« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月31日 (月)

【中遠大会】掛川西が優勝!

 中遠大会の準決勝、決勝が30日に掛川工グランドで行われ、掛川西が昨年に続いて優勝しました。

★10月30日  中遠大会 掛川工グランド

<準決勝>
掛川西 13-6 小笠(8回コールド)
掛川東 5-2 袋井商

<決勝>

チーム 7 8 9
掛川西 2 1 1 0 3 1 1 0 1 10
掛川東 1 1 2 0 2 0 1 0 0

10311_20221031184201   決勝戦は掛川西と掛川東の「掛川対決」となりました。試合は両者一歩も引かず、公式戦並みの白熱した展開で試合が進みます。
 掛川西は5回に「3番レフト」の山本真広(2年)が準決勝に続き、本塁打を放ってリードを広げていきます。秋の大会は控え投手だった山本。打撃が覚醒しているようで、柔らかいテークバックからのミート力が光っていました。
 そして、6回からは榛葉翔貴(2年)がマウンドへ。午前中の準決勝では先発するも、立ち上がりに5安打を浴びて1回持たずに降板。「悔しかった。仲間が決勝に繋いでくれたので気持ちが入った」と気迫を前面に出しながら、最後10312_20221031184201 まで投げ抜きました。
 秋の公式戦は外野手として出場した榛葉。県大会後から本格的に投手となり、急成長しています。「来年は140キロを出して、エースナンバーを獲りたいです」と意気込んでいました。

 一方、掛川東で注目したのは、センターで先発し、途中からマウンドに上がった川田篤弥(2年)。先日、139キロをマークしたという速球派右腕です。体全体を使った豪快なフォーム。世古雄馬監督によると、この日は力が入りすぎ、本調子ではないということでしたが、そ10313 れでも強いストレートで空振りを奪っていきます。まだ粗削りだけに、高校から先のレベルであと球速が10キロ上積みが期待できます。
 ちなみに、掛川西・榛葉と掛川東・川田は掛川北中時代に一緒にプレーした間柄。当時は2人で投手とセンターを交代し合っていたそうです。2人のライバル心剥き出しの投げ合いは面白かったです!(編集部・栗山)

<写真上から山本真広、榛葉翔貴(掛川西)、川田篤弥(掛川東)>

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

静岡市内大会が開幕しました!

 秋季東海大会準決勝の「静岡対決」は常葉大菊川が勝利。センバツ出場に大きく前進しました。
 その裏で2年ぶりの開催となる静岡市高等学校野球大会が開幕しました。今年は16チームが参加。来年を占う意味で貴重な大会になります。

<29日・清水庵原球場>
科学技術 12-10 清水東
静岡市立 4-0 静岡東
静岡商 6-4 静岡学園

10292  第1試合は科学技術が9回表に2死から逆転して、12対10で勝利しました。この試合で気になったのは科学技術の「6番ライト」で出場した髙橋琳太朗(2年)。左投げの外野手。イニング間のキャッチボールを見た瞬間、腕の使い方の柔らかさに一目惚れしました。今日はマウンドに上がる機会はありませんでしたが、森田重成監督によると、チームで一番速い球を投げるとのこと。打席でも軸がしっかりとしていて、きれいに弾き返します。身長も177センチとサイズもあり。楽しみな逸材を発見しました。
10291  第2試合は静岡市立の長坂洸輔(2年)が7回無失点の好投を見せました。序盤から何度もピンチを作りながら、要所でフォークを使って相手打線を抑えました。今秋は県大会の掛川西戦で先発するも3回3失点で降板。「悔しかった」と市内大会に照準を絞り、フォークを高さ・コースに投げ分けることができるまで精度を上げてきたそうです。
 祖父の長坂衛氏は同校OBで元プロ野球選手。その遺伝子を受け継ぐ右腕は「優勝を狙っています」と、次戦以降も思い切り腕を振って宝刀の魔球で勝負していきます。
 続く第3試合は静岡学園の注目選手・岡村シルバー魁斗(2年)が「4番ピッチャー」で出場。今日は安打こそ出ませんでしたが、第1打席で放ったもの凄い滞空時間の長いセンターフライにポテンシャルの高さを感じました!(編集部・栗山)

<写真上/投打で楽しみな髙橋琳太朗(科学技術)>
<写真下/宝刀・フォークを武器に好投した長坂洸輔(静岡市立)>

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

【高校野球東海大会】常葉大菊川と加藤学園が準決勝進出!

 秋季東海地区高校野球大会は準々決勝で県勢2チームが勝利を収めました。29日の準決勝では常葉大菊川と加藤学園が対決。勝者がセンバツへ大きく前進することになります。

<草薙球場>
常葉大菊川 5-4 津商(三重)
加藤学園 9ー2 中京(岐阜)※7回コールド

10232  第1試合は常葉大菊川が粘る津商を振り切りました。県大会で好投を見せた左腕・久保綾哉(1年)が「踏み出す足がはまらなくバランスを崩してしまった」と、立ち上がりから制球に苦しむ中、打線が援護します。初回に1番・勝亦望向(1年)のレフトオーバーの二塁打から先制。3対3で迎えた6回には1死一二塁から勝亦がスライダーを強振。「崩されても手首を使ってもっていけた。感触は悪くなかった」とセンターオーバーのタイムリー二塁打で2点を勝ち越します。 久保は8四死球を出しながらも、要所を締めて最後まで投げ切り完投。石岡諒哉監督は「どんな内容でもチームを勝たせるのが一番大事。ナイスピッチングだった」と労っていました。

10231_20221023180501  続く第2試合は加藤学園が岐阜1位チームの中京を撃破しました。「全員が逆方向を意識してつなぐ気持ちだけだった」と主将の太田侑希。13安打と猛打が炸裂しました。同点の5回、4番・大木漣のセンター前タイムリーで勝ち越し。この回、2点を挙げると、6回にも2点を追加。そして、7回には満塁から8番・安藤飛雅が走者一掃のレフトオーバーへの一打でコールド勝ちを決めました。試合後、米山監督が勝利の要因の一つに挙げたのが2番手で登板した吉川慧の好投。5回途中からマウンドに上がり、2回3分の2を被安打1。昨日からの連投でしたが、疲れを見せることなく、130キロ台中盤のストレートを武器にテンポ良く投げ込み、相手に傾きかけていた流れを断ち切りました。(編集部・栗山)

<写真上/勝ち越しタイムリーを含む2安打3打点の活躍を見せた勝亦望向(常葉大菊川)>
<写真下/リリーフで好投した吉川慧(加藤学園)>

| | コメント (0)

2022年10月22日 (土)

静岡産業大が三連盟王座決定戦出場へ!

 静岡リーグを39季ぶりに制した静岡産業大。その勢いのまま、今日の東海地区選手権1回戦で岐阜聖徳学園大を撃破。29日開幕の東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦兼明治神宮野球大会代表決定戦への出場を決めました。
 
★10月22日  東海地区大学野球秋季選手権大会 長良川球場

チーム 7 8 9
岐阜聖徳学園大 0 0 0 0 0 0 1 0
静岡産業大 1 1 0 0 4 0 0 0 0 6

(岐)橋本、田畑、有賀、林-反頭
(静)見目-大崎

▽二塁打=前田(岐)
▽三塁打=池田(静)
▽本塁打=渡邉(静)

10221_20221022213601  リーグ戦に続き、1年生が大活躍を見せてくれました。初回、2番・池田翔(1年/浜松江之島)のライトフェンス直撃の三塁打から先制点を挙げると、2回には5番・渡邉笑生(1年/知徳)が続きます。左投手の内角に入ってくる4球目のスライダーをジャストミート。「感触が良くて。今までの人生で一番の打球でした」という一撃は、レフトフェンスを軽々と越えていき、なんと場外まで飛んでいきました。秋のリーグ戦で3本塁打を放ってブレークしたスラッガー。大会関係者が、「この球場で、しかも木製であそこまで飛んだ打球は今まで見たことがない」と目を丸くするほどの大飛球でした。
10222_20221022214401  さらに5回には4安打に相手のミスも絡んで一挙4点を追加します。投げては先発の見目大弥(1年/掛川東)が快投。「緊張感はなかった」と、前半から持ち味のカットボールなどの変化球を自在にコントロールし、相手打者のバットを微妙にずらしていきます。6回までわずか2安打。終盤は疲れもあったそうですが、最後まで投げ切って1失点完投を飾りました。
 来週は明治神宮大会出場への最終関門。東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦には名城大、金沢学院大、皇學館大も出場を決めています。明治神宮大会への切符は1枚のみ。強豪揃いですが、見目は「レベルは高くなりますが、自分の力がどこまで通用するのか試してみたい」と気負いは全くなく、いい表情を浮かべていました。(編集部・栗山)

<写真上/場外弾を放ってガッツポーズを作る渡邉笑生(静岡産業大)>
<写真下/完投勝利を飾った見目大弥(静岡産業大)>

| | コメント (0)

2022年10月20日 (木)

ドラフト会議、県内関連4選手指名!

 本日のドラフト会議、県内関連は以下の4選手が指名を受けました。おめでとうございます。

★中日2位/村松開人(明治大)※静岡高出身
★日本ハム4位/安西叶翔(常葉大菊川)
★日本ハム5位/奈良間大己(立正大)※常葉大菊川出身
★ロッテ育成3位/勝又琉偉(富士宮東)

 県内勢で最上位は村松開人(明治大)。故障から復帰した今秋は、現在リーグ戦で打率4割。まさに立浪和義監督の現役時代のようなプレーヤーになって輝いてほしいです。

10211_20221021005001  日本ハム4位で指名を受けたのが安西叶翔(常葉大菊川)。独特の腕の角度から最速151キロを計測する剛腕です。指名から数分後、同級生や父母らの拍手の中で石岡諒哉監督とともに記者会場に登場した安西。「自分の色を出していき、いずれはプロのローテーションに入って1年間投げていきたい」と意気込みを語ってくれました。そして、歓喜に包まれている最中、常葉大菊川出身の奈良間大己(立正大)も日本ハムから指名されたという報せが飛び込んできました。数年後、エスコンフィールドHOKKAIDOで安西が投げて、そのバックを奈良間が守るというシーンを見たいです!

10212_20221021005301 また、身長188センチの大型遊撃手・勝又琉偉(富士宮東)はロッテ育成3位で指名されました。当初は「支配下でプロに行く」と公表していましたが、ドラフト会議3日前に「育成でも指名があればプロで勝負してみたい」と決断。昨日の夜は眠れないほど、緊張していたそうです。この日はバッティング練習していた際に、マネージャーから「琉偉君、千葉ロッテ」との一報を受けて、記者会見場へ。「嬉しい」とホッとした表情を見せ、「でも、ここから頑張らないといけない。ライバルは多いがショートで勝負して活躍したい」と気を引き締めていました。

 なお、安西、勝又のこれまでの道のりは現在発売中の「静岡高校野球2022秋号」で詳しく紹介しています。ぜひ、読んでいただけると嬉しいです!(編集部・栗山)

※「静岡高校野球2022秋号」の詳細はこちらから→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2022/09/post-3d5fcd.html

<写真上/石岡諒哉監督と握手を交わす安西叶翔(常葉大菊川)>
<写真下/仲間に囲まれながらロッテのお菓子を持つ勝又琉偉(富士宮東)>

| | コメント (3)

2022年10月19日 (水)

ドラフト会議が迫る&「静岡高校野球2022秋号」訂正のお知らせ

 いよいよ明日(20日)、プロ野球のドラフト会議が行われます。
 高校生、大学生は以下の県内関連選手がプロ志望届を提出しています。社会人、独立リーグ勢を含め、今年は果たして県内から何人の選手が指名されるのか。今からドキドキが止まりません!

<高校生>
勝又 琉偉(富士宮東)
安西 叶翔(常葉大菊川)

<大学生>
三浦 ジェスヨロボ大颯(敬愛大)※飛龍出身
鈴木 颯人(創価大)※掛川東出身
木下 将吾(法政大)※静岡出身
村松 開人(明治大)※静岡出身
奈良間 大己(立正大)※常葉大菊川出身
漢人 友也(中京大)※常葉大菊川出身
後藤 友斗(日大国際関係学部)
遠藤 郁真(常葉大浜松キャンパス)※静岡市立出身
渡辺 光洋(高知大)※沼津東出身

 そんな県内のドラフト情報を詰め込んだ「静岡高校野球2022秋号」が発売となり、約一週間。たくさんの静岡の野球ファンに読んでいただけているようで、本当に嬉しいです。ありがとうございました。
 1点、読者の方からご指摘があり、内容の訂正をお知らせします。20ページからの「県内高校別プロ輩出数ランキング」の中で、海野尚武さんの出身校を「袋井」と記しましたが、正しくは「袋井商」の誤りでした。(海野さんの在籍時は袋井の高校名でしたが、1959年に袋井商と改称していました)。編集部としても大変勉強になりました。関係者の皆様、読者の皆様にはご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます。(「静岡高校野球」編集部)

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

漢人vs徳久の「静岡対決」を見てきました!

  15日は愛知大学野球リーグへ。中京大・漢人友也(常葉大菊川出身/4年)がドラフト前、最後の登板になる可能性があり、パロマ瑞穂野球場に行ってきました。
10171  先発した漢人は2回に1点を失うと、4回には3失点。常に走者を置きながら苦しい投球で、5回を投げて4失点という結果でした。「粘り切ることができなかった」と反省。それでも、5回2死の場面ではキャッチャーミットに向かって糸を引くような漢人独特の球筋の快速球で空振り三振を奪ってピンチを切り抜けました。
 今秋は開幕から連勝をマーク。現在、奪三振37はリーグトップの数字です。最後の最後で本領を発揮し、プロ志望届も提出。複数の球団から調査書が届いています。4年間指導してきた中京大の菊地啓太コーチも、「まだまだ漢人はこれからです」と、その伸びしろに太鼓判を押す逸材。20日に迫るドラフト会議は指名を信じて待ちます。
 
10172  この試合、中京大打線を封じたのが愛知東邦大の徳久遼(浜松湖北出身/3年)。高校時代から注目してきたサウスポーです。5回までパーフェクトに抑える完ぺきな投球。大学で140キロに到達したという勢いのあるストレートがコーナーに決まり、緩いカーブなどの多彩な変化球も織り交ぜて打者を翻弄。6回に1点を失いましたが、集中力を切らすことなく最後まで投げ切って完投勝利を飾りました。
 ドラフト上位候補の澤井廉に対しても真っ向勝負を挑み、4打数1安打に。フライアウト3つは立派です。試合後は「1勝をとれてよかったです。優勝を争っているチーム相手に、いい経験になりました」と清々しい表情を浮かべていました。(編集部・栗山)

<写真上/ドラフト指名を待つ漢人友也(中京大)>
<写真下/中京大相手に完投勝利を飾った徳久遼(愛知東邦大)>

| | コメント (0)

2022年10月12日 (水)

立正大・奈良間大己が見せ場を作る!

 20日のドラフト会議まで残りわずか。昨日は、埼玉県のUDトラック上尾スタジアムで、東都大学リーグ2部の試合を見てきました。
 プロ志望届を出した奈良間大己(常葉大菊川出身/4年)は国士舘大戦で「3番ショート」で出場。2安打を放つ一方で、「これぞ奈良間」という守備でもスタンドを沸かせてました。

10121


 1対0とリードした6回、2死二三塁の場面。高校時代のチームメートの榛村大吾(常葉大菊川出身/4年)が放った飛球はショートとレフトの間へ。落ちれば逆転という打球を奈良間は背走しながらドンピシャのタイミングで飛び込んでキャッチ。奈良間でなければ捕れないスーパープレーでピンチを救いました。吠えながらベンチに帰ってくる奈良間の姿に震えが止まりませんでした。
 試合後の取材。迫るドラフトに向けて本人はこう話します。「緊張感はありますが、ここまで来たら、自分がどうこうできるわけではないので。リーグ戦に勝つことが一番です」。勝負にこだわる、まさに奈良間らしい発言でした!

10122  国士舘大で主将を務める榛村も奈良間に負けじと守備で見せてくれました。右中間のフェンス際、深い打球まで追いかけていきダイビングキャッチ。こちらも身体能力の高い榛村でなければ捕れなかった打球だと思います。相手ベンチからも「榛村の守備はエグイ」と称賛の声が聞かれました。
 また、国士舘大は先発でマウンドに上がった中村隆一(御殿場西出身/3年)が3回を投げて4奪三振。左腕から繰り出す変化球のキレが良かったです。拓殖大の齊藤龍幸(藤枝明誠出身/2年)は代打で登場し、右中間に安打。高校時代から持ち味のパンチ力を発揮していました。県勢の活躍は嬉しいです!(編集部・栗山)

<写真上/ファインプレーでピンチを救い、ナインから迎えられる奈良間大己(立正大)>
<写真下/主将として意地を見せた榛村大吾(国士舘大)>

| | コメント (0)

2022年10月 9日 (日)

静岡産業大、期待の1年生選手が登場!

 大学野球の静岡リーグは静岡産業大が39季ぶり3度目の優勝を飾りました。今月22日開幕の東海地区大学野球秋季選手権大会に出場します。

10091_20221009165201  1年生の活躍が目立った今季の静岡産業大。見目大弥(掛川東出身)が静岡大相手に1失点完投し、最終週ではスラッガーの渡邉笑生(知徳出身)が連日の本塁打を放って優勝に貢献しました。
 もう一人、僕が気になったのは池田翔。浜松江之島時代は高校通算39本塁打を放った強打者です。
 「2番センター」で出場した昨日の東海大静岡キャンパス戦。初回の第1打席でレフト前安打を放つと、2打席目でショート内野安打で出塁。さらに7回の4打席目はレフトオーバーの二塁打と大当たり。スイングスピードがあるのはもちろん、バットが内からきれいに出てくるスイング。大学入学直後は木製バットへの対応に苦労したそうですが、夏場に仲間から助言を参考に「ボールを乗せて打つイメージ」と掴んだとのこと。力に頼るだけではないバットさばきの技術が魅力です。
 50メートルを6秒0で走る脚力も武器。打って走れる選手として今後、どんな選手に成長していくのか楽しみです。将来は社会人野球のチームでプレーしたいという目標を持っているそうで、ぜひ叶えてほしいと思います!(編集部・栗山)

<写真/池田駿(静岡産業大)>

| | コメント (3)

2022年10月 5日 (水)

『静岡高校野球2022秋号』の取り扱い書店についてのご案内

09301

 『静岡高校野球2022秋号』が明日発売となります。(すでに数日前から店頭に並んでいるお店もあるそうです!)。今回は、以下の県内計38店舗の書店さんで扱っていただけることになりました。また、東京の書泉グランデ、Amazonでも購入可能です。
 運命のドラフト会議まであと2週間
。ぜひ注目選手情報を先取りチェックして下さい!

<東部地区>
谷島屋富士宮店/谷島屋富士店/谷島屋ららぽーと沼津店

<中部地区>
谷島屋流通通り店/谷島屋マークイズ静岡店/谷島屋パルシェ店/焼津谷島屋吉田店/焼津谷島屋登呂田店/焼津谷島屋アピタ島田店/焼津谷島屋アピタ大仁店/戸田書店江尻台/戸田書店柏屋/江崎書店イトーヨーカドー店/江崎書店ベイドリーム清水店

<西部地区>
谷島屋浜松本店/谷島屋イオンモール浜松志都呂店/谷島屋連尺店/谷島屋サンストリート浜北店/谷島屋三方原店/谷島屋本沢合店/谷島屋ららぽーと磐田店/谷島屋磐田店/谷島屋アピタ磐田店/戸田書店菊川リブレ/江崎書店袋井店/明星書店渡瀬店/イケヤ高丘店/イケヤ湖西店/イケヤ磐田東店/明星書店掛川西郷店/高久書店  ※10月7日追加 宮脇書店掛川店/宮脇書店磐田浅羽店 ※10月8日追加 BOOKアマノ三方原店/BOOKアマノ有玉店/BOOKアマノ高丘店/BOOKアマノ入野店/BOOKアマノ布橋店

<関東地区>
東京神保町・書泉グランデ https://www.shosen.co.jp/

<Amazon>https://www.amazon.co.jp/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%832022%E7%A7%8B%E5%8F%B7-%E6%A0%97%E5%B1%B1%E5%8F%B8/dp/499125261X/ref=sr_1_20?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%80%8C%E9%9D%99%E5%B2%A1%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E3%80%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8&qid=1664443098&qu=eyJxc2MiOiIxLjI1IiwicXNhIjoiMC4wMCIsInFzcCI6IjAuMDAifQ%3D%3D&s=books&sr=1-20

| | コメント (0)

2022年10月 2日 (日)

加藤学園が3位で東海大会へ!

  秋季高校野球静岡県大会は3位決定戦と決勝戦が行われました。

<決勝戦>
常葉大菊川 3-0 常葉大橘

<3位決定戦>
加藤学園 7-0 知徳(7回コールド)

 10021_20221002222701 3位決定戦は加藤学園がコールド勝ちを飾りました。2回に1番・太田侑希の2点タイムリーで先制。その後も小刻みに加点しました。投げてはエース左腕の大木漣が丁寧な投球で7回4安打無失点。決して本調子ではありませんでしたが、米山学監督は「しぶとく投げてくれた」と評価していました。
 今年の加藤学園は複数の好投手を擁し、打線の上位から下位までどの選手もバットがよく振れます。3位からとなりますが、3週間後の東海大会に向けて状態を上げていけば、上位進出も期待できます!(編集部・栗山)

<写真/先制タイムリーを放ち、ガッツポーズを作る太田侑希(加藤学園)>

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

常葉大菊川、鈴木叶が攻守で活躍して東海大会へ!

 秋季高校野球静岡県大会は準決勝が行われ、常葉大橘と常葉大菊川が勝利。東海大会出場を決めました。残り1つのイスをかけ、明日、3位決定戦で加藤学園と知徳が対戦します。

<準決勝>
常葉大橘 11-1 加藤学園(6回コールド)
常葉大菊川 8-0 知徳(7回コールド)

10011  すでに来年のドラフト候補に挙がっている常葉大菊川の鈴木叶。今日はプロ2球団のスカウトが見つめる中、攻守で存在感を見せました。まず初回の守備で、一塁走者を刺して流れを引き寄せると、その裏に先制となる犠飛。さらに3回にはレフトへの二塁打を放ち、4回にはタイムリー安打。そして5回の守備では盗塁を試みた一塁走者を余裕を持って封殺しました。
 「練習してきたことが出せて良かった」と鈴木。この一週間は知徳の196センチ右腕・小船翼の対策として、通常よりも高い位置に打撃マシンをセットして打ち込んできたとのこと。「見慣れていた角度だった」と2安打3打点の活躍で練習の成果を発揮しました。
 ただ、試合後の鈴木に笑顔はなく「まだスタートラインに立っただけ」と厳しい表情。東海大会でも注目選手の一人となりますが、まずは明日の決勝戦で積極的に足を使ってくる常葉大橘をどう封じるか。注目していきたいです。(編集部・栗山)

<写真/強肩強打で勝利に貢献した鈴木叶(常葉大菊川)>

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »