« 夏の静岡大会3回戦(7月21日)~草薙球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月24日)~清水庵原球場レポート »

2018年7月22日 (日)

夏の静岡大会4回戦(7月22日)~磐田球場レポート

★7月22日 夏の静岡大会4回戦 磐田球場 晴   

チーム
湖西 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
掛川西 0 0 1 0 0 0 2 0 × 3

(湖)水野-外山
(掛)川合-飛騨野
▽二塁打=尾崎(湖)福田、三浦(掛)

 07221_2県ナンバーワン右腕・水野喬日が4回戦で姿を消した。前日の3回戦からの好調を維持して、立ち上がりからストレートが走る。しかし、3回に1点を失うと、7回も2失点。それでも、8回裏には「疲れがあったが目いっぱい投げた」と、ギアをマックスに上げて、プロ注目らしく剛球で掛川西打線を無失点に抑えた。試合後、水野は報道陣に囲まれると涙が止まらなくなった。「本当に悔しいです…。でも、この仲間と一緒に戦えたことはいい経験になりました」。将来については「上に行けるなら行きたい」と話し、さらなる飛躍を誓った。
 07222_3一方の掛川西は川合勇気が3安打完封。力強いストレートがコーナーに決まり、完ぺきな投球を見せた。打線は水野に対し、粘り強く攻撃。2回に3番・石川優星のタイムリーで先制すると、7回には9番・三浦幹大のタイムリーで貴重な追加点を挙げた。

掛川西・大石卓哉監督
「水野君と川合のエース対決。いい投手戦だった。その中で、最後まで全員が集中力を切らすことなく、粘っこくプレーしてくれた。一戦一戦、戦うごとにベンチの雰囲気が良くなってきている」

<写真上/初戦から4回戦までの4試合を一人で投げ抜いた水野喬日(湖西)>
<写真下/3回に先制タイムリーを放った石川優星(掛川西)>

|

« 夏の静岡大会3回戦(7月21日)~草薙球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月24日)~清水庵原球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/66975359

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の静岡大会4回戦(7月22日)~磐田球場レポート:

« 夏の静岡大会3回戦(7月21日)~草薙球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月24日)~清水庵原球場レポート »