« 静岡を巣立つ球児たち2018~日高純平編・下 | トップページ | シニア春季大会レポート! »

2018年3月 3日 (土)

静岡県中学選抜大会<5日目>~島田球場レポート

 本日、しんきんカップ第48回静岡県中学選抜野球大会は準決勝が行われ、東海大静岡翔洋中と周南中が勝利。明日、春の県王座をかけて決勝戦が開催されます。

 <準決勝>
東海大静岡翔洋 5-0 吉田中
周南中 6-0 中伊豆中

03031 第1試合、東海大静岡翔洋中は初回に無死満塁のチャンスをつかみます。ここで4番・石上賢真(171cm60Kg、右投右打)がレフトポール際にライナーでもっていく一発を放ちました。インパクトに強さがあり、打った瞬間に「いった」と思うほどの猛烈な一撃。久々に、軟式でこれだけの打球を目にしました。弓桁義雄監督によると、チーム全体で「打ち勝つ野球」を目指しているとのこと。その中で、石上はいつでもスタンドまでも放り込める力を持っているスラッガーだそうです。キャッチャーとして肩もいいので、今後も注目していきたいです。
 投げては松下陽真(167cm62kg、右投右打)がノーヒットノーランを達成。角度あるストレートで空振りを奪い、13三振を奪いました。

 03032第2試合は周南中のエース・工藤遼太(168cm70Kg、右投右打)が安定感のある投球で完封しました。柔らかいヒジを畳み込んで使い、球持ちがいいのが特徴。ベース上でボールがグッと伸びてきます。常に全力投球のスタイルですが、視野が広く冷静さも持ち合わせる好投手でした。(編集部・栗山)

★アットエス 静岡新聞SBSオフィシャルサイト
http://www.at-s.com/sports/article/data/baseball/446101.html
※勝ち上がり表はこちらからご覧になれます。

|

« 静岡を巣立つ球児たち2018~日高純平編・下 | トップページ | シニア春季大会レポート! »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

今年
翔洋=8安打8四球5点(満塁ホームランと内野安打で5点)
吉田=0安打9四死球0点

去年
翔洋=2安打8四死球0点
吉田=0安打1四球1点

今年は得点打は2つだけ。
これが目指す打ち勝つ野球なの?

投稿: | 2018年3月 3日 (土) 21時25分

13奪三振は素晴らしいが、9与四死球です。

投稿: | 2018年3月 3日 (土) 21時29分

周南、翔洋、連戦ですが、実力をぶつけ合った決勝戦を楽しみにしていますsmile

投稿: | 2018年3月 4日 (日) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66456080

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県中学選抜大会<5日目>~島田球場レポート:

« 静岡を巣立つ球児たち2018~日高純平編・下 | トップページ | シニア春季大会レポート! »