« シニアのクラストカップが開幕しました! | トップページ | 台湾の強豪チームが来静! »

2019年10月15日 (火)

静岡リーグの試合を2球場で見てきました!

 13日は清水庵原球場→日大国際関係学部グランド→清水庵原球場と回り、2球場で大学野球の静岡リーグの試合を見てきました。

 清水庵原球場の第1試合・東海大海洋学部対常葉大浜松キャンパスで目についたのは、東海大海洋学部の加藤廉(3年)。来年のドラフト候補になってほしい大型遊撃手です。島田工時代から追いかけていますが、毎年毎年、成長曲線を描いているのが魅力。大学生の場合、下級生から出続けている選手は4年の間にどこかで壁にあたって落ち込むことがありますが、それが加藤にはありません。この日は初回の第1打席に四球を選ぶと、すかさず二盗、三盗を決めます。そして、次打者の安打でホームイン! 打つ守るだけでなく、常に次の塁を狙っていく姿勢が素晴らしかったです。

10151  その後、日大国際関係学部のグラウンドへ。試合の途中からでしたが、日大国際関係学部の4番打者・青木伊織(4年)の右中間への本塁打を目撃できました。花咲徳栄(埼玉)時代は、甲子園の打席に立った経験も持つ青木。ライト方向に強風が吹いていたとはいえ、圧巻のパワーを見せてくれました。日大国際関係学部は静岡1位で今月19日からの東海選手権に出場するので、そこでも大暴れしてもらいたいです。

 清水庵原球場に戻ると、ナイターで静岡大と常葉大静岡キャンパスの試合が行われていました。
 常葉大静岡キャンパスは1年生左腕の永田晃平が1失点完投勝利。「今日は変化球でストライクが取れた」と、スライダーやチェンジアップが冴え渡っていました。身長163センチと小柄ながら、「高校時代よりも球威が増した」と、ストレートにキレと力強さもありました。
 また、静岡大の3番手で登板した神田貴浩(3年)、雰囲気のいい捕手・西林利基(2年)も気になりました。来年が楽しみですね。(編集部・栗山)

<写真/2ラン本塁打を放った日大国際関係学部の主砲・青木伊織(写真右)>

|

« シニアのクラストカップが開幕しました! | トップページ | 台湾の強豪チームが来静! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シニアのクラストカップが開幕しました! | トップページ | 台湾の強豪チームが来静! »