« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月22日 (月)

田方・三島地区で中・高交流指導者研修会が初開催されました!

01221_2
 昨日、函南町柏谷公園野球場にて、第1回田方・三島地区の中・高交流指導者研修会が開催されました。
 高校野球の指導者が中学生を対象に行う野球教室。田方・三島地区においては、初めての試みです。函南東中の山田大監督が中心となり、中学校側から「この地区のレベルアップのために」と声が挙がり、実施されることになったそうです。

 01222_2中学生側は2年生約50人が参加。講師は三島田方地区の高校野球指導者(9校10名)が務めました。
 アップ、キャッチボールに始まり、投手、捕手、内野手、外野手に分かれての守備練習。その後、打撃、走塁まで一通りこなしました。最後の質疑応答では「高めにボールが浮いてしまうけどどうしたらいいのか?」「強打者になるためにいい練習方法があるか?」など、普段から気になっていた疑問点が次から次へと飛び出し、意識の高さが伺えました。

01223 研修会後、参加した選手からは「捕手の構えなど専門的に教えてもらえて良かった」(函南中・近藤耀聖主将)、「貴重な体験だった。投手の様々な指導をしてもらえた」(函南東中・三枝大輝主将)といった感想が聞かれました。

 三島南・稲木恵介監督は「この地区では、今までこういう交流がなかったので、一歩を踏み出すことができて良かった。来年以降も継続していけたら」と話していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

新春恒例「静岡高校野球編集部」座談会!<栗山×編集部H>

 遅くなりましたが、今年も編集部員2人が集まり、恒例の座談会を開催しました。今年の注目選手や見どころについて、語り合いました!

栗山 ようやく「静岡高校野球2018早春号」(1月30日発売予定)の編集作業が校了しました。今回も静岡の野球情報を詰め込んだ一冊になっています。
 今号は兄弟特集ですね。ぽろっと言ったことが実現するとは。
栗山 自費出版のいいところですね(笑)。去年の夏から県内のあらゆる兄弟に取材しました。表紙は先日のブログで紹介しましたが、鈴木翔太(中日)、裏表紙は鈴木彩隼(静岡産業大)になっています。
01201_2 私は昨年、初めて弟の鈴木彩隼を見ました。ヤマハとのオープン戦の試合でしたが、その試合で146キロが出ていてビックリしました。
栗山 スピードだけなら、翔太より出ていますね。秋のリーグ戦の先発した試合では、延長に入っても140キロ台中盤を連発していました。
 翔太と全然タイプが違うところがいいんですよね。スリークオーターで、パワーピッチャー。スライダーもエグいし。ブルペンにいる時は「すぐにこの選手かな?」って思う程度には翔太と似ていましたが。
栗山 翔太のストレートは回転がいいのですが、弟はいい意味で投げるボールが汚いというか。特にスライダ―は分かっていても打てないと思います。僕は去年の11月に取材した時に、ブルペンのバッターボックス近くに立たせてもらって間近で見たのですが、スライダーはボールが消える感じで。現時点では、今年の県内のアマチュア選手の中で、一番プロに近い選手だと見ています。
 鈴木彩隼以外にも、今年の静岡リーグは新4年生にいいピッチャーが多いんですよね?
栗山 これだけピッチャーが揃うのはリーグ史上、初めてだと思います。日大国際関係部の続木悠登小澤拓馬、東海大海洋学部の坂本和隆、静岡大の竹内武司椎葉康介山崎智也、常葉大浜松キャンパスの荒木孝太と、ザっと名前を挙げるだけでも、これだけ注目してほしいピッチャーがいます。
 栗山さん、一人忘れてます。
栗山 えっ?
 常葉大浜松キャンパスの藤井裕太です。私、藤井を見たくて、東京から戻ってきたんですよ。
栗山 そうでしたね(笑)。僕も、楽しみにしているのですが、去年またヒジを手術したという話を聞きました。ただ、回復しているそうなので、この春は復活に期待しています。Hさん、シーズン前に一度、様子に見に行ってきて下さい。
 はい。暖かくなったら会いに行こうと計画しています。ところで、今年の高校生はどうですか?
01202栗山 まず、湖西の水野喬日じゃないですかね。最速143キロのストレートを投げ込み、今年の県ナンバーワン右腕とも言われています。
 私も去年、2回ほど水野を見ましたが、球のキレと伸びに惹かれました。あとチームを引っ張ってる感じもいいんですよ。ワンマンなわけじゃなくて、水野の存在がチームのみんなを引き上げてる。湖西自体、面白いチームだと思います。
栗山 ポテンシャルなら星陵の川島レオナルドもいいですよ。フォームは粗削りで、体の線も細いのですが、それがまた魅力です。
 『静岡高校野球早春号』の校正中に写真を見て、これは春にチェックだなと思いました(笑)
栗山 もう一人、Hさんにチェックしてほしいのが浜松湖南の左腕・河野俊介です。腕がしなって、Hさん好みだと思います。
 昨年、栗山さんから教えてもらって、浜名湖ベースボールカップを見に行こうとしたのですが、雨で中止でした。今年は行きますよ。
01203栗山 野手なら、オイスカの台湾人留学生、蘇珀漢が面白いです。去年11月の静岡高との練習試合では2安打。何といっても打球の上がる角度がいいです。本人もプロに行きたいと言っていますし、可能性はあると思います。
 雰囲気ありますよね。いよいよ、来週はセンバツ大会の出場校が発表されますが、出場濃厚の静岡高には全国で勝ってもらいたいですね。
栗山 個人的に楽しみなのは1年生左腕の齊藤颯太。フォームのバランスが良くて、伸びしろがあります。甲子園でデビューする可能性もあるんじゃないかですね。
 左腕といえば、静岡蒲原シニアの髙田琢登。私は去年見た選手の中で一番インパクトがありました。
栗山 僕は昨年7月に139キロを出した試合を取材していたのですが、高校生でも、なかなか見ることができないボールでしたからね。
 髙田を見られただけでも、静岡に戻ってきた甲斐がありました!  県内に進学したら通いつめてしまいそうです。
栗山 今年も話題豊富で楽しみですね。2月に入れば中学野球の大会、3月には本格的にシーズンが始まります。Hさんは今年から本格復帰ですね。よろしくお願いします。
 高校野球の春季地区大会の時期はすでに有給とりました! 私は指導者の方に連絡をせず、こっそり試合を見に行くタイプなので、どこの球児も勝手に惚れられて追いかけられる可能性もありますよ。
栗山 神出鬼没ですからね。僕も昨年以上に視野を広げて頑張りたいと思います!

<写真/上から鈴木彩隼(静岡産業大)、水野喬日(湖西)、蘇珀漢(オイスカ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

「静岡高校野球2018早春号」裏表紙のご紹介!

01151 先日、1月30日発売予定の「静岡高校野球2018早春号」の表紙を紹介しましたが、今日は裏表紙もアップします。
 裏表紙は鈴木翔太(中日)の弟で最速147キロ右腕・鈴木彩隼(静岡産業大)です。今回は表でも裏でも楽しめる、リバーシブルの表紙になっています。どちらも同じ本ですので、2冊出ていると間違えないようお願いいたします(笑)。
 鈴木彩隼は今秋のドラフト候補に上がっている注目投手。今号では3ページに渡って特集を組んでいます!

販売問い合わせ
しずおかオンライン
電話 054-275-3335/FAX 054-275-1301
http://www.esz.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

『静岡高校野球2018早春号』の表紙が完成!

 01131『静岡高校野球2018早春号』の編集作業が佳境に入ってきました。                      
 
 まずは表紙が完成しましたのでアップします。今回は昨年プロ入り4年目にして5勝をマークした鈴木翔太投手(中日)に表紙を飾ってもらいました。間近で見ると、高校時代より、一回り、いや二回り以上、体が大きくなっている印象を持ちました。
  
 現在、編集部では校正作業を行っています。内容につきましては、もう少々お待ちください。
 発売は県内書店は1月30日頃、amazonでは2月4日頃を予定しています!

01132

<写真/撮影の様子です。今回も富士市在住のカメラマン・山下大輔さんに撮影してもらいました>


 

販売問い合わせ
しずおかオンライン
電話 054-275-3335/FAX 054-275-1301
http://www.esz.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

障害予防・パフォーマンスアップ講習会のお知らせ

 理学療法士・甲賀英敏氏(中東遠医療センター)による講習会のお知らせです。
 今回は1月27日(土)、28日(日)の2日間に渡り、異なる内容で開催されます。
 1月27日は小・中学生の野球選手や指導者、父兄に向けてのパフォーマンスアップ講習会、また28日には主に指導者向けのスキルアップ研修会が行われます。
 詳しくは、以下のチラシをご覧ください!

0127_2

0128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

掛川東中が5年ぶりに全国へ!

01091
 昨日は掛川東中に伺ってきました。
 掛川東中は昨秋の西部新人大会で優勝。今春、草薙球場などで開催される第9回全日本少年春季軟式野球大会への出場を決めています。
 少し練習を見ましたが、注目の本格派右腕・相田康慎はもちろん、4番打者の吉岡孝耀など体の大きな選手もいて楽しみです。

 同大会には2013年以来の出場となる掛川東中。当時は、のちに常葉大菊川のエースとして甲子園に出場する落合竜杜(現法政大)を擁していましたが、初戦敗退。チームを率いる高塚俊行監督は「どこと対戦するのか分からないが、まずは1勝したい」と、豊富を語ってくれました。
 掛川東中のバックネット裏には「全国制覇」という大きな文字が掲げられています。一戦必勝で勝ち抜き、最後は「全国制覇」を達成して欲しいです。

 組み合わせ抽選会は今月23日に行われ、3月23日に開幕します!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

ヤマハ・矢幡勇人が日本代表入りを目指す!

 昨年末、アジアウインターリーグが終わり、台湾から日本に帰国したばかりのヤマハ・矢幡勇人を取材しました。

01062 矢幡は2016年に社会人ベストナイン、2017年に東海地区社会人ベストナインを獲得した社会人トップクラスの好選手。今回は社会人代表候補選手として、主に1番打者やクリーンアップで出場。プロのファーム選抜チームや、海外チーム相手に14試合で11安打(二塁打3本)を放ちました。
 初の海外遠征で苦しんだのは食事面だったとか。「香辛料がきついのがけっこうあって…。でも、事前にアジア大会で台湾に行った(鈴木)博志から火鍋が美味しいと聞いていたので、試してみたら、確かに美味しかったです(笑)」
 今回のアジアウインターリーグは8月のアジア競技大会に向けた社会人日本代表チームの強化の意味合いが強かったそうです。矢幡は、初の日本代表入りに近づきつつあります。
「社会人になって日本代表っていう考えがなかったので、5年目、6年目になって、すごい新鮮というか。また新しいことに挑戦できるのかなっていう感じでいます」
 さらに、2018年シーズンに向けて、「チームとしては都市対抗出場はもちろん、個人的には正式に日本代表のユニフォームを着ることができるように頑張りたいです」と、抱負を語ってくれました。(編集部・栗山)

01061■矢幡勇人[やはた・はやと]
1990年5月23日生まれ、神奈川県出身。相洋では高校通算50本塁打。専修大では通算99安打をマークする。社会人3年目にブレイクし、都市対抗で本塁打を放つ。2016年には社会人ベストナインを獲得。今季はパンチ力のある打撃と、50m5秒8の俊足が武器に、日本代表入りを狙う。174cm80kg、右投右打。

※ヤマハ・矢幡の記事は「静岡高校野球2018早春号」(1月30日発売予定)でも掲載します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。

 現在、編集部では『静岡高校野球2018早春号』に向けての作業が真っただ中です。年末年始休みなく、さっそく元旦から取材に行ってきます(笑)。
 発売は選抜大会の発表に合わせ、1月30日を予定しています。今月の中旬には詳細をお知らせします。

 今年も『静岡高校野球』の誌面や、このブログを通して、静岡の様々な野球情報を伝えていきたいと思います。

 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ