« 駿河総合出身・杉山一樹(三菱重工広島)を見てきました! | トップページ | 春季県大会準々決勝~草薙球場レポート »

2018年4月28日 (土)

春季県大会1回戦~清水庵原球場レポート

 春季静岡県大会が本日開幕し、県内4球場で9試合が行われました。清水庵原球場では袋井商、小笠の西部勢が勝利しました。

★第1試合 袋井商7-4島田                                     

04281 袋井商は3回、3番・山本航大、4番・長谷川椋矢の連続二塁打で2点を先制。その後、逆転を許すも、6回に満塁のチャンスを作る。ここで1番・鈴木神威の放った打球はレフトスタンドへ。満塁本塁打で再逆転に成功した。投げては5回から登板したエース・山本が9回まで無失点に抑える好投。粘り強く戦った袋井商が2回戦進出を決めた。
 
袋井商・戸塚和也監督
「冬に取り組んだ打撃強化の成果が出たと思う。ミスもあったが、みんなでカバーすることができた」

<写真/逆転の満塁本塁打を放った鈴木神威(袋井商)>

★第2試合 小笠3-1御殿場西

 04282小笠の先発・山本一哉が抜群の安定感を見せた。スリークオーターからキレのあるボールを投げ込み、6回までわずか2安打に抑える快投。7回に1点を失ったものの、最後まで落ち着いて投げ切った。打線は2回、4番・本村楓の二塁打を足掛かりに1点を先制。4回には5番・熊籔紅陽の犠飛で追加点を挙げると、9回には3安打を集中してダメを押した。

小笠・赤堀真也監督
「今年は去年のチームに比べて能力は劣るかもしれないが、つなぐ野球ができている。明日もこれまでやってきたことを発揮して、シードを獲得したい」

<写真/1失点完投の山本一哉(小笠)>

|

« 駿河総合出身・杉山一樹(三菱重工広島)を見てきました! | トップページ | 春季県大会準々決勝~草薙球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66660739

この記事へのトラックバック一覧です: 春季県大会1回戦~清水庵原球場レポート:

« 駿河総合出身・杉山一樹(三菱重工広島)を見てきました! | トップページ | 春季県大会準々決勝~草薙球場レポート »