静岡県中部地区

2023年12月29日 (金)

大学で楽しみな静岡商トリオを取材!

 先日、静岡商を取材した際に、大学で野球を続ける3年生の3人に会うことができました。
 主将を務めた戸田純太が駿河台大、強肩強打の藤田圭佑が明星大、エースの太田善士は神奈川大(準硬式)でプレーすることが決まりました。

12291_20231229180401

 「1年春からベンチ入りしたい」と意気込むのが戸田。パンチ力のある打撃に加え、50m走6.2秒の脚力と堅守が魅力の内野手です。駿河台大は今秋、2部から1部に昇格。「これからのチームだと聞いています。その中で貢献していきたいです」。駿河台大の充実した施設面に惹かれたのはもちろん、JR東日本でマネージャーを務めた経験豊富の松浦健介助監督(掛川市出身)の存在が決め手となったとのこと。「一緒に上のレベルを目指していこうと言われ、ここでやりたいと思いました」。大学で活躍して、その先のステージへ。夢は広がります。
 
 また、「将来はプロになりたい」と気持ちを昂らせるのが藤田。もともと関東の大学でプレーしたい気持ちが強く、その中で巡りあったのが明星大です。2年秋は強肩を武器に正捕手で出場した藤田。しかし、その後は故障もあり、レギュラーの座を後輩の齊藤修生に明け渡しました。「まずは新人戦を目標に、2年生からリーグ戦に出たいです」。高校時代の悔しさをバネに大学では捕手に再挑戦する予定。レギュラーを掴み、現在2部のチームを1部に引き上げる活躍を見せてほしいです。

 そして、準硬式の道を選んだのが太田。右サイドからキレのある球を投げ込む右腕です。大学では全国大会への出場を目指しながら、勉学にも力を入れていきたいとのこと。卒業後は教員となり、高校野球を指導するビジョンを描いています。「最後の夏は悔しい思いが残っています。今度は指導者の立場で甲子園を目指したいです」。次は指導者として静岡の野球を盛り上げてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真/左から藤田圭佑、戸田純太、太田善士(静岡商)>

| | コメント (0)

2023年11月 7日 (火)

「第6回大学野球オータムリーグin静岡」の記者会見が行われました!

 「第6回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要発表記者会見が本日、静岡市役者で行われました。
 11月24日から3日間に渡り、草薙球場、清水庵原球場、西ケ谷球場の3会場を使用。大学12校、高校5校が交流戦を繰り広げます(大学生は1、2年生の選手が主体)。今年は明治神宮大会後に開催。アマ野球を締めくくるイベントとなるだけに注目度が高まります。
 また、
大会期間中に野球人口の拡大を目的に参加大学が未就学児、中学生に対面で野球教室を実施。オンラインでも御殿場南、静岡北、浜松江之島の3チームに野球教室が予定されています。

<参加大学>
慶応義塾大/東京大/法政大/明治大/立教大/早稲田大/筑波大/中京大/静岡大/静岡産業大/東海大静岡キャンパス/日大国際関係学部

<参加高校>
静岡高/静岡市立/静岡商/清水東/駿河総合

11071_20231107173001

<写真/記者会見に出席したメンバーたち。左から企画チーム・小林出(静岡大)、渋谷泰生(早稲田大)、臼井捷翔(東京大) 、吉本匠満(法政大)、金高祐津紀(静岡大)、 企画チーム・神中祥穂(慶応義塾大)>

 6回目にして、初めて東京六大学リーグ所属の全チームが参加することになりました。初出場となる法政大を代表して、清水東出身の吉本匠満(2年)は「法政大の参加を待ち望んでいた方、これまでお世話になった方に思い切ったプレーを見せたい」を意気込みを語りました。
 吉本は高校1年時に「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」で筑波大と対戦。無安打に終わり、チームも0対9で大敗。「こてんぱんにやられてしまった」と当時を振り返ります。その後、指定校推薦枠で法政大に進学。今は武器の打撃力を生かして、下級生主体のオープン戦に出場しているそうです。成長した姿を見せてほしいと思います!

★早稲田大・渋谷泰生(静岡高出身/2年)
「慣れ親しんだ静岡の地で、全力プレーをお見せしたいです」

★東京大・臼井捷翔(静岡高出身/2年)
「自分を育てていただいた静岡に感謝の気持ちを持ってプレーします」

★静岡大・金高祐津紀(清水東出身/2年)
「チームでも個人でも、やれることをしっかとやっていきたいです」

11072_20231107174001
<今年も「静岡高校野球」編集部が編集協力した公式パンフレットが開催期間中に各球場で販売となります。大会に先立ち、明日8日より戸田書店江尻台店で限定先行発売します!>

※「第6回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の詳細はこちらからご覧下さい。
https://baseball.sfc.keio.ac.jp/autumnfresh-league/

| | コメント (0)

2023年10月23日 (月)

【静岡市内大会】2日目&3日目レポート

 21日、22日は静岡市内大会を取材しました。

<静岡市内大会・2日目>
静岡大成 19-0 清水西(5回コールド)
静岡商 10-0 静岡西(6回コールド)
静岡市立 9-2 城南静岡(8回コールド)

<静岡市内大会・3日目>
静岡北 8-2 駿河総合
静岡学園 4-0 科学技術
清水桜が丘 3-1 静岡農

10231_20231023120001  2日目は静岡市立が秋の県予選で敗れた城南静岡にリベンジを果たしました。「4番エース」として投打で貢献したのは小林夕真です。投げては8回を2失点。立ち上がりは不安定だったものの、インステップ気味だった左足を少し開き気味にすることで修正したそうです。テークバックで左手を大きく上がる独特のフォームから投げ込むフォークでが有効的でした。
 打撃面でもインパクトを残した小林。左打席から中堅前安打、左翼前安打、さらに最後の打席では右中間を破る二塁打を放ちました。「市内大会は強豪チームとやれるいい機会。勝ち上がって経験を積んでいきたいです」。大黒柱として力強い言葉が聞けました。

10232_20231023120001  3日目は静岡北が今秋県ベスト8の駿河総合を撃破しました。初回に5番・前田悠貴のタイムリー二塁打などで一挙3点を奪うと、2回にも1点を追加。投げては1年生右腕の兼子慎ノ介が粘り強く投げ、6回まで2失点にしのいでゲームメークします。
 すると低いライナー性や強いゴロの打球を意識していたという打線も援護。7回、8回、9回にも得点を挙げて8対2で勝利しました。「嬉しいです」と杉本太輝監督は満面の笑み。主将の前田も「自信になりました」と喜んでいました。
 秋は東海大静岡翔洋に2対6で敗戦。それでも、中盤まで互角の展開に持ち込んだことで、「自分たちでもやれる」と手ごたえを掴み、この市内大会に向けて調整してきたとのこと。「春の県大出場」を目標に掲げるチームにとって、大きな1勝になってのは間違いないでしょう。
10233  3日目の第3試合では静岡農が清水桜が丘相手に善戦しました。3失点で完投したのは身長183センチ体重110キロの巨漢投手・山本凌大。バランスのいいフォームから球威のあるストレートを丁寧に投げ込んでいました。これだけの体格でコントロールがいいのが何よりの魅力です。
 受ける捕手の久野康太も楽しみな選手です。フットワークがいい上に、肩も正確。イニング間の送球はほぼ全て、ベース上にピタリと収まっていました。5回には相手の盗塁を阻止。無死からエラーで出塁した1番打者だっただけに、相手に流れを渡さないプレーでした。一塁のバックアップに全力でいくなど技術以外の姿勢も惹かれました。(編集部・栗山)

<写真/上から小林夕真(静岡市立)、前田悠貴(静岡北)、山本凌大(静岡農)

| | コメント (0)

2023年10月14日 (土)

静岡市内大会が開幕しました!

<静岡市内大会・1日目>
駿河総合 3-1 静岡東
常葉大橘 5-0 東海大静岡翔洋
静岡 14-0 清水東(7回コールド)

 来春に向けての腕試しとなる第20回静岡市高等学校野球大会が本日、開幕しました。
10141_20231014192601  第2試合は常葉大橘の1年生左腕・秋山創大が5回を1安打に抑える好投を見せました。しなやかな腕の振りから打者の手元で伸びるストレートはもちろん、低めに決まるカーブもブレーキがきいていて良かったです。身長181センチ体重61キロ。この冬の体の強化次第では、手の付けられない投手になる可能性があります。現状、ストレートの球速は120キロ中盤から後半。本人は「まず来年は135キロを出したい」と話していました。伸びしろが半端なく、楽しみな逸材です。
10142_20231014192901  続く第3試合は静岡高が圧勝しました。今大会は低反発の新基準のバットを使用。どのチームも苦労している印象でしたが、静岡高の選手たちはきっちりと対応していました。「1番センター」の松下球真が3安打をマークすれば、「2番セカンド」の鈴木一翔が中堅オーバーの二塁打を含む2安打。「8番レフト」の植松堅立も左中間への二塁打を放ちました。秋は県大会予選の初戦で涙を飲んだ静岡高。打線だけでなく、投手陣も今年の県内ではトップクラスの実力を持つだけに、来春の爆発が楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/5回を1安打無失点に抑えた秋山創大(常葉大橘)>
<写真下/トップバッターとして3安打をマークした松下球真(静岡)>

| | コメント (1)

2023年3月27日 (月)

【春季高校野球中部大会】焼津中央の左腕・紫垣壮太郎が無四球完封!

03271_20230327193001  春季高校野球の中部地区大会。今日の焼津球場の第3試合は焼津中央が静岡北を3対0で下し、県代表決定戦に駒を進めました。
 焼津中央は左腕の紫垣壮太郎(新2年生)が無四球で完封。ナチュラルにシュート回転するストレートと緩いカーブで翻弄しました。制球力の良さが際立ち、コーナーと高低を丁寧に投げ分けていた印象です。大会直前の練習試合でも完封しているとのこと。18イニング連続無失点は見事です。
 「静岡中央シニア」時代は「自分よりももっとすごい選手がいた」と3番手投手。高校入学後、一時は自身の投げ方を見失って苦しんだ時期もあったそうですが、冬の間に久保敦広監督と二人三脚でフォームを作り直し、この日の好投につなげました。9回、最後の打者をショートゴロに抑えると、思わず左手で力強くガッツポーズ。「新チームになって初めての公式戦勝利で嬉しかったです」。次戦の相手は東海大静岡翔洋。強豪相手でも今日のように怯まず、腕を振ってほしいです。(編集部・栗山)

<写真/完封を飾ってガッツポーズを作る柴垣壮太郎(焼津中央)>

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

静岡市内大会が開幕しました!

 秋季東海大会準決勝の「静岡対決」は常葉大菊川が勝利。センバツ出場に大きく前進しました。
 その裏で2年ぶりの開催となる静岡市高等学校野球大会が開幕しました。今年は16チームが参加。来年を占う意味で貴重な大会になります。

<29日・清水庵原球場>
科学技術 12-10 清水東
静岡市立 4-0 静岡東
静岡商 6-4 静岡学園

10292  第1試合は科学技術が9回表に2死から逆転して、12対10で勝利しました。この試合で気になったのは科学技術の「6番ライト」で出場した髙橋琳太朗(2年)。左投げの外野手。イニング間のキャッチボールを見た瞬間、腕の使い方の柔らかさに一目惚れしました。今日はマウンドに上がる機会はありませんでしたが、森田重成監督によると、チームで一番速い球を投げるとのこと。打席でも軸がしっかりとしていて、きれいに弾き返します。身長も177センチとサイズもあり。楽しみな逸材を発見しました。
10291  第2試合は静岡市立の長坂洸輔(2年)が7回無失点の好投を見せました。序盤から何度もピンチを作りながら、要所でフォークを使って相手打線を抑えました。今秋は県大会の掛川西戦で先発するも3回3失点で降板。「悔しかった」と市内大会に照準を絞り、フォークを高さ・コースに投げ分けることができるまで精度を上げてきたそうです。
 祖父の長坂衛氏は同校OBで元プロ野球選手。その遺伝子を受け継ぐ右腕は「優勝を狙っています」と、次戦以降も思い切り腕を振って宝刀の魔球で勝負していきます。
 続く第3試合は静岡学園の注目選手・岡村シルバー魁斗(2年)が「4番ピッチャー」で出場。今日は安打こそ出ませんでしたが、第1打席で放ったもの凄い滞空時間の長いセンターフライにポテンシャルの高さを感じました!(編集部・栗山)

<写真上/投打で楽しみな髙橋琳太朗(科学技術)>
<写真下/宝刀・フォークを武器に好投した長坂洸輔(静岡市立)>

| | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

静商の新エース・太田善士が1失点完投!

 秋季高校野球の中部大会。今日の草薙球場第3試合、県大会出場をかけた静岡商対藤枝東は緊張感のある好ゲームとなりました。
 藤枝東は初回に、2番・増田大輝(2年)の三塁打を足掛かりに先制すると、先発の村松奎汰(2年)が5回まで静岡商打線を無安打に抑えます。一方の静岡商は6回に同点とし、試合は1対1のまま終盤に突入します。迎えた9回、静岡商は1死二塁のチャンスを掴むと、5番・齋藤修生(1年)の左中間へのライナー性の安打で勝ち越しに成功。さらに、6番の小澤萊(2年)がタイムリーを放ち、3対1で静岡商が勝利しました。

08241_20220824225101  静岡商の先発・太田善士(2年)は右サイドからキレのあるストレートとスライダーを武器に6安打1失点完投。前半はリードを許す展開になったものの、「自分の力で流れを変えよう」と、1球1球、気持ちがこめて常に低め低めに投げ込んでいました。太田が目標とするのが夏のエース・大橋建仁。「大橋さんはすごいピッチャーでした。自分も大橋さんのようになりたいですし、超えていきたいと思っています」。
  その太田とバッテリーを組む藤田圭佑(2年)の強肩も光りました。地肩が強い上に捕ってから投げるまでが速い。スローイングの形が良く、キャッチャーらしいキャッチャーです。2回1死一三塁のピンチの場面では、盗塁を試みた一塁走者を封殺。結果的に試合を左右した大きなプレーになりました。県内の捕手といえば、常葉大菊川の鈴木叶がすでに来秋のドラフト候補として注目されていますが、藤田の肩も見ごたえが十分にあります。(編集部・栗山)

<写真/完投を飾ってガッツポーズを作る太田善士(静岡商) 

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

プロ注目左腕・原崎翔陽(駿河総合)の大会前、最終登板を取材!

 いよいよ明日、第104回全国高等学校野球選手権静岡大会が開幕します。
07021_20220702181201  今日はプロ注目左腕・原崎翔陽(駿河総合)の大会前、最終登板を取材しました。
 小笠相手に先発し、7回まで投げて4失点。球が指にかからず、一発を浴びるなど本調子ではなかったものの、「悪い部分は全部出ました。ここから上げていくだけです」と気持ちを切り替えていました。
 一方で春の大会後、スリークオーター気味だった腕の位置を少し上げ、「球が伸びるようになってきました」と成長も実感。今週の加藤学園との練習試合では3回を無失点に抑えたそうです。「甲子園に行きたいです。そのためにフォームを意識して、丁寧に投げていきます」。いよいよ迎えるラストサマー。双子の兄・雄陽とともに注目です。
 一方の小笠は2年生左腕の安達啓真が楽しみな存在でした。腕のしなりがあり、手元で伸びる球筋も良かったです。(編集部・栗山)

★「静岡高校野球2022夏直前号」では原崎雄陽&原崎翔陽(駿河総合)の2人を特集しています。→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2022/06/post-656035.html

<写真/原崎翔陽(駿河総合)>

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

練習試合 静岡大vs静清

  昨日は焼津球場で行われた静清と静岡大の練習試合を見てきました。
06291 静清はエースの久保陸弥が順調な仕上がりをアピールしました。格上の静岡大打線相手に4回2安打無失点の好投。「後ろに信頼できる投手がいるので、とにかく自分は全力で飛ばして試合を作るを考えています」と、昨日も立ち上がりからエンジン全開。力強いストレートで静岡大の打者のバットを折る場面もありました。
  春の大会では、県ベスト4進出に貢献した久保。しかし、スイングした際に左股関節を負傷。準決勝と3位決定戦は欠場しました。その後、順調に回復し、5月下旬の復帰戦では自己最速の141キロをマークしていました。故障の治療中にフォームを微調整したとのこと。踏み出しをインステップ気味にし、腕の位置を変幻自在に変えることで、ストレートの走りが良くなり、武器のスライダーのキレが増している様子でした。
 「夏の目標は甲子園優勝です」と力強く話す久保。186センチの大型右腕がこの夏の主役となったとき、静清の2011年春以来の甲子園出場が見えてきそうです。

06292  野手で気になったのは途中出場の武井銀士。静岡裾野シニア出身の注目1年生です。入学後、すでに4本塁打をマーク。試合前、長田仁志監督は「久しぶりにああいう打球を見た」と驚いていました。この日の第1打席。初球を強振するとファウルになりましたが、その滞空時間が凄かったです。レフト方向に高々と上がり、なかなか球が落ちてきません。長田監督が「ああいう打球」といった意味がわかりました。このパワーと角度は、誰もが持っているものではありません。彼が3年生になったとき、どんなスラッガーになっているのか、楽しみです!
 
 06293一方の静岡大は、静岡高出身で昨夏の甲子園を経験した1年生・永島周が出場。「1番ショート」で溌剌とした動きを見せてくれました。来年はレギュラーを脅かす存在になってほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真/上から久保陸弥、武井銀士(ともに静清)、永島周(静岡大)>

| | コメント (0)

2022年3月29日 (火)

焼津中央の巨漢スラッガーが豪快弾!

 昨日は焼津球場へ。目当ては焼津中央の巨漢スラッガー・池谷龍。『静岡高校野球2021夏直前号』の「覚醒間近ファイル」で紹介した選手です。
 身長189センチ体重100キロ。この春の練習試合、6試合で4本塁打を放っているという情報を耳にしていただけに、どうしても初戦でチェックしたい選手でした。
03291_20220329095501 昨日の試合では、なんとこの体格で2番打者として出場。久保敦広監督の「多く打席に立たせたい」という考えから、この打順になったそうです。その第1打席でした。初球の変化球をとらえると、打球はフラフラっと、左中間方向に高々と上がっていきます。そのままスタンドイン。決して芯でとらえた打球ではなく、どちらかというとこすった感じ。それでもホームランにしてしまう圧巻のパワーに度肝を抜きました。
 高校通算16本塁打も公式戦では初だそうです。2年秋までは期待されながらも結果が出ない日々が続いただけに、試合後は「冬に取り組んできたことが実って自信になりました」と安堵の表情を浮かべていました。次戦の相手は静岡高。県大会出場をかけた大一番となります。池谷は「今日のように初回に打って、チームに勢いをつけられるバッティングがしたいです」と意気込みを語ってくれました。
 右の大砲は全国的に見ても貴重。そのパワーとともに、柔らかく振ることができるのが池谷の魅力です。そして、この春は投手にも挑戦中だとか。まさに今、覚醒のときを迎えています!(編集部・栗山)

<写真/試合後、ホームランボールを手にする池谷龍(焼津中央)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧