« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月13日 (日)

定期戦 静岡商vs静岡高

★5月13日 第60回定期戦 静岡草薙球場球場   

チーム
静岡高 1 2 0 0 3
静岡商 0 0 2 0 0

<雨天のため、ノーゲーム>

(高)鈴木翔-黒岩
(商)古屋、高田稔、高田琢-小沢

 第60回の静岡商と静岡高の定期戦は、雨のため、4回終了時点でノーゲームとなりました。
 静岡高は初回、1番・村松開人のレフトスタンドへの本塁打で1点を先制。さらに、2回には9番・山本貫太のタイムリーなどで2点を追加します。
 一方の静岡商は3回、代打・金原圭祐のタイムリーなどで2点を返すと、4回は注目の1年生左腕・高田琢登が登場。高田琢がマウンドに向かうと、一塁側の静岡商スタンドから大歓声が沸きます。
 05131昨日の練習試合では、139キロをマークしたという高田琢。今日は雨の影響からか、立ち上がりは130キロ台前半でしたが、ベンチから「腕を振っていけ」という檄が飛ぶと、一気に球速が上がり、138キロを連発します。1イニングを投げ、2つの四球があったものの無失点。上々の草薙デビューとなりました。
 試合後、父親でもある高田晋松監督は「この日を一つの目標にしてきた。いい経験になったと思います。これで夏に向けて戦力として考えなくてはいけないでしょう」とホッとした様子を見せていました。
 なお、高田琢については、『静岡高校野球2018夏直前号』(6月下旬発売予定)でも取り上げる予定です!(編集部・栗山)

<写真/背番号27をつけ、初めて草薙球場のマウンドに上がった高田琢登(静岡商)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

春季県大会決勝&3位決定戦~草薙球場レポート

 春季県大会は本日、決勝戦と3位決定戦が開催されました。3年ぶり11度目の優勝を飾った静岡高が夏の第1シードを獲得しました。

★決勝戦 静岡高12-5東海大静岡翔洋

 05061_5静岡高は2回から8回まで毎回得点の猛攻。なかでも「7番レフト」の小林晃輝が2塁打2本を含む、4打数4安打5打点の活躍で大きく勝利に貢献した。投手陣では先発・草薙誠のあとを受け、5回途中から登板した鈴木翔也が要所を締める投球。どんな状況になっても負けない野球で秋に続いて県を制した。

<写真/4安打を放った小林晃輝(静岡高)>

★3位決定戦 市立沼津5-0島田商

 05062市立沼津は初回に1点を先制すると、3回には4番・井上諒太のレフト前タイムリーで追加点を挙げる。投げては先発の後藤佑太が5回を無失点に抑えると、その後、池田大成横山大知とつなぎ、完封リレーを飾った。試合後、市立沼津・中山裕介監督は「大会の終わりであり、夏の始まりという気持ちで臨んだ。残り2か月間で個々の力を上げていきたい」と、さらなる成長を期待した。

<写真/先発として5回を無失点に抑えた後藤佑太(市立沼津)>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

駒走匡紀(常葉大浜松)が1試合20奪三振のリーグ新記録を樹立!

 今日は磐田球場で開催された静岡リーグへ。

 05051まず、第1試合では常葉大浜松キャンパスの左腕・駒走匡紀(4年)が20三振を奪い、1試合最多奪三振のリーグ新記録を樹立しました。計7安打を浴びましたが、「要所できっちりコースに投げ分けることができた」と、試合後は納得の表情。オフに覚えたという、スクリューを武器に三振の山を築きました。
 愛工大名電(愛知)時代は2年夏に東克樹(現横浜DeNA)の控え投手として甲子園の土を踏んでいる左腕。常葉大浜松キャンパス入学後は、下級生時から中心投手として投げ、経験を積んできました。これで今季は4勝目。今春のリーグ優勝の可能性は消えていますが、秋につながる投球を見せてくれました。

05052第2試合の静岡大対静岡産業大は緊迫した投手戦となりました。
 静岡大の先発・竹内武司は初回こそ1点を失いますが、2回以降、尻上がりに状態を上げていきます。一方の静岡産業大はドラフト候補の鈴木彩隼が先発。力強いストレートに緩い変化球を絡ませ7回を1失点に抑え、マウンドを降ります。
 1対1で迎えた9回裏、静岡大は代打の杉村育真が2球目の変化球を強振すると、打球はレフト方向へ。グングンと伸びて、サヨナラ本塁打となりました。
 杉村は181センチ79キロという堂々とした体格を持つ、左打ちの大型スラッガー。もともと逆方向への長打が多い選手のようです。公式戦初本塁打が試合を決める一発となり、「何が起きたのは一瞬わからなかった」と興奮気味。それでも、「まだ明日もあるので気を引き締めたい」と、喜びは控えに球場を後にしました。(編集部・栗山)

<写真上/20奪三振をマークした駒走匡紀(常葉大浜松キャンパス)>
<写真下/代打サヨナラ本塁打の杉村育真(静岡大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

春季県大会準々決勝~草薙球場レポート

 春季静岡県大会は本日、準々決勝4試合が行われました。草薙球場では、静岡高と東海大静岡翔洋が勝利しました。

★第1試合 静岡高4-2知徳

 05031静岡高は2回、8番・鈴木翔也のセンター前タイムリーで1点を先制する。先発の鈴木翔は緩急を巧みに使う投球で5回までわずか1安打に抑える快投。すると、6回に4番・成瀬和人の犠飛で1点を追加し、試合を優位に進める。その後、一時は同点となるも、9回に再び鈴木翔の2点タイムリーで勝ち越し。勝負強さを発揮した静岡が準決勝進出を決めた。一方の知徳は8回に3番・渡邉陸の同点タイムリーで流れを引き寄せたが、あと一歩及ばなかった。

静岡高・栗林俊輔監督
「(鈴木)翔也はいいリズムで投げてくれた。こういうゲームで勝ち切れたのは大きい」

<写真/投打で活躍の鈴木翔也(静岡)>

★第2試合 東海大静岡翔洋2-0常葉大菊川

 05032_2東海大静岡翔洋の2年生左腕・久松一真が4安打完封を飾った。ストレートの球速は120キロ台前半から中盤も、気持ちのこもった投球を展開。最後まで腕を振り、強打の常葉大菊川打線を抑えた。打線は5回に1点を先制すると、6回には3番・貞岡千秋のタイムリーで貴重な追加点を奪った。

東海大静岡翔洋・原俊介監督
「久松は気持ちがボールに乗っていた。春は夏につなげる大会にしたい」

<写真/完封を飾った久松一真(東海大静岡翔洋)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ