« 夏の静岡大会2回戦(7月15日)~島田球場レポート | トップページ | 大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が11奪三振完投&岩本喜照(日本新薬)が東京ドームデビュー! »

2018年7月16日 (月)

夏の静岡大会2回戦(7月16日)~掛川球場レポート

 今日の掛川球場第1試合は地元の2チームが激突。内野席は超満員となり、外野席も開放されました!
07162_2
★7月16日 夏の静岡大会2回戦 掛川球場 晴   

チーム
掛川西 0 0 0 0 3 0 0 0 2 5
掛川東 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

(西)川合-飛騨野
(東)野元、鈴木-赤堀
▽二塁打=山村、福田(西)敦賀(東)

07161 先制したのは掛川東。2回、4番・敦賀壱咲の2塁打を足掛かりに1点を挙げる。先発の野元優作は上々の立ち上がり。打者の手元で伸びるストレートとスライダーを武器に、4回まで無失点に抑える。
 しかし、掛川西は5回に反撃。1死二三塁のチャンスから9番・三浦幹太がしぶとくセンター前へ。2者が生還し、逆転に成功する。投げてはエース・川合勇気が尻上がりに調子を上げ、3回以降は力強いボールが低めに決まる。
 すると9回、掛川西は2番・髙林幸汰の2点タイムリーでダメを押した。

掛川西・大石卓哉監督
「苦しみながらも、応援していただいた皆様の前で勝つことができたことが良かった。勝つことで自信をつけていきたい」

<写真/川合勇気(掛川西)>

|

« 夏の静岡大会2回戦(7月15日)~島田球場レポート | トップページ | 大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が11奪三振完投&岩本喜照(日本新薬)が東京ドームデビュー! »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66946977

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の静岡大会2回戦(7月16日)~掛川球場レポート:

« 夏の静岡大会2回戦(7月15日)~島田球場レポート | トップページ | 大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が11奪三振完投&岩本喜照(日本新薬)が東京ドームデビュー! »