« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

オープン戦 ヤマハvs永和商事ウイング

★7月30日 オープン戦 浜松球場 晴   

  チーム
永和商事 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
ヤマハ 0 0 2 0 2 0 2 0 × 6

<投手リレー>
(ヤ)ナテル-清水-九谷-池谷
(永)高橋-北野-安達-木山
▽二塁打=前野、永濱(ヤ)
▽三塁打=藤岡(ヤ)

 2年連続で都市対抗を目指すヤマハ。昨日は永和商事ウイングとオープン戦を行いました。

07301  まず先発のフェリペ・ナテルが5回を1失点に抑える貫禄の投球を披露すると、6回にはルーキーの清水蓮が登板。清水は東京新大学リーグで通算25勝をマークし、1年目から期待される即戦力右腕です。この日は三振、ショートゴロ、三振と完ぺきな内容。「打てるもんなら打ってみろ」という雰囲気でイキが良く、腕の振りが強い! 打者に向かっていく姿勢に痺れました。

07302  そして、8回からマウンドに上がったのが、高卒3年目でドラフト候補に挙げる池谷蒼大。その初球、球場のスピードガンで142キロを計測。この球速でも池谷の場合は回転が他の投手とは違います。球が浮き上がり、分かっていても打者が差し込まれます。その後も140キロ前後のストレートに加えて精度の高い変化球を駆使。2イニングを1安打無失点に抑えました。高校時代よりもフォームがダイナミックになり、全体的に力強さが増した印象。9月の都市対抗予選ではどんな快投を見せてくれるのか、今からワクワクします!

07303  一方、28日に休部を発表した永和商事ウイング。静岡市商(現駿河総合)出身の築地謙大が4番打者として出場し、元気な姿を見せてくれました。主将として主砲として、都市対抗予選では大暴れしてほしいです。(編集部・栗山)

<写真/上から清水蓮、池谷蒼大(ヤマハ)、築地謙大(永和商事ウイング)>

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

【大学野球静岡リーグ】代替トーナメントは東海大海洋学部&日大国際関係学部が優勝!

 静岡リーグの春季リーグ戦代替トーナメントの準決勝が26日、伊豆市の志太スタジアムで行われました。
 準決勝は東海大海洋学部と日大国際関係学部が勝利。その後、決勝戦を行う予定でしたが、時間の関係で中止となり、東海大海洋学部と日大国際関係学部が優勝となりました。

07281_20200728083201

<志太スタジアム・準決勝>
東海大海洋学部 5-1 静岡大
日大国際関係学部 4-3 常葉大浜松キャンパス

07282  第1試合はドラフト候補に挙がる加藤廉(東海大海洋学部)に注目。実際に見るのは昨年の秋以来でしたが、体が一回り大きくなっていてビックリしました。明らかに違います。冬から春にかけて、かなりトレーニングを積んだ証拠でしょう。実際、手塚慎太郎監督によると、プロのスカウトからも体が大きくなっている部分を評価してもらっているそうです。この日は「3番ショート」で出場。ヒットこそ出ませんでした、パワーアップした分、バットが振れるようになった印象。5回に二盗、三盗を立て続けに決め、足も見せてくれました。
 そして、加藤と同じ島田工出身の4年生で、本格派右腕の孕石幸寛は8回からマウンドに上がります。「久々の公式戦でバッターを相手に投げることが楽しかった」と、生き生きとした投球で2回を無失点に。秋のリーグ戦に向けて、さらなる飛躍が期待できます。

07283  第2試合は、先発メンバー全員が4年生の常葉大浜松が日大国際関係学部を追い詰めます。2対2で迎えた8回に6番・後藤拓杜のタイムリーで勝ち越しに成功。投げては左腕・清水幹太の快投しました。ストレートで内角を攻め、変化球は曲がり幅の大きいスライダーが冴え渡っていました。一方、日大国際関係学部は「4番キャッチャー」の林健太に注視しました。和泉貴樹総監督が「能力は大学時代の柿沼友哉(現千葉ロッテ)よりも上」と話す好選手。肩の強さ、フットワークの良さなど、洗練されたプレーが目を引きました。(編集部・栗山)

<写真上/サヨナラ勝ちを飾った日大国際関係学部ナイン>
<写真中/パワーアップした加藤廉(東海大海洋学部)>
<写真下/好投を見せた清水幹太(常葉大浜松キャンパス)>

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

シニア日刊スポーツ杯が開幕!

 第13回日刊スポーツ新聞社杯リトルシニア南関東支部静岡県夏季大会が本日、開幕しました。

<浜岡球場>
◆静岡裾野シニアA 4-2 小笠浜岡シニア
◆静岡中央シニア 1-0 静岡裾野シニアB

07251  第1試合は静岡裾野シニアAが勝利しました。1点を追う5回に一挙3点を奪って逆転勝ち。伝統の勝負強さを発揮しました。活躍したのは4番の金刺武蔵。堂々とした体つきから、第2打席でレフト前安打を放つと、第3打席でセンター前、さらに第4打席はライト前に打ち分けました。さらに、逆転した直後の6回からマウンドへ。2回を無失点に抑えました。ベース上でググっと伸びるストレートが魅力でした。
 一方の小笠浜岡シニアでは「1番センター」の池田圭汰が好守で印象に残りました。第2打席でしぶとくセンター前に。守備範囲が広く、足も速い。体にバネがあるだけに、高校で楽しみな存在になりそうです。

07252  第2試合は静岡中央シニアが初戦突破。2回、「8番レフト」の良知誠也が左中間を破るタイムリーで1点を先制します。投げては先発の石川昊が好投。安定感のある投球で2安打完封勝利を飾りました。敗れはしましたが、静岡裾野シニアBの先発・後藤暖仁はピッチャーらしいピッチャーで高校での成長に期待。落ちるボールも良かったです。(編集部・栗山)

<写真上/投打で活躍した金刺武蔵(静岡裾野シニア)>
<写真下/完封を飾った石川昊(静岡中央シニア)>

| | コメント (2)

2020年7月24日 (金)

夏季静岡県大会4回戦(7月24日)~草薙球場レポート

★第1試合 島田商 5-0 浜松城北工

072402 3回戦までは3年生中心で戦ってきた島田商。この日はスタメンに2年生を4人起用してベストメンバーを組んだ。初回、いきなり、その2年生が活躍する。無死満塁のチャンスを作ると、4番・松浦快斗が「思い切っていけた」と初球をレフト前にもっていき2点を先制。さらに2点を追加する。連投となった先発の斎藤希隆は6回を1安打に抑える好投。丁寧にコースを突く投球を展開した。

島田商・池田新之介監督
「3回戦まではよく3年生が繋いでくれた。出場したくてウズウズしていた2年生が期待通りの活躍をしてくれたと思う」

浜松城北工・岩﨑航大(1年夏にベスト4進出に貢献した注目捕手)
「大学でも野球を続けるので、肩の強さを見せていきたい」

<写真/2日連続の好投を見せた斎藤希隆(島田商)>

★第2試合 聖隷クリストファー 5-2 浜松西

072403 浜松西は初回、相手のミスからチャンスを掴み、3番・水野航介のタイムリーで1点を先制する。一方の聖隷クリストファーは浜松西の左腕・内山真一の緩急自在の投球に苦しむも、5回に反撃。1点を返し、なおも2死満塁から3番・大橋琉也が「来た球をシンプルに打ち返した」と初球のストレートをとらえると打球は右中間へ。打者3人が生還し、逆転に成功した。さらに、5番・山口颯太もタイムリーで続き、リードを広げた。投げてはエース・城西裕太がキレのあるストレートを武器に粘りの投球で2失点完投勝利を飾った。

聖隷クリストファー・上村敏正監督
「よく勝ちを拾ってくれた。初回を1失点に抑えたことが大きかった」

浜松西・佐藤光監督
「この大会を開催していただけたことに感謝したい。例年と変わらないモチベーションで、この選手たちと4試合戦えたことを誇りに思う」

<写真/勝ち越しのタイムリーを三塁打を放った大橋琉也(聖隷クリストファー)>

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

夏季静岡県大会3回戦(7月23日)~愛鷹球場レポート

★7月24日 夏の静岡大会3回戦 愛鷹球場 晴   

  チーム
御殿場西 0 0 0 0 0 1 0 1
静岡商 2 0 0 1 1 1 ×

(御)市村、藁科-磯部
(静)髙田-對馬 
▽二塁打=杉山2、對馬2、小林玲(静)
▽三塁打=對馬(静)

07241_20200724171301  プロ注目の左腕・髙田琢登と強打の御殿場西の対決。先制したのは静岡商。初回、1死一二塁から4番・對馬勇斗のレフトオーバーのタイムリーを放ち、2点を挙げる。さらに、4回、5回、6回と効果的に得点を追加した。投げては髙田がプロ8球団のスカウトの前で大人を投球を展開する。「今日はしっかりとコースに投げることができた」ストレートと変化球の制球とキレが冴えわたり、10三振を奪った。一方の御殿場西は6回に2番・石川俊弥のタイムリーで1点を返し、なおも一打同点のチャンスで、3番・内海壮太があわや大飛球をレフトに放ったが、あと数メートル及ばなかった。

静岡商・髙田晋松監督
「相手は打線が好調なチームだったが、琢登がうまくゲームを作ってくれた。まだ状態的には6、7割。ここから上げていってほしい。打線はキャプテンの對馬に一本が出たことが大きかった」

御殿場西・内海壮太(プロ注目の大型スラッガー。3打数無安打に終わる)
「最後の打席は、ストレートを待っているところで変化球で少し崩されてしまった。自分の詰めの甘さだと思います。今日の悔しさは絶対に忘れません。大学を経て、いつか髙田君ともう一度対戦したいです」

<写真/先制タイムリーを放った對馬勇斗(静岡商)>

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

シニア日本選手権予選 富士シニアvs伊豆市シニア

 7月に入ってから高校野球の取材の合間を縫い、中学生の逸材を探し歩いています。19日は富士シニアのグランドで「第48回リトルシニア日本選手権大会南関東支部ブロック予選」を見てきました。

07221 この日の目当ては富士シニアのエース・小澤匠。富士シニアは昨年も木村光志(現山梨学院大付)が好左腕として注目されましたが、「今年の左投手も面白い」という情報を耳にし、実際に見に行ってきました。
 先発でマウンドに上がった小澤は伊豆市シニア相手に、5回を投げて1安打無失点。ゆったりとしたバランスの良いフォームから腕が鋭く振れ、噂通りの将来性を感じました。一番の特徴は制球力の良さ。打者17人を相手に無四球でした。ストレートは現時点では驚くようなスピードはないのですが、空振りが取れています。手元でのキレがある証拠ではないでしょうか。もう一人、「オッ」と感じたのは、リリーフで登板した右腕の松木翔太。投げっぷりが良く、目を引きました。
 一方の伊豆市シニアでは、「1番ショート」の岩田思音が気になった存在。守備でのスピード感とグラブさばきが光っていました。(編集部・栗山)

<写真/小澤匠(富士シニア)>

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

夏季静岡県大会2回戦(7月19日)~焼津球場レポート

★第1試合 駿河総合 7-0 誠恵

07191_20200719175001  好投手のアルベス・リュウ対策として打撃マシンのスピードを上げて打ち込んできたという駿河総合打線。3回、1死一塁から3番・小林麗央のライト線を破るタイムリーなどで2点を先制。さらに3回にも小林のタイムリーなどで4点を追加する。投げては初戦で9者連続三振をマークしたエースの森祐二朗がこの日も好調。プロのスカウトのスピードガンで最速となる141キロを計測したストレートは伸びがあり、6回1死まで無安打に抑える。その後、3安打を許するも7回13奪三振で完封。「勝ち上がっていく中でどれだけ自分の球が通用するのか試したい」とさらなる高みを目指していく。

<写真/7回で13奪三振をマークした森祐二朗(駿河総合)>

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

練習試合 藤枝明誠vs浜松湖北

07161_20200716160101 昨日は掛川球場で行われた藤枝明誠と浜松湖北の練習試合へ。
 浜松湖北は先発の伊藤貴人(3年)が3回を投げて5奪三振で無失点。6回からは身長187センチの長身左腕の北沢勇都(3年)がマウンドに上がります。プロ2球団のスカウトがネット裏で見守る中、6回こそ3点を失ったものの、7回は2三振を奪って無失点に。今年になってから、試合で見るのは初めてでしたが、昨秋よりも腕の振りが強くなっている印象を受けました。プロのスピードガンでも最速となる134キロをマーク。成長段階であることは間違いありませんが、あらためてスケール感をアピールしました。初戦(25日)の相手は強打を誇る袋井。北沢は「周りが驚くようなピッチングをして勝ちたい」と意気込みを語ってくれました。

07162_20200716160301 一方の藤枝明誠は本格派右腕の高松正人(3年)に注目! 昨秋は控え投手でしたが、一冬を越して台頭してきた投手です。光岡孝監督が「良い時には144キロ、145キロも出ている」という球速は、この日の最速で142キロ。身長179キロから投げ下ろす角度と球威が魅力です。今回の代替大会をステップに、上のステージでの活躍を期待したいです。(編集部・栗山)

<写真上/北沢勇都(浜松湖北)>
<写真下/高松正人(藤枝明誠)>

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

静岡リーグの代替試合で注目の左腕~浅野嵐吏(静岡大)~【動画あり】

07141_20200714200301  静岡大学リーグの春季リーグ戦の代替試合が7月18日、19日に開催されます。例年、春のリーグ戦を最後に引退する4年生もいるだけに、意味の大きい代替試合になると思います。

 今回、個人的に注目しているのは、静岡大の左腕・浅野嵐吏(4年)です。去年の秋ごろ、練習を見に行った際に、キャッチボールでのヒジのしなりが気になりました。同学年の足立真彦、神田貴浩、3年生の石田雄大、井出駿が軒並み140キロオーバーの球を投げていることもあり、これまで公式戦での登板自体は少なかったのですが、プロのスカウト好みの投手として期待してきました。
 先日はブルペンでの投球を拝見。能見篤史(阪神)を彷彿とするフォーム(動画をアップしました!)から、指にかかったときはクロスファイヤー気味のイキイキとしたボールがきていました。
 福井・敦賀高出身の浅野。高校2年春には2番手投手として県ベスト4進出に貢献したそうです。しかし、大学では入学早々、肩の痛みに苦しみます。「一時は痛くて18.44メートルの距離も投げられませんでした」と振り返るほど。それでも、3年春のリーグ戦で初登板。球速は130キロ前後まで戻り、コントロールに磨きがかかってきました。
 苦しんだ肩痛も今は完治したとのこと。思い切り、腕を振ることができています。体の線の細さを見る限り、体重を増やしていくことで、いくらでもスピードが上がりそうな要素を持っています。
 卒業後はシステムエンジニア系の会社に就職する予定。本人が一つの区切りと考えているのが、今回の代替試合と、静岡大が出場する8月のJABA高山大会です。野球人生の集大成、天性のしなりを存分に生かしてほしいです!(編集部・栗山)

★浅野投手の動画はこちら↓

◆浅野嵐吏[あさの・あらし]
1998年9月22日生まれ、福井県敦賀市出身。小学3年時に「粟野フェニックスBBC」で野球を始める。敦賀高では2年秋からエース。3年夏は2回戦で啓新に敗れた。静岡大入学後、3年春からリーグ戦で登板する。180cm67kg、左投左打。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

夏季静岡県大会1回戦(7月12日)~掛川球場レポート

★第1試合 常葉大菊川 10-0 相良(5回コールド)

07121  常葉大菊川の石岡諒哉監督が初陣を飾った。初回に2番・後藤維吹の左中間を破る二塁打を足掛かりに先制。2回には3番・神谷建太朗のタイムリーなどで3点を追加した。投げては渡邉優心が3回を1安打に抑えると、4回の打席でライトスタンドに本塁打を放った。「静岡裾野シニア」時代は3番打者として活躍した渡邉。高校入学後、1年冬から投手に転向し、普段の打撃練習は2週間に1回程度というものの、持ち前の打撃センスを発揮した。

常葉大菊川・石岡諒哉監督
「公式戦はどんな形でも勝てばいいと思っている。今日の経験を生かして走攻守、さらに精度を上げていきたい」

<写真/公式戦初本塁打を放ってガッツポーズする渡邉優心(常葉大菊川)>

★第2試合 掛川西 2-0 横須賀

07122 掛川西は3回に1番・鈴木颯斗のセンターオーバータイムリーで先制。4回には4番・進士怜益のレフトオーバー二塁打と5番・安藤祥吾のレフト前安打で加点した。投げては2年生右腕の榊原遼太郎が5回を1安打に抑える好投。6回からは来秋のドラフト候補として期待される2年生左腕の沢山優介がマウンドへ。豪快な腕の振りから繰り出すストレートを武器に2回で3三振を奪った。一方、横須賀は敗れたものの、持っている力を存分に発揮。なかでも先発の木村将大が左サイドから投げ込む力強い球で掛川西打線を苦しめる。「これまでで一番の投球だった」と木村幸靖監督が褒めるほどの力投を見せた。

掛川西・大石卓哉監督
「4回にキャプテンの安藤に一本出たことが大きかった。(次戦の磐田東戦に向けて)山内克之先生と試合ができるご縁をいただいた。思い切り戦いたいと思う」

<写真/先制タイムリーを放った鈴木颯斗(掛川西)>

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

「2020夏季静岡県大会」が開幕しました!

 「2020夏季静岡県高等学校野球大会」が本日、開幕しました。
07111  愛鷹球場の第1試合では加藤学園と飛龍が激突しました。加藤学園は初回、1死二三塁のチャンスを作ると、5番・勝又友則(3年)が「うまくスライダーについていけた」と、ライト前に技ありのタイムリーを放ちます。雨で中断後、2回には3番・平尾勝多(2年)の犠飛で1点を追加します。投げては先発の肥沼竣(3年)は初回に140キロをマーク。力強いストレートにキレのある変化球を絡めせて2イニングを無安打、3三振を奪います。その後、3回表に再びの強い雨で中断。加藤学園が2対0とリードしていましたが、結局、降雨コールドゲームとなりました。
 なお、この試合は明日12日の清水庵原球場の第4試合に組み込まれました。飛龍の鈴木久監督は「今日の経験を生かして明日は飛龍の意地を見せたい」とコメント。一方、加藤学園の主将・勝又は「明日も初回から先取点を取っていきたい」と気持ちを切り替えていました。

<写真/先制タイムリーを放った勝又友則(加藤学園)>

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

練習試合 常葉大橘vs静岡大成

07091 昨日は清水庵原球場で行われた常葉大橘と静岡大成の練習試合を見てきました。常葉大橘は注目の長身サウスポー・脇水大翔(3年)が先発。4回を投げて1安打無失点、6奪三振で順調な仕上がりを見せました。
 脇水は中学以来という清水庵原球場での登板。マウンドの傾斜に慣れなかったのか、初回の1番打者と2番打者に四球を与えます。それでも、3番打者から3者連続三振。腕のしなりが半端なく、その分、球が伸びてきます。その後は小雨が降っている悪条件の中でも角度のあるストレートが低めに集まりました。6月21日の練習試合でも一度見ていましたが、そのときよりも明らかに安定感が増している印象。投げれば投げほど精度が上がってきています。初戦の静岡市立戦に向けて、「残りの数日で万全にもっていきたい」という脇水。「静商の髙田(琢登)君には球速では敵いませんが、『球質なら脇水』と言ってもらえるような投球を大会では見せたい」と、活躍を誓ってくれました。
 一方の静岡大成は5回に3番手で登板した左腕の竹本祐典(3年)が3者連続三振。力強いストレートを投げ込んでいました。大会での投球も楽しみです。(編集部・栗山)

<写真/大会前最後の練習試合で好投した脇水大翔(常葉大橘)>

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

『静岡高校野球2020夏直前号』明日発売!

『静岡高校野球2020夏直前号』が明日8日、県内書店で発売となります。今回は以下の114の書店で扱っていただけることになりました。(一部書店で少し遅れる可能性があります。ご了承下さい)。「2020夏季静岡県高等学校野球大会」の開幕まであと4日。どんなニューヒーローが現れるのか。 そして、静岡の夏を制するのはどのチームなのか。大会を前に、『静岡高校野球』でチェックしてもらえると嬉しいです!

07071_20200707114901

<東部地区>
戸田書店富士店/富士江崎書店/戸田書店富士宮店/未来屋書店富士南店/谷島屋富士宮店/大垣書店イオンモール富士宮店/あおい書店富士店/えみたすアピタ富士吉原店/TSUTAYA本吉原店/谷島屋富士店/戸田書店函南店/TSUTAYAすみや三島店/マルサン書店駅北店/戸田書店御殿場店/TSUTAYA沼津学園通り店/BOOKSランケイ社/三島ブックセンター/文教堂大仁店/TSUTAYA御殿場店/マルサン書店仲見世店/くまざわ書店三島店/焼津谷島屋アピタ大仁店/長倉書店サントムーン店/マルサン書店サントムーン店/くまざわ書店沼津アントレ店/えみたすピアゴ香貫店/TSUTAYA函南店/文盛堂書店/亀屋書店/谷島屋書店ららぽーと沼津店

<中部地区>
島田書店花みずき店/戸田書店藤枝東店/えみたす焼津店/TSUTAYA藤枝瀬戸新屋店/TSUTAYA相良店/焼津谷島屋登呂田店/藤枝江崎書店駅南店/焼津谷島屋アピタ島田店/TSUTAYAグランリバー大井川店/えみたすピアゴ榛原店/未来屋書店焼津店/佐塚書店栄町店/藤枝江崎書店BIVA店/焼津谷島屋吉田店/戸田書店静岡本店/静岡谷島屋新流通店/吉見書店竜南店/蔦屋書店静岡平和町店/吉見書店長田店/TSUTAYAすみや静岡本店/MARUZENジュンク堂新静岡店/江崎書店イトーヨーカドー静岡店/谷島屋書店パルシェ店/えみたすアピタ静岡店/柏屋書店/谷島屋マークイズ静岡店/TSUTAYA静岡西脇店/TSUTAYA清水辻店/戸田書店江尻台店/TSUTAYA清水春日店/江崎書店ベイドリーム清水店/未来屋書店/大和文庫不二見店/シミズブックス/万栄堂本店                  

<西部地区>
谷島屋本沢合店/アマノ書店有玉店/アマノ三方原店/TSUTAYA佐鳴台店/精文館書店領家店/JACK/えみたすアピタ浜北店/谷島屋サンストリート浜北店/谷島屋三方原店/アマノアクト北店/アマノ入野店/谷島屋浜松本店/未来屋書店浜松市野店/谷島屋イオンモール浜松店/ジャンボTSUTAYA浜松中央店/明屋書店渡瀬店/明屋書店イケヤ湖西店/アマノ書店高丘店/谷島屋エキマチ店/明屋書店イケヤ高丘店/ブックスかわむら/豊文堂(三ケ日)/天竜谷島屋(二俣)/谷島屋連尺店/ブックセンター豊文堂豊岡店/本の王国浜松西店/ラフレ書店初生店/ぶっくす三峰下石田本店/谷島屋医大病院売店/本の王国ザザシティ浜松店/神沢書店/高久書店/戸田書店リブレ菊川店/宮脇書店掛川店/戸田書店掛川西郷店/江崎書店袋井店/TSUTAYA袋井国本店/宮脇書店磐田浅羽店/谷島屋書店磐田店/谷島屋ららぽーと磐田店/TSUTAYAすみや磐田南店/三原屋書店アピタ掛川店/精文館書店豊田町店/谷島屋アピタ磐田店/未来屋書店袋井店/明屋書店イケヤ磐田東店/菊川佐塚書店/三原屋書店中央店 

<関東地区>
東京神保町・書泉グランデhttps://www.shosen.co.jp/

<Amazon>
https://amzn.to/2Zu7MqM
※Amazon では7月14日発売となります。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

練習試合 静岡商vs静岡高

★7月5日 練習試合 草薙球場

   チーム
静岡高 0 0 0 0 0 0 0 7 0 7
静岡商 0 0 0 2 0 0 0 1 3 6
(高)松本蓮、鈴木悠、髙須-関宮
(商)髙田、塚本礼-對馬、小林玲
▽二塁打=鈴木悠、関宮(高)、對馬、小西、塚本礼(商)

07061  プロ11球団のスカウトが集結した昨日の静岡商と静岡高の練習試合。ドラフト候補の髙田琢登(静岡商)が7回を投げ、静岡高打線を1安打無失点に抑えました。「今日は父(監督)から決勝戦のつもりでいくと言われ、気持ちが入っていた」という髙田。圧巻だったのは4回の満塁のピンチを切り抜けたあとの5回でした。8番打者から三者連続三振。「これぞプロ注」という投球を見せてくれました。
 この日の最速はプロのスピードガンで146キロをマーク。試合後は「大会までに、あと5キロから7キロくらい上がるように調整していきたい」と力強い言葉も聞けました。ストレートだけではありません。冬から習得に取り組んできたスプリットで三振を奪う場面も。勝てる投手へ、また一歩近づいているように感じました。

07062  一方の静岡高は7回からマウンドに上がった鈴木悠介に注目しました。静岡南中時代はエースを務め、チームを東海大会出場に導いた右腕。高校では少し腕を下げ、キレのいいボールを投げているとのことで気になっていました。130キロ台中盤のストレートに加え、変化球の曲がりが独特。打者の手元で、鋭く変化します。上のレベルに進み、球速がもう少し上がってくれば、手が出ないピッチャーになりそうです。
 また、3番手で登板したのは189センチの2年生右腕・髙須大雅。この日は草薙球場のスピードガンで139キロを計測しました。一冬で体が大きくなったといっても、まだまだ成長過程。スケールの大きな本格派に育ってほしいです!(編集部・栗山)

<写真上/久々の草薙球場で躍動した髙田琢登(静岡商)>
<写真/キレのいい球を投げ込む鈴木悠介(静岡高)>

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

定期戦 浜松北vs浜松西

<第40回浜松北浜松西定期戦>

浜松北7-7浜松西(6回時間切れ引き分け) 

07041 第40回浜松北浜松西定期戦が3日に浜松球場で行われました。試合は打撃戦となり、7対7のスコアで6回時間切れ引き分けに終わりました。

 代替大会で優勝を狙う浜松西はエース右腕の髙井滉一郎(3年)が先発。初回と2回は失点しましたが、3回からの2イニングは回転のいいストレートを武器に無失点に。一週間後の大会に向けて、順調に仕上がっている感じでした。打線は3回に、3番・水野航介 (3年)がライト方向に同点タイムリーを放つ活躍。圧巻のスイングスピードでした。
07042 一方の浜松北は5回に一挙4点を挙げる猛攻。注目のスラッガー・金原伊吹(3年)もレフト方向に鋭い打球のタイムリーを放ちました。代替大会ではどでかい一発を期待したいです! (編集部・栗山)

<写真上/髙井滉一郎(浜松西)>
<写真下/金原伊吹(浜松北)> 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

練習試合 浜松工vs浜松商

★7月2日 練習試合 浜松球場

   チーム
浜松工 0 1 0 0 0 0 0 3 0 4
浜松商 1 0 2 0 1 0 0 0 1 5

(工)杉田、長倉、久保-伊藤大、清水
(商)石津、細田、太田、柴田、森、工藤-高須、阿隅
▽三塁打=佐藤(商)
▽二塁打=髙林(工)

 昨日は雨で定期戦が2日間中止となり、練習試合として行われた浜松工と浜松商の試合を見てきました。
 浜松商07031 は4番の山本陸(3年)が初回にセンター前タイムリーを放つと、3回と5回にもタイムリー。軸がブレないスイングは別格で3安打3打点の活躍を見せました。投げては2番手で登板した細田涼馬(3年)が2イニングをパーフェクトに抑えます。1年夏にエースナンバーを背負った左腕。2年間、本来の投球ができずに苦しんできましたが、2週間くらい前からキャッチボールの中でリリースの感覚を掴めているとのこと。昨日は力強いストレートがビシビシと決まっていました。「この夏は細かいことを考えずに気持ちで投げていきます」。1年夏は浜松球場で悔しい経験しただけに、高校生活最後の夏はその浜松球場で最高のピッチングを見せてほしいです。
07032 浜松工では7回から登板した久保建貴(3年)が6者連続三振をマークしました。体全体を使うフォームからストレートが打者の手元でピッと伸びて、変化球もキレキレ。何より投げっぷりが良く、見ていて気持ちが良かったです!(編集部・栗山)

<写真上/2イニングをパーフェクトに抑えた細田涼馬(浜松商)>
<写真下/6者連続三振をマークした久保健貴(浜松工)>

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

「静岡高校野球2020夏直前号」の内容のご紹介!




9784990957469
「静岡高校野球2020夏直前号」
県内の書店では7月8日発売
62ページ/定価800円(税込)
 「2020夏季静岡県高等学校野球大会」が今月11日に開幕します。6月27日に行われた抽選会では加藤学園対飛龍、静岡市立対常葉大橘、磐田東対浜松工など1回戦から好カードが目白押しとなりました。
そんな中、『静岡高校野球2020夏直前号』が完成しました。今年は例年よりも遅くなりましたが、7月8日に発売となります。(何とか開幕に間に合いました!)
 今号は「夢を諦めるな!」と題し、3年生部員が在籍する全校の集合写真とともに、3年生全部員(1405名)の「将来の夢」を20ページに渡って掲載しました。さらに、各高校の監督から自チームや県内の3年生球児に向けて熱いエールをもらいました。
 毎年恒例の「注目選手名鑑100」は今年は3年生のみ、100名を編集部が独自にピックアップ。プロが注目するドラフト候補から将来性が光る隠し玉まで細かく分析しました。また、8月に甲子園の土を踏む加藤学園、最速148キロ左腕の髙田琢登(静岡商)の記事もあります。
 今年は永久保存版にしてほしいと思い、表紙を厚くするなど本の仕様を少し変えてみました。書店で手にとってもらえると嬉しいです。
※※※※※※※※※※※※※※※※ 

最後の夏、完全燃焼せよ!
2020 注目3年生選手名鑑100

------------------------------------------

加藤学園ドキュメント
~激動の半年間を追う~
 「良いチームで甲子園に」

加藤学園エース・肥沼竣インタビュー

------------------------------------------
[特 集]3年生全部員の夢を紹介
夢を諦めるな!
下田、伊東、伊東商、伊豆総合、韮山、伊豆中央、田方農、三島南、三島北、日大三島、知徳、小山、御殿場、御殿場南、御殿場西、裾野、沼津高専、沼津東、沼津城北、沼津工、沼津商、市立沼津、加藤学園、誠恵、桐陽、飛龍、吉原、吉原工、富士、富士東、富士市立、 富士宮東、富士宮北、富士宮西、富岳館、星陵、清水東、清水西、清水桜が丘、東海大静岡翔洋、静岡東、静岡、静岡西、静岡農、科学技術、静岡商、駿河総合、静岡市立、静岡北、常葉大橘 静岡学園、静岡大成、城南静岡、焼津中央、焼津水産、清流館、藤枝東、藤枝北、藤枝西、静清、藤枝明誠、島田、島田工、島田商、金谷、島田樟誠、川根、榛原、相良、小笠、常葉大菊川、菊川南陵、池新田、掛川西、掛川東、掛川工、横須賀、袋井、袋井商、磐田南、磐田農、磐田西 、磐田東、磐田北、浜松湖北佐久間分校 浜松北、浜松西、浜松江之島、浜松湖南、浜松湖東、浜松東 浜松南、浜松大平台、浜松工、浜松城北工、浜松商、浜松市立、浜松学院、浜松日体、聖隷クリストファー、浜松開誠館 浜松修学舎、オイスカ、浜名、浜北西、天竜、浜松湖北、新居、湖西

------------------------------------------
『静岡高校野球』編集部から感謝の手紙
 「拝啓 髙田琢登様」

------------------------------------------

注目選手に聞く! 10の質問
谷口蓮(三島南)/アルベス・リュウ(誠恵) 相羽寛太 (静岡)/杉原陸太 (島田樟誠) 二俣翔一 (磐田東)/杉田蒼希 (浜松工) 北沢勇都 (浜松湖北)

------------------------------------------

長年のライバルがラストイヤーを迎える名将にエール
 「最後は “らしい 野球” を見せてくれ!」
山内克之 (磐田東監督)×八木道政 (元清水東監督他)

【進路相談室2020】
編集部が注目チームに潜入! 
静岡硬式野球倶楽部編
 「やる気があれば、 いつでも待っている」 

2019年夏の静岡大会3回戦
駿河総合×常葉大橘
~ベンチの視点から熱闘を振り返る~

2020新監督インタビュー
永田裕治(日大三島)/石岡諒哉 (常葉大菊川)

スーパー1年生を探せ!

昨夏静岡を盛り上げた選手たちの進路リスト(裏表紙)

※※※※※※※※※※※※※※※※ 

<販売問い合わせ>
しずおかオンライン
電話 054-275-3335/FAX 054-275-1301
http://www.esz.co.jp/

※東京では、書泉グランデ(神田神保町)にて発売します。→https://www.shosen.co.jp/grande/
※アマゾンでは7月14日頃の発売を予定しています。→https://amzn.to/2Zu7MqM

| | コメント (1)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »