« 隠し玉右腕・森口千聡(磐田東)をチェックしてきました! | トップページ | また小笠から大型右腕が登場! »

2018年5月26日 (土)

日大国際関係学部が全日本大学選手権出場を決める!

 東海地区大学野球選手権春季選手権大会が本日開催され、静岡県代表の日大国際関係学部が優勝を飾り、7年ぶり4度目となる全日本大学選手権(6月11日開幕)への出場を決めました。おめでとうございます!
05261_2

◆日大国際関係学部11-8四日市大(延長12回タイブレーク)
◆中部学院大3-1四日市大
◆日大国際関係学部9-1中部学院大(7回コールド)
  
 まず、第1試合の四日市大との試合は2対2の同点でタイブレークに突入。12回までもつれ込む大激闘を制します。

 05262そして、第3試合では強豪・中部学院大と対戦。続木悠登の快投が勝利を引き寄せました。初回に本塁打を浴びたのの、「これで目が覚めた」と、2回以降は抜群の安定感を見せます。球速はコンスタントに143、144キロをマークし、最速で145キロを計測。初速と終速の幅が小さく、数字以上に速く感じます。まさにキャッチャーミットに向かって糸を引くイメージの球でした。
 打線は初回に5番・林健太のタイムリーで逆転すると、3回には6番・矢嶋拓未のタイムリーで2点を追加。さらに5回には長短5安打を集中して一挙5点を加えました。
 静岡リーグでは6季連続で優勝している日大国際関係学部。しかし、全国への壁が厚く、ここ数年、ことごとく岐阜リーグのチームに阻まれてきました。試合後、和泉貴樹監督は「本当に長かった…。選手たちが諦めずに頑張ってくれた結果です」と、感激に浸っていました。
 全日本大学選手権でも力を発揮し、旋風を巻き起こしてほしいです。(編集部・栗山)

<写真/大一番で快投を演じた続木悠登(日大国際関係学部)>

|

« 隠し玉右腕・森口千聡(磐田東)をチェックしてきました! | トップページ | また小笠から大型右腕が登場! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66762369

この記事へのトラックバック一覧です: 日大国際関係学部が全日本大学選手権出場を決める!:

« 隠し玉右腕・森口千聡(磐田東)をチェックしてきました! | トップページ | また小笠から大型右腕が登場! »