« ドラフト会議、県内関連3選手指名! | トップページ | 日大国際関係学部が東海選手権で優勝! »

2019年10月19日 (土)

交流試合 静岡市立vs西苑高級中

★10月19日 台湾スポーツ交流試合 静岡市立グランド 曇   

  チーム
西苑高級中 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4
静岡市立 0 0 0 0 1 0 3 0 0 4
10191

 今日から始まった台湾との交流試合。静岡市立と西苑高級中の試合を見てきました。

10192  静岡市立は初回に2点を失いますが、エース・望月大星(2年)の多彩な変化球が冴え、2回以降は無失点に抑えます。さらに、5回からマウンドに上がった技巧派左腕・徳元聡(2年)も持ち味を発揮。豪快にバットを振る相手打線に対し、緩い変化球を有効的に使って次々と仕留めていきます。打線は、この日、最速145キロをマークした曾峻岳の快速球に苦しむものの、 5回に9番・高橋聖(1年)のタイムリーで1点を返すと、7回には2番手投手から一挙3点を奪いました。その後、8、9回は両チームとも無得点で、4対4の引き分けに終わりました。
 静岡市立は秋の県大会を逃しましたが、好守で安定感が出て、チーム力が上がっている印象を持ちました。安井信太郎監督も「ここにきてようやく試合になってきた」と、少しずつ手ごたえを掴んでいる様子。明日からの静岡市内大会、慶應義塾大と対戦する「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」(11月23日/草薙球場)でどんな戦いするのか注目していきたいです。(編集部・栗山)

<写真/変化球を武器に好投した徳元聡(静岡市立)>

|

« ドラフト会議、県内関連3選手指名! | トップページ | 日大国際関係学部が東海選手権で優勝! »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラフト会議、県内関連3選手指名! | トップページ | 日大国際関係学部が東海選手権で優勝! »