« 春季東部地区大会3日目(3月31日)~富士球場レポート | トップページ | 小笠地区で中学野球の注目大会が開催されます! »

2019年4月 4日 (木)

県大会出場の24校が決定!

 春季高校野球は県大会出場の24チームが決定しました。

<東部地区>
三島北/日大三島/御殿場西/加藤学園/桐陽/飛龍/吉原工/富士市立

<中部地区>
清水桜が丘/東海大静岡翔洋/静岡商/駿河総合/常葉大橘/静岡学園/城南静岡/藤枝明誠

<西部地区>
常葉大菊川/袋井/磐田農/浜松西/浜松工/浜松商/浜名/天竜

===============================

04041  昨日は愛鷹球場へ。第2試合は三島北がプロ注目・栗田和斗を擁する知徳を撃破し、4年ぶり2度目の県大会出場を決めました。
 1点を追う6回、2死満塁から6番・篠原晴人の2点タイムリーで逆転。投げては左腕の吉田望海が、緩急を巧みに使って、知徳打線をわずか2安打に抑えました。この快投に吉田は試合後、「自分でもびっくりした」と笑顔。「沼津ヤング」時代は控え投手も、高校入学後にフォームが安定し、内角をつけるようになったとのこと。球速は110キロ台でも勝てることを証明してくれました。
 一方、知徳の栗田はプロ6球団のスカウトがスタンドで見守る中、プロのスピードガンで最速となる144キロをマーク。2回にはストレートで押しまくり、三者連続三振もありました。ただ、まだイニングによって状態のバラつきがあり、リズムも作れませんでした。素材は間違いないだけに、夏に向かってどう進化するのか注目したいです。(編集部・栗山)

<写真/チームを県出場に導いた吉田望海(三島北)>

 

|

« 春季東部地区大会3日目(3月31日)~富士球場レポート | トップページ | 小笠地区で中学野球の注目大会が開催されます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春季東部地区大会3日目(3月31日)~富士球場レポート | トップページ | 小笠地区で中学野球の注目大会が開催されます! »