静岡県西部地区

2019年5月 4日 (土)

練習試合 磐田東vs静岡商

05042   今日は磐田東と静岡商の練習試合へ。静岡商は先日の県大会で16奪三振をマークした髙田琢登(2年)が先発。6回を投げて毎回の9奪三振。5回には143キロを計測しました。
 注目したのは髙田と同様に来年のドラフト候補になりそうな磐田東・二俣翔一(2年)の対決。第1打席、第2打席ともに髙田が内野ゴロに抑えると、第3打席では二俣が変化球をとらえて右中間への二塁打。見応えのある勝負でした。
 二俣は本来のショートから、今はチーム事情でキャッチャーとしてマスクをかぶっています。ピッチャーとしても140キロ前後を投げるという強肩で 二塁送球がグングンと伸びる軌道。ストッピングもこなせていました。ショートとキャッチャー、両方をこなせるのは大きなアピールポイントになるでしょう。

 05041今年も最速140キロ右腕・伊藤岳斗を中心に、タレント豊富な磐田東の投手陣。今日は2年生の川原愉人が8回途中まで投げると、アンダースローの佐藤教真(3年)が登板。佐藤は今年の静岡になかなか見かけない変則タイプの投手で、独特の球筋を持っていました。(編集部・栗山)

<写真上/毎回奪三振の髙田琢登(静岡商)>
<写真下/独特の球筋を持つ佐藤教真(磐田東)>

| | コメント (2)

2019年5月 1日 (水)

川根に入学した注目1年生を見てきました!

 令和初の取材は池新田と川根の練習試合へ。

05011  川根は1年生・池谷和樹が「2番サード」でスタメン出場しました。静岡蒲原シニア時代は主将を務め、全国ベスト8進出。県外の強豪高校からの誘いもあったそうですが、「あの環境が良かった」と川根に入学。雰囲気とスイング、明らかにモノが違います。今日はヒットこそ出ませんでしたが、右に左に強い打球を連発。入学早々、1か月間ですでに3本塁打を放ったという片鱗が伺えました。本来の守備はキャッチャーですが、今日はサードで出場。守っているときは常に声を出し、元気の良さも魅力です。
 今日の県大会では中学時代に一緒にプレーした加藤学園・佐野陸斗も本塁打。そのニュースを伝えると、「僕も負けていられない。通算50本塁打を目指します」と力強く語ってくれました。

 その他、川根には関東のシニアで活躍した選手など、楽しみな1年生が多く入学していました。夏はもちろん、秋以降も注目していきたいです!(編集部・栗山)

<写真/強いスイングが持ち味の池谷和樹(川根)>

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

春季西部地区大会3日目(3月26日)~磐田球場レポート

 今日の磐田球場は袋井勢が勝利。県大会出場に王手をかけました。

<磐田球場>
袋井商 5-1 オイスカ
袋井 15-4 湖西(6回コールド)

03261_1  第1試合は袋井商が初回に5安打を集中して打者一巡の猛攻。5点を先制します。投げてはエース・伊藤優希(新3年)が好投。丁寧に低めを突く投球で、相手打線を3安打に抑えて完投しました。一方、オイスカは新2年生にキラリと光る選手が。4番・鈴木祥汰はパワフルな打撃が魅力で打球音が違います。また、3番手で登板した左腕・高橋佑斗は球持ちがよく、指にかかったときにストレートがよく伸びていました。この夏、さらに秋以降も注目していきたい選手です。

 第2試合は袋井打線が爆発し、計15点を奪いました。本来は4番打者の杉山玄を故障で欠いていますが、それでも迫力十分。鈴木彰洋監督によると、大会前の京都遠征で京都翔英と対戦し、プロ注目の遠藤慎也のボールを見たことで自信を深めたそうです。上位から下位までどの選手もバットが振れ、西部地区では1、2を争う強力打線に仕上がっていると思います。(編集部・栗山)

<写真/安定した投球で完投した伊藤優希(袋井商)>

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

春季西部地区大会2日目(3月24日)~浜北球場レポート

 西部大会2日目は浜北球場に行きました。

<浜北球場>
天竜 4-3 浜松江之島(延長10回)
浜松北 13-2 浜松南(5回コールド)

 03241第1試合は延長戦にもつれ込む接戦となりました。延長10回、天竜は6番・鈴木隆也(新3年)のタイムリーなどで2点を勝ち越し。その裏に1点を許すも、エース・小寺海士(新3年生)が踏ん張りました。これで初の県大会出場に王手。4月1日より浜名への異動が決まっている天竜・中道誠監督は「30日に勝って県大会を決めたい」と意気込んでいました。

 続く、第2試合は浜松北の猛打が炸裂しました。3回には注目のスラッガー・金原伊吹(新2年生)が3ラン本塁打。内角のストレートをレフトスタンドに豪快にもっていきました。昨秋までの金原はどちらかというと、逆方向への長打が多かった03242のですが、今日は引っ張っての一発。冬場に体の回転で打つ技術を身につけ、その成果が出たようでした。意外にも公式戦では初本塁打とのこと。「この一発で乗っていけそうです」と、嬉しそうな表情を浮かべていました。(編集部・栗山)

<写真上/タイムリーを打った鈴木隆也を出迎える中道誠監督(天竜)>
<写真下/3ラン本塁打を放って喜ぶ金原伊吹(浜松北)

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

高校野球の春季地区大会が開幕しました!

 今日から高校野球の春季西部大会が始まりました。初日は浜松球場へ。この時期としては、かなり気温の低い中、3試合が行われました。

<浜松球場>
浜松大平台 6-3 浜松城北工
浜名 11-1 新居(6回コールド) 
磐田南 17-2 浜松日体(5回コールド)

03231 第1試合は浜松大平台が昨夏県ベスト4の浜松城北工を下しました。初回は4連打にスクイズを絡めて3点を先制。さらに2回に2点を追加します。投げては山田海人(新2年)が変化球を絡ませながら安定して投球で完投しました。

 第2試合は以前から気になっていた新居の左腕・大城綺利也(新3年生)に注目しました。コールド負けを喫したものの、力強いストレートに魅力を感じました。最速で131キロをマーク。夏までに鍛え方次第でまだまだ成長するでしょう。    

 そして、第3試合は磐田南のエース右腕・野澤康生(新3年)が4回を投げて1失点。フォームに力感はないのですが、03233ストレートが走っていました。外部コーチの鈴木平氏(元オリックス他)が「まだこんなもんじゃない。夏までにもっと良くなる」と期待を寄せる選手。次の浜松開誠館戦が楽しみです。また打線では1番打者の森下創(新2年)のシャープなスイングを持ち味に、2安打(三塁打1本)の活躍。チームを勢いづかせる打撃を見せてくれました。(編集部・栗山)

<写真上/山田海人(浜松大平台)>
<写真下/森下創(磐田南)>

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

第2回浜松市内大会は浜松開誠館がV!

11181

★11月18日 浜松市内大会決勝戦 晴 浜松球場 

 チーム
浜松西 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
浜松開誠館 0 0 0 0 2 0 2 0 × 4

(西)平野、吉田-西尾
(開)上島、蜂須賀、長屋-増田、木山

 11182浜松開誠館が第2回浜松市内大会を制しました。2点を追う5回、1番・北嶋颯のタイムリー三塁打で同点とすると、7回には3番・奈良祐歩のタイムリーなどで2点を勝ち越します。投げては3番手・長屋竣大が勢いのあるフォームからキレのある球を投げ込んで好投。6回途中からマウンドに上がり、9回まで無安打に抑えました。
 浜松開誠館は秋の西部大会でコールド負け(0対8)した浜松西に勝利。この日、2安打を放った4番の青木蓮太朗主将は「こてんぱんにやられた相手なので、朝からみんな気合いが入っていました」と明かし、「この優勝をきっかけにして、来年の夏は必ず甲子園に行きます」と先を見据えていました。
 一方、2連覇を逃した浜松西ナインの中には涙を流して悔しがる選手も。公式戦ではありませんが、緊張感のある試合での経験を来年につなげてほしいです。(編集部・栗山)

※3位決定戦 浜松修学舎 2-1 浜松北

<写真/同点タイムリーで放った北嶋颯(浜松開誠館)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

浜松市内大会、第2回大会を制するのは!?

  第2回浜松市内高校野球大会が明日17日に準決勝、18日に決勝戦と3位決定戦が行われます。
 準決勝に残ったのは第1回大会を制した浜松西、夏ベスト8の浜松修学舎、今大会3試合で34得点と圧倒的な打撃力を誇る浜松開誠館、準々決勝でサヨナラ勝ちして勢いにのる浜松北の4チームです。
 果たして、第2回大会の王者は――。今年も目の離せない戦いになりそうです。

<準決勝(17日)>

★浜松開誠館vs浜松北(10時開始予定)
★浜松西vs浜松修学舎(12時30分開始予定)

<決勝戦&3位決定戦(18日)>

★3位決定戦(10時開始予定)
★決勝戦(12時30分開始予定)

※場所はいずれも浜松球場。入場無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

第3回湖西ベースボールフェスタが開催されます!

 11061_2第3回目を迎える湖西ベースボールフェスタが、今月10日と11日に湖西運動公園野球場にて開催されます。
 今回の目玉は敦賀気比(福井)。甲子園常連校で2015年春には全国制覇を果たした強豪です。
 また愛知県から豊橋工、時習館も参戦。地元の湖西、新居がどんな戦いを繰り広げるか楽しみです。

11月10日(土)
第1試合 湖西vs豊橋工 9:30試合開始予定
第2試合 敦賀気比vs豊橋工 12:00試合開始予定
第3試合 敦賀気比vs新居 14:30試合開始予定

11月11日(日)
第1試合 敦賀気比vs湖西 9:30試合開始予定
第2試合 敦賀気比vs時習館 12:00試合開始予定
第3試合 新居vs時習館 14:30試合開始予定

※雨天による順延はありません。

<会場>
湖西運動公園野球場
住所 静岡県湖西市吉美830-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

ドラフト指名を待つ、湖西・水野喬日を直撃!

10171

 ドラフ会議まであと10日。昨日は、プロ志望届を提出した湖西・水野喬日に会ってきました。
 夏の大会後、約3か月ぶりに見た水野はまるで別人と言ってもいいくらい体が大きくなっていました。
 「水野がデカくなっている」と噂では耳にしていますが、想像を超えていました。この数か月で約8キロ増量。現在の体重は80キロ近くなっていました。「上のレベルでやるにあたり、まずは体は一回り二回り大きくしたい思っていました」。意識的に食事量を増やし、トレーニングを積んだ成果が出ているようでした。高校3年生は、夏の大会が終わった秋、冬にかけて大きく伸びます。やったらやった分だけ成長できる時期。水野も、そのことを自覚し、しっかり練習を積んでいます。

10172

 テレビ取材を受ける水野。ドラフトが近くなり、注目度が日増しに高まっている

 この日は、2局のテレビ取材があり、カメラが回る中でブルペンで軽く20球程度、投げてくれました。夏に比べると左足を大きく上げるなど、フォーム全体に迫力が出てきた印象。さらに体のパワーアップに比例してボールに重さが加わり、剛腕のタイプに近づいてきました。水野の生命線は右打者のアウトローに決まるストレート。そこに決まる度に思わず、「いいな~」と声を出してしまいました。

 25日のドラフト会議で受ければ、支配化、育成に関わらず進むことを決意している水野。「9月まではまだまだ先だなと思っていたのですが、10月に入ってから日に日にドキドキが増しているんです」と本音も…。当日は部員全員とテレビを見ながら吉報を待つそうです。(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

秋季西部地区大会順位決定1回戦(8月28日)~浜松球場レポート

★8月28日 秋季大会西部地区大会順位決定1回戦 晴 浜松球場 

  チーム
常葉大菊川 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
浜松西 0 1 2 0 0 0 0 0 × 3

(常)伊藤、堀内、菊地-高橋
(浜)平野-西尾

▽二塁打=諏訪2、仲田、堀内(常)
▽三塁打=西尾(浜)

 08281_2浜松西のエース・平野駿が夏甲子園16強の常葉大菊川を1失点に抑え込みました。26日の磐田東戦で完投していましたが、「疲れはなく、最初から飛ばしていった」と130キロ前後の力強いストレートを生かして4回までわずか1安打。終盤になっても球威が落ちるどころか、むしろ投げれば投げるほど安定感が増していった感じ。そのタフなスタミナに驚きました。
 常葉大菊川には、甲子園で本塁打を放った伊藤勝仁など浜松南シニア時代の仲間が数人在籍。そんな相手にライバル心も燃やしていたようで、「絶対に打たれたくなかった」と気持ちのこもった投球を見せてくれました。
 打線は、2回に4番・西尾龍治のライト方向への三塁打、5番・平出景詩のレフト前安打で先制すると、3回には西尾のタイムリーなどで加点。投打が噛み合っての勝利でした。

 08282_2一方、公式戦初戦を落とした常葉大菊川の高橋利和監督は「やれることをやっていきたい」と前を見据えていました。県大会まで残り3週間。常葉大菊川らしいチームを作ってくれるでしょう。その中で2番手で登板した左腕・堀内恒輝の好投は収穫だったと思います。ストレートと変化球のコンビネーションが良く、3回を無安打に抑えました。(編集部・栗山)

<写真上/平野駿(浜松西)>
<写真下/堀内恒輝(常葉大菊川)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧