« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月24日 (金)

加藤学園、センバツ初出場決定!

 加藤学園の甲子園初出場が決まりました! 第92回センバツ高校野球大会の出場校を決める選考委員会が本日行われ、午後3時17分、加藤瑠美子校長の下に吉報が届きました。
 東部勢の甲子園出場は1995年夏の韮山以来となります。
01241

米山学監督
「今はホッとしています。ここまで長かったですが、発表を聞いて嬉しく思います。甲子園では加藤学園らしさを出して、チーム力で思い切って暴れてきます」
勝又友則主将
「甲子園に決まったからといって特別なことをせずに、今まで通り、自分たちの野球をやるだけです。目標は優勝です。甲子園に出たからといって、そこで満足することなく、全員で優勝を勝ち取りたいと思います」
肥沼竣投手
「甲子園は小さい頃から夢だったので、とても嬉しいです。全国にはレベルの高い投手がたくさんいるので、負けない気持ちだけは持っていきたいです」

※2月末発売予定の『静岡高校野球2020春号』では加藤学園選手名鑑を掲載します!

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

田方・三島地区で中高交流指導者研修会が開催される!

01211  田方・三島地区中高交流指導者研修会が1月19日に実施されました。同地区のレベルアップを目的に2018年から始まり、今年で3回目。函南東中・山田大先生と三島南高・稲木恵介監督が中心となり、高校9校10名の講師が13中学校の2年生93選手を指導しました。内容はキャッチボール・走塁・バントなどの基礎から実践練習まで。学んだ選手たちが数年後、高校野球に舞台で活躍してくれることを期待したいです。

 参加した監督、選手の言葉を紹介します!
錦田中主将・星谷奎斗選手
「今日の研修会で、普段教わっている練習の意味がよくわかり、自分たちの課題がたくさん見つかりました。中体連に向けてひとつひとつのプレーを丁寧に行い、意味のある練習を心掛けていきたいと思います」
修善寺中・山口友樹監督
「普段の練習では全体指導になってしまうことが多いので、本研修でポジションごとに細かく指導することの重要性を感じました。また、高校の指導者に教わる中学生の姿は、日頃よりも緊張感があり真剣な眼差しだった。中学生にとって高校野球を目指すきっかけになればと思います」
三島南高・稲木恵介監督
「地域の子どもたちが高校でもスポーツを継続して行うためには、中高の垣根を越えて関わり、技術・技能だけでなく、みんなで成長していこうとする機会を多くしていくことが必要だと思います。今後さらに発展的にこのような機会が増えると良いと感じました」

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

東海大静岡翔洋が女子野球部の創部へ!

 本日の「女子野球フェスタIN静岡2020」の中で、ビッグニュースが発表されました。
 東海大静岡翔洋が2021年4月より女子硬式野球部を創部! 県内の高校では初の女子硬式野球部の誕生となりました。
 監督は現東海大静岡翔洋中等部監督で高等部の監督経験もある弓桁義雄氏が務めます。01191 
 本日の記者会見で弓桁氏は「みんなが待ち望んでいたこと。県内の女子選手の受け皿にし、いずれは全国優勝を狙いたい」と意気込みを語りました。部の発足は2021年ですが、本年度に選手が11人以上集まれば、すぐにでも大会参加の意向があるとのこと。静岡の野球界にとって、大きな一歩になりそうです。(編集部・栗山)

<写真/東海大静岡翔洋女子野球部監督に就任する弓桁義雄氏>

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年も、『静岡高校野球』は春号と夏直前号の2回、発行する予定です。どうぞ、よろしくお願いします。
 春号は昨年末にほぼ取材が終わり、編集作業を進めております。正式な発売日や内容が決まりましたら、またこのブログでお知らせします!

01021_20200102150301 そんな編集作業の中、嬉しいニュースが飛び込んできました。箱根駅伝で島田樟誠出身の中央学院大・武川流以名が6区でエントリーされました。
 高校時代は野球部の主将を務め、3年夏は「1番センター」で活躍。野球部に所属しながら、校内のマラソン大会では常に1位で、次々と新記録を作ったとか。『静岡高校野球』編集部では昨年の夏前に島田樟誠を取材。その際、生駒基樹監督から「長距離を走らせたら凄い」と紹介されたのが武川でした。本人も長距離には自信を持っている様子で、「大学では箱根駅伝を目指す」と聞いたときは驚きました。
 その後、中央学院大に入学。しかし、高校時代のタイムがなかったため、駅伝部へは仮入部からのスタートだったそうです。入学後、急激に記録を伸ばし、10000mで29分25秒23を記録。半年でなんと箱根駅伝にエントリーされるまでに成長しました。同日の選手変更の可能性もありますが、静岡の高校野球を経ての活躍は嬉しい限り。頑張ってほしいです!

<写真/島田樟誠時代の武川流以名

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ