« 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会3日目(8月13日)~清水庵原球場レポート »

2018年8月12日 (日)

秋季東部地区大会2日目&中部地区大会2日目(8月12日)レポート

 今日の裾野球場第1試合は裾野の工藤涼が投打で知徳を苦しめました。
08121 まず初回、1死二塁のチャンスで打席が回ってくるとライトオーバーのタイムリー三塁打。相手を飲み込むオーラに加え、ボールをとらえる際の一瞬の間があります。スイングもシャープで「なんだこの選手は?」と驚きました。第3打席ではきれいにレフト前に弾き返し、第4打席は気迫のヘッドスライディングでセカンド内野安打をもぎとる泥臭さも見せてくれました。
 投げては先発投手としてマウンドに上がり、重いストレートと縦の鋭いスライダーを武器に、6回まで1失点に抑えます。疲れの見えた終盤に打ち込まれて3対5で敗れましたが、楽しみな選手をまた一人発見することができました。

 その後、雨の影響で2試合目と3試合目は中止になり、焼津球場に向かいました。
 焼津球場についてスコアボードを見て目を疑いました。第2試合の東海大静岡翔洋と藤枝明誠の試合は点の取り合いになり、序盤から中盤にかけてお互いに複数点がバンバンと入っているのです。試合は13対13で延長戦に突入します。
 08122_2迎えた10回表、藤枝明誠は途中出場の岡田海矢がレフトへ満塁本塁打。その裏は3番手の窪田洸大が無失点に抑えて、死闘を制しました。藤枝明誠にとっては大きな1勝となり、試合後、光岡孝監督は「あとになって振り返ったとき、この試合がポイントになったと言えるかもしれない試合。この1年間は苦しんだが、これで吹っ切れる」と、ほっと胸を撫で下ろしていました。
 それにしても両チーム合わせてなんと6本塁打が飛び交った試合。「秋は投手力」と言われますが、その言葉を覆すダイナミックな打撃戦でした。(編集部・栗山)

<写真上/投打で存在感を発揮した工藤涼(裾野)>
<写真下/勝利を喜ぶ窪田洸大(藤枝明誠)>

|

« 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会3日目(8月13日)~清水庵原球場レポート »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/67049870

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東部地区大会2日目&中部地区大会2日目(8月12日)レポート:

« 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会3日目(8月13日)~清水庵原球場レポート »