静岡県の高校野球

2022年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。

01011 今年はまず、今月28日に行われるセンバツ出場校の発表が楽しみですね。東海大会優勝の日大三島と同準優勝の聖隷クリストファーの出場が有力。県勢のW出場が決まれば35年ぶりの快挙です。
 昨年末は両校を取材。日大三島は「このオフは個人個人で目標を立て、レベルアップしている」と加藤大登主将。「春には最速で145キロ、常時140キロを出せるようにしたい」というエース・松永陽登は、また体が一回り大きくなっている印象でした。
 一方の聖隷クリストファーは上村敏正01012監督が求める「スピードとキレを上げること」がこのオフのテーマ。ピリッとした緊張感のある雰囲気の中で黙々と練習に励んでいました。右ヒジを痛めていたエースの弓達寛之も回復に向けて順調だそうでホッとしました。

 現在、編集部では『静岡高校野球2022春号』の取材&編集中。今回は上記2校だけでなく、県内全109校に実際に足を運び、取材中です。正式な発売日や内容が決まりましたら、またこのブログでお知らせします。どうぞよろしくお願いいたします。(編集部・栗山)

<写真上/トレーニングに励む松永陽登(日大三島)>
<写真下/上村敏正監督の話を聞く聖隷クリストファーの選手たち>

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

【大学野球オータムフレッシュリーグ】静岡大が2連勝を飾る!

 「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の2日目。草薙球場では静岡大が明治大と中京大を下し、連勝を飾りました。
 
11201  静岡大は佐藤啓介が大暴れ。中京大中京出身の2年生。2試合目の相手・中京大には同級生や後輩もいたそうで、「胸を借りるつもりで試合に入った」という佐藤。5回、満塁で打席が回ってくると、2球目のストレートを強振。ライナー性で飛んだ打球はライトフェンスを越え、満塁本塁打となりました。
 先月の東海地区秋季選手権大会でも本塁打を放っている好打者。単打も長打もコンスタントに打てる技術はもちろんのこと、大事な場面で結果を残すメンタルが素晴らしかったです。来年の目標は全国大会に出ること。「チームの柱として自覚を持って取り組みたい」と意気込んでいました。
 また投手陣は明治大戦で吉田哉太が6回2失点の好投。中京大戦では古川陽都が6回途中まで1失点に抑え、勝利に貢献しました。

11202  中京大の漢人友也は、西ヶ谷球場の第1試合で行われた浜松西戦で登板。1回0/3を無失点に抑えます。その後、草薙球場に移動しての静岡大戦では志願してマウンドへ。9回の1イニングを無失点(2奪三振)に抑えました。キレのあるストレートに加え、この夏から取り組んでいるというスローカーブが威力を発揮。「最後は草薙球場に来て下さったお客さんに見てもらいたいと思い、投げさせてもらいました。この3試合で結果が出て良かったです」と収穫を口にしていました。

 この日は高校生チームも登場。来春のセンバツ出場が有力の聖隷クリストファーが明治大と対戦。0対2で敗れたものの、大学生相手に先発の左腕・塚原流星が2失点完投。レベルの高い相手に対し、持ち味の緩急を生かした投球を見せてくれました。今日の投球を自信に一冬を過ごしてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/満塁本塁打を含む、2試合で4安打を放った佐藤啓介(静岡大)>
<写真下/無失点でマウンドを降りる漢人友也(中京大)。2日間で3試合に登板した>

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が開催&公式プログラムのご案内!

11081

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が本日、静岡市役所にて行われました。今年は11月19日からの3日間、大学11校、高校6校による交流戦が計19試合組まれています(ボーイズリーグ県選抜vsリトルシニア県選抜の試合もあります!)。
 本日の記者会見では、慶應義塾大・杉山勇征(清水東出身)、筑波大・榊原慎太郎(島田出身)、静岡大・荒井瑞紀(静岡東出身)が参加。それぞれ、以下のような意気込みを語りました。

慶應義塾大・杉山「高校1年生、2年生のときに、このオータムリーグに出場し、それが大学で野球を続けるきっかけとなりました。秋のフレッシュリーグでは悔しい思いをしました。それを晴らしたいです」

筑波大・榊原「筑波大の野球を静岡の皆さまに知っていただきたいです。今まで育ててもらった監督、家族に元気にプレーしている姿を見てもらいたいです」

静岡大・荒井「県外の強豪相手にチーム、自分の力がどこまで通用するのか楽しみです。地域の方々に元気を与えられるプレーがしたいです」

11082 ※大会に先立ち、「静岡高校野球」が編集協力した公式プログラムが完成しました。大会当日、各球場で購入することができます。また、戸田書店清水江尻台では先行発売しています!

★組み合わせはこちらからご覧下さい。→https://baseball.sfc.keio.ac.jp/autumnfresh-league/schedule.html
なお、参加予定だった日大三島は明治神宮大会出場が決まったため、11月20日の西ケ谷球場の第3試合は早稲田大対日大国際関係学部の対戦となりました。

<写真/左から大場祐輔(静岡大/企画チーム)、杉山勇征(慶應義塾大)、榊原慎太郎(筑波大)、荒井瑞紀(静岡大)、大澤昴輝(静岡大/企画チーム)>

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

三島田方大会は三島南が優勝!

11041

 三島田方地区の8チームが参加して開催された三島田方大会。決勝戦は三島南が韮山を6対0で下して優勝しました。チームを勝利に導いたのは今春センバツのマウンドを踏んだエース・植松麟之介。「ストレートを低めに制球することを意識し、緩急をつかって相手打者を打ち取るよう心がけた」と相手打線を3安打無失点。久々の先発も持ち味のテンポ良さを生かし、攻撃に繋げる投球を展開しました。

三島南・稲木恵介監督
「秋の県大会は得点の取り方に課題を残して悔しい結果となった。冬に三島南らしいバリェーション豊かな攻撃への糸口になる試合だった。まだまだ精度が低い所が見られたが冬場それだけ成長できる材料があることだと思う」

三島南・深瀬涼太主将
「今日の試合では、相手のミスを逃さずにしっかりと得点をすることができました。また、植松を中心にテンポよく守ることができ、いい流れで攻撃に繋げることが出来たので良かったです。課題としては、バントと走塁の精度を高めてもっと攻撃にリズムが生まれるようにしていきたいです」

 なお、この三島南、さらに秋ベスト8の掛川西、今夏の甲子園に出場した愛工大名電を迎え、「湖西ベースボールフェスタ2021」が11月6日、7日に開催されます。試合日程は以下になります。こちらの大会も楽しみです!

11042

★11月6日(土)
第1試合 新居vs浜松商 9:30試合開始予定
第2試合 愛工大名電 vs浜松商 12:00試合開始予定
第3試合 愛工大名電 vs 湖西 14:30試合開始予定

★11月7日(日)
第1試合 掛川西 vs湖西 9:30試合開始予定
第2試合 掛川西 vs 三島南 12:00試合開始予定
第3試合 新居vs三島南 14:30試合開始予定

<会場> 湖西運動公園野球場
住所 静岡県湖西市吉美830-1

<写真/三島田方大会を制した三島南ナイン(三島南野球部提供)>

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

日大三島が38年ぶりの秋頂点、静岡が3位で東海大会へ!

★3位決定戦 静岡 9-6 浜松西

10031 静岡高が3位に滑り込み、東海大会出場を決めた。初回に1点を先制すると、2回には相手のミスに乗じて一挙5点を追加。4回には3番・吉田優飛、4番・袴田航旭の連続本塁打が飛び出した。その後、浜松西に2点差まで詰め寄られるも、5回途中からマウンドに上がった法月彰弘が好投。187センチの長身から丁寧に低めを突く投球で4回1/3を無失点に抑えた。東海大会に向けて池田新之介監督は「もう一度やり直していきたい」と厳しい表情。負けない野球を追求し、夏春の連続甲子園を目指す。

<写真/好投した法月彰弘(静岡)>

★決勝戦 日大三島 7ー2 聖隷クリストファー

10033 日大三島は38年ぶりの秋の頂点に立った。初回に1番・京井聖奈の先頭打者本塁打で先制。3回に逆転を許すも、その裏、4番・松永陽登の2点タイムリー三塁打で再逆転。5回に2点を挙げて突き放すと、7回には3番・池口奏が2試合連続となる本塁打をライトスタンドに放った。連投となった松永は走者を出しながらも粘りの投球を展開。9回も2死二三塁のピンチを作るも、最後の打者を空振り三振に仕留めた。「1戦1戦、チームが戦うごとに良くなってきた」と永田裕治監督。うなぎ登りで成長する日大三島が一気にセンバツ出場を狙う。

<写真/優勝を決め、捕手の野田優磨と喜ぶ松永陽登(日大三島)>

| | コメント (0)

2021年10月 2日 (土)

日大三島、聖隷クリストファーが東海大会へ!

 秋季高校野球静岡大会は準決勝が行われ、日大三島と聖隷クリストファーがともにサヨナラ勝ちで東海大会出場を決めました。明日の3位決定戦では静岡高と浜松西が最後の1枠をかけて戦います。

★第1試合 日大三島 5-2 静岡(延長10回サヨナラ)

10021_20211002202101  日大三島は3番打者・池口奏の一振りで東海大会出場を決めた。同点(2対2)で迎えた延長10回裏、2死一三塁のチャンス。ここで池口は4球目の内角寄りストレートをジャストミートすると、打球はライトスタンドに吸い込まれた。「感触は完ぺきでした。いい場面で打てて本当に良かったです」。「京葉ボーイズ」時代はカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会の日本代表に選ばれ、中学2年時には春夏日本一を経験。期待の1年生スラッガーが大一番で結果を残した。投げてはエースの松永陽登が静岡高打線相手を6安打2失点に抑える好投。永田裕治監督は「今日勝つと負けるとでは大違い。良く勝ってくれた」と選手を褒めたたえた。

<写真/サヨナラ3ラン本塁打を放った池口奏(日大三島)>

★第2試合 聖隷クリストファー 2-1 浜松西(延長12回サヨナラ)

10022_20211002202901  息詰まる投手戦の末に、聖隷クリストファーがサヨナラ勝ちを飾った。聖隷クリストファー・弓達寛之、浜松西・濵口大輔がともに、走者を出しながらも粘り強く投げ抜き、試合は延長戦に突入。迎えた延長12回裏、1死満塁で打席には9番・弓達。「どんなボールでも食らいつこうと思った」と3球目の変化球をとらえると、センター方向への安打となった。この日は終盤に球威が上がり、9回には自己最速となる136キロを計測。投打で輝いた主役は「絶対に負けない気持ちだけだった」と安堵の表情を見せた。

<写真/サヨナラ安打を放ち、ガッツポーズを作る弓達寛之(聖隷クリストファー)>

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

秋季県大会準々決勝(9月25日)~草薙球場レポート

秋季高校野球静岡大会は本日、準々決勝が行われました。ベスト4に残ったのは静岡、日大三島、聖隷クリストファー、浜松西です。

★第1試合 日大三島 10-9 掛川西

09251  日大三島がシーソーゲームの激闘を制し、ベスト4進出を決めた。7対9と2点を追いかける9回裏、2死まで追い詰められるも、4番・松永陽登、5番・野口央雅が安打でつなぎ、満塁のチャンスを掴む。ここで代打の島田誠也が「自分で決めようと思った」とレフトオーバーの二塁打でサヨナラ勝ちを決めた。永田裕治監督は「大人しかった子供達がガツガツとするようになってきた。ようやってくれた」と試合後に選手を称え、東海大会切符をかけた次戦の静岡高に向けて「もう一回調整したい」と気を引き締めた。一方の掛川西は、9回表に2死から同点に追いついたが、あと一歩及ばなかった。

<写真/サヨナラ安打を放ち、チームメートと喜ぶ島田誠也(日大三島)>

★第2試合 聖隷クリストファー 4-3 静岡市立

09252  静岡市立は4回に1点を先制。7回には4番・青山颯斗の2点タイムリーで加点する。しかし、3点を追いかける聖隷クリストファーは8回に反撃。9番・弓達寛之のタイムリーなどで一気に同点とすると、なおも二死満塁から3番・赤尾大翔のタイムリーで勝ち越しに成功した。直後の9回表はエースの弓達が3人で締め、聖隷クリストファーが2年ぶりのベスト4進出を決めた。「この子達にとって大きな勝ちになった」と上村敏正監督。戦うごとに力をつける選手の成長に目を細めた。

<写真/勝利を飾り、ガッツポーズを作る弓達寛之(聖隷クリストファー)>

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

秋季県大会3回戦(9月23日)~草薙球場レポート

★第1試合 静岡 4-1 加藤学園

09241_20210924054701 静岡の最速147キロ右腕・吉田優飛が公式戦初先発で初完投を飾った。初回に1点を失ったものの、2回以降は無失点に抑える好投。「今日はスピードよりも、打者をどう抑えるかを考えた」と吉田。140キロ前後の力強いストレートとスライダーとのコンビネーションが光った。5回以降は毎イニングのように「まだいけるか」と本人に確認していたという池田新之介監督は「期待以上のピッチングで頼もしかった」と称賛。打線は、1年生の知念崇太が「9番ライト」で抜擢されると、初回にタイムリー二塁打を放つ活躍。公式戦初打席でチームを勢いづける貴重な一本を放った。

<写真/公式戦初先発で初完投を飾った吉田優飛(静岡)>

★第2試合 静岡市立 2-1 浜松市立(延長10回)

09242_20210924055001 静岡市立が「市立対決」を制して、4年ぶりのベスト8進出を決めた。4回に5番・岸本真聡のタイムリーで先制。その後、同点とされるも、エース・近藤雅也が打たせてとる粘りの投球で踏ん張り続ける。1対1で迎えた延長10回、2死三塁から打席に入るのは主砲の青山颯斗。「変化を待っていた」と、4球目のフォークを強振すると、打球は左中間へ。勝ち越しのタイムリー二塁打となった。「ピッチャーの雅也が頑張ってくれたおかげ」と139球を投げ抜いたエースを労った青山。捕手としてもチームを支える大黒柱は「自分たちのやるべきことをやり、一戦必勝でもっと上を目指していきます」と次戦を見据えた。

<写真/勝ち越しタイムリーを放った青山颯斗(静岡市立)>

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

秋季県大会2回戦(9月19日)~清水庵原球場レポート

 秋季高校野球の県大会2回戦が本日10試合行われました。清水庵原球場で行われた2試合のレポートです。

★第1試合 常葉大橘 4-3 御殿場西(延長11回)

09191_20210919191501  常葉大橘が優勝候補一角の御殿場西を破った。2点を追いかける8回に2番・長谷川悠、3番・古屋匠朗の連続タイムリーで同点。3対3で迎えた延長11回には1死二塁から4番・松田碧海がライトへ勝ち越しタイムリーを放った。「最後まで攻めの気持ちを貫けた」と松田。投げては1年生右腕・山内照が角度のあるストレートを武器に6回2失点の好投。7回から登板の土屋陽斗は8回からの4イニングを無安打に抑えた。注目の好左腕・藁科優斗を攻略しての勝利。片平恭介監督は「正直、藁科君から2安打か3安打くらいしか打てないと考えていた。それくらいいいピッチャー。実戦経験のない中で3番と4番がいいところで打ってくれた」と称えた。

<写真/延長11回に勝ち越しタイムリーを放つ松田碧海(常葉大橘)>

★第2試合 科学技術 10-7 伊東商

09192_20210919191501  県大会初出場の科学技術がベスト16入りを決めた。初回に4点を先制すると、2回に1点、さらに3回にも4点を奪う。エース・兵庫悠真は本調子ではなかったものの、5回を1失点にまとめる。中盤以降に失点を許し、「低めに集めて打たせる自分本来の投球ができなかった」と反省も、「県で2勝は素直に嬉しい」と大量援護のバックに感謝。「試合ができることに喜びを感じ、1戦1戦戦っていきたい」と次戦を見据えた。

<写真/中盤まで相手打線を抑えた兵庫悠真(科学技術)>

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

秋季県大会1回戦&2回戦(9月11日)~掛川球場レポート

 秋季高校野球の県大会が本日開幕しました。掛川球場で行われた2試合のレポートです。

★第1試合 掛川西 3-0 富士宮東

09111_20210911194901 掛川西は新エースの左腕・岩澤孔大が好投を見せた。「ストライク先行でいくことができた」と、序盤からテンポの良い投球で奪三振ショー。9回2死の場面で山本柊太にマウンドを譲ったものの、10三振を奪って無失点に抑えた。キレのあるストレートとチェンジアップが武器。抜群の安定感を誇る。「自分は沢山(優介)さんとは投手としての生き方が違って三振をとるピッチャーではないが、今日は結果的にとることができて良かったです」。また、打線は2回に7番・小原風晟のタイムリーで先制。3回にも1点を加えると、4回には3番・今駒翔太のタイムリーで突き放した。

掛川西・大石卓哉監督
「岩澤はベストピッチングだった。ストレートも変化球もキレていた。長い秋になるように、1戦1戦成長していきたい」

<写真/安定感抜群の投球で10三振を奪った岩澤孔大(掛川西)>

★第2試合 浜松西 8-2 吉原

09112 浜松西は初回、4番・牧野龍之介のタイムリーで先制。2回には2死一二塁のチャンスから1番・伊藤聡汰がレフト線を破るタイムリーを放ち、2者が生還。この回、一挙に4点を奪って試合を優位に進めた。一方の吉原は6回と7回に1点ずつ返すも、浜松西は8回に3番・龍野太優、牧野の連続三塁打でダメ押しとなる2点を挙げた。浜松西は2回戦に駒を進めたが、主将の伊藤は「自分たちのやりたい野球がなかなかできなかった」と細かいミスを反省。次戦に向けては「この一週間でもう一段階上げていきたい」と気を引き締めた。

浜松西・佐藤光監督
「反省点はあるが、公式戦は勝つことが大切。試合をこなしながら強くなっていきたい」

<写真/2安打2打点の活躍を見せた牧野龍之介(浜松西)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧