼津選抜に選ばれていましたが、全くのノーマークの選手。高校入学後も夏、秋と全く公式戦で投げていません。それがこの日はなんと3回までパーフェクトに抑える好投。東海大静岡翔洋打線がストレートに差し込まれていました。4回は四球をきっかけに、バタバタと連打を浴びましたが、本人にとってはいい経験になったはずです。
 指にかかった時のストレートはスピンがきいて魅力たっぷり。この冬に体を大きくして、来年は大化けに期待したいです。(編集部・栗山)

<写真上/来春はエースを狙う山本功大(東海大静岡翔洋)>
<写真下/今後の成長を見守りたい伊東大地(城南静岡)>

|

« 国士舘大・山田裕介(常葉菊川出身)がリーグ戦初勝利! | トップページ | 秋季東海大会1回戦(10月24日)~岡崎球場レポート »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65945197

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡市内大会 城南静岡vs東海大静岡翔洋:

« 国士舘大・山田裕介(常葉菊川出身)がリーグ戦初勝利! | トップページ | 秋季東海大会1回戦(10月24日)~岡崎球場レポート »