« クラストカップ、静岡蒲原シニアが2連覇! | トップページ | 明日から第1回浜松市内大会が開催されます! »

2017年11月15日 (水)

「湖西ベースボールフェスタ」を見てきました!

 12日は静岡高の明治神宮大会での結果を気にしつつ、先日ブログで紹介した「第2回湖西ベースボールフェスタ」の見てきました。2日目は今秋の東海大会で静岡高と接戦を繰り広げたいなべ総合(三重)を迎え、3試合が開催されました。
 スタンドは地元の野球ファンや小学生などでほぼ満員になるほどの大盛況。湖西・齋藤哲男監督によると、「小学生が見ている前だから絶対に全力疾走を怠ることはできない」と、選手達にも好影響を与えている様子。来年以降の開催も楽しみです!

第1試合 湖西 2-2 いなべ総合学園
第2試合 いなべ総合 3-2 浜松開誠館
第3試合 浜松開誠館 9-6 新居(8回日没コールド)

11151 第1試合は湖西の注目右腕・水野喬日が最速143キロをマークし、2失点完投。試合後、本人は「2アウトからのピッチングが全然ダメだった」と反省していましたが、ここ一番で投げ込まれる左打者への外角低めのストレートは惚れぼれしました。野手で特に印象に残ったのは「3番センター」の北谷大地です。1打席目に、静岡高戦でも先発した木戸瑛心から左中間を破る二塁打を放つと、第3打席では一時勝ち越し打となるレフト前タイムリー。バットが内からスムーズに出て、コンパクトに振れます。さらに守備でもチームに貢献。右中間に抜けそうな打球を間一髪でキャッチ。一歩目の出足が速く、打球勘がいい選手でした。

11152 続く、第2試合では浜松開誠館の1年生・奈良祐歩が好投を見せます。「座間ボーイズ」では主将兼エースでベイスターズカップなどに出場した本格派。球速は常時130キロ台中盤をマークし、腕の使い方も柔らかかったです。コントロールも良く、安心感もありました。一冬を越した来春、もう一度見たいと期待を抱かせる投手でした。一方で打線は佐野心監督の「細かいことをやるのではなく、パワーで圧倒する野球を目指している」との言葉通り、迫力満点。通常よりも重いバットを使いながら、1番から9番でガンガンと豪快に振っていました。来春以降、末恐ろしいチームになりそうな予感がしました。(編集部・栗山)

※湖西・水野投手については次号の「静岡高校野球」でも紹介する予定です!

<写真上/好守で活躍した北谷大地(湖西)>
<写真下/来春が楽しみな奈良祐歩(浜松開誠館)>

|

« クラストカップ、静岡蒲原シニアが2連覇! | トップページ | 明日から第1回浜松市内大会が開催されます! »

全国の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66045769

この記事へのトラックバック一覧です: 「湖西ベースボールフェスタ」を見てきました!:

« クラストカップ、静岡蒲原シニアが2連覇! | トップページ | 明日から第1回浜松市内大会が開催されます! »