« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

この秋注目の2投手を見てきました!

 土曜、日曜はこの秋の注目投手2人を見てきました。

08261  土曜日は裾野球場へ。お目当ては誠恵のアルベス・リュウです。
 今年4月に誠恵を取材した際のことでした。バッティング練習で、センター方向に大きな打球を飛ばしていた一人の右打者がいました。それがアルベスでした。この秋の大会では投手として奮闘し、ここまでの3試合すべてで完投。愛鷹球場のスピードガンで135キロをマークしたという情報もありました。投げるだけでなく、バッティング面も魅力。初戦では本塁打を放っています。

 この日の相手は強打の御殿場西。どんな投球を見せてくれるのか楽しみでした。
 初回は3人をピシャリと抑える抜群の立ち上がり。2回に1点、4回には2点を失いますが、5回から7回は無失点に抑えます。フォームにぎこちなさがなく、バランスがいいのが特徴。しかも、テークバックからリリースにかけての爆発力があり、エンジンの大きさを感じました。指にかかったときの角度あるストレートとドロップ系の縦の変化は、なかなか見られないもの。裾野まで足を運んで良かったと思いました。
 さらに、驚いたのは7回のバッティング。変化球に対して、崩されながら左手一本でレフト前に持っていきます。そうとう体が強くないと、こんなバッティングはできません。
 試合は1対7で敗退。鈴木宏和監督によると、この日は疲労の影響で3回くらいから力が入らない状態だったそうです。それでも、最後まで投げ抜いて4試合連続完投。気持ちの強さとポテンシャルの高さを伺うことができました。

 08262 そして、土曜日は掛川球場へ。県内の2年生には髙田琢登(静岡商)をはじめ、左の好投手が目白押しですが、スケールならナンバーワンだと推しているのが、浜松湖北の北沢勇都。身長186センチの長身に加え、しなかさも持っている左腕です。
 この日は「4番ピッチャー」でスタート。まずはバッティングで魅せてくれます。第1打席で、いきなりレフトオーバーの二塁打。続く第2打席でセンター前安打。フォームに迫力はないのですが、リストが柔らかいので、どんな球種に対応できます。
 マウンドに上がったのは6回途中。2死二塁のピンチの場面で、センターフライに仕留めます。さらに7回は三者連続で空振り三振に。8回も無安打に抑えました。さすがの常葉大菊川打線も、見たことがない角度に苦労している様子。ストライクゾーンをめがけて、思い切って腕を振っているのが良かったです。
 
 アルベス、北沢ともに高校で完成するタイプではなく、上の世界にいってからが勝負の選手です。焦らずに、ゆっくり成長を歩んでほしいです!(編集部・栗山)

<写真/上からアルベス・リュウ(誠恵)、北沢勇都(浜松湖北)> 

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

秋季西部地区大会7日目(8月22日)~磐田球場レポート

<磐田球場・敗者復活3回戦>
掛川工 14 -5 浜松南
磐田東 6-3 掛川西

08221  第1試合は掛川工が逆転勝ちを飾りました。1点を追いかける9回に、先頭の松浦工の二塁打からチャンスを作ると、3番・佐藤大斗のエンタイトル二塁打で同点。さらに、途中出場の松浦亜門がレフトオーバーの逆転打を放ちました。この回、一挙10点を奪う猛攻。5回からリリーフした右サイド右腕・松永大輝の好投も光りました。
 一方の浜松南では、3番・加藤巧麻、4番・深津太智に注目。加藤は第1打席と第2打席でセンター前に弾き返し、第3打席ではライトフェンス直撃の二塁打。打撃センスに圧倒されました。一方、深津はショートの守備が抜群。柔らかいグラブさばきで前の打球も横の打球も鮮やかにざばいていました。ともに上のレベルで勝負してほしい選手です。

08222  第2試合は磐田東が掛川西を下しました。3打点の活躍を見せたのは岡野裕一郎。「浜松シニア」で4番を務めた注目1年生です。
 新チーム結成直後はレギュラーでしたが、打撃の状態が上がらず、秋の大会は控えに。この日もベンチからのスタートでしたが、 初回に5番・渡邉太偉志が自打球を顔面にあてて負傷退場するアクシデントがあり、その代役として岡野が登場しました。「太偉志さんのために気持ちで打った」と、7回2死二三塁のチャンスで2点タイムリーとなるレフト前安打。8回にはダメ押しとなる一打も放ちました。「今日の結果を自信にしていきたい」という岡野。まだ体の線は細いですが、貴重な右のスラッガー候補だけに今後も追いかけていきたいです!(編集部・栗山)

<写真上/9回に勝ち越しタイムリーを放った松浦亜門(掛川工)>
<写真下/途中出場から3打点の活躍を見せた岡野裕一郎(磐田東)> 

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

秋季中部地区大会6日目(8月19日)~草薙球場レポート

 今日の草薙球場は静岡商と東海大静岡翔洋が勝利。県大会出場を決めました。

<草薙球場・勝ち抜き3回戦>
静岡商 10-3 静岡学園(7回コールド)
東海大静岡翔洋 6-3 静岡市立

 第1試合は静岡商がコールド勝ち08191を飾りました。初回、1番・鈴木瞳吾のレフト前安打、2番・小西涼登のライトオーバーの三塁打で1点を先 制。4回には鈴木の2点タイムリーなどで3点を加え、試合を優位に進めます。17日に148キロをマークした髙田琢登は6回からマウンドへ。この日、最速145キロのストレートを武器に2イニングを無失点に抑えました。

08192  続く第2試合は東海大静岡翔洋が静岡市立を振り切りました。初回、2死二三塁のチャンスから、5番・岩田光聖が「一球で仕留めようと思っていた」とストレートを振り抜くと、打球はレフト方向へ。打者2人が生還します。その後も効果的に得点を加えると、原俊介監督が「面白い球を投げる」という1年生右腕の鈴木豪太が好投。球速は120キロ台後半も、打者の手元で伸びるストレートを生かして試合を作りました。一方の静岡市立は3番の金子大悟が5回にライトスタンドに本塁打。その他の打席でも、広角に安打を放つ活躍を見せてくれました。(編集部・栗山)

<写真/上から鈴木瞳吾 (静岡商)、鈴木豪太(東海大静岡翔洋)>

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

静岡農・窪田千瑛が投打で活躍!

  今日は富士球場で2試合見たあとに、草薙球場へ。中部地区敗者復活1回戦の静岡北と静岡農の試合に間に合いました。

08181

 静岡農の先発は窪田千瑛。清水五中時代は、双子の兄・響(現駿河総合)とともに、3年夏の中体連で県優勝を果たしている選手です。当時のポジションはショートとキャッチャー。高校入学後も、主にショートでプレーしていましたが、この秋から本格的にピッチャーとしてマウンドに立っています。

 初戦の静岡商戦では敗れたものの、133キロをマークした窪田。この日の球速は128キロ止まりでしたが、7回を投げて4安打1失点に抑えました。バランスのいいフォームからストレートに加え、ここ一番で投げるスライダーはキレ味が十分。ランナーを出しても落ちついた投球が光りました。
 また、トップバッターとしても活躍。2塁打1本を含む3安打を放ち、コールド勝ちに貢献しました。

 「兄の活躍は刺激になっている」という窪田。中部大会では組み合わせ的に対戦は実現しませんが、お互いに県大会に出場すれば兄弟対決の可能性があります。「向こうが打席に立つことを考えると怖いですが、そこまで勝ち上がるように頑張っていきたい」と話してくれました。(編集部・栗山)

<写真/7回を1失点に抑えた窪田千瑛(静岡農)>

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

社会人・大学野球対抗戦はヤマハが連覇!

★8月12日 第2回静岡県社会人・大学野球対抗戦決勝戦  松前球場 晴

     チーム
浜松ケイ・スポーツBC 0 0 0 2 0 0 0 3
ヤマハ 0 1 6 1 0 0 0 10

<8回コールド>

(浜)小松、原木、涌本、辻、坂口、飛田、伊藤-前田
(ヤ)水野、近藤-高杯
▽二塁打=河野、藤岡、高杯、井上(ヤ)
▽三塁打=辻本(ヤ)

08151  昨年から始まった静岡県社会人・大学野球対抗戦 。今年は県内の企業チーム、クラブチーム、大学から計8チームが参加しました。

 決勝戦はヤマハ対浜松ケイ・スポーツBCのカードに。ヤマハが2回に1番・池田祥大の犠飛で先制すると、3回には9番・野澤洸のタイムリーなどで一挙6点を奪う猛攻。貫録を見せます。そして6回からはエースの近藤卓也がマウンドへ。強いストレートを武器に圧巻の投球を披露し、相手に傾きかけた流れを止めると、8回裏に攻撃陣が2点を奪ってコールド勝ちを決めました。
 ヤマハは2連覇を達成。最優秀選手賞は、大会を通して活躍した前野幹博が獲得しました。

08152  浜松ケイ・スポーツBCは6番手でマウンドに上がった一人の長身投手が気になりました。八戸大出身の飛田健佑。なんと、身長は194センチ。あの大谷翔平(エンゼルス)とほぼ同じサイズなのです。
 腕の位置は少し下がり気味で、角度こそありませんが、140キロ台前半から中盤のスピードを武器にドラフト候補の前野から空振り三振を奪う場面も。さすがのヤマハ打線も打ちづらそうでした。他にも、この日先発した新人の小松蓮は188センチ、5番手の坂口信彦は186センチ。スケール感のある大型投手が揃っていました!(編集部・栗山)

<写真上/最優秀選手賞を獲得し、表彰を受ける前野幹博(ヤマハ)>
<写真下/長身右腕の飛田健佑(浜松ケイ・スポーツBC)> 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

秋季西部地区大会1日目(8月11日)~磐田球場レポート

 西部、東部でも秋季大会が開幕。いよいよ秋が本格化してきました!

<磐田球場・勝ち抜き1回戦>
浜松修学舎 8-2 磐田農
浜松開誠館 2-0 浜松北

 08121磐田球場の第2試合は、浜松開誠館の長屋竣大(2年)が粘りの投球で完封を飾りました。 
 夏の大会で139キロをマークしたというストレートには伸びがあり、スライダーもキレていました。この日、何より目についたのはフィールディングでの素早さ。4回には味方のエラーで無死から出塁を許すも、続く打者の送りバントをさばいて併殺に。これだけの守備をされたら、相手は簡単にバントができなくなるでしょう。体にバネと俊敏性がありました。「選抜を狙っているので、まだまだ状態を上げていきたい」という長屋。浜松開誠館は、夏の大会でデビューした注目1年生の平林洸晟も控えるだけに、目が離せません。

 一方、強打の浜松開誠館打線を2点に抑えた浜松北の右腕・松本竜馬(2年)の頑張りも光りました。腕を強く振り、果敢に攻めていく姿勢が良かったです。(編集部・栗山)

<写真/完封勝利の長屋竣大(浜松開誠館)>

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

秋季東部地区大会1日目(8月10日)~愛鷹球場レポート

  高校野球の秋季地区大会が本日から始まりました。まずは東部地区からスタート。愛鷹球場で行われた3試合を見てきました。

<愛鷹球場・勝ち抜き1回戦>
知徳 21-3 三島北(5回コールド)
伊東 11-4 御殿場(7回コールド)

<愛鷹球場・勝ち抜き2回戦>
吉原工 8-7富士宮東

08101  第1試合は知徳が今春敗れた三島北相手に圧勝。「1番ピッチャー」の杉崎幸風(2年)が投打で活躍しました。初回に先頭打者としてライト前安打で出塁。さらに、3回にもライト前安打を放つと、6回には右中間を破る三塁打で打線を引っ張ります。投げては初回に2点を失いますが、2回と3回は3人ずつで抑えました。体全体を使うフォームでテンポが良かったです。初鹿文彦監督が「今はあまり見かけない昭和のようなタイプ」という杉崎。どんな場面でも気持ちが前面に出て、溌剌としたプレーが印象的でした。

 続く第2試合は伊東が逆転勝利。 4点を追いかける2回、6安打を集中して一挙8点を奪いました。新チームから中嶋清之監督が指揮をとり、チームでは「エンリッチ・ベースボール」を合言葉にしているそうです。「エンジョイではなく、ウチはエンリッチ。まずは人間力を高めることを意識させていきたい」と中嶋監督。どんなチームに変貌を遂げるのか楽しみです。

 第3試合は吉原工が接戦をものにし、3回戦へ。6回から登板した佐野直哉(1年)の粘り強い投球が光りました。(編集部・栗山)

<写真/知徳の新核弾頭・杉崎幸風 (知徳)>  

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

静岡裾野シニアが日刊スポーツ杯を制する!

 日刊スポーツ杯シニア県夏季大会は静岡裾野シニアが5年ぶり3度目の優勝を飾りました。

08091

★8月3日 日刊スポーツ杯シニア県夏季大会決勝  

  チーム
静岡蒲原A 0 0 2 4 0 0 1 7
静岡裾野 2 0 0 0 2 3 8

(蒲)望月、武藤、佐野-谷澤
(裾)大橋建、岩田、山口、岩田-岸本、馬場

08092  静岡裾野シニアは4点を追いかける5回に2点を返すと、6回には1死一三塁のチャンスを作ります。ここで打席に入るのは主将の北嶋優希哉。「後ろにつなげる意識だけだった」と、内角球をシャープに振り抜きます。レフト方向へのライナー性の打球はグングンと伸び、柵越え。逆転に成功しました。さらに7対7の同点から7回裏、森部太智がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで試合を決めました。

 土壇場で底力を発揮した静岡裾野シニア。指揮をとった長田敏彦総監督は「選手たちの中に負けたくないという強い思いがあった」と話します。これでクラストカップ、ジャイアンツカップに続き、県内関連の大会において3冠を達成。チームが見据えるのは、8月11日に開幕するジャイアンツカップの本大会です。この日は、故障の影響で実戦登板が遠ざかっていた最速137キロ右腕・山口凱矢も7回にマウンドへ。悲願の硬式全国制覇に向け、着々と準備が進んでいるようでした。

08093   一方、静岡蒲原シニアはAチームが2位、Bチームが3位と実力を発揮。2点タイムリーを放った強肩強打の捕手・谷澤勝斗、先輩・鈴木将平(現西武)を彷彿とされる抜群の守備センスと脚力を持つ水田裕翔、長身のショートとしてスケールが魅力の稲葉亜蘭など、大きく育ってほしい選手がたくさんいました。(編集部・栗山)

<写真上/3ラン本塁打を放った北嶋優希哉(静岡裾野シニア)>
<写真下/強肩強打を見せた谷澤勝斗(静岡蒲原シニア)>

 

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

48カップ、浜松西が3連覇!

★48カップ決勝トーナメント

<準決勝>
伊豆中央 6-5 藤枝東(延長10回タイブレーク)
浜松西 6-1 静岡東

<決勝>
浜松西 8-0 伊豆中央(7回コールド)

<3位決定戦>
静岡東 7-4 藤枝東

08061

 明日、甲子園では静岡高が初戦を迎えますが、秋の地区大会も間もなくスタート。昨日、各地区の組み合わせが出揃いました!(組み合わせはこちら→http://shizuoka-hbf.com/wordpress/shbf/Databox/Game_autumn.pdf

 そんな秋の大会を前に、毎年開催されているのが「48カップ」 。昭和48年生まれの指導者が中心となり、頂点を争います。第3回大会となった今年は7チームが参加。決勝トーナメントが4日に行われ、浜松西が3連覇を達成しました。

08062

 浜松西は準決勝で静岡東と対戦。初回に5番・西尾龍治がセンター方向へ3ラン本塁打を放つと、再び5回に西尾が左中間へ豪快な一発を放ちます。さらに伊豆中央との決勝戦では、9安打中4本が長打という震え上がるような破壊力を見せてくれました。投手陣も安定していました。左腕の内山真一が準決勝で好投すると、決勝戦は右腕の髙井晃一郎を7回を2安打無失点に抑えました。

 1試合で2本の本塁打を放ち、捕手としては強肩ぶりを発揮した西尾は秋の大会に向けてこう意気込みます。
 「夏は4回戦で負けて悔しい思いでいっぱいでした。今のチーム目標は選抜に出場すること。そのために、もっと練習の質を上げていきます」
 毎年強力打線を形成する浜松西。今年は前チームから主力が残ったことで、さらに力強さが増しています。また、投手陣の完成度も高く、バランスのいいチームに。県上位を狙える実力を持っていると思います。

 決勝で浜松西に敗れたものの、準優勝の伊豆中央は伝統の粘り強さが引き継がれている印象。強い打球を放つ平岩謙信(静岡東)、183センチ右腕の木村真太朗(藤枝東)も今後注目していきたいです。(編集部・栗山) 

<写真/2本塁打を放った西尾龍治(浜松西)> 

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

中学親善野球大会、浜松A選抜が優勝!

 第36回静岡県中学親善野球大会は7月31日、8月1日に草薙球場などで開催され、浜松A選抜が優勝を飾りました。

08051

★8月1日 静岡県中学親善野球大会決勝 草薙球場 晴   

  チーム
浜松A選抜 0 1 0 0 4 0 0 5
御殿場選抜 0 0 0 0 0 0 2 2

(浜)山田 平井 
(御)緑川、瀬戸-太田拓

08052  決勝戦は御殿場選抜と浜松A選抜の対戦となりました。 
 先制したのは浜松A選抜。2回、8番・鈴木悠聖(浜松開誠中)と9番・小出晴希(細江中)の連続二塁打で1点を挙げます。さらに5回には、
5番・伊藤聡汰(細江中)の三塁打を足掛かりに一気に4点を追加。投げては山田悠希(丸塚中)の好投が光りました。前日は榛原選抜相手に5回無失点。決勝でも 「自分の投球ができた」と、ストレートと変化球のコンビネーションで冴え渡りました。「高校では甲子園を目指していきたい」という山田。今後も注目です。
 
一方、御殿場選抜は最終回に4番・苫米地隆良(富士岡中)の二塁打でチャンスを作り、7番・高森耀平(富士岡中)のタイムリーなどで3点差に。最後まで諦めない姿勢を見せてくれました。

 08053 今大会、2日間、いろいろな球場を周り、気になった選手がたくさんいました。特に目についたのは、この5人です。サイドからキレのあるストレートを投げ込んだ焼津選抜・笹原神壱(小川中)、島田球場の左中間に本塁打を放った小笠選抜・平尾優成(桜が丘中)、準決勝の三塁打2本に驚かされた浜松B選抜・近藤爽太(三方原中)、187センチ100キロという中学生離れした体格から豪快な打球を飛ばした藤枝選抜・池谷龍(藤枝中)、攻守で雰囲気が良かった富士宮選抜・加藤雄大(西富士中)。さらに実際に見ることができなかったのですが、伊東選抜の山田幸輝(伊東南中)が草薙球場のスピードガンで131キロをマークしたという情報も(おそらく今大会最速!)。高校でどんな活躍をしてくれるのか楽しみです!(編集部・栗山)
 

<写真上/抜群の安定感でMVP級の活躍を見せた山田悠希(丸塚中)>
<写真下/草薙球場で130キロを超えるストレートを投げた山田幸輝 (伊東南中)>

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »