« 2022年12月 | トップページ

2023年1月

2023年1月27日 (金)

常葉大菊川、10年ぶり5度目のセンバツ出場!

01271

 第95回記念選抜高等学校野球大会の出場校を決める選抜委員会が本日行われ、常葉大菊川の10年ぶり5度目の出場が決まりました。

 今日の菊川市内は午後から雨。選手たちは室内練習場で吉報を待ちました。
 16時過ぎ、中澤俊一校長から「出場が決まりました。おめでとうございます」と報告を受けると、選手たちは嬉しそうな表情を浮かべました。
 その後、石岡諒哉監督が胴上げされるなど歓喜に包まれました。主将の平出奏翔は「菊川らしい元気のいいプレーを全国で見せていきたいです」と意気込み、プロ注目の鈴木叶は「すべての面でレベルアップしないと全国で勝てないと思っています」と気を引き締めていました。
 目指すは石岡監督が現役だった2007年以来の頂点。今回も甲子園でピンストライプのユニフォームが躍動することを期待したいです。
 一方、昨秋、東海大会ベスト4の加藤学園は補欠校となりました。ポテンシャルの高い選手が揃っているだけに、夏までどう進化していくのか楽しみです。(編集部・栗山)

常葉大菊川・石岡諒哉監督
「選んでいただいてホッとした気持ちが大きい。夏の大会が残念な形で終わってしまって、その場にいた2年生、その場にいることができなかった2年生があの経験をし、3年生の思いもあったから、このような結果につながったと思う。出るからには優勝を目指していくが、全ての面においてレベルアップして挑まないと、そう簡単には勝てない。しっかりと準備していきたいと思う」

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。
 2023年も静岡の野球に密着していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 01011_20230101135701 今年最初の注目イベントは1月27日のセンバツ出場校の発表でしょう。
 出場が有力視される常葉大菊川は
プロ注目の鈴木叶が攻守の要。全国トップレベルと定評のある強肩に、4番に座る打撃でもチームを引っ張ります。昨年末に取材したところ、このオフは自分の課題と向き合いつつ、順調に調整が進んでいるとのこと。「チームが勝つことが一番なので、チームを勝たせるプレーをしたいです」。全国の高校野球ファンに鈴木の肩を早く見てもらいたいです。

01012_20230101135701  大学生では静岡大の佐藤啓介に期待したいです。中京大中京(愛知)時代は3年夏にブレークして県大会で2本塁打をマーク。大学入学後は1年秋からリーグ戦に出場し、昨春は主軸として全日本大学選手出場に貢献しました。
 こちらも昨年末にグランドに伺い、バッティング練習を見たのですが、とにかくスイングが強く、ライト奥の林に何度も打球が突き刺さっていました。まさにプロに行く選手の打球です。「全国で勝つためにはどうしたらいいのかを常に考えています。自分の実力も上げてプロを目指したいです」と意識の高さはさすがです。

 また、ヤマハの相羽寛太中田悠斗もドラフト候補に挙がりそうな選手で春先の試合から目が離せませんね。

 そんな今年の静岡の野球情報を網羅した「静岡高校野球2023春号」を来月発売予定です。年末年始も絶賛、編集作業中! 正式な発売日や内容が決まりましたら、またこのブログでお知らせします。(編集部・栗山)

<写真上/冬のトレーニングに励む鈴木叶(常葉大菊川)>
<写真下/迫力のある打撃を見せる佐藤啓介(静岡大)>

| | コメント (0)

« 2022年12月 | トップページ