« 春季県大会は浜松商が16年ぶりのV! | トップページ

2019年5月16日 (木)

紅林だけじゃない! 駿河総合の強肩捕手に注目しました

 今日は「静岡高校野球2019直前号」(6月19日発売予定)の取材で駿河総合に行ってきました。

05161  シートノックを見ていると、キャッチャーの大石嵐士(176cm72kg、右投右打)に目が釘付けとなりました。とにかく肩が強い! 二塁送球はボールが垂れることなく、加速していきます。今年の静岡で、ここまでの肩の強いキャッチャーは見たことがないです。まさに鬼肩。しかも、ただの鉄砲肩ではなく、肩・ヒジに柔らかさがあるのも魅力です。
 望月俊治監督によると、ドラフト候補の紅林弘太郎を見に来る野球関係者が、口を揃えて「あのキャッチャーは誰?」と気にするとか。本人も「僕の肩を見て欲しいです」とアピールポイントに挙げていました。ただ、この大石はレギュラーではなく控え捕手。それだけ、今年の駿河総合は戦力が充実しています。(編集部・栗山)

<写真/強肩捕手として注目の大石嵐士(駿河総合)>

|

« 春季県大会は浜松商が16年ぶりのV! | トップページ

コメント

2019静岡県高校野球の捕手といえば、
星陵高校の望月君もすばらしいですよ!
リード、フットワーク、特に肩がすばらしいです!
担当者の方、是非、星陵高校に行ってみてはいかがですか?

投稿: KAZU | 2019年5月22日 (水) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春季県大会は浜松商が16年ぶりのV! | トップページ