« 秋季西部地区大会敗者復活3回戦(8月24日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会準々決勝&敗者復活4回戦(8月26日)~浜岡球場レポート »

2018年8月25日 (土)

秋季東部地区大会準々決勝(8月25日)~愛鷹球場レポート

<愛鷹球場・準々決勝>
加藤学園 3 - 2 富士宮東
飛龍 9 - 0 伊豆中央(7回コールド)

 愛鷹球場では加藤学園と飛龍が勝利し、県大会出場を決めました。
 08251第1試合は加藤学園が終盤までに2点をリード。しかし、富士宮東は8回に代打・加藤旺希のタイムリーなどで同点に追いつきます。それでも、直後の9回表、加藤学園は2死二塁から2番・藤田聖が勝負強さを発揮してしぶとくライト線にもっていきます。これがタイムリー三塁打となり、勝ち越しに成功。その裏は捕手からマウンドに上がった林口泰地が無失点に抑え、加藤学園が接戦をものにしました。
 敗れましたが、富士宮東の大型右腕・大野裕哉は楽しみな存在。182センチの長身から130キロ台前半の重いストレートを投げ込んでいました。ただ、本人は味方打線が同点に追いついた直後の9回の失点を悔やみ、「自分が抑えなければいけなかった」と反省。「次こそは県大会を決めたい」と敗者復活戦での巻き返しを誓ってくれました。

 08252第2試合は飛龍がポテンシャルの高さを発揮しました。上位から下位までとにかく打球が速い! もっとも驚いたのは「7番キャッチャー」の西村郷里です。まず第1打席は逆方向に弾き返すと、ライナーでグングンと伸びてライトの頭を越えていきます。続く第2打席はレフトのポール際への大ファウル。そして第3打席はレフトオーバーの二塁打を放ちました。試合後、小林能知監督に話を伺うと、「本来は4番を打つ力があるが、捕手というポジションの負担を考えて7番においている」とのこと。こんな強打者が下位にいたら、相手としたら、たまらないでしょう。また、捕手として肩の強さもピカイチ。県大会でも目立つ存在になりそうです。(編集部・栗山)

<写真上/勝ち越しタイムリーを放った藤田聖(加藤学園)>
<写真下/強肩強打のポテンシャルをいかんなく発揮した西村郷里(飛龍)>
 

|

« 秋季西部地区大会敗者復活3回戦(8月24日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会準々決勝&敗者復活4回戦(8月26日)~浜岡球場レポート »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/67095020

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東部地区大会準々決勝(8月25日)~愛鷹球場レポート:

« 秋季西部地区大会敗者復活3回戦(8月24日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会準々決勝&敗者復活4回戦(8月26日)~浜岡球場レポート »