« 「48(ヨンパチ)ベースボールカップ」は浜松西が2連覇! | トップページ | 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート »

2018年8月 9日 (木)

藤枝明誠出身・中田悠斗(中央大)がオープン戦で本塁打!

 ちょうど1年前、藤枝明誠の主将として甲子園に出場した中田悠斗(中央大)が静岡の地で成長した姿を披露しました。

 08091昨日は浜松球場で行われた中央大と常葉大浜松キャンパスのオープン戦へ。中田はベンチからスタートしましたが、6回、満塁のチャンスの場面で代打として打席に向かいます。
 1ボールのあとの2球目でした。変化球をジャストミートすると、打球はライトスタンドに一直線。いきなりの満塁本塁打に度肝を抜かれました。さらに、9回に回ってきた第2打席はライトフェンス直撃の三塁打。あとわずかでフェンス越えという、これまた凄い一撃でした。
「今は構えを大きくするように意識している」という中田。高校時代と比べると、スイングの迫力が違います。一球で仕留める集中力も見事でした。春は1年生ながら開幕戦からスタメンで出場。駒澤大戦では本塁打を放っていますが、それだけの選手だとあらためて感じました。
 「大学野球は球の速さ、変化球のキレが高校とは全然違いますが、木製バットがしっくりきているんです」
 そう手応えを口にする中田。長打力を身につけた打撃はもちろん、シートノックで見せた肩の強さと脚力も一級品。走攻守そろった「東都のスター」になれる選手です!(編集部・栗山)

<写真/意外にも、「浜松球場で初めてプレーした」という中田。1本塁打1三塁打の大活躍を見せた>

|

« 「48(ヨンパチ)ベースボールカップ」は浜松西が2連覇! | トップページ | 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/67038653

この記事へのトラックバック一覧です: 藤枝明誠出身・中田悠斗(中央大)がオープン戦で本塁打!:

« 「48(ヨンパチ)ベースボールカップ」は浜松西が2連覇! | トップページ | 秋季中部地区大会1日目(8月11日)~草薙球場レポート »