« 『静岡高校野球2018夏直前号』表紙が完成! | トップページ | 日大国際関係学部が初戦敗退 »

2018年6月11日 (月)

ボーイズリーグ県大会レポート

 土曜日はボーイズリーグ・スポニチ杯全日本少年野球静岡選手権の準々決勝2試合を浜松球場で見てきました。

061102 第1試合の菊川ボーイズ対浜松修学舎ボーイズは注目の好投手同士の投げ合いとなりました。浜松修学舎ボーイズが初回に1点を先制すると、1対0のまま試合が進みます。
 まず、菊川ボーイズ・水野琉唯はダイナミックに腕を振り抜く本格派タイプ。力強いストレートで追い込み、最後は縦のブレーキのきいたカーブで三振を奪っていきます。
 一方の浜松修学舎ボーイズ・富山大綺は角度と手元でのキレが武器。制球も良く、打たせて取るピッチングを展開していきます。
  06111試合が動いたのは6回裏でした。菊川ボーイズが1死満塁のチャンスを作ります。ここで4番・大西晴登がライト後方にタイムリーを放って逆転に成功。そして、7回表は水野がランナーを出しながらも無失点に抑え、菊川ボーイズが勝利しました。
 敗れはしましたが、浜松修学舎ボーイズはバットコントロールのいい藤田一輝、強肩強打の伊藤大空など楽しみな選手が多く、高校でも期待したいです。

 06113_2第2試合は御殿場ボーイズが逆転勝ちを飾りました。先発の望月龍飛が丁寧に投げ、打っては「1番センター」の勝又湧斗が2安打2盗塁の活躍を見せました。
 磐田ボーイズは1年生がスタメンで2人登場。そのうちの一人の名前に聞き覚えがありました。昨年末、ドラゴンズジュニアの一員として活躍した古山海帆です。「6番ファースト」で出場し、第3打席ではセンター前安打。とても中学1年生とは思えない堂々とした風格を持ち、打球スピードの速さは圧巻でした。今後も追いかけていきたい選手です。(編集部・栗山)

<写真/上から富山大綺(浜松修学舎ボーイズ)、大西晴登(菊川ボーイズ)、望月龍飛(御殿場ボーイズ)>

|

« 『静岡高校野球2018夏直前号』表紙が完成! | トップページ | 日大国際関係学部が初戦敗退 »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

普通そっち観ますよね?

投稿: | 2018年6月11日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66819248

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイズリーグ県大会レポート:

« 『静岡高校野球2018夏直前号』表紙が完成! | トップページ | 日大国際関係学部が初戦敗退 »