« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月18日 (月)

浜松市内大会、浜松商が初優勝!

 第3回浜松市内高校野球大会の準決勝、決勝が16日に浜松球場で行われ、浜松商が初優勝を飾りました。

11181

<準決勝>
聖隷クリストファー 6-3 浜松西
浜松商 14-3 浜松学院(5回コールド)

<決勝>
浜松商 2-1 聖隷クリストファー

 今年は浜松市内の16校が参加。準決勝には秋の県ベスト8の3校が勝ち上がり、レベルの高い試合が展開されました。
 まず準決勝の第1試合で聖隷クリストファーが秋の西部大会で敗れた浜松西にリベンジ。続く第2試合は浜松商がコールド勝ちを飾りました。主砲・山本陸来(2年)がレフトスタンドに放った満塁本塁打は圧巻でした!

11182  そして、浜松商と聖隷クリストファーの決勝戦は、浜松商・森太河(1年)、聖隷クリストファー・肥田雄策(1年)の投げ合いで試合が進みます。均衡を破ったのは浜松商。6回、1死二三塁のチャンスを作ると、3番・佐藤太陽(2年)が「来た球に食らいついた」と外角の真っすぐをレフトオーバーに打ち返します。2点を先制した浜松商は6回途中から森と同じく1年生右腕の工藤遼太(1年)がマウンドへ。工藤は8回に1点を失ったものの、回転のいいストレートを武器に最後まで投げ切りました。
 「夏勝つために、浜松市内のチームには負けたくなかった」と佐藤。秋の準々決勝でコールド負けを喫した聖隷クリストファーに勝利し、いい形でオフシーズンに入れそうです。
 一方の聖隷クリストファーは、秋に登板のなかった大石翔太(2年)が準決勝で好投するなど、投手陣の底上げができている様子。名将・上村敏正監督の下、一冬でさらにチームが上がる予感がしました。(編集部・栗山)

<写真/決勝で2点タイムリーを放った佐藤太陽(浜松商)> 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

湖西・廣田和真が名門・横浜相手に好投!

11111jpg  第4回湖西ベースボールフェスタが9日、10日に湖西球場で開催されました。第1日目は強豪の横浜高(神奈川)、浜松商が登場するとあって、一塁側と三塁側の芝生席は超満員。一般の野球ファンだけでなく、小学生や中学生の野球少年たちもたくさん詰めかけていました。

<1日目>
浜松商 11-4 新居(7回コールド)
横浜高 9-1 浜松商(7回コールド)
横浜高 4-0 湖西

<2日目>
横浜高 21-1 新居(7回コールド)
横浜高 6-0 白山
湖西 10-2 白山(7回コールド) 

11112  第1日目の第3試合では、地元の湖西が横浜高に善戦しました。横浜高は来年のドラフト候補・松本隆之介が先発。さすがに、松本の快速球の前に打線は苦しみましたが、湖西のエース・廣田和真も負けていませんでした。直前の浜松商との試合で、全国クラスの迫力十分の打撃を見せつけた横浜高相手に「気持ちで負けたくなかった」と、恐れることなく真っ向勝負を挑みます。ストレートの球速は120キロ台ですが腕をしっかりと振ります。さらにカットボールも巧み使って打者のタイミングをずらせていきます。2回に2点、4回に1点を失うも、4回から7回は無安打に。横浜の選手たちが「とらえた」という打球が、ことごとくフライでのアウトになっていきます。投球術を駆使すれば、強い相手に対しても勝負できるというお手本のような投球で4失点完投。「来年に向けて自信になりました」と試合後はいい笑顔で話してくれました。
 2日目は伺うことができなかったのですが、湖西は昨夏甲子園出場チームの白山(三重)に勝利。鷲山蓮が同点本塁打を放ったとの情報も入っています。来年もダークホースとして、県内の高校野球を盛り上げてくれそうです!(編集部・栗山)
 

<写真上/始球式を行った影山剛士湖西市長>
<写真下/横浜高を4点に抑えた廣田和真(湖西)> 

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

「第2回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」公式パンフレットの先行発売のお知らせ

11091 「第2回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」が今月22日から3日間に渡り、草薙球場などで開催されます。
 参加チームは大学生が10校(慶應義塾大、明治大、東京大、早稲田大、國學院大、筑波大、中京大、静岡大、東海大海洋学部、日大国際関係学部)、高校生が6校(静岡高、静岡市立、静岡商、清水桜が丘、清水東、駿河総合)です。

 そこで今年も「静岡高校野球」編集部が編集協力した大会の公式パンフレットが完成しました。大会に先立ち、戸田書店の静岡本店、清水江尻台店で先行発売を行っています。もちろん大会期間中、各会場でも購入可能です。選手名鑑に加え、注目選手も紹介しているので、良かったら手に取って下さい!

★「第2回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」 の詳しい情報はこちらから!→https://baseball.sfc.keio.ac.jp/autumnfresh-league/

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

湖西ベースボールフェスタ、横浜高と白山がやってくる!

 第4回目を迎える湖西ベースボールフェスタが、今月9日と10日に湖西運動公園野球場にて開催されます。
 今年は全国優勝5度の名門・横浜高、さらに昨夏の三重大会でミラクルを起こして甲子園初出場を果たした白山がやってきます。迎え撃つは、地元の湖西、新居、浜松商の3チーム。どんな戦いになるのか注目です!

11071

11月9日(土)
第1試合 新居vs浜松商 9:30試合開始予定
第2試合 横浜高 vs浜松商 12:00試合開始予定
第3試合 横浜高 vs 湖西 14:30試合開始予定

11月10日(日)
第1試合 横浜高 vs新居 9:30試合開始予定
第2試合 横浜高 vs 白山 12:00試合開始予定
第3試合 湖西vs白山 14:30試合開始予定

<会場> 湖西運動公園野球場
住所 静岡県湖西市吉美830-1

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

ボーイズ支部長杯、スルガボーイズが2連覇!

 4日は春野総合グランドで行われたボーイズリーグの県支部長杯の準決勝、決勝を取材しました。

<準決勝>
島田ボーイズ 9-3 下田ボーイズ
スルガボーイズ 5-3 浜松修学舎ボーイズ

<決勝>
スルガボーイズ 5-1 島田ボーイズ

11061

11062  3年生が主体となる今大会。連覇を飾ったのはスルガボーイズでした。
 3回に3番・深瀬涼太のレフトオーバーの二塁打を足掛かりに2点を先制。投げては先発の鈴木友が好投を見せます。「今日はカーブのコントロールが良かった」と、ストレートを見せ球に、縦に割れるカーブで打ち取って完投勝利。「1番打者」としても、3回にライトオーバーの二塁打を放ち、野球センスの良さを感じさせてくれました。
 鈴木は夏の全国大会の予選前に右手の小指を骨折。チームは全国出場を逃していただけに、今大会での優勝に嬉しそうな表情を浮かべていました。

11063  準優勝の島田ボーイズは「1番ショート」の浮島雅士が、準決勝で2本の三塁打を含む3安打の大活躍。下半身を使ったシャープなスイングが光りました。今年の春の大会でも浮島を見ているのですが、半年間で体が一回り大きくなり、「あのときと同じ選手なのか」と疑ってしまうほど、急成長している印象。一瞬、先輩の森敬斗(桐蔭学園→横浜DeNA)の中学時代とダブって見えました。高校では走攻守三拍子が揃った選手として期待したいです。

 準決勝で敗れましたが、浜松修学舎ボーイズの注目左腕・太田涼介には衝撃を受けました。この日は「1番センター」で先発出場して、4回からマウンドへ。投手としては良かったのは想像通りですが、驚いたのはバッティングでした。フォロースルーの大きい豪快なスイングで第1打席にセンターオーバーの三塁打を放つと、第2打席にはライトフェンスオーバーの本塁打。走っても50m6秒0の脚力に圧倒されました。
11064  浜松修学舎ボーイズは太田だけではありません。「8番セカンド」の女子選手・児玉椛姫のプレ ーにも目を奪われました。この夏はボーイズリーグ中日本女子の一員として、日本一を経験している児玉。ミートの上手い打撃に加え、守備も堅実でした。

 また、下田ボーイズの「1番ショート」の佐藤裕哉もパンチのある打撃が魅力で、将来が楽しみな選手です。(編集部・栗山)

<写真/上から鈴木友(スルガボーイズ)、浮島雅士(島田ボーイズ)、児玉椛姫(浜松修学舎ボーイズ)> 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

磐北のゴジラを見てきました!

「磐田北に面白いスラッガーがいる!」
 そんな噂を一カ月ほど前に耳にしました。調べると、身長180センチ体重100キロ。さらに調査を進めると「モノになったら、とてつもない可能性がある」という情報まで入ってきました。

11031  今日はどうしてもその真相を確かめたく、榛原と磐田北の練習試合へ。
 榛原のグランドに着くと、すぐに一人飛び抜けた体格の選手を発見。それがお目当ての川島流誓(2年)でした。
 
 エースで4番、主将も務める川島。まず初回、先発のマウンドに上がります。そこに立っているだけで威圧感が十分。 球速は120キロまで出ていないと思いますが、いかにも重そうな球質。変化球も器用に扱います。
 そして、お待ちかねの打席。第1打席はセカンドフライに終わりますが、ボールとバットの衝突音が凄まじく、滞空時間の長いフライに。続く、第2打席でした。鋭いスイングからライト方面に大飛球…。榛原のグランドはライト奥が崖になっているのですが、きれいに上がった打球がその壁にあたりました。わずかに切れてファウルとなったものの、相手の榛原・吉村敏博監督が「ここのグランドで練習試合をやって、あそこまで飛んだ打球は最近見たことがない」と証言するほどの一撃。この一打を見ることができただけで、見に来た価値があったと思いました!
  現在、通算本塁打は12本。そのパワーに目がいきがちですが、内角の球を巧みにさばく技術もあります。 冬の間のトレーニング次第では体がキレて、手がつけられない選手になってくるでしょう。まさに磐北のゴジラ。今後も追いかけていきます。

 一方の榛原にも楽しみな選手が。高い確率で、お目当のチームと対戦する相手チームにも気になる選手を発見するものですが、今回も見つけました。2番手で登板した玉田吏久斗(2年)です。身長165センチと小柄ですが、腕のしなりの良さに目がいきました。打撃ではバットがトップからスムーズに出て、痛烈なライナー性の打球を飛ばしていました。(編集部・栗山)

<写真/スケール満点の大型スラッガー・川島流誓(磐田北)>

| | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ