« 定期戦 袋井vs袋井商 | トップページ | 練習試合 桐陽vs富士宮東 »

2022年5月22日 (日)

静岡大が全日本大学選手権出場を決める!

 静岡大が8年ぶり3度となる全日本大学野球選手権大会への出場を決めました!

東海地区大学野球春季選手権大会>

静岡大 5-0 皇學館大
皇學館大 2-1 中京学院大(延長10回タイブレーク)
静岡大 2ー1 中京学院大

05221

05222  東海地区大学野球春季選手権大会に静岡代表として出場した静岡大。第1試合の皇學館大(三重)戦は速水龍太(4年)が完封を飾り、5対0で勝利します。
 そして、勝てば全国大会出場が決まる第3試合では中京学院大(岐阜)と対戦。来年のドラフト候補に挙がる赤塚健利(掛川シニア出身/3年)に対し、初回に3番・佐藤啓介(3年)のセンター前タイムリーで先制します。さらに5回には1番・内田一希(4年) のタイムリーでリードを2点に広げます。
 投げては先発の加藤翔太(4年) が好投を見せます。相手の赤塚が草薙球場のスピードガンで150キロを連発する中、加藤のストレートは120キロ前後。それでも、「打たせてとることを意識した」と、ツーシームを巧みに使いながら中京学院大の強打者たちのタイミングを微妙にずらしていきます。
 淡々と凡打の山を築き、気づけば終盤に。迎えた9回、最後の打者を三振にきってとると、大きくガッツポーズを作り、捕手の安竹俊喜(2年)と抱擁を交わしました。
今春のリーグ戦で最優秀投手賞を獲得したエース・吉田哉太がこの日は教育実習の関係で不在。加藤は「吉田のお陰でこの東海大会に出場することができた。吉田を全国で投げさせたいという気持ちだけだった」と恩返しできたことを喜んでいました。

05223

 静岡大はここ数年で着実に実力をつけて、強豪大学と互角に渡り合うまで成長。2018年秋から指揮をとる高山慎弘監督は「毎年11月に静岡でオータムフレッシュリーグを開催していただき、そこで東京六大学などの強いチームと戦うことができたことが大きかった」と感謝の思いを口にします。
 浜松商出身の指揮官は「浜商野球で挑みます」と臨んだ今日の2試合。能力で上回る相手に対し、攻撃では機動力を使いながら緻密に攻め、粘り強く守り抜く野球は往年の「浜商野球」そのもの。まさに遺伝子が生きているような戦いぶりで全国切符を勝ち取りました。

 全日本大学野球選手権大会は6月6日に開幕。静岡大は東京ドームで行われる初日の第1試合で東日本国際大(南東北大学代表)と対戦します!(編集部・栗山) 

<写真上/優勝を決めてバッテリーを中心に喜び合う>
<写真中/好投を演じた加藤翔太(静岡大)>
<写真下/優勝旗を手にした静岡大の選手たち>

|

« 定期戦 袋井vs袋井商 | トップページ | 練習試合 桐陽vs富士宮東 »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定期戦 袋井vs袋井商 | トップページ | 練習試合 桐陽vs富士宮東 »