静岡県の高校野球

2024年5月 5日 (日)

【春季高校野球】加藤学園がタイブレークを制して連覇!

05051_20240505185101

 春季高校野球県大会の決勝戦は加藤学園が延長10回タイブレークの末に、静岡高を下しました(2対1)。昨年の春に続き、2年連続優勝となりました。
05052_20240505185401 今大会初先発の小澤亨彦は初回に1点を許したものの、「丁寧にストライク先行の意識で投げようと思った」と2回からはストレートが低めにビシビシと決まっていきます。すると、加藤学園は5回に相手のミスから同点に追いつきます。
 そして1対1で迎えた延長10回。加藤学園は表の守備を小澤が無失点に切り抜けると、その裏、先頭の5番・小室太陽が意表を突くヒッティング。「あれだけ野手が近づいてきたらバントは無理だろうと思いました」。ゴロを打てば抜けてくれるという確信を持った一打がセンター前へ。満塁にチャンスが広がります。
 1死後、7番・屋海州の打球はショートゴロで三塁走者はアウトとなりますが、捕手の一塁送球間に二塁走者の小室が一気に生還。50m6秒2の俊足を発揮して、勝利をもぎ取りました。

 一方、準優勝の静岡高は投手陣の層の厚さを印象付けた大会となりました。今日は2年生左腕の吉田遥孔が5回1失点とゲームを作り、その後にマウンドに上がった梅澤和茉増田煌太朗中野桜佑も安定。今日は登板がありませんでしたが、エースの谷脇健心は準決勝の浜松開誠館戦で完封しています。加藤学園とともに出場する東海大会も楽しみです。

 また、3位決定戦は浜松開誠館が勝利(9対2)。左腕の松井隆聖が8回を1失点。9回は身長190センチの伊波龍之介が141キロを計測して抑えの役割を果たしました。昨夏の優勝チームが、残り数カ月でどうチームを仕上げてくるのか注目です。(編集部・栗山)

<写真上/サヨナラ勝ちを喜ぶ加藤学園の選手たち>
<写真下/延長10回を一人で投げ抜いた小澤亨彦(加藤学園)>

| | コメント (0)

2024年4月27日 (土)

【春季高校野球】ベスト8が決まる!

 春季高校野球はベスト8が出揃いました。
東海大静岡翔洋/浜松工/加藤学園/藤枝明誠/静岡商/浜松開誠館/静岡/日大三島

----------------------------------------

04271  磐田球場の第1試合は浜松開誠館が浜松商を下しました(6対0)。2回に相手のミスから1点を先制した浜松開誠館。5回に6番・大迫翔輔のタイムリー二塁打などで一挙4点を追加すると、7回には3番・塚田暖琉が左中間に本塁打を放ちます。投げては、身長190センチの長身右腕・伊波龍之介が6回を無安打に抑える快投を見せました。昨年秋に比べて、リリースでの力強さが加わった印象。まだ未完成が部分はありますが、スケール感は半端ないです。一方、浜松商のプロ注目の曽布川ザイレンも存在感を発揮しました。今日はNPB3球団のスカウトがスタンドで見守る中で1安打に終わりましたが、体の強さと打球スピードは別格。相手の浜松開誠館のベンチから「いいバッターだよ。シングルならオッケー」という声が飛ぶほどでした。
04272
 続く第2試合は息詰まる投手戦の末、藤枝明誠が飛龍に勝利しました。0対0のまま、タイブレークに突入。藤枝明誠は延長10回、9番・井手尾哲兵の犠飛で1点を勝ち越すと、その裏を守り切りました。先発の日吉結雅は得意の変化球を生かした投球で10三振を奪い、昨秋の県大会の準々決勝以来となる完封。「1点もやれないという気持ちで我慢して投げることができた」と、昨秋王者の意地を感じさせる力投でした。
 敗れたものの、藤枝明誠を追い詰めた飛龍の頑張りも光りました。前の試合でエース左腕の小曲智大が故障して苦しい台所事情の中、先発の石川歩夢と2番手の関根空が相手打線を9回まで抑えたのは大きな収穫。野手もポテンシャルのある選手が多いだけに、夏のダークホースに挙がってきそうです。(編集部・栗山)

<写真上/本塁打を放ってガッツポーズの塚田暖琉(浜松開誠館)>
<写真下/最後まで粘り強い投球で勝利に導いた日吉結雅(藤枝明誠)>

| | コメント (0)

2024年4月23日 (火)

データから紐解く新規格バットの影響

 夏の大会のシード16校が決まりました。
 知徳/東海大静岡翔洋/浜松工/常葉大橘/掛川西/加藤学園/飛龍/藤枝明誠/駿河総合/静岡商/浜松商/浜松開誠館/静岡/磐田東/川根/日大三島

 さて、今春より採用された低反発の新規格のバット。県予選から見てきて、やはり飛ばない印象があったのですが、実際にどの程度、影響しているのか気になりました。そこで昨年と今年の春の県1、2回戦の打撃データを比較してみました。出場しているチームの力、相手との兼ね合い、球場、天候などの違いはありますが、参考程度に作ってみました。 

04231_20240423182501

 本塁打数が8本から2本に減少。一方で三塁打と犠打数が増えていました。県大会を通してどのような数値に変化していくのか。引き続き、データを収集していきたいと思います。(編集部・栗山)
 

| | コメント (1)

2024年4月21日 (日)

【春季高校野球】常葉大橘の木下が自己最速の143キロを計測!

04211  春季県大会の2日目は草薙球場へ。今日のお目当ては常葉大橘の木下瑞貴でした。
 初回に1点を許すも、2回以降は無失点。前半は130キロ台後半のストレート中心で押し、中盤以降は変化球を絡めていきます。そして、1点リードで迎えた9回になるとギアを1段階上げます。投げるごとに球速が上がり、自己最速となる143キロを計測。しかし、2者連続三振のあと、味方のミスをきっかけに同点とされ、タイブレークへ。11奪三振で7対4で勝利したものの、「今日の出来は50点くらい」と満足していない様子でした。今大会のテーマはエースとして1試合を一人で投げ抜くこと。そこに向けての課題も見つかったようでした。
 身長183センチの長身に加え、柔らかくしなやかなフォームが魅力です。まだ体が出来上がっていないだけに、大学で150キロを超えていくイメージを持てる本格派。ブレークの予感がしました。

04212  第3試合は静岡高が掛川東相手に逆転勝ちを飾りました。流れを引き寄せたのは2年生の吉田遥孔。「U-15フジヤマBBC」時代から注目してきた左腕です。
 2対2で迎えた7回からマウンドに上がり、打者10人に対して許した安打は1本のみ。池田新之介監督によると、県予選では不本意な投球に悔しさから涙を流したこともあったそうです。県大会に向けて投げにいく際に右肩を捕手に向けるイメージを持つことでコントロールを磨いてきたとのこと。今日はフォーム全体に躍動感があり、強いストレートが低めに集まっていました。特に、右打者へのクロスファイヤーが冴え、打者はわかっていても手が出ない感じでした。
 今年の年明けには138キロをマーク。体のエンジンが大きく、スケール感があるだけにどこまで飛躍するのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/勝利に安堵の表情を浮かべる木下瑞貴(常葉大橘)>
<写真下/好リリーフを見せた吉田遥孔(静岡)>

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

【春季高校野球】県出場チームが決まる!

 春季高校野球は県大会出場の39チームが出揃いました。

【県大会出場校】
知徳/富士市立/富士宮西/加藤学園/日大三島/星陵/沼津東/飛龍/静岡学園/藤枝明誠/常葉大橘/川根/静岡市立/静岡/城南静岡/静岡商/東海大静岡翔洋/掛川西/磐田東/常葉大菊川/浜松商/浜松工/聖隷クリストファー/袋井/浜松開誠館/小笠/富士/田方農/富士宮北/韮山/市立沼津/榛原/駿河総合/静岡大成/浜松北/浜松城北工/湖西/掛川工/掛川東

----------------------------------------

04061_20240406194201  今日の草薙球場は静清と駿河総合が対決。延長タイブレークの末に駿河総合が7対5で勝ちました。
 活躍を見せたのが2番打者の浅田竜輝(3年)。第1打席で左中間への二塁打を放つと、第2打席も中堅方向へ二塁打。さらに延長10回に回ってきた打席では2点タイムリー二塁打で勝利に貢献しました。望月俊治監督が「ミートが上手い」と評価する好打者。本人によると、新規格のバットが合っているとのこと。以前は芯にあたっても、外野手に捕られてしまうことが多かったのが、今は内野の後ろに落とすイメージでバットを出すことで、安打が増えているそうです。
 一方、静清は「浜松北ボーイズ」時代から注目してきた内藤優央(2年)が先発。6回を投げて、毎回の12三振を奪いました。打者の手元でホップするような回転数の多いストレートが魅力。特に、左投手特有のクロスファイヤーが絶品でした。この日の最速は131キロ。球速数字もまだまだ上がっていきそうな雰囲気がありました。

04062_20240406194201  続く第2試合は市立沼津が島田樟誠に対し、逆転勝ちで県出場を決めました。
 試合後、内藤浩正監督が「あれが大きかった」と絶賛したのが9回の守りでした。1点リードの2死一二塁。左中間に飛んだ打球を守備固めとして8回表からセンターに入っていた鈴木心温(3年)がダイビングキャッチ。抜けていれば同点はもちろん、勝ち越しを許した可能性もあるビッグプレーでした。「守りには自信を持っていて、いけると思ったので勝負してやろうと思っていた」と鈴木。練習から取り組んできた武器をここ一番の場面で発揮しました。(編集部・栗山)

<写真上/10回にタイムリーを放ち、ガッツポーズの浅田竜輝(駿河総合)>
<写真下/好守備で県出場に貢献した鈴木心温(市立沼津)>

| | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

【春季高校野球】沼津東が島田の好救援で県大会進出&大勝監督が富士宮東でラスト采配!

03311_20240331190201  今日の愛鷹球場第3試合は沼津東と韮山の進学校対決。沼津東が12対5(8回コールド)で勝利し、県大会進出を決めました。
 流れを引き寄せたのは、2番手で登板したサイド右腕・島田凌佑でした。4回に5点を失い、なおも2死三塁の場面でマウンドに上がます。「焦らず投げることができた」とライトフライに打ち取ってピンチを切り抜けると、その裏に味方打線が5点を奪い返して逆転に成功します。
 すると、島田は直後の5回は三者連続三振。6回、7回、8回も無失点。今日は打者14人から8三振を奪って、許した安打は1本のみでした。特に印象に残ったは8回2死から三振をとったボール。一番得意という右打者のアウトコース低めに、この日最速の134キロの剛球を投げ込みました。
 「伊豆市シニア」ではエースとして活躍した島田。ストライク先行で崩れることがなく、今はリリーフで存在感を発揮しています。フォーム全体に勢いがあるパワー型の変則右腕。沼津東はこの日、登板のなかった近藤秀太だけでなく、この島田も注目です。

03312_20240331190201  第1試合は、富士宮東が日大三島相手に食らいつきました。最終的には1対8(8回コールド)で敗れたものの、初回に先制点を奪い、3回までは1対1。試合後、県の人事異動で、4月1日より富士宮北に異動する大勝良則監督は「最後まで頑張ってくれた」と選手を讃えていました。
 大勝監督は富士宮東で6年間に渡って指揮をとり、2022年春には27年ぶりの県1勝に導き、勝又琉偉(現ロッテ)をプロに送り出しました。今度は甲子園出場経験のある古豪に赴任。どんなチームを作ってくれるのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/力強いストレートを投げ込んだ島田凌佑(沼津東)>
<写真下/富士宮東でのラストゲームとなった大勝良則監督>

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

知徳の小船翼が18奪三振を記録、最速151キロをマーク!

★3月30日春季高校野球静岡県大会予選 裾野球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
御殿場西 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
知徳 1 0 0 0 0 3 0 2 0 6

(御)横澤、大石、竹下-進士
(知)小船-杉本
▽三塁打=菊地(知)

03301_20240330191001  プロ3球団のスカウトが見守る中、知徳の小船翼(新3年)が今春公式戦初戦で圧巻の投球を見せました。
 「初回から飛ばしていった」の言葉通り、いきなり3者連続三振でスタート。4回に初安打を許しますが、その後も三振の山を築いていきます。誰が見ても速いと思わせるストレートはプロのスピードガンで常時140キロ台中盤で最速は151キロ(自己最速!)。速いだけでなく、低めのコーナーに集まります。中盤以降は変化球を増やす投球にシフトチェンジ。「変化球の精度を上げる」という冬の間に取り組んできた進化した姿もありました。終盤に2点を許したものの、終わってみれば、なんと18奪三振を記録。オフシーズンに取材した際、「27個のアウト、すべてを三振で取りたい」を言っていましたが、それに近いくらいの奪三振ショーでした。
 ベンチから見守った初鹿文彦監督は「頼もしかった」と賞賛。それでも「まだまだ。もっともっと良くなる」と期待を込めていました。
 03302_20240330191001 そんな小船を味方も援護。4番・京増嘉紀(新3年)が先制打につながるライト前タイムリーを含む、3安打の活躍が光りました。昨年が期待している身長188センチの大型選手。このまま一気に覚醒してほしいです。

 一方、小船に対し、フルスイングで挑んだ御殿場西も気持ち良かったです。「こんな良いピッチャーと対戦できて良かった。夏につながる」と竹内健人監督は収穫を口にしていました。特に、4打席すべて三振を喫しましたが、2番打者の土屋綸(新2年)のスイングがえぐかったです。タイミングが合ったら、どこまで飛んでいくんだろうという迫力がありました。(編集部・栗山)

<写真上/18奪三振で勝利に導いた小船翼(知徳)>
<写真下/3安打を放った京増嘉紀(知徳)>

| | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

【春季高校野球】浜松商のエース・西山が好投!

 春季静岡県大会予選。今日は浜松球場で1日取材しました。
 第2試合は浜松商が10対0(5回コールド)で浜松大平台で下しました。
03271_20240327201601  浜松商の先発・西山侑杜(新3年)は4回3分の1を投げ、許した安打は内野安打の1本のみ。最速128キロの数字以上に感じるストレートに、変化球もキレていました。「コントロールがよく、いつも通りに投げてくれた」と戸塚和也監督。春の初戦の難しさがある中で、チームに安心感を与える投球でした。
 身長は164センチ。決して大きくはありません。ただ、体全体を使うフォームでマウンド上では大きく見えます。特に印象的なのが、テークバックで左足を高々と上げるところ。下半身の反動が上半身に上手く伝わっていました。
 中学時代は「浜松インフィニティヤング」でプレー。当時は主に二塁手で、高校入学後、戸塚和也監督の「身長は関係ない」との言葉を受け、本格的に投手になったそうです。昨年秋からエースナンバーを背負い、「プレッシャーを感じている」と言うものの、投げっぷりが良く堂々とした投球でした。
 浜松商は2番手で登板した鈴木結斗(新3年)も気になった存在。細身の左腕で腕もしなる。大学でグッと伸びそうなイメージがありました。(編集部・栗山)

<写真/西山侑杜(浜松商)>

| | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

【春季高校野球】遠江総合コールド発進&掛川工・福住が5回10奪三振!

 今日は掛川球場で西部地区同士の試合を見てきました。

<掛川球場・1回戦&2回戦>
遠江総合 14-0 横須賀(5回コールド)
掛川工 12-0 浜松湖南(7回コールド)

03241_20240324190301 第1試合は遠江総合打線が初回から爆発。1番・田光亨成(新3年)のレフトオーバーの二塁打を足掛かりに5点を先制。2回以降も手を緩めず、5回までに計14得点を奪いました。 打つだけでなく、常に次の塁を狙う積極的な走塁も光りました。
 遠江総合の選手にとって、飯塚大祐監督と一緒に野球ができる最後の大会です。内地留学のため、4月1日からチームを離れることが決まり、発表のあった21日は選手全員が号泣したそうです。「申し訳ないという思いだった」と飯塚監督。そんな中で今日の試合は「練習通り野球を楽しもう」とチームが一つになっていました。
 一番驚いたのは遠江総合の各選手の体格の良さ。私学の強豪校と比べても見劣りしないレベルです。トレーニングと食事。この2つに力を入れてきたことが分かりました。2塁打2本を放った4番の名越泰雅(新3年)は身長181センチ体重85キロ。第3打席ではあわやホームランというライトへ大ファウルを打ちました。新規格のバットも関係なしという感じのパワフルなスイングが印象的でした。

03242_20240324190401 続く第2試合は掛川工の新2年生・福住光稀が5回を投げて無失点に抑えました。アウト15個のうち、三振が10個。角度のあるストレートが低めいっぱいのコースに決まり、カーブとのコンビネーションが抜群でした。
 2歳上の兄の柚稀氏は常葉大菊川の投手として活躍。この冬に体重移動や足の使い方のアドバイスをもらい、安定感のあるフォームを身につけたとのこと。ただ、今日に関しては「コントロールにバラつきがあって40点です」と満足していない様子でした。この春に136キロは計測した本格派。 もう少し暖かくなってくれば、140キロを軽く越えてきても不思議ではないです。(編集部・栗山)

<写真上から名越泰雅(遠江総合)、福住光稀(掛川工)>

| | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

【春季高校野球】静岡高・谷脇健心が公式戦初登板で完封!

 春季高校野球県大会予選が本日開幕しました。

<焼津球場・2回戦>
藤枝明誠 8-0 島田
静岡 4-0 焼津中央
静岡農 7-6 藤枝西

 焼津球場の第1試合は昨秋東海大会ベスト4の藤枝明誠が登場。島田の左腕・榊原蓮太朗の好投に苦しめられながらも計8点を奪ってコールド勝ちを決めました。最終回となった7回には、この春台頭してきたという左腕・杉山健斗(新2年)が登板。腕がぶっ飛びそうなほど鋭く振れて、ストレートが唸りを上げていました。この春を通してどんな投球を見せていくのか注目していきたいです。
03201_20240320191301  続く第2試合は、静岡高の谷脇健心(新3年)が公式戦初登板で初完封を飾りました。9回を投げて、球数はわずか99。今日の焼津球場は何度も試合が止まるほど強風が吹き荒れていましたが、最速139キロのストレートと変化球のコンビネーションで抜群の安定感を見せてくれました。
  昨秋も何度か谷脇の投球を見ましたが、一冬を越して下半身が大きくなった印象。体重が5キロ増えたそうです。昨年秋のラストの試合となった「オータムフレッシュリーグin静岡」で法政大相手に5回を無失点。池田新之介監督は「大学生相手でも自分のストレートで押せるという手ごたえをつかみ、いい形で冬の練習に入っていけたのではないか」と話します。
 試合後、本人は「今日は状態が悪くて、ストレートが思うように投げられなかった」と反省していましたが、練習試合とは違う緊張感で投げ切ったのは次への自信につながるはずです。
 そして、第3試合は静岡農が粘る藤枝西を振り切って勝利。1点を追いかける8回に6番・菅野智也(新3年)のタイムリーなどで逆転しました。(編集部・栗山)

<写真/完封を飾った谷脇健心(静岡高)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧