静岡県西部地区

2017年10月 9日 (月)

練習試合 常葉大橘vs湖西

★10月9日 練習試合 常葉大橘グランド 晴   

 チーム
常葉大橘 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2
湖西 0 0 1 2 0 0 0 0 × 3

 早くも来年の静岡ナンバーワン右腕の呼び声が高いのが湖西の最速142キロ右腕・水野喬日(2年/176cm74Kg)。編集部としては早い段階で情報を入手していたのですが、私こと編集部Hが生観戦したのは、遅ればせながら今秋の西部地区大会でした。フォームに強引なところはありつつも、球のキレ、伸び、そして今後の伸びしろの大きさに惚れて早1ヶ月。湖西はあと一歩のところで県大会出場を逃しましたが、最近の水野の成長が著しいとの噂を聞き、本日、県大会3位で2週間後には東海大会出場を控える常葉大橘との練習試合を観戦してきました。

10091_2 練習試合ということもあってか、先発マウンドに上がった水野に力みはない様子。しかし、ひとたび投球練習を始めると、強い腕の振りとしなりでキレキレのストレートをキャッチャーミットに突き刺します。序盤こそ変化球が浮く場面もありましたが、徐々に落ち着き、6回まで毎回奪三振。
   特に印象に残ったのが6回に常葉大橘の強打者・夏目大(2年)から奪った三振です。初回に、夏目に外角のストレートを捉えられ、レフトオーバーの二塁打を打たれていた水野は、第2打席では低めのストレートを4球、ほぼ同じコースに続けたもののストレートの四球。そこから6回の第3打席ではフルカウントから粘り負けずに高めストレートで空振り三振を奪い、この日一番の雄叫びを上げました。
 7回、8回は守備の乱れも影響し、1点ずつ奪われましたが、3点のリードを守り切り、9回を7安打2失点の11奪三振でチームを勝利に導きました。ただ好投しただけでなく、しっかり勝利したことが水野にとっても、湖西というチームにとっても、大きな自信を得ることにつながったと思います。また、常葉大橘にとっても、東海大会前の大事な時期に、いい経験となったのではないでしょうか。
 こうして書いてしまうと湖西が水野のワンマンチームのように思えてしまうかもしれませんが、そんなことはなく、4番を打つ捕手の外山敢大(2年)は強打の女房役で、攻守に小回りがきく遊撃手の渡邉凛多朗(2年)も目を引きます。本日、第2試合の菊川南陵戦で本塁打を放った三塁手の尾崎和哉(1年)も積極的に球際を攻める守備で、水野を守り立てました。
 来春、どんなチームに成長しているのか、大変楽しみなチームです。(編集部H)

<写真/県3位の常葉大橘相手に実力を発揮した水野喬日(湖西)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

秋の県大会、注目はこの選手②~野元優作(掛川東)

 09121西部地区準優勝で、県でも上位進出を狙う掛川東。注目は左腕エースの野元優作(170cm67Kg、左投左打)です。     

 野元の名前が県内に知れ渡ったのは今夏の県準々決勝でした。掛川東は初回に4点を失い、なおも無死三塁のピンチ。ここで緊急登板したのが野元でした。
 鋭い腕の振りから力強いボールを投げ込み、相手の日大三島打線を抑え込みます。2回に2点を失ったものの、3回以降は無失点に抑える好投を見せました。
 秋の西部大会では県大会出場をかけた準々決勝の湖西戦で先発。初回に3失点も、4回以降は無安打の快投で、逆転勝ちを呼び込ました。
 球速は、この1年間で一気に伸びて134キロをマーク。さらに、自信を持つのが「亜細亜ボール」と呼ばれる変化球です。近年、亜細亜大出身のプロの投手が同じようなボールを投げることから、そう命名されたという独特の沈む球。フォークとも、スプリットにも見えます。実際に投げている野元も、その落ち方が分からないと証言する魔球。湖西戦の一週間前に雑誌でその存在を知り、すぐに投げるとハマったとそうです。
 
 09122掛川東は県大会の初戦から準決勝まで浜松球場で試合を行います。「浜松球場はマウンドが硬くて、すごく投げやすくて好きなんです」という野元。一方、県で対戦したいと意気込むのは西部決勝で敗れた相手・常葉大菊川です。6回5失点でマウンドを降り、悔しさを味わいました。「決勝までいって、菊川と対戦して今度は勝ちたい」と、リベンジに燃えています!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

秋季西部地区大会8日目(8月26日)~磐田球場レポート

<磐田球場・準々決勝>
浜名 11 - 4 浜北西(8回コールド)
浜松商 6 - 3 浜松開誠館

 浜名と浜松商が勝利し、県大会出場を決めました。
08291 第1試合、浜名で目についたのは「3番ショート」の中村悠雅(2年)。3回に同点につながるライト前安打を放つと、4回には2死二三塁からレフトオーバーのタイムリー。左右両方向に打ち分けるミート力に加え、リストの強さを感じる選手でした。
 3回戦の磐田東戦でも、レフトスタンドに本塁打を放っている好打者ですが、夏の大会はベンチに入っていません。横山崇監督によると、ここにきて急成長している選手とのこと。本人も「ボールを引きつけて打てるようになっている」と手応えを掴んでいる様子でした。

08292_2 第2試合は浜松商が逆転で勝利。先発の小柳祐哉(2年)の後を受けてマウンドに上がったのは、エースナンバーをつけた望月勇哉(2年)でした。身長158センチと小柄ですが、本来は抜群の守備力を誇る遊撃手。それが、この秋は「抑え」として投げていると聞き、気になっていました。望月は6回から4イニングを1失点に抑える好投。さらに、打っては2本の二塁打で勝利に貢献しました。
 一方、浜松開誠館は打線の迫力に驚きました。1番から9番まで、全打者がフルスイング。打ち損じることなければ、スタンドまでもっていく凄みがあります。実際、この日は5番の島田隆聖(1年)と6番の北嶋颯(1年)が豪快な一発。2人とも1年生のスイングではありませんでした。(編集部・栗山)

<写真上/癖のないスイングが魅力の中村悠雅(浜名)>
<写真下/秋は投手としてチームを支える望月勇哉(浜松商)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

秋季西部地区大会7日目(8月23日)~掛川球場レポート

<掛川球場・敗者復活3回戦>
磐田東 13 - 5 掛川工(7回コールド)
菊川南陵 6 - 3 浜松市立

 第2試合は菊川南陵が3点差を逆転し、敗者復活4回戦に駒を進めました。
08231_2 菊川南陵は先発のグッドイヤー旭飛ウエスリー(2年)が初回から3回まで毎回1点ずつ失点。しかし、1年生左腕の白石善己が4回からマウンドが上がると、打線が中盤に逆転。白石は最後まで投げ切って無失点に抑えました。
 堂々とした投げっぷりでしたが、実は今日が公式戦初登板で立ち上がりは緊張したとのこと。決してスピードボールはありませんが、ストライクゾーンを広く使い、落ち着いて投げていました。中学時代は大阪・西成ボーイズに所属し、主戦として経験を積んできたという白石。どうすれば打者を簡単に抑えることができるかを知っているような投手でした。
 一方、浜松市立では、水谷裕士監督が「この秋に伸びてきている」という宮下卓(2年)が第2打席に右中間を破る二塁打。ショートの守備も安定感がありました。

 また、第1試合は磐田東が圧勝。背番号16をつけた永野竜成(2年)が先発。角度のあるストレートを生かして6回を3失点。7回は中村柚輝(2年)、吉岡大耀(2年)でつなぎました。今日は登板がありませんでしたが、エース格の今口颯真(2年)、最速137キロ右腕・森口千聡(2年)など、この秋も豊富な投手を揃える磐田東。数がいるだけでなく、個々の能力も高いです。
 掛川工では、「3番センター」の田村一成が2打席連続、レフトスタンドへ豪快な一撃。飛ばせるツボを持っているだけに、広陵・中村奨成のようなスケールの大きい右のスラッガーに育って欲しいです。(編集部・栗山) 

<写真/公式戦初登板ながら、好リリーフで勝利に貢献した白石善己(菊川南陵)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

秋季西部地区大会4日目(8月18日)~浜松球場レポート

<浜松球場・敗者復活1回戦>
新居 3 - 1 磐田農
浜松大平台 8 - 6 磐田南(延長11回)
浜松湖南 5 - 0 浜松日体

 この秋は湖西の水野喬日が140キロ超のストレートで話題となっていますが、近隣の浜松湖南にも楽しみな原石がいました。
08181_3 今日の浜松球場第3試合で2安打完封した河野俊介です。テークバックで腕が背中にグニャッと入り、そこからしならせてボールを投げ込む左腕。立ち上がりからコンスタントに浜松球場のスピードガンで120キロ台中盤をマーク。7回、相手の4番打者に内角低めで三振を奪うと、この日最速の130キロが表示されました。
 打たれたヒットは2回と9回と2本のみ。「今日はこれまで投げてきた中で一番良かった」と、打たせて取りながら、ここ一番では腕を力強く振って空振りも奪いました。
 浜松中央ボーイズ時代は外野手だったという河野。高校入学後に投手となり、この夏の県大会では先発も任されました。その夏の大会のパンフレットを見ると、身長171センチ体重54キロ。もう少し大きくなっているのではと思い、試合後、本人に確認すると「いま身長が伸びているところです」と教えてくれました。現在は174cm58キロ。まだまだ細くて華奢ですが、そこが魅力でもあります。
 山田忠監督は「普通この時期になると、ピッチャーのスピードは落ちるが、河野は上がってきている」と、まさに今が伸び盛りの様子。この冬のトレーニング次第では、130キロ台中盤くらいまでは上がりそうな気配があります。
 本人が目標とするのは県大会出場。まだまだ道のりは遠いのですが、今日のような投球ができれば、どんな相手でも、勝負になると思います。

 ちなみに、浜松湖南の次戦の相手は上村敏正新監督率いる聖隷クリストファー。浜松商元監督同士の対決となりました。山田監督は「できれば、やりたくなかったのですが…」と苦笑い。両チームのベンチワークも楽しみです!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート

<浜岡球場・勝ち抜き2回戦>
掛川西 7 - 3 掛川工
袋井商 3 - 1 聖隷クリストファー

 第1試合は掛川西が逆転勝利で、3回戦に駒を進めました。1点を追う4回、同点に追いついた後、1番・福田恭平(2年)の犠飛で勝ち越し。さらに木村幸靖監督が「この1本が大きかった」という2番・戸塚皓貴(2年)のレフト前2点タイムリーでリードを広げました。投げては先発の夏目太陽(2年)が6回まで2失点に抑え、7回から川合勇気(2年)が投げました。
 掛川西の次戦は常葉大菊川。注目のカードとなりました。

08141_4

 第2試合は、袋井商が聖隷クリストファーを下しました。勝利の立役者になったのは、エースの山本航大(2年)。回転数の多いストレートを武器に、8回まで無失点の快投。9回のピンチも、落ち着いてしのぎ、完投しました。小柄ですが、投げっぷりが良く、打者がとらえたと思った打球がことごとくつまっていました。それだけ、キレがあるのだと思います。また、打線は少ないチャンスを得点につなげるしぶとさがありました。
 一方、聖隷クリストファーは春夏通算8回甲子園出場の名将・上村敏正新監督の初采配。9回、代打・黒沢峻祐(1年)のタイムリーで1点を返し、なおも一打同点のチャンスを作る粘りを見せました。
 試合後、上村監督は「練習ではみんな緊張感を持ってやっている。自分たちで考えることができる野球を目指していきたい。伸びしろがある子ばかりですので、ここからです」とコメント。敗者復活戦に回りますが、どんな「上村マジック」が見られるのか、楽しみです。(編集部・栗山)

08142_7
<写真上/抜群の安定感で1失点完投の山本航大(袋井商)>
<写真下/掛川西の監督時代以来、約7年ぶりの公式戦での采配となった上村敏正監督(聖隷クリストファー)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦氏が小笠を訪問!

06221_2 昨日のスポーツ新聞の全国版でも紹介され、この夏、一気に注目株となった190センチ右腕・佐々木健(小笠)。その噂を聞きつけ、今日は流しのブルペンキャッチャーこと、安倍昌彦氏がブルペンでの投球を見守りました。
 全力投球ではありませんでしたが、指にかかった時には、角度あるストレートがキャッチャーミットに突き刺さりました。安倍氏は実際にボールを受けませんでしたが、時折、「ナイスボール」と声をかけ、「彼の持っている能力からすれば、今発揮できているのは30パーセント程度。夏の大会が終わってから、秋から冬にかけても伸びる可能性が高い。その時には彼のボールを受けてみたい」と評価していました。
 いよいよ、今週末に夏の大会の抽選会が行なわれます。投げ終わったあと、佐々木に「対戦したいチームは?」と尋ねると「静高です。やっぱり一番強いチームだと思うので、どこまで通用するのか投げてみたい」と、気持ちが昂っている様子。この夏、どんな覚醒を見せるのか、楽しみです!

06222 安倍氏が、もう一人目をつけたのが、遊撃手の竹田有良。レギュラーではありませんが、キャッチボールやボール回しでの足運び、腕の使い方を見て、「もし自分が大学のスカウトなら、この選手が欲しい。ピッチャーで面白いのでは」と話していました。その後、実際にブルペンに入ると、ゆったりとしたフォームからベース上で伸びる独特のボールを投げ込みました。受けていたキャッチャーの松永彪も「キレが凄い」と、目を丸くしていたほど。高校に入ってから、投手経験はないそうですが、もしかしたら、小笠の秘密兵器になるかもしれない選手です。(編集部・栗山)

<写真上/佐々木健(左)の投球を見守った安倍昌彦氏(右)>
<写真下/スリークオーターの角度からキレのあるストレートを投げ込んだ竹田有良>

※小笠・佐々木健については、現在発売中の「静岡高校野球2017直前号」で詳しく紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

定期戦 常葉大菊川vs常葉大橘

★6月8日 常葉大学付属高校野球定期戦2017 草薙球場 雨   

 チーム
常葉大菊川 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
常葉大橘 1 0 0 0 1 0 0 1 × 3

(菊)安井、榛村-根来
(橘)鈴木楓-夏目

▽二塁打=鈴木楓(橘)
▽三塁打=紅林、佐藤、加部(橘)
▽本塁打=奈良間、藤原(菊)

 昨日は常葉大菊川と常葉大橘の定期戦を見てきました。注目は腰の故障で春の大会の登板を見送っていた鈴木楓の状態でした。
 初回、いきなり、1番・奈良間大己に先頭打者本塁打を浴びましたが、その後はキレのあるストレートとチェンアップを武器に、要所を締めたピッチング。徐々にテンポも良くなり、最後まで投げ抜きました。今年に入って、完投したのはこの試合が初めてだとのこと。試合後、「今日の定期戦に合わせて調整してきました。不安はもうあり06081ません」と力強いコメントを残してくれました。
 球速は133キロ止まりで、まだまだ調整段階だと思いますが、鈴木楓がマウンドに上がると、やっぱりチーム全体が引き締まります。
 打線では「2番センター」の佐藤大輔が良かったです。初回に犠飛、5回には左中間を破る三塁打を放ち、次打者の外野フライで生還と2得点に絡む活躍。バットが内から素直に出て、スイングがきれい。足も速く、今後が楽しみな2年生です。
 一方、昨年はこの定期戦での大勝をきっかけに、一気に甲子園まで登りつめた常葉大菊川。今年は1点差で敗れましたが、収穫もありました。
06082 驚いたのは6回を投げて2失点と役割を果たした安井龍の投球フォームです。数試合前から腕を下げていたそうで、これがピタリとはまっています。腕の位置はスリークオーターとサイドの中間あたり。上半身と下半身がマッチするようになり、低めにコントロールできる制球力を身につけました。スピードも最速で135キロをマーク。横滑りのスライダーもキレて、これまでとは違うピッチャーに変身していました。
 また、2番手の左腕・榛村大吾もしっかりと腕が振れていました。この日、エースの漢人友也は未登板でしたが、安井、榛村が調子を上げているのは、2年連続の甲子園を目指す常葉大菊川にとっては大きいでしょう。(編集部・栗山) 

<写真上/2得点に絡む活躍を見せた佐藤大輔(常葉大橘)>
<写真下/腕の位置を下げ、安定感が増した安井龍(常葉大菊川)>   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

定期戦 浜松商vs浜松工

★6月3日 第27回浜商浜工野球定期戦 浜松球場 晴   

 チーム
浜松工 0 0 0 2 1 0 1 1 0 5
浜松商 0 0 0 0 0 2 1 0 5 8

(工)横山、西川-長谷川
(商)河野、宮本、青野、中山陣、増田-宮野晃、鈴木悠

06051_2<最優秀選手賞>加藤魁星(浜松商)
<優秀賞>伴雄太(浜松商)
<敢闘賞>岡武輝(浜松工)

 浜松商が4年ぶりに浜松工との定期戦で勝利しました。2点を追う9回裏、2死無走者から満塁のチャンスを作ると、5番・加藤魁星の放った打球はレフトスタンドへ。劇的な満塁サヨナラ本塁打となりました。加藤は「ここ最近、打撃の状態は良かった。みんなが、つないでくれたので何とか打ちたかった」と喜びの表情。浜松商にとっては、夏の大会に向けて弾みがつく、大きな勝利になりました。
06052 一方の浜松工は先発の横山拓海が6回を2失点に抑える好投。角度のあるストレートと縦のスライダーが良かったです。昨秋と今春は県大会を逃した浜松工ですが、打線の力はあるだけに、この横山がしっかり投げることができれば、夏は上位進出も期待できると思います。

 また、午前中に行われた新人戦は5対1で浜松商が勝利。「今年の浜商の1年生はいい」と聞いていましたが、その噂通りの実力を持った選手ばかりでした。先発の瀬戸口優太は完投勝利。体全体を使うバランスのいいフォームで投げっぷりもいいです。野手では「1番セカンド」の藤本匠哉が4安打の活躍。シャープなスイングに加え、守っても前の打球に対するスタートとグラブさばきが良く、今後が楽しみです。浜松工では「4番センター」の塩﨑栄多が気になりました。181センチの大柄で、足もあります。走攻守の三拍子が揃った選手に成長して欲しいです。(編集部・栗山)

<写真上/サヨナラ満塁本塁打を放ち、最優秀選手賞を獲得した加藤魁星(浜松商)>
<写真下/安定感のある横山拓海(浜松工)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

練習試合 菊川南陵vs清流館

★5月3日 練習試合 菊川南陵グランド 晴   

 チーム
清流館 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
菊川南陵 0 0 0 2 0 2 0 0 × 4

 今日は県大会準々決勝がありましたが、菊川南陵のグランドに行ってきました。
 菊川南陵は昨秋は県大会を逃し、今春は初戦敗退。それでも、選手個々のポテンシャルなら、今回、県ベスト8に残ったチームと遜色がないと感じました。
 エース・村田凌基(180cm72Kg、右投右打)は130キロ台中盤のストレートを投げ込む速球派で、キャッチャーも今年の県内でトップクラスの強肩・大津留瑠基(173cm69Kg、右投右打)。ショートの池坊建心(172cm69Kg、右投左打)はスイングが速く、守備もうまい。去年から下級生主体のチームだっただけに、力があるのは当然と言えば当然ですが、シートノックを見て、「なんだこれ!」と驚くレベルの高さでした。
05031 試合前、坂口明彦監督が「夏は何か一つ噛み合えば、一気に頂点まで行く可能性がある」とおっしゃっていましたが、その言葉も大げさに聞こえませんでした。

 将来性なら、途中から登板した2年生のグッドイヤー旭飛ウエスリー(183cm66Kg、右投右打)でしょう。父親はイギリス人で、小さい頃は俳優としても活躍。東京出身の選手で中学時代から注目投手だったと聞きます。
 立ち姿が、いかにも本格派のスタイル。マウンドに上がると、フォームのバランスが良く、肩・ヒジも抜群に柔らかいです。現状、05032_2球速は120キロ前半ですが、想像できない伸びしろの大きさがあります。独特もキレのいいカーブも魅力。来年の今頃、どこまでスケールアップできているのか楽しみです。

 一方、清流館では、左腕の増田凌典(175cm60Kg、左投左打)が完投。腕が少し遅れて出てタイミングが取りづらく、変化球もまとまっています。真上から投げ下ろすので角度も十分。振り回してくるチームはハマってしまいそうなタイプだと思いました。(編集部・栗山)

<写真上/今年の秋以降が楽しみなグッドイヤー旭飛ウエスリー(菊川南陵)>
<写真下/春は常葉大橘打線を5点に抑えた増田凌典(清流館)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧