« 秋季中部地区大会3日目(8月28日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会5日目(9月5日)~掛川球場レポート »

2021年8月30日 (月)

秋季東部地区大会5日目(8月29日)~裾野球場レポート

<裾野球場・敗者復活戦>
三島南 11-4 富士(8回コールド)
三島北 3-0 伊東

08301  第1試合は、今春センバツ出場校の三島南が8回コールドで県大会出場を決めました。初回に甲子園の経験のある1番・深瀬暖人と3番・冨岡創の安打で先制すると、2回には長短4安打を集中して一挙3点、3回にも2点を奪って試合を優位に進めます。投げては今大会初先発となったエース・植松麟之介が要所を締める投球。そして8回、9番・加藤衛磨が2死満塁からレフト前タイムリーを放ち、コールド勝ちを飾りました。計16安打で11得点。稲木恵介監督は「実戦感覚がない中が良くみんなでつないでくれた」と選手を労っていました。秋のチームの目標は昨年の成績を上回り、東海大会に出場すること。例年、試合を重ねるごとに精度が高まってくるチームなだけに、まだまだ進化していきそうです。

08302  続く第2試合は、三島北の左腕・澤侑利が高校初の完封を飾りました。キレのあるストレートとチェンジアップを駆使。1点リードで迎えた7回には1死二三塁のピンチを迎えましたが、「ここで抑えないとエースじゃない」と気持ちを高ぶらせ、三塁ゴロ、三振に斬ってとりました。最後は左足のふくらはぎがつるアクシデントも。それでも気迫で投げ抜き、チームを2年ぶりの県大会に導きました。「県大会までに最善の準備をしたい」と澤。来春、定年を迎える白鳥真利監督に恩返しするためにも、県大会で活躍したいと誓ってくれました。
 一方、伊東は部員9人で奮闘しました。粘投した土屋響太は肩関節が柔らかく、今後が楽しみな投手。
県大会にあと一歩及びませんでしたが、この経験を生かし、飛躍してもらいたいです。(編集部・栗山)

<写真上/コールド勝ちを決めるタイムリーを放った加藤衛磨(三島南)>
<写真下/完封勝利を飾った澤侑利(三島北)>

|

« 秋季中部地区大会3日目(8月28日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会5日目(9月5日)~掛川球場レポート »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋季中部地区大会3日目(8月28日)~草薙球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会5日目(9月5日)~掛川球場レポート »