« 静岡を巣立つ球児たち2018~小川慶太編・下 | トップページ | 春季東部地区大会1日目(3月23日)~裾野球場レポート »

2018年3月22日 (木)

富士高出身の田中友基(福岡大)がレギュラー獲りへアピール!

 先日、福岡大でプレーする富士高出身の田中友基(新4年)に会ってきました。

03221_2  高校時代は強肩強打の捕手として活躍。チームの司令塔として、2年秋には東部大会優勝に導きました。『静岡高校野球2014』の「注目選手名鑑」でも紹介した選手です。
 大学は「静岡を離れて勝負したかった」と強豪・福岡大へ。しかし、部員は100人を超える大所帯。一般入試で入った田中にはなかなかチャンスは回ってきませんでした。
 それでも田中は諦めることなく、積極的に出場機会をうかがっていきます。「とにかく目立つしかない」と考え、2つのことを実践。一つは誰よりも声を出すこと。もう一つは、体を大きくしてパワーをアピールすることでした。2年時から全体練習とは別に週4日から5日ほどトレーニングジムに通い、体力面を強化。胸板が明らかに膨らみを増し、体重は80キロから89キロへ。飛躍的に体が大きくなった。
 03222すると、首脳陣の目に留まり、ついに3年春からベンチ入り。ムードメーカー的な役割を担ってリーグ優勝に貢献し、大学選手権でもベンチに入りました。
 いよいよ大学ラストシーズンを迎える今季。まずは、リーグ戦での初出場を目指します。
 「まだ一度も公式戦では出場がないので、そこは叶えたいです。いざという時に結果を残すために、準備はしています」
 卒業後は社会人野球でのプレーも見据えているという田中。下から這い上がってきた屈強な男に今後も注目です!(編集部・栗山)

<写真/富士高時代の田中友基>

|

« 静岡を巣立つ球児たち2018~小川慶太編・下 | トップページ | 春季東部地区大会1日目(3月23日)~裾野球場レポート »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66526225

この記事へのトラックバック一覧です: 富士高出身の田中友基(福岡大)がレギュラー獲りへアピール!:

« 静岡を巣立つ球児たち2018~小川慶太編・下 | トップページ | 春季東部地区大会1日目(3月23日)~裾野球場レポート »