« 「全国中学生都道府県対抗野球大会」が東部で開催されます! | トップページ | 秋季県大会2回戦(9月16日)~草薙球場レポート »

2018年9月15日 (土)

秋季県大会1回戦(9月15日)~浜松球場レポート

 秋季高校野球の県大会が本日開幕しました。浜松球場では2試合が行われ、星陵と静岡商が2回戦に駒を進めました。

★第1試合 星陵 9-4 浜松市立

 09151東部5位・星陵が西部3位・浜松市立を撃破した。星陵は2点を追う5回に、5番・和田悠矢のレフトタイムリーなどで4点を奪って逆転に成功。6回にも1点を加えると、8回には4安打で3点を奪った。投げては6回からマウンドに上がった2番手の和田が好投。ストレートと変化球のコンビネーションが冴えて4回1失点の好投を見せた。一方の浜松市立は前半にリードを奪って試合を優位に進めたが、相手に傾いた流れを引き戻すことができなかった。

星陵・加藤秀明監督
「今後に向けて大きな1勝を手にすることができた。目立った選手はいないが、一人ひとりが一生懸命にプレーしてくれた結果だと思う。今年のチームは波に乗ると一気に3点、4点をとることができる。今日もそれが出てくれた。明日は何としても勝って、ベスト8に入りたい」

<写真/投打で活躍した和田悠矢(星陵)>

★第2試合 静岡商 12-5 浜松開誠館(8回コールド)

09152 静岡商は初回、1番・松浦凛のセンター前安打からチャンスを作ると、3番・杉本蓮が「無理に引っ張るのではなく、逆方向にもっていこうと思った」と、初球のスライダーを左中間に弾き返す。これがタイムリー二塁打となり、1点を先制。5番・藤好悠もセンターオーバーのタイムリー三塁打で続く。静岡商は攻撃の手を緩めず、2回にも杉本のタイムリーなどで3点を追加する。一方の浜松開誠館は3回に3番・青木蓮太朗のタイムリーなどで3点を返すも、静岡商は中盤以降も着々と加点。8回コールド勝ちを決めた。 

静岡商・髙田晋松監督
「初回から畳みかける攻撃ができたことは自信にしていきたい。県大会前に3年生の古屋(悠翔)と髙田(稔壽)にシート打撃で投げてもらった。攻撃陣はそれが生きたと思う」

<写真/初回にタイムリーを放ち、塁上でガッツポーズを見せる杉本蓮(静岡商)>

|

« 「全国中学生都道府県対抗野球大会」が東部で開催されます! | トップページ | 秋季県大会2回戦(9月16日)~草薙球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

お世話になります!
和田は、橘の佐野大陽が富士宮一中にいた時のエースです!2人とも立派に頑張っていますね!

投稿: 坪内圭介 | 2018年9月15日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/67171743

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季県大会1回戦(9月15日)~浜松球場レポート:

« 「全国中学生都道府県対抗野球大会」が東部で開催されます! | トップページ | 秋季県大会2回戦(9月16日)~草薙球場レポート »