静岡県中部地区

2020年8月22日 (土)

秋季中部地区大会4日目(8月22日)~清水庵原球場レポート

<清水庵原球場・3回戦>
静清 6-4 島田商
常葉大橘 4-1 駿河総合

08221_20200822183101  第1試合は静清が逆転勝ちを飾りました。4点を追う8回に2点を返すと、9回に4番・茂木慎之助(2年)の本塁打などで同点に。そして延長10回、2死二三塁のチャンスを掴むと、途中出場の伊東洸佑(1年)が右中間を破る三塁打を放ち2点を勝ち越しました。長田仁志監督は「よく粘って試合をものにしてくれた。チームの成長につながる1勝になる」と、最後まで諦めなかったナインに目を細めていました。一方の島田商は、3番・太田拓夢(2年)が初回のレフトスタンドへの本塁打を含む、3安打3打点の活躍。捕手としても肩が強く、県大会では注目選手の一人になるでしょう。

08222_20200822183301  第2試合は1対1で迎えた6回、
常葉大橘が1点を勝ち越すと、7回には2番・勝又湧斗(2年)のタイムリーなどでリードを広げます。「今年は飛び抜けた選手がいないが、全員で戦っていくスタイル」と片平恭介監督。 計3安打ながら6盗塁をマークするなど機動力を駆使して計4得点を奪いました。投げては1年生の望月琉要が7回を1失点に抑える好投。1回戦、2回戦では緊張もあってあまり状態が良くかったそうですが、今日は左足の上げ方を工夫することでストレートが走ったとのことです。「県大会では今日以上のピッチングをしたい」という望月。中学時代、静岡蒲原シニアで一緒にプレーした加藤学園の太田圭哉の甲子園での活躍が刺激になっているようで、「自分も負けない」と意気込んでいました。(編集部・栗山)

<写真上/延長10回に勝ち越しタイムリー三塁打を放った伊東洸佑(静清)>
<写真下/駿河総合打線を7回1失点に抑えた望月琉要(常葉大橘)>

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

秋季中部地区大会3日目(8月18日)~焼津球場レポート

<焼津球場・2回戦>
焼津中央 3-1 静岡大成
静岡商 6-3 焼津水産


08182

08183  焼津中央が1993年以来、27年ぶりの県大会出場を決めました。1対1で迎えた4回、2死一塁から6番・五十右匠登(2年)の左中間を破るタイムリーで勝ち越し。先発の曽根統威(2年)は「強い気持ちで投げることができた」と、キレのあるストレートで攻めの投球を展開。8回には自らレフト前タイムリーを放つと、その裏のピンチもしのぎます。久保敦広監督は勝利が決まると、快心のガッツポーズ。「粘り強く戦ってくれた」とチームを歴史を塗り替えた選手たちを褒めたたえていました。

 続く第2試合は静岡商が勝利。2対2の5回、4番・小西澄登(2年)のタイムリーで勝ち越すと、4回からリリーフ08181_20200818201401 した中澤大賀(2年)が好投します。中澤は「テンポよく投げて、攻撃に流れを作っていくことを意識した」と打たせて取る投球で6回を3安打1失点に抑えました。静岡商は
4年連続の県大会出場。夏の大会は3年生のみで戦ったため、選手は総入れ替えとなっていますが、新チームは往年の静岡商を彷彿とさせる守備からリズムを作り、機動力を生かしたスタイル。県大会に向けて、どう仕上がってくるのか楽しみです。一方の焼津水産は中盤まで互角の試合を展開。児玉駿太朗(2年)、佐藤涼平(2年)のバッテリーを中心に引き締まった好チームでした。(編集部・栗山)

<写真上/県大会出場を決めて喜ぶ久保敦広監督(左から2番目)>
<写真中/1失点完投した曽根統威(焼津中央)>
<写真下/リリーフで好投した中澤大賀(静岡商)

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

秋季中部地区大会2日目(8月15日)~島田球場レポート

<島田球場・1回戦>
静岡市立  11-1 川根(6回コールド)
静岡東 7-4 相良

08151_20200815201501  第1試合は静岡市立が6回コールド勝ちを飾りました。3回、1死二塁から1番・高橋聖(2年)のタイムリー三塁打で先制。4回に3点、6回には6点を加えて試合を優位に進めます。最速140キロ右腕・丸山颯人(2年)は4回途中から登板。打者11人に対し、4奪三振。サイドから力強いストレートで圧倒しました。川根は注目の池谷和樹(2年)が「1番キャッチャー」で出場。第1打席はセンターへ大飛球を放つと、四球を挟み、第3打席でセンターオーバーの二塁打。捕手としても視野が広く、存在感を発揮しました。

 08152_20200815201101 続く第2試合は静岡東が粘る相良を振り切りました。初回に3番・佐藤昌吾(2年)がスクイズを決めて1点を先制すると、2回以降も小刻みに得点を重ねました。勝利に貢献したのは「1番ショート」の望月良章(2年)。4回にライナー性の打球をセンターオーバーに放つと、二塁、三塁を駆け抜けて一気にホームイン。ランニング本塁打となります。守備では8回、1死一三塁の場面でセンターに抜けそうな打球を好捕してダブルプレーを完成。体にバネがあり俊敏性に長けた好選手でした。静岡東は次戦、県大会出場をかけて常葉大橘と対戦。戸塚哲弥監督は「次も相手に向かっていく姿勢で勝ち切りたい」と力を込めていました。(編集部・栗山)

<写真上/タイムリー三塁打を放った高橋聖(静岡市立)>
<写真下/好守で活躍した望月良章(静岡東)>※写真右

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

練習試合 常葉大橘vs静岡大成

07091 昨日は清水庵原球場で行われた常葉大橘と静岡大成の練習試合を見てきました。常葉大橘は注目の長身サウスポー・脇水大翔(3年)が先発。4回を投げて1安打無失点、6奪三振で順調な仕上がりを見せました。
 脇水は中学以来という清水庵原球場での登板。マウンドの傾斜に慣れなかったのか、初回の1番打者と2番打者に四球を与えます。それでも、3番打者から3者連続三振。腕のしなりが半端なく、その分、球が伸びてきます。その後は小雨が降っている悪条件の中でも角度のあるストレートが低めに集まりました。6月21日の練習試合でも一度見ていましたが、そのときよりも明らかに安定感が増している印象。投げれば投げほど精度が上がってきています。初戦の静岡市立戦に向けて、「残りの数日で万全にもっていきたい」という脇水。「静商の髙田(琢登)君には球速では敵いませんが、『球質なら脇水』と言ってもらえるような投球を大会では見せたい」と、活躍を誓ってくれました。
 一方の静岡大成は5回に3番手で登板した左腕の竹本祐典(3年)が3者連続三振。力強いストレートを投げ込んでいました。大会での投球も楽しみです。(編集部・栗山)

<写真/大会前最後の練習試合で好投した脇水大翔(常葉大橘)>

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

練習試合 静岡商vs静岡高

★7月5日 練習試合 草薙球場

   チーム
静岡高 0 0 0 0 0 0 0 7 0 7
静岡商 0 0 0 2 0 0 0 1 3 6
(高)松本蓮、鈴木悠、髙須-関宮
(商)髙田、塚本礼-對馬、小林玲
▽二塁打=鈴木悠、関宮(高)、對馬、小西、塚本礼(商)

07061  プロ11球団のスカウトが集結した昨日の静岡商と静岡高の練習試合。ドラフト候補の髙田琢登(静岡商)が7回を投げ、静岡高打線を1安打無失点に抑えました。「今日は父(監督)から決勝戦のつもりでいくと言われ、気持ちが入っていた」という髙田。圧巻だったのは4回の満塁のピンチを切り抜けたあとの5回でした。8番打者から三者連続三振。「これぞプロ注」という投球を見せてくれました。
 この日の最速はプロのスピードガンで146キロをマーク。試合後は「大会までに、あと5キロから7キロくらい上がるように調整していきたい」と力強い言葉も聞けました。ストレートだけではありません。冬から習得に取り組んできたスプリットで三振を奪う場面も。勝てる投手へ、また一歩近づいているように感じました。

07062  一方の静岡高は7回からマウンドに上がった鈴木悠介に注目しました。静岡南中時代はエースを務め、チームを東海大会出場に導いた右腕。高校では少し腕を下げ、キレのいいボールを投げているとのことで気になっていました。130キロ台中盤のストレートに加え、変化球の曲がりが独特。打者の手元で、鋭く変化します。上のレベルに進み、球速がもう少し上がってくれば、手が出ないピッチャーになりそうです。
 また、3番手で登板したのは189センチの2年生右腕・髙須大雅。この日は草薙球場のスピードガンで139キロを計測しました。一冬で体が大きくなったといっても、まだまだ成長過程。スケールの大きな本格派に育ってほしいです!(編集部・栗山)

<写真上/久々の草薙球場で躍動した髙田琢登(静岡商)>
<写真/キレのいい球を投げ込む鈴木悠介(静岡高)>

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

静岡商・髙田琢登の練習試合初戦を見てきました!

06241   昨日は静岡商の最速148キロ左腕・髙田琢登の今季練習試合初登板をチェックしてきました。
 先発して2イニングにパーフェクトに抑え、上々のスタート。まだ試運転ながら最後の打者の際に、少し力を入れて142キロを計測しました。試合は髙田のあとを受けた、深澤歩夢勝亦赳太塚本礼史も無失点に抑える完封リレー。 「今日は投げることが楽しかった」という髙田は、7月11日開幕の大会に向けて「今日のように投手陣が力を合わせて全試合無失点に抑えたい」と意気込みを語ってくれました。ここからどこまでエンジンを上げていくのか。楽しみしかありません!(編集部・栗山)

<写真/練習試合初戦で2イニングをパーフェクトに抑えた髙田(静岡商)>

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

練習試合 常葉大菊川vs静清

06201_20200620214001  常葉大菊川が今年度、初の練習試合を静清と行い、2対0で勝利。3月に就任した石岡諒哉新監督が初陣を飾りました。
 エース左腕の渡邉優心が安定感のある投球で4回を無失点に抑えると、2番手の安田優斗も好投。そして、最終回は、最速143キロ左腕のイヤム・オリンがマウンドに上がります。すると、いきなり連続三振。四球を挟み、最後も三振に斬って取る圧巻の投球を披露しました。ストレートの威力と伸びが違います。
 打線は、ただフルスイングするだけでなく、石岡監督が目指す状況に応じた攻撃力が身についている様子。4回には相手エラーからチャンスを作り、犠飛で得点を挙げました。
06202  一方、静清は先発の高橋楽が気になった存在。身長187センチの大型右腕で角度があります。昨秋の県大会は背番号で18でベンチ入りしていますが未登板。こんな原石が眠っていたのかと驚きました。大学で一気にブレイクする予感がしました。(編集部・栗山)

<写真上/初陣を白星で飾った石岡諒哉監督(常葉大菊川)>
<写真下/長身右腕の高橋楽(静清)>

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

静岡商のシート打撃で見つけた隠し球!

 06071_20200607062201 代替大会開催決定から一夜明けた昨日、静岡商ではドラフト候補の髙田琢登がシート打撃でマウンドに上がりました。打者を相手に投げるのは約2カ月ぶりとのこと。7割程度の力の入れ具合ながら、143キロを計測しました。軽く投げてその数字もすごいですが、元気な姿を見ることができたのが何より。大会まであと一カ月。紅白戦、練習試合と段階を踏んでいく中で、どこまで進化していくのか。「静岡の宝」が迎える高校ラストサマーをしっかり見届けたいと思います。
06072  そのシート打撃、野手で目についたのは身長189センチの相原大地です。髙田晋松監督によると、「春の大会があればブレークする可能性があった」という大砲。昨秋は控えの内野手でしたが、一冬を越えて体のキレが少しずつ出てきているとのことでした。昨日は芯でとらえた打球があっという間に左中間を抜ける場面を何度も目撃しました。右の長距離砲は希少価値があると言われる中で、この相原は大学で大きく化ける可能性があるタイプ。今後も注目していきたいです!(編集部・栗山)

<写真上/シート打撃で登板した髙田琢登(静岡商)>
<写真下/快音を連発する相原大地(静岡商)>

| | コメント (1)

2019年11月 3日 (日)

磐北のゴジラを見てきました!

「磐田北に面白いスラッガーがいる!」
 そんな噂を一カ月ほど前に耳にしました。調べると、身長180センチ体重100キロ。さらに調査を進めると「モノになったら、とてつもない可能性がある」という情報まで入ってきました。

11031  今日はどうしてもその真相を確かめたく、榛原と磐田北の練習試合へ。
 榛原のグランドに着くと、すぐに一人飛び抜けた体格の選手を発見。それがお目当ての川島流誓(2年)でした。
 
 エースで4番、主将も務める川島。まず初回、先発のマウンドに上がります。そこに立っているだけで威圧感が十分。 球速は120キロまで出ていないと思いますが、いかにも重そうな球質。変化球も器用に扱います。
 そして、お待ちかねの打席。第1打席はセカンドフライに終わりますが、ボールとバットの衝突音が凄まじく、滞空時間の長いフライに。続く、第2打席でした。鋭いスイングからライト方面に大飛球…。榛原のグランドはライト奥が崖になっているのですが、きれいに上がった打球がその壁にあたりました。わずかに切れてファウルとなったものの、相手の榛原・吉村敏博監督が「ここのグランドで練習試合をやって、あそこまで飛んだ打球は最近見たことがない」と証言するほどの一撃。この一打を見ることができただけで、見に来た価値があったと思いました!
  現在、通算本塁打は12本。そのパワーに目がいきがちですが、内角の球を巧みにさばく技術もあります。 冬の間のトレーニング次第では体がキレて、手がつけられない選手になってくるでしょう。まさに磐北のゴジラ。今後も追いかけていきます。

 一方の榛原にも楽しみな選手が。高い確率で、お目当のチームと対戦する相手チームにも気になる選手を発見するものですが、今回も見つけました。2番手で登板した玉田吏久斗(2年)です。身長165センチと小柄ですが、腕のしなりの良さに目がいきました。打撃ではバットがトップからスムーズに出て、痛烈なライナー性の打球を飛ばしていました。(編集部・栗山)

<写真/スケール満点の大型スラッガー・川島流誓(磐田北)>

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

静岡市内大会で出会った逸材!

 秋季東海大会で藤枝明誠と加藤学園が準決勝進出を決めました。センバツ大会の東海枠は2校。今週末の準決勝が楽しみです!

 そんな東海大会の裏で、今年も静岡市高等学校野球大会が開催されています。
 昨日は西ヶ谷球場で楽しみな選手と出会うことができました。なかでも、第3試合に登場した静岡大成には体が大きく、「こんな選手いたのか」と驚くような素材型が何人もいました。
 まず、印象に残ったのは「4番レフト」の岩科龍之介(180cm74kg、右投右打)。メジャーリーガーのような迫力ある構えから、センター方向へ痛烈な打球を放ちます。パワーだけでなく、柔らさがあるのがいいです。走っても50mを6秒前半で駆け抜けるそうで、能力が抜けていました。
10271  先発投手の眞野翔太(178cm58kg、右投右打)の鋭い腕の振りにも惹かれました。序盤に浮いたストレートを打ち込まれましたが、スリークオーター気味の角度から、指にかかったときにはキレのあるストレートが低めに。体の線がまだ細いだけに、体重アップに比例して球威も上がりそうなタイプです。
   そして、8回からマウンドに上がったのが富士シニア出身の渡辺大己(175cm71kg、右投右打)。フォームのバランスがよく、これは間違いないと確信。本格派に成長しそうな雰囲気を持っていました。まだ1年生なだけに、将来が楽しみです。

 10272 さらに、科学技術にもキラリと光る逸材が。「3番ショート」の横山竣介(170cm62kg、右投右打)が攻守で目を引きました。初回の守備で三遊間の深い位置から一塁へライナーでストライク送球。投げれば130キロ以上の球を投げるという強肩をいかんなく発揮してくれました。打ってもシャープなスイングで魅了。体のバネと強さが何よりの魅力で、県トップクラスの遊撃手だと思いました。(編集部・栗山)

<写真上/渡辺大己(静岡大成)>
<写真下/横山竣介(科学技術)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧