静岡県中部地区

2017年8月16日 (水)

秋季中部地区大会4日目(8月16日)~清水庵原球場&焼津球場レポート

 今日も清水庵原球場へ。中部大会の2回戦、駿河総合対常葉大橘を見に行きました。しかし、雨のため、5回表終了後に中断。常葉大橘が3点をリードしていましたが、ノーゲームとなりました。
 常葉大橘は初回、4番・夏目大(2年)のセンター前タイムリーなどで一挙3点を先制。上位を中心に秋の段階では打撃のレベルが高い印象を持ちました。一方、駿河総合はスタメンに1年生6人が並ぶ若いチームです。仕切り直しとなった試合は、明日17日に行われます。

08171_2 その後、雨が止んで試合が開催されていると聞いて焼津球場へ。第2試合に間に合いました。試合は焼津水産が島田工相手に9対4で勝利。県大会出場に王手をかけました。
 焼津水産は初回に3点を失うも、4回に逆転。さらに、7回には打者一巡の攻撃で5点を奪って試合を決めました。これまで焼津水産というと、イケイケのイメージを持っていたのですが、今日の試合では走者を出すと手堅くバントで送って得点に結びつけるシーンが目立ちました。
 投げては先発の大石淳(2年)が2回以降、立ち直って、3回から8回までは1失点。パワーピッチャー系で、右打者の内低めに力強いストレートがきていました。また、9回にはエースナンバーをつけた宮澤翔也(2年)が登板。179センチと上背があり、手足が長くて楽しみな右腕でした。
 焼津水産は2016年春に岩間秀樹監督が就任して以降、県大会出場に3度王手をかけながら、いずれもあと一歩で逃しています。今回はその壁を破ることができるのか注目です。(編集部・栗山)

<写真/2回から立ち直った大石淳(焼津水産)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

秋季中部地区大会3日目(8月15日)~清水庵原球場レポート

<清水庵原球場・敗者復活1回戦>
静岡大成 9 - 2 静岡北(7回コールド)
静岡学園 6 - 2 榛原

 今日は中部地区の敗者復活戦へ。雨が降ったり止んだりの悪天候でしたが、2試合が行われました。
08151 第2試合は榛原と静岡学園が対戦。静岡学園は1年生右腕・渡邊寛大の好投が光りました。初回に1点を許すも、2回以降はランナーを出しながらも粘りの投球。2失点完投で、チームの勝利に貢献しました。
 安田龍一監督によると、静岡蒲原シニア時代は控え選手でピッチャー経験は全くなかったそうです。今夏のエース・片山源太(3年)と同様、安田監督がピッチャーとしての資質を感じ、高校入学後にコンバート。約半年間で「静学」のエースとなりました。腕が体にからみつきながらリリースされるフォームの柔軟性と縦の変化球が魅力的。一冬、二冬を越した時に、どんな投手に変身してくれるのか、今後も追っていきたいです。
081502 攻撃面では初回、1死満塁からの小柳岳瑠(2年)のタイムリーが大きかったです。レフトの頭上を越すライナー性の二塁打。打席での構えだけで長距離砲の匂いがする右のハードパンチャーです。また、「3番サード」の小野諒太(2年)が4打数4安打(三塁打1本)の大活躍。バットに当てればヒットになるというくらい、とにかく好調。チャンスの場面で積極的に初球を狙っていく姿勢も良かったです。
 一方、榛原では「3番キャッチャー」の小澤裕介(2年)のシャープなスイングが光っていました。(編集部・栗山)

<写真上/2失点完投の渡邊寛大(静岡学園)>
<写真下/タイムリー二塁打を放って喜ぶ小柳岳瑠(静岡学園)>

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

秋季中部地区大会1日目(8月12日)~焼津球場レポート

 秋季高校野球地区大会が開幕しました。まずは焼津球場で3試合を取材してきました。

<焼津球場・勝ち抜き1回戦>
静清 13 - 3 島田樟誠(7回コールド)
島田 11 - 2 焼津中央(7回コールド)
清流館 5 - 1 金谷

08121_2 第1試合では、静清がコールド勝ちを飾りました。打線で目立っていたのは4安打をマークした「3番サード」の大原豪史(2年)です。初回の左中間を破る二塁打に始まり、2打席連続ライト前安打。さらに、最後の第5打席はライトオーバーの二塁打。1打席のみアウトになるケースがあったのですが、それもシャープなスイングからのショート正面への猛烈なライナーでした。投げてはパワー型右腕の田中優吾(2年)が4回を1失点、その後はともに左腕の森下靖己(2年)、臼井海斗(2年)が抑えました。
 小林正具監督は「新チームになって練習試合をやる中で、どうやったら点を与えてしまうのか、どうやったら点を与えないのかが少しずつ分かってきたと思う」と手応えを感じている様子。昨秋、今春と県大会を逃しているだけに、きめ細かい野球を展開する小林監督がどのようにチームを上昇させていくのか注目です。

08122_2 第2試合は島田が7回に一挙7点を奪ってコールド勝ち。最後は一死満塁から「1番セカンド」の杉山壮太(2年)がライトスタンドに大飛球を放ちました。今夏、トップバッターとして活躍した3年生の藤原駿も好選手でしたが、新チームの島田にも同じようなタイプの打てて走れる核弾頭がいます。
 また、エースの本格派右腕・黒木健太郎(2年)は初回こそ、球が高めに浮いて2失点も、2回以降は無失点。徐々に低めに集まりだし、安定感を見せてくれました。
 島田は投打のバランスがとれたチームだけに、旋風の予感がしています。

 08123この日、もっともインパクトを残したのは第3試合で完投勝利を飾った清流館の1年生・佐藤孝介です。立ち上がりから、金谷打線を抑え込みます。高めの釣り球で空振りを奪ってしまうストレートの伸びが最大の武器。スリークオーターの角度から球がホップするイメージです。何よりコントロールがいいので、野手陣も守りやすいタイプの投手でしょう。
 小川中時代はエースとして3年夏に県ベスト4進出を果たし、焼津選抜に選ばれた実績を持つ佐藤。今夏の県大会では、島田工戦の9回ピンチの場面で登板すると、見事な救援でチームを勝利に導いています。1年生とは思えないマウンドさばきも光ります。(編集部・栗山)

<写真上/4安打を放った大原豪史(静清)>
<写真中/パンチのあるトップバッター・杉山壮太(島田)>
<写真下/1失点完投の佐藤孝介(清流館)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

練習試合 清水東vs東海大甲府

★8月5日 練習試合<第1試合> 御前崎球場 曇のち晴   

 チーム
東海大甲府 2 0 0 0 1 0 1 0 0 4
清水東 0 0 0 1 0 2 0 1 0 4

(東)内藤、渡部-山本
(清)堀池-芹澤

<第2試合>
東海大甲府20-3清水東

 現在、御前崎で合宿中の清水東が春夏通算18回甲子園出場を誇る東海大甲府(山梨)を迎え、練習試合を行いました。
08051 東海大甲府は今夏の山梨大会決勝で敗れたものの、小野寺瑞生、渡部雄大など、下級生に全国クラスの選手がゴロゴロといます。そんな強者相手に、清水東は1年生の堀池駿友が好投を見せました。
 初回、U-15侍ジャパンでも活躍した4番・山本将太にタイムリー二塁打を浴びるなど、2点を献上。しかし、2回以降はキレのあるストレートに緩い変化球を交えて、相手打線に連打を許しませんでした。制球力があり、9回まで投げて四球は0(死球2)。果敢に内角を攻めていったのが功を奏しました。
08052 一方、打線では「2番センター」の川口貴大が3安打をマーク。第2打席にライト戦を破る三塁打を放つと、続く第3打席はレフト線への二塁打。さらに、第4打席目は注目の左腕・渡部からライト前安打。バットコントロールが良く、内外角のコースに決まる球をきれいに打ち返します。試合後、東海大甲府の名将・村中秀人監督も「ピッチャーにはあの2番を注意しろと言ったんだが…。本当にいいバッターだね」と絶賛。川口は今夏の県大会、愛鷹球場で日大三島・海野陽日から本塁打を放つなどパワーも兼ね備えています。この秋から来年にかけて注目を浴びる選手になるでしょう。
 
08053 一方の東海大甲府は3人の静岡出身選手が出場。静岡蒲原シニア出身の高橋大志、東海大翔洋中出身の藤森飛雄、浜松ボーイズ出身の山地遼です。高橋は1試合目の途中から出場し、レフト前安打を放ちました。(編集部・栗山)

<写真上/東海大甲府打線を4点に抑えた堀池駿友(清水東)>
<写真中/走攻守の三拍子が揃う川口貴大(清水東)>
<写真下/強豪・東海大甲府でレギュラーを狙う高橋大志>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

練習試合 城南静岡vs富士市立

 『静岡高校野球2017夏直前号』の「スーパー1年生は誰だ!」のページでも少し触れましたが、城南静岡に楽しみな1年生が多く入部したという噂を耳にしました。
 そこで一度チェックしたいと思っていたところ、28日に西ケ谷球場にて富士市立と練習試合を行うという情報が入り、取材してきました。

 この日、城南静岡はスタメンに1年生が6人も並びます。なかでも注目は中学時代(愛知北フィールドスターズ)に、全国大会に3度出場したという幸村一生今枝玲央のバッテリーです。今月10日の静岡高との練習試合では幸村が6回まで無失点に抑えると、打っては幸村、今枝ともに2安打の活躍。1年生ながら、すでにチームの中心選手になっているようでした。

06301_2 幸村は今春県ベスト16の富士市立相手にも好投を見せます。5回まで3安打1失点の好投。終盤にエラー絡みで得点を許し、最終的は9回3分の1を投げて8失点。それでも、1年生とは思えない堂々とした投球でした。身長は170センチとそれほど大きくはないのですが、躍動感があって、投げっぷりがいいです。制球で崩れることがなく、牽制、フィールディングも巧み。一言で言えば、マウンド慣れしているピッチャーです。
 「他の高校からも誘いがあったのですが、城南はスタッフに静高の方が多く、ここなら可能性があると思って入学した」という幸村。高校入学後、まだ3か月しか経っていませんが、船川誠監督から配球の大切さを教わり、「確実にレベルアップしている」と語っていました。
 また、今枝は4回にセンター前安打。イニング間の二塁送球では、投げる形が良かったです。
 幸村は「先輩たちには迷惑をかけてばかりなので、夏に恩返したい。ベスト16を一つの目標に頑張りたい」と、誓ってくれました。

 06302_2一方、富士市立では「9番キャッチャー」の鈴木魁途が7回にレフトスタンドに本塁打。中学時代(静岡JYBBC)の恩師・船川誠監督の前で成長した姿を見せました。(編集部・栗山)

<写真上/1年生ながら投球術に長ける幸村一生(城南静岡)>
<写真下/恩師の間で一発を放った鈴木魁途(富士市立)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

静岡高・池谷蒼大、順調な仕上がりをアピール!

06131  日曜日は岡崎市民球場へ。静岡高と玉野光南(岡山)の練習試合を見てきました。玉野光南には最速148キロを誇るプロ注目投手がいるということで、静岡高打線との対決が楽しみでしたが、残念ながら登板せず。静岡高が14対1(7回コールド)で勝利しました。
 先発の池谷蒼大は7回を投げて、被安打3、失点1の投球。ピンチになると一段階ギアを入れるなど、昨秋からの進化を見せてくれました。夏に向けて、順調に調整が進んでいるようです。
 その池谷については、6月21日発売の『静岡高校野球2017夏直前号』でも紹介します。センバツの大阪桐蔭戦の話もたっぷりと聞いてきましたので、そちらも読んでいただけると嬉しいです。(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

定期戦 清水東vs清水桜が丘

★6月10日 第5回清水東対清水桜が丘定期戦 清水庵原球場 晴   

  チーム
清水桜が丘 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
清水東 0 0 0 0 0 1 1 1 × 3

(桜)遠藤、野村-長澤
(東)望月、橋口、土屋-溝部

▽二塁打=長澤、野村、羽山(桜)川口、田中、溝部(東)

 土曜日は清水東と清水桜が丘の定期戦を見てきました。
06121 試合は清水東・望月航平、清水桜が丘・遠藤龍成の両エースで投げ合いで進みます。
 均衡が破れたのは6回でした。清水東は2番・川口貴大の二塁打を足掛かりにチャンスを作り、4番・溝部修平の犠飛で1点を先制します。さらに、7回に1点に加えると、8回には溝部のタイムリーでリードを広げます。
 一方、春季大会で常葉大菊川相手に、終盤に7点差を大逆転した清水桜が丘はこの日も粘り強さを発揮。9回、途中出場・野村裕樹、1番・羽山翼の連続タイムリー二塁打で1点差まで詰め寄って見せ場を作りました。(編集部・栗山)

<写真/8回にタイムリー二塁打を放った溝部修平(清水東)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

定期戦 常葉大菊川vs常葉大橘

★6月8日 常葉大学付属高校野球定期戦2017 草薙球場 雨   

 チーム
常葉大菊川 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
常葉大橘 1 0 0 0 1 0 0 1 × 3

(菊)安井、榛村-根来
(橘)鈴木楓-夏目

▽二塁打=鈴木楓(橘)
▽三塁打=紅林、佐藤、加部(橘)
▽本塁打=奈良間、藤原(菊)

 昨日は常葉大菊川と常葉大橘の定期戦を見てきました。注目は腰の故障で春の大会の登板を見送っていた鈴木楓の状態でした。
 初回、いきなり、1番・奈良間大己に先頭打者本塁打を浴びましたが、その後はキレのあるストレートとチェンアップを武器に、要所を締めたピッチング。徐々にテンポも良くなり、最後まで投げ抜きました。今年に入って、完投したのはこの試合が初めてだとのこと。試合後、「今日の定期戦に合わせて調整してきました。不安はもうあり06081ません」と力強いコメントを残してくれました。
 球速は133キロ止まりで、まだまだ調整段階だと思いますが、鈴木楓がマウンドに上がると、やっぱりチーム全体が引き締まります。
 打線では「2番センター」の佐藤大輔が良かったです。初回に犠飛、5回には左中間を破る三塁打を放ち、次打者の外野フライで生還と2得点に絡む活躍。バットが内から素直に出て、スイングがきれい。足も速く、今後が楽しみな2年生です。
 一方、昨年はこの定期戦での大勝をきっかけに、一気に甲子園まで登りつめた常葉大菊川。今年は1点差で敗れましたが、収穫もありました。
06082 驚いたのは6回を投げて2失点と役割を果たした安井龍の投球フォームです。数試合前から腕を下げていたそうで、これがピタリとはまっています。腕の位置はスリークオーターとサイドの中間あたり。上半身と下半身がマッチするようになり、低めにコントロールできる制球力を身につけました。スピードも最速で135キロをマーク。横滑りのスライダーもキレて、これまでとは違うピッチャーに変身していました。
 また、2番手の左腕・榛村大吾もしっかりと腕が振れていました。この日、エースの漢人友也は未登板でしたが、安井、榛村が調子を上げているのは、2年連続の甲子園を目指す常葉大菊川にとっては大きいでしょう。(編集部・栗山) 

<写真上/2得点に絡む活躍を見せた佐藤大輔(常葉大橘)>
<写真下/腕の位置を下げ、安定感が増した安井龍(常葉大菊川)>   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

練習試合 菊川南陵vs清流館

★5月3日 練習試合 菊川南陵グランド 晴   

 チーム
清流館 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
菊川南陵 0 0 0 2 0 2 0 0 × 4

 今日は県大会準々決勝がありましたが、菊川南陵のグランドに行ってきました。
 菊川南陵は昨秋は県大会を逃し、今春は初戦敗退。それでも、選手個々のポテンシャルなら、今回、県ベスト8に残ったチームと遜色がないと感じました。
 エース・村田凌基(180cm72Kg、右投右打)は130キロ台中盤のストレートを投げ込む速球派で、キャッチャーも今年の県内でトップクラスの強肩・大津留瑠基(173cm69Kg、右投右打)。ショートの池坊建心(172cm69Kg、右投左打)はスイングが速く、守備もうまい。去年から下級生主体のチームだっただけに、力があるのは当然と言えば当然ですが、シートノックを見て、「なんだこれ!」と驚くレベルの高さでした。
05031 試合前、坂口明彦監督が「夏は何か一つ噛み合えば、一気に頂点まで行く可能性がある」とおっしゃっていましたが、その言葉も大げさに聞こえませんでした。

 将来性なら、途中から登板した2年生のグッドイヤー旭飛ウエスリー(183cm66Kg、右投右打)でしょう。父親はイギリス人で、小さい頃は俳優としても活躍。東京出身の選手で中学時代から注目投手だったと聞きます。
 立ち姿が、いかにも本格派のスタイル。マウンドに上がると、フォームのバランスが良く、肩・ヒジも抜群に柔らかいです。現状、05032_2球速は120キロ前半ですが、想像できない伸びしろの大きさがあります。独特もキレのいいカーブも魅力。来年の今頃、どこまでスケールアップできているのか楽しみです。

 一方、清流館では、左腕の増田凌典(175cm60Kg、左投左打)が完投。腕が少し遅れて出てタイミングが取りづらく、変化球もまとまっています。真上から投げ下ろすので角度も十分。振り回してくるチームはハマってしまいそうなタイプだと思いました。(編集部・栗山)

<写真上/今年の秋以降が楽しみなグッドイヤー旭飛ウエスリー(菊川南陵)>
<写真下/春は常葉大橘打線を5点に抑えた増田凌典(清流館)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

沼津東・勝又健太監督が初陣を飾る!

 昨日は東部地区大会準決勝の様子をチェックしつつ、沼津東グランドで行われた沼津東、御殿場西、静岡高による練習試合を見てきました。

04171 沼津東は、4月に赴任した勝又健太監督が第1試合で初采配を振るい、御殿場西に快勝(11対3、7回コールド)。初陣を飾りました。勝又監督は沼津東から早稲田大に進学。3、4年時にはベンチ入りを果たしました。(大学時代のインタビュー記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/12/post-e671.html
 当時から「母校で甲子園に行きたい」と語っていましたが、まさか、ここまで早く母校に戻ってくるとは驚きでした。大学卒業後、沼津東で1年間コーチを経験し、昨年4月から今年3月まで市立沼津で副部長を務めました。春季大会では市立沼津の指揮をとり、沼津東と対戦したというのも何かの因縁でしょう。
 この日の第3試合ではセンバツ出場の静岡高と対戦。エース・佐竹陽希が低めに強いストレートとチェンジアップを武器に5回まで2失点の好投を見せると、6回に7番・髙木碧海の本塁打などで一挙4点を奪い、5対4とリード。8回にも3点を挙げたものの、最後はサヨナラ負けを喫しました。勝又監督は「静高さんの『ここ』という場面の集中力がすごい。あのあたりがウチとの差」と試合を振り返り、悔しそうな表情を浮かべていました。
 今後、伝統校でどのような野球を展開していくのか注目していきたいです。

 また静岡高では2試合目に先発した鈴木翔也が県大会に向けて期待を抱かせる安定した投球を披露。御殿場西は1年生が多数出場し、面白そうな選手も発見しました。(編集部・栗山)

<写真/母校の監督として初采配を振るった勝又健太監督>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧