« 神宮大会で活躍期待の県勢選手! | トップページ | 浜松市内大会、第2回大会を制するのは!? »

2018年11月12日 (月)

明治神宮大会で県関連選手のプレーを見てきました!

 10日、11日は明治神宮大会を見てきました。
 大学の部では、10日の第4試合に筑波大が登場。同チームには県勢数人がベンチ入りしていました。
 まず、静岡高出身の村木文哉が先発しました。3回まで毎回走者を出すも、気持ちのこもった投球で無失点に。しかし、4回に相手の4番打者に本塁打を浴び先制点を許します。この一発をきっかけに、エンジンがかかったきた様子。5回、6回は「インコースを攻めきれた」と三者凡退で抑え、マウンドを降ります。試合は1対2で敗退。フォークは全国で通用すると感じた一方で、「もっとストレートの質を上げていきたい」と今後の課題も口11121にしていました。具体的な球速数字で言えば、マックスで150キロ以上を出して、アベレージで140キロ台中盤を目標にしていきたいとのこと。来年はもうワンライン上の投手になって、全国で大暴れしてくれることでしょう。
 そして、8回には沼津東出身の秋岡弘樹が代打で出場。冷静に球を見極めて四球を選びました。4年生として、大学最後の打席が念願の神宮球場となった秋岡。この貴重な経験を財産に、次のステージでも活躍を期待したいです。

 1112211日の第4試合では、創価大の鈴木嘉基(静岡高出身)が「6番セカンド」で出場。第2打席でセカンド内野安打をもぎ取ります。高校までのイメージとは変わり、バットを短く持ち、コンパクトに振り抜くスタイル。守備は「サードの嘉基」の印象が強く、最初はセカンドを守っている姿に違和感があったのですが、全力でボールを追い、細かいプレーをこなしていきます。走攻守すべてで必死さが見てとれました。筑波大と同様に初戦で敗退。「もっともっと成長して来年は日本一に少しでも貢献したい」という鈴木。来年はぜひ東京新大学リーグにも足を運び、チェックしていきたいなと思いました。

  高校の部では、桐蔭学園の森敬斗(島田ボーイズ出身)に注目。関東大会で3本塁打を放ち、一躍、来年のドラフト候補に挙がっています。
 しかし、この日の筑陽学園(福岡)戦では3打数無安打。チームも敗れ、「自分たちのいいところを出せなかった」と悔しさを噛みしめていました。来年のセンバツで、このリベンジを果たしてもらいたいです。(編集部・栗山)

<写真上/代打で四球を選んだ秋岡弘樹(筑波大)>
<写真下/セカンドで堅実な守備を見せる鈴木嘉基(創価大)>

|

« 神宮大会で活躍期待の県勢選手! | トップページ | 浜松市内大会、第2回大会を制するのは!? »

全国の高校野球」カテゴリの記事

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/67373876

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮大会で県関連選手のプレーを見てきました!:

« 神宮大会で活躍期待の県勢選手! | トップページ | 浜松市内大会、第2回大会を制するのは!? »