静岡県西部地区

2021年7月16日 (金)

掛川東の好右腕・見目大弥が加藤学園打線に挑む!

 夏の静岡大会は明日から再開。いよいよシード校が登場します。注目カードが目白押しの2回戦ですが、個人的に楽しみなのが加藤学園と掛川東の対戦です。

07161_20210716101601 今年の掛川といえば、掛川西の沢山優介、榊原遼太郎の2人が真っ先に名前が挙がりますが、お隣の掛川東にも好投手がいます。初戦で昨夏県準優勝の浜松開誠館を完封した見目大弥(178cm75kg、右投右打)です。
 掛川北中時代は小笠選抜の中心選手として投打で活躍。県優勝に貢献しています。高校入学後は2年秋からエースに。130キロ台中盤のストレートに精度の高い変化球を武器に、今春の西部大会では常葉大菊川相手に完投勝利。その後、夏直前の練習試合では打ち込まれることもあったそうですが、初戦に間に合わせ、「ストレートと変化球をコーナーに投げ分けることができ、三振を取りたいところで取ることができた」と快投を振り返ります。
 2回戦の相手は県屈指の強力打線を誇る第5シードの加藤学園。昨秋の練習試合では植田颯斗、佐野陸斗に本塁打を浴び、1対3で負けている相手です。「やっぱりリベンジしたい思いは強いです」。この一週間は疲労をとりながら、状態を上げている見目。「甲子園で1勝する」という目標を叶えるため、加藤学園戦も全力で腕を振り抜きます。(編集部・栗山)

<写真/シード校に挑む好右腕の見目大弥(掛川東)>

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

袋井・後藤駿介、完全復活で夏へ!

 いよいよ開幕まであと3日。昨日は、浜岡球場で行われた袋井と小笠の練習試合を取材しました。

07081_20210708095801  今大会、注目左腕の一人、袋井の後藤駿介(3年)は3回を投げてパーフェクトに抑えました。「三振にこだわらず、打たせてとる投球を意識した」と、丁寧な投球。持ち味の「インズバ」も決まっていました。
 春の大会は左肩の違和感で登板回避。ゴールデンウイーク中に練習試合を見た際は、まだまだ状態が上がっていない様子でした。その後、5月中旬から練習試合ができなくなり、ブルペンでフォームをじっくりと見直したとのこと。力任せではなく、脱力感のある投げ方を手にしたそうです。6月27日の島田商との練習試合では5回を無安打に抑え、4奪三振。試合後、組み合わせ抽選会の席で荒浪和彦監督も「やっと戻ってきた」と嬉しそうな笑顔で話してくれていました。
 初戦は10日、相手は下田です。「強気なピッチングをして、チームに勢いをつけていきたい」という後藤。夏は完全復活した左腕から目が離せないです。
  
07082  袋井の打線では「1番ショート」の堀川悠吏(3年)が3打数2安打で、上々の仕上がりをアピールをしました。6月12日に練習試合が再開されましたが、わずか1カ月で7本塁打と絶好調。現在高校通算35本塁打は、今年の県内でトップクラスです。「逆方向にもホームランが出るようになってきた」という堀川。身長180センチとサイズもある遊撃手だけに、夏の大会で一気に名前が広まりそうです。

 一方の小笠では、「3番ファースト」の高岡勇翔(3年)が9回にライトオーバーの二塁打を放ちます。リストが柔らかくて、内角をきれいにさばいていました。夏の活躍が楽しみです。(編集部・栗山)

<写真上から後藤駿介、堀川悠吏(ともに袋井)>

=========================

 現在発売中に「静岡高校野球2021夏直前号」では袋井の後藤のインタビュー記事を掲載しています。そちらも一緒に読んでいただけると嬉しいです。
 また、今回の「静岡高校野球2021夏直前号」で1つ訂正があります。裏表紙に掲載している「あの選手がどこへ? 昨夏静岡を盛り上げた選手たちの進路リスト」で、袋井・小久保寛汰の進路先は「星城大」ではなく「成城大」でした。関係者の皆様、読者の皆様にはご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

春季西部地区大会準々決勝(3月28日)~磐田球場レポート

<浜岡球場・準々決勝
掛川西 2 -0 浜松工
浜松商 4-3 浜松開誠館(延長10回)

03291_20210329063001  プロ8球団10人のスカウトが集結した磐田球場の第1試合。掛川西の注目左腕・沢山優介(3年)は7回からマウンドへ。打者10人対し、5三振を奪う圧巻の投球。昨年秋に比べ、明らかにスケールアップしている感がありました。
 先発した榊原遼太郎(3年)も負けていません。6回を3安打無失点に抑える快投。ストレート、変化球ともにキレキレで、しかもコントロールが抜群に良く無四球。浜松工打線につけ入るスキを与えませんでした。
 一方の浜松工は捕手・清水翔和(3年)の強肩に驚きました。フットワークも軽快で、今年の県内でトップクラスの捕手だと見ました。

 続く、第2試合は接戦となります。浜松商が前半に3点を先制すると、エースの工藤遼太(3年)が「いけるところまで全力でいこうと思った」と強打の浜松開誠館を5回まで1安打に抑えます。一方の浜松開誠館は終盤に工藤をとらえ、8回に4連打で同点に追いつきます。延長戦に突入すると浜松商が10回表に、ここまで力投した工藤が自らスクイズを決めて勝ち越しに成功。その裏は篠原大空(3年)が締めて昨秋に続いて準決勝進出を決めました。
 「チームとして成長を感じた試合だった」と浜松商の田川智博監督。派手さはありませんが、堅い守備と機動力を発揮し、往年の浜松商を思い出させるようなチーム一丸での勝利でした。(編集部・栗山)

<写真/先発で6回を無失点に抑えた榊原遼太郎(掛川西)>

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

春季西部地区大会2日目(3月22日)~浜岡球場レポート

<浜岡球場・2回戦>
掛川東 5 -2 袋井
小笠 9-2 浜松湖南(7回コールド)
磐田農 7-4 浜松江之島

03231_20210323055101  昨秋の中遠大会の再戦となった第1試合。1点を追いかける掛川東は5回に逆転すると、エース右腕の見目大弥(3年)が力投します。力強いストレートに加え、鋭く変化するスライダーを有効的に使い、2回以降は無失点に。県大会出場をかけた次の試合に向け、「コントロールと緩急を意識して今日以上のピッチングがしたい」と意気込んでいました。
 第3試合では、磐田農の左腕・馬渕賢心(3年)が毎回の15奪三振の快投。フォームのバランスが良く、腕も振れる。こんな逸材が眠っていたんだと痺れました。すごく好みのタイプ。これからも注目していきたいです!(編集部・栗山)

<写真/完投し、ガッツポーズを見せる見目大弥(掛川東)> 

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

昨夏県V右腕が聖隷クリストファー大へ進学!

01061 聖隷クリストファーのエースとして活躍した城西裕太が系列の聖隷クリストファー大へ進学します。
 昨夏の「2020夏季静岡県高等学校野球大会」では初戦の藤枝明誠戦での1失点完投に始まり、準々決勝の常葉大菊川戦でも1失点完投(8回タイブレーク)。決勝戦では3回からマウンドに上がり、優勝投手になりました。
 
01062 夏の大会後も毎日、下級生と一緒に汗を流し、大学野球に備えている城西。進学が決まり、「1年春から投げることを目標に、まずは1勝したいです」と抱負を語ってくれました。回転の良いストレートをコーナーに投げ分ける制球力は大学でも武器になると思います。また球速も現在の最速134キロから140キロを通過点に、「さらに伸ばしていきたい」とのこと。可能性は十分にあるでしょう。
 同じく右腕の大石翔太も聖隷クリストファー大へ。高校ではケガに苦しみましたが、キレのある変化球が魅力です。

 聖隷クリストファー大野球部は2017年に創部。昨秋は0勝14敗で最下位に沈んだだけに、2人がその救世主となるのか。静岡リーグに新たな風を吹かせてほしいです!(編集部・栗山)

◆城西裕太[しろにし・ゆうた]
2002年8月28日生まれ、大阪府出身。6歳から「藤井寺スターズ」で野球を始める。中学は「羽曳野ボーイズ」に所属し、主に外野手。高校入学後、1年秋からエース。178cm74kg、右投右打。

◆大石翔太[おおいし・しょうた]
2003年3月11日生まれ、静岡県浜松市出身。7歳から「浜松ガッツ」で野球を始める。開成中から聖隷クリストファーへ。177cm74kg、右投右打。

<写真上/昨夏の優勝投手となった城西裕太>
<写真下/大学での活躍と誓う城西裕太と大石翔太>

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

浜松市内大会、聖隷クリストファーが初優勝!

 浜松市内大会の準決勝&決勝戦が14日に浜松球場で行われ、聖隷クリストファーが初優勝しました。
 優勝の聖隷クリストファーと準優勝の浜松商は、チャンピオンシップ(11月21日湖西球場)に出場。浜名湖ベースボールカップの優勝チーム(浜松湖北)、準優勝チーム(浜松湖東)と対戦します!

<準決勝>
聖隷クリストファー 7-4 浜松学院(延長10回タイブレーク)
浜松商 4-3 浜名

<決勝戦>
聖隷クリストファー 5-0 浜松商

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

浜松市内大会、ベスト4が決定!

 毎年恒例の浜松市内大会の準決勝&決勝戦が11月14日に浜松球場で開催されます。ベスト4に残ったのは聖隷クリストファー、浜松学院、浜松商、浜名となりました。第4回大会を制するのはどのチームか? 来年の静岡の高校野球を占う意味でも注目の試合になりそうです!

★11/14(土)浜松球場

<準決勝>
①聖隷クリストファーvs浜松学院 9:00
②浜松商vs浜名 11:30

<決勝戦>
①vs② 14:00

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

中遠大会、掛川東がV!

 中遠大会の準決勝、決勝が3日に菊川球場で行われ、掛川東が優勝を飾りました。

11092

<準決勝>
掛川東 2-0 袋井
掛川西 6-4 磐田東

<決勝>
掛川東 6-2 掛川西(7回日没コールド)

 準決勝の第1試合は、掛川東・見目大弥、袋井・後藤駿介の投げ合いに。掛川東は7回に2番・松浦蒼がセンター方向への二塁打から先制すると、8回にも1点を追加。見目は鋭いスライダーを武器に完封しました。
 続く第2試合、掛川西はプロ注目の沢山優介が先発しました。スカウトのスピードガンで141キロをマーク。7回に3点を失ったものの、8回は三者連続三振を奪ってスタンドを沸かせました。
 そして、決勝戦は掛川東が試合を優位に進めます。2回に2点を先制すると、5回と7回にも2点を奪い、秋の西部王者を撃破しました。

11091_20201109075101

 掛川東は秋の西部大会で敗退し、県出場を逃しましたが、その後の練習試合では静岡高、加藤学園と互角の試合を展開。強豪校がひしめく中遠大会で実力の高さを示しました。計2試合で4安打を放った松浦は「この大会は優勝を狙ってきたので嬉しい」と、満面の笑み。「練習ではマイナスの発言をやめ、雰囲気を大事にしてきました。今日の試合ではその雰囲気に乗って思い切り良く強いスイングができました」。来年の静岡ではダークホース的に存在になりそうな予感が漂うチームです!(編集部・栗山)

<写真上/優勝した掛川東ナイン>
<写真下/2試合で4安打を放った松浦蒼(掛川東)>

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

袋井の注目左腕が練習試合で快投!

 今日は浜松学院対袋井の練習試合の取材へ。両チームとも、秋の地区大会は敗退したものの実力校同士。ハイレベルな試合を見ることができました。

09121 注目は袋井の後藤駿介。昨年の秋は明治神宮大会で優勝した中京大中京(愛知)相手に好投したという噂のサウスポーです。
 今日の練習試合では完封。許した安打は4本のみで、5回を除いて毎回の12三振を奪いました。下半身主導のバランスのいいフォームが魅力。キレのあるストレートをテンポ良く投げ込んでいました。しかも内角への制球力も絶秒。今年の左腕では、まず掛川西の沢山優介の名前が挙がりますが、安定感なら後藤も負けていないでしょう。県の上位でも十分に通用する投手だと思いました。
 この投手を見ながら、フッと思い出したのが、かつて静岡を沸かせた近藤守さん。約35年前、袋井のエースとして2年春の東海大会で優勝、3年夏は4試合連続完封を飾った伝説の左腕です。当時、近藤さんと一緒にプレーした外部コーチの吉村正之さんは「カーブのキレや牽制の上手さはあのときの近藤に及ばないけど、そこに近づいてほしい」と期待していました。
 打線では、「1番ライト」で出場した1年生・磯部晨太郎が気になりました。初回の第1打席でいきなりレフトオーバーの二塁打を放つと、第4打席はレフト前安打。スイングに無駄がなく、シャープにバットを振り抜きます。秋の西部大会は直前の練習試合で故障し、出場できなかったとのこと。悔しさをバネに成長してほしいです。

09122

 一方、浜松学院は1年生右腕の川島隆希が先発。初回に1点を失ったものの、2回から6回は無失点に。腕がムチのようにしなるタイプ。今後、伸びる予感がしました。(編集部・栗山)

<写真上/12奪三振で完封した後藤駿介(袋井)>
<写真下/ヒジがしなる川島隆希(浜松学院)>

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

秋季西部地区大会準決勝(8月29日)~浜松球場レポート

<浜松球場・準決勝>
浜松商 7-1 浜名
掛川西 6-2 磐田東

 西部地区の準決勝は浜松商と掛川西が勝利。伝統同士が決勝で対戦することになりました! 

08311  第1試合は浜松商のエース・工藤遼太(2年)が1失点完投を飾りました。今大会、ここまで全イニングで登板している工藤。準々決勝までの30イニングで自責点0と抜群の安定感を見せています。武器は制球力。この試合も丁寧に低めを集め、「ここ」という場面ではズバッと内角を攻めて凡打の山を築きました。5回に今大会初の自責点を喫しましたが、「個人よりもチームが勝てばいい」と話す工藤。7回には相手打者の頭部に死球を当てるアクシデントのあと、動揺することなく、次打者を三振に。「勝てる投手」を印象づけました。「力はないチームだが、無駄な点をやらない野球ができた」と田川智博監督。工藤を中心に試合を重ねるごとにチーム力が上がってきています。

08312  続く第2試合は来秋のドラフト候補に挙がる掛川西の沢山優介(2年)が登板しました。いきなり先頭打者に先頭打者本塁打を浴びたものの、回を追うごとにエンジンがかかってきます。この日のマックスは浜松球場のスピードガン表示で140キロ。まるで鳥が羽ばたくような美しいフォームで魅了しました。「初回のあと修正できたことが良かった」という沢山。7回3分2を投げて11奪三振。4回には3者連続三振を奪ってチームに流れを持ってきました。真っすぐ一本でも打者を圧倒できるのがストロングポイント。攻めの姿勢を忘れずに、どんどん進化してほしいです!(編集部・栗山)

<写真上/工藤遼太(浜松商)>
<写真下/沢山優介(掛川西)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧