« 日大国際関係学部が全日本大学選手権出場を決める! | トップページ | 定期戦 浜松工vs浜松商 »

2018年5月31日 (木)

また小笠から大型右腕が登場!

 26日は菊川市内大会へ。小笠と菊川南陵との試合を見てきました。

 05311小笠の先発投手は2年生の川村敦樹。身長185センチの大型右腕です。昨秋あたりから、「また小笠に面白いピッチャーがいる」という情報が耳に入り、どうしてもこの時期にチェックしておきたいと思っていました。

 昨年の佐々木健(現広島)はアスリート型の投手でしたが、それとはまたタイプが違い、川村はピッチャーらしいピッチャーです。角度がある上に、ヒジの柔らかさが魅力。佐々木同様、高校から本格的にピッチャーを始めたということですが、フィールディングなど、投げる以外の要素も備わっています。
 この日は9回まで投げ切って4失点。中盤から終盤にかけて、少し疲れてきた印象がありましたが、序盤は指にかかった質の高いボールがきていました。秋からの注目選手になってくるでしょう。

05312_2 菊川南陵では、遊撃手・小塩秀斗の守備力の高さに目が留まりました。「いかにも関西で鍛えられてきた」という感じの選手で、動きに迷いがないです。スピードがあるのはもちろん、印象に残ったのはカットプレー時の肩の強さ。大学生、いや社会人クラスのライナー性で伸びる送球に驚きました。また、打っては第1打席にセンター前、第2打席にレフトオーバーの二塁打。粗さはあるものの、形が良かったです。(編集部・栗山)

<写真上/川村敦樹(小笠)>
<写真下/小塩秀斗(菊川南陵)>

|

« 日大国際関係学部が全日本大学選手権出場を決める! | トップページ | 定期戦 浜松工vs浜松商 »

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66778343

この記事へのトラックバック一覧です: また小笠から大型右腕が登場!:

« 日大国際関係学部が全日本大学選手権出場を決める! | トップページ | 定期戦 浜松工vs浜松商 »