« 春季県大会決勝&3位決定戦~草薙球場レポート | トップページ

2018年5月13日 (日)

定期戦 静岡商vs静岡高

★5月13日 第60回定期戦 静岡草薙球場球場   

チーム
静岡高 1 2 0 0 3
静岡商 0 0 2 0 0

<雨天のため、ノーゲーム>

(高)鈴木翔-黒岩
(商)古屋、高田稔、高田琢-小沢

 第60回の静岡商と静岡高の定期戦は、雨のため、4回終了時点でノーゲームとなりました。
 静岡高は初回、1番・村松開人のレフトスタンドへの本塁打で1点を先制。さらに、2回には9番・山本貫太のタイムリーなどで2点を追加します。
 一方の静岡商は3回、代打・金原圭祐のタイムリーなどで2点を返すと、4回は注目の1年生左腕・高田琢登が登場。高田琢がマウンドに向かうと、一塁側の静岡商スタンドから大歓声が沸きます。
 05131昨日の練習試合では、139キロをマークしたという高田琢。今日は雨の影響からか、立ち上がりは130キロ台前半でしたが、ベンチから「腕を振っていけ」という檄が飛ぶと、一気に球速が上がり、138キロを連発します。1イニングを投げ、2つの四球があったものの無失点。上々の草薙デビューとなりました。
 試合後、父親でもある高田晋松監督は「この日を一つの目標にしてきた。いい経験になったと思います。これで夏に向けて戦力として考えなくてはいけないでしょう」とホッとした様子を見せていました。
 なお、高田琢については、『静岡高校野球2018夏直前号』(6月下旬発売予定)でも取り上げる予定です!(編集部・栗山)

<写真/背番号27をつけ、初めて草薙球場のマウンドに上がった高田琢登(静岡商)>
 

|

« 春季県大会決勝&3位決定戦~草薙球場レポート | トップページ

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66716932

この記事へのトラックバック一覧です: 定期戦 静岡商vs静岡高:

« 春季県大会決勝&3位決定戦~草薙球場レポート | トップページ