静岡県西部地区

2021年11月15日 (月)

浜松市内大会は浜松学院が初優勝!

 「浜松地区から甲子園に」を合言葉に2017年から開催されている浜松市内大会。今秋は聖隷クリストファーが東海大会準優勝、浜松西が県ベスト4進出と、真剣勝負の浜松市内大会が実を結びつつあります。
 そして、5回目となる今年は13日に浜松球場で準決勝と決勝が行われ、浜松学院が初優勝を飾りました。

11151

<準決勝>
浜松工 10-9 浜松市立(延長12回タイブレーク)
浜松学院 7-2 浜松開誠館

<決勝>
浜松学院 3-2 浜松工(延長10回タイブレーク)

 決勝戦は浜松学院が初回に1点を先制すると、直後の2回に浜松工が同点に追いつきます。浜松工は先発の服部海(2年)が好投。バランスのいいフォームから投げ込むキレのあるストレートと緩いカーブとのコンビネーションで5回まで1失点に抑えます。すると、直後の6回に1点を勝ち越し。その後も服部の好投が続いて2対1で試合は終盤に突入します。しかし、ここから浜松学院が粘りを発揮します。9回裏に2死から同点に。タイブレークとなった10回表を無失点に守り切ると、その裏、相手のミスでサヨナラ勝ちを飾りました。
 今大会、浜松学院は浜松城北工、浜松商、浜松開誠館、浜松工と全て秋の県大会に出場したチーム相手に勝利。吉田道監督は「自信にしてほしい」と目を細めていました。

11152  この試合、浜松学院の流れを作ったのが2番手でマウンドに上がった加茂昇真(1年)。「平塚ボーイズ」では4番手投手だったそうですが、高校入学後、投手出身の吉田道監督の下で急成長。重いストレートが魅力で、135キロまで球速が上がっているそうです。5回からマウンドに上がり、計6イニングを無失点の好投。「絶対に抑えてやろうと思ってマウンドに立った」と気迫が出ていました。夢はプロ野球選手。そのために来夏までに140キロ、3年夏には145キロを出したいという目標を持っているとのことです。準決勝で登板した身長181センチの大型左腕・椿庵(1年)とともに、今後も注目していきたいです。
 また、バッテリーを組む山田笑誠(2年)も目を引きました。とにかく肩が強く、体全体の馬力がハンパないです。準決勝の浜松開誠館戦では何度も盗塁を防止する鉄砲肩を披露し、座ったまま一塁送球も見せました。吉田監督も「今まで指導してきた中で肩の強さはナンバーワン」と断言する逸材。ぜひ、上のレベルに挑戦してほしい選手です!(編集部・栗山)

<写真上/初優勝を喜ぶ浜松学院の選手たち>
<写真下/決勝で好投した加茂昇真(浜松学院)>

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

愛工大名電の島田和明(浜松ボーイズ出身)が凱旋登板!

11101_20211110093001   11月6日は「湖西ベースボールフェスタ2021」を取材しました。
 この日の招待チームは愛工大名電(愛知)。今夏の甲子園出場チームです。秋は愛知県大会の3回戦で中京大中京に敗れるも、実力は全国クラス。この日は浜松商、湖西相手にコールド勝ちを飾り、湖西球場にかけつけた野球ファンにレベルの高い野球を見せてくれました。その中で、「浜松ボーイズ」出身の島田和明(1年)が2試合目の5回から登板。最初の打者からいきなり三振を奪うと、6回は三者連続三振をマーク。投げっぷりのいい投球で3回を1失点に抑えました。「中学のときより、真っすぐのキレが伸びています」と島田。球速は137キロまで上がってきているそうで、「来年は公式戦で投げたい」と話してくれました。
11102  その島田から、本塁打を放ったのが湖西の5番打者・玉城琉聖(2年)。1打席目はセンターフライに終わったのですが、タイミングの取り方が上手く、インパクトに強さがあっただけに、その後の打席も注目していました。そして7回、島田のストレートをとらえると、打球は左中間のフェンスを越えていきました。高校通算10本目の本塁打。「強いチームから打てて自信になった」と笑顔。180センチ79キロという堂々とした体格にパワーだけでなく、ハンドリングの柔らかさもある強打者です。本人は「来年の夏までに20本くらいホームランを打ちたい」と言っていましたが、もっともっと可能性はあると思います。さらなる飛躍を期待しています!(編集部・栗山)

<写真上/凱旋登板を飾った島田和明(愛工大名電)>
<写真下/一矢を報いる本塁打を放った玉城琉聖(湖西)>

| | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

中遠大会は掛川西が優勝!

 10月30日に中遠大会の準決勝、決勝が磐田球場で行われ、掛川西が優勝しました。

11021_20211102134601


<準決勝>
掛川西 11-9 磐田東
袋井 8-1 磐田農(7回コールド)

<決勝>
掛川西 7-6 袋井

11022_20211102141501  掛川西は準決勝で身長184センチの大型右腕・山本柊太が先発しました。秋季大会の準々決勝、日大三島戦では9回2死からサヨナラ負け。あの悔しさから約1カ月。24日の中遠大会では常葉大菊川相手に1失点完投したということで、楽しみにしていました。
 この日は試合開始直後から雨が降る悪コンディション。そんな中でも、きっちりとゲームを作った姿に成長を感じました。大石卓哉監督も「この状況の中でよく投げた」と評価。長いリーチがぶっ飛びそうなくらいによく振れ、指にかかったときは痺れる球が低めに決まっていました。この一カ月間で下半身を中心に体が一人周り多くなり、マウンド上で雰囲気も出てきた印象。投げれば投げるほど、洗練されてきている感じです。
 また、決勝戦は1年生の黒羽豊が6回途中まで1失点の好投。その後、袋井の追い上げにあいましたが、最後は杉山唯が締めました。
 また、準優勝の袋井は準決勝で4番・髙橋倭都がレフトスタンドへ本塁打、決勝では中谷圭汰がライトスタンドへ先頭打者本塁打を放つなど打線が活発でした。(編集部・栗山)

<写真上/表彰状を受け取る河原﨑琉衣主将(掛川西)>
<写真下/準決勝で好投した山本柊太(掛川西)>

| | コメント (1)

2021年10月31日 (日)

招待試合 浜松工vs常葉大菊川

10312  昨日は浜松工の文化祭へ。常葉大菊川を迎えた招待試合を見てきました。
 両校は秋の西部大会初戦でいきなり対決し、浜松工が勝利(10対8)していました。その試合で完投した細窪優良がこの日も先発。4回にエラー絡みで得点を許しましたが、それ以外はほぼ完璧に抑え、6回3失点にまとめました。矢部真吾監督によると、秋の大会後、球速が上がっているそうで、数日前の浜松球場で行われた試合で137キロをマーク。ストレートの走りが良くなり、武器の縦の変化がより生きるようになってきている印象でした。
 10311_20211031065701 打線では2番・神田丈一郎が本塁打を含む5打数5安打をマーク、3番・金子伸一も本塁打を放つなど、ポテンシャルの高さを発揮。粘る常葉大菊川を振り切って、10対6で勝利しました。
 秋は優勝候補に挙げられながらも、3回戦で聖隷クリストファーに敗退した浜松工。その後、主将の金子を中心に練習から「自分たちで考える」ということをテーマに取り組んでいるそうです。本来だったら、この日は東海大会で戦っていてもおかしくないタレント集団。来年に向けてどう進化してくるのか、注目していていきたいです。
 一方の常葉大菊川では、2試合目の先発として登板した大型左腕・鈴木綾真が気になった存在。身長は中学時代の182センチからさらに伸びている感じ。まだまだ体の線が細く、球速自体はありませんが、体の柔らかさが魅力。高校で完成するタイプではないかもしれませんが、上のレベルで大化けに期待したいです。(編集部・栗山)

<写真上/好投した細窪優良(浜松工)>
<写真下/5安打をマークした神田丈一郎(浜松工)>

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

秋季西部地区大会6日目(9月7日)~磐田球場レポート

 秋季高校野球西部大会の敗者復活戦が本日ナイターで行われました。磐田球場では浜松北と掛川東が対戦。掛川東が5回コールド(16対2)で勝利し、県大会出場を決めました。
 
09071  この秋から本格的に投手を始めた掛川東の宇田篤史が投打で存在感を示しました。初回は制球に苦しんで2失点も、2回以降は最速134キロの力強いストレートを武器に相手打線を圧倒します。打っても3打数3安打4打点をマークし、勝利に貢献。8番打者ですが、打席での雰囲気が良く、スイングに柔らかさがありました。身長180センチの堂々とした体格の持ち主。世古雄馬監督は「経験を積んでいけば、楽しみな選手」と期待を寄せていました。
 一方の浜松北は佐藤泰一が今大会初先発。過去2試合はリリーフで好投を見せていました。今日は立ち上がりの2回を1失点に切り抜けましたが、3回に4安打を浴びて降板。まだ1年生。持ち味の打者を巧みにかわす頭脳的な投球を突き詰めてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真/宇田篤史(掛川東)>

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

秋季西部地区大会5日目(9月5日)~掛川球場レポート

 秋季高校野球は西部地区の2校を除き、県大会出場チームが出揃いました。
 
<東部>
加藤学園/富士宮東/桐陽/韮山/沼津東/日大三島/御殿場西/伊東商/吉原/誠恵/三島南/三島北

<中部>
静岡大成/東海大静岡翔洋/城南静岡/静岡商/常葉大橘/清水東/藤枝北/静岡市立/榛原/島田/科学技術/静岡東/静岡 

<西部>
浜松工/浜松開誠館/浜松城北工/掛川西/浜松日体/聖隷クリストファー/磐田東/浜松市立/浜松西/浜松商(残り2チームの敗者復活戦は7日に行われる予定)

09051  今日の掛川球場では、浜松商が浜松修学舎を7対0(8回コールド)で下し、5年連続52回目の県大会出場を決めました。
 初回、無死満塁のピンチを切り抜けると、3回に3番・豊田智也のタイムリーなどで3点を先制。4回にも、豊田のタイムリーなどで3点を追加しました。そして8回には途中出場の南達也が「絶対に自分で決めてやろうと思った」と、タイムリー三塁打を放ち、コールド勝ちを決めました。
 前日は浜松城北工と対戦し、延長の末にサヨナラ負け。この秋、就任した高岸佳宏監督は「今日は全員が集中して一つになれた」と切り替えて試合に臨んだ選手たちを称賛し、「今の浜商のカラーを出して県大会を戦っていきたい」と先を見据えていました。新生・浜松商は打撃に力を注ぎ、選手たちの元気の良さも特徴。県大会での戦いも注目です。

09052  また、今日の第1試合で敗れて県大会出場を逃しましたが、浜松湖東の河野光希は将来が楽しみな右腕でした。腕が長く、鋭く振れるのが魅力。181センチの長身からスピンのきいたストレートを投げ込んでいました。まだまだ体の線が細く、中盤以降はスタミナが切れている感じもありましたが、筋肉量の増加とともに勝手に球速が上がるタイプだと見ました。
 開成中時代は外野手。高校から投手を始めたとのこと。秋と冬のテーマに「球速アップ」を掲げていくそうで、現在の120キロ中盤からどこまで伸びていくのか。来年の春から夏を楽しみに待ちたいと思わせる原石でした!(編集部・栗山)

<写真/上から豊田智也(浜松商)、河野光希(浜松湖東)>

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

秋季西部地区大会2日目(8月25日)~掛川球場レポート

<掛川球場・2回戦>
浜松工 4-0 横須賀
浜松西 111 浜松南 (6回コールド)

08251  初戦で常葉大菊川を破った浜松工。今日は左腕・太田涼介が今大会初登板しました。「夏の経験を生かして緊張することなく、低めの球で打たせてとることができた」と、鋭いスライダーを武器に被安打2で完封勝利。この1カ月間で体重が2~3キロアップしたそうで、その分、球威も上がってきている印象でした。甲子園大会の様子もテレビで常にチェックしている様子。同じ左投手の北海・木村大成を参考に、力任せではなく、ストレートと変化球の使い分けができる投手になってきています。
 今夏は4回戦の東海大静岡翔洋との一戦で先発を任されるも、5回途中降板でチームは敗退。秋にかける思いは強く、「センバツを狙っていきたい」と力強く話してくれました。

08252  第2試合は浜松西が初回から毎回得点。計11点を挙げて、6回コールド勝ちを飾りました。1番打者として2安打を放った主将の伊藤聡汰は「フルスイングなど練習してきたことが出せた」と語り、県大会出場切符をかけた次戦に向けて、「西高らしい野球ができるようにもう一回やれることを
やっていきたい」と気を引き締めていました。
 近年、毎年のように強力打線を形成する浜松西ですが、今年は投手陣も充実しています。今日は先発の林拓実から吉田龍之佑につなぐ完封リレー。さらに、最速141キロ右腕の牧野龍之介も控えています。投打がハイレベルで「東海大会優勝」という目標を掲げる浜松西。今後の戦いぶりが楽しみです。(編集部・栗山)

<写真/上から太田涼介(浜松工)、伊藤聡汰(浜松西)>

| | コメント (0)

2021年7月16日 (金)

掛川東の好右腕・見目大弥が加藤学園打線に挑む!

 夏の静岡大会は明日から再開。いよいよシード校が登場します。注目カードが目白押しの2回戦ですが、個人的に楽しみなのが加藤学園と掛川東の対戦です。

07161_20210716101601 今年の掛川といえば、掛川西の沢山優介、榊原遼太郎の2人が真っ先に名前が挙がりますが、お隣の掛川東にも好投手がいます。初戦で昨夏県準優勝の浜松開誠館を完封した見目大弥(178cm75kg、右投右打)です。
 掛川北中時代は小笠選抜の中心選手として投打で活躍。県優勝に貢献しています。高校入学後は2年秋からエースに。130キロ台中盤のストレートに精度の高い変化球を武器に、今春の西部大会では常葉大菊川相手に完投勝利。その後、夏直前の練習試合では打ち込まれることもあったそうですが、初戦に間に合わせ、「ストレートと変化球をコーナーに投げ分けることができ、三振を取りたいところで取ることができた」と快投を振り返ります。
 2回戦の相手は県屈指の強力打線を誇る第5シードの加藤学園。昨秋の練習試合では植田颯斗、佐野陸斗に本塁打を浴び、1対3で負けている相手です。「やっぱりリベンジしたい思いは強いです」。この一週間は疲労をとりながら、状態を上げている見目。「甲子園で1勝する」という目標を叶えるため、加藤学園戦も全力で腕を振り抜きます。(編集部・栗山)

<写真/シード校に挑む好右腕の見目大弥(掛川東)>

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

袋井・後藤駿介、完全復活で夏へ!

 いよいよ開幕まであと3日。昨日は、浜岡球場で行われた袋井と小笠の練習試合を取材しました。

07081_20210708095801  今大会、注目左腕の一人、袋井の後藤駿介(3年)は3回を投げてパーフェクトに抑えました。「三振にこだわらず、打たせてとる投球を意識した」と、丁寧な投球。持ち味の「インズバ」も決まっていました。
 春の大会は左肩の違和感で登板回避。ゴールデンウイーク中に練習試合を見た際は、まだまだ状態が上がっていない様子でした。その後、5月中旬から練習試合ができなくなり、ブルペンでフォームをじっくりと見直したとのこと。力任せではなく、脱力感のある投げ方を手にしたそうです。6月27日の島田商との練習試合では5回を無安打に抑え、4奪三振。試合後、組み合わせ抽選会の席で荒浪和彦監督も「やっと戻ってきた」と嬉しそうな笑顔で話してくれていました。
 初戦は10日、相手は下田です。「強気なピッチングをして、チームに勢いをつけていきたい」という後藤。夏は完全復活した左腕から目が離せないです。
  
07082  袋井の打線では「1番ショート」の堀川悠吏(3年)が3打数2安打で、上々の仕上がりをアピールをしました。6月12日に練習試合が再開されましたが、わずか1カ月で7本塁打と絶好調。現在高校通算35本塁打は、今年の県内でトップクラスです。「逆方向にもホームランが出るようになってきた」という堀川。身長180センチとサイズもある遊撃手だけに、夏の大会で一気に名前が広まりそうです。

 一方の小笠では、「3番ファースト」の高岡勇翔(3年)が9回にライトオーバーの二塁打を放ちます。リストが柔らかくて、内角をきれいにさばいていました。夏の活躍が楽しみです。(編集部・栗山)

<写真上から後藤駿介、堀川悠吏(ともに袋井)>

=========================

 現在発売中に「静岡高校野球2021夏直前号」では袋井の後藤のインタビュー記事を掲載しています。そちらも一緒に読んでいただけると嬉しいです。
 また、今回の「静岡高校野球2021夏直前号」で1つ訂正があります。裏表紙に掲載している「あの選手がどこへ? 昨夏静岡を盛り上げた選手たちの進路リスト」で、袋井・小久保寛汰の進路先は「星城大」ではなく「成城大」でした。関係者の皆様、読者の皆様にはご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

春季西部地区大会準々決勝(3月28日)~磐田球場レポート

<浜岡球場・準々決勝
掛川西 2 -0 浜松工
浜松商 4-3 浜松開誠館(延長10回)

03291_20210329063001  プロ8球団10人のスカウトが集結した磐田球場の第1試合。掛川西の注目左腕・沢山優介(3年)は7回からマウンドへ。打者10人対し、5三振を奪う圧巻の投球。昨年秋に比べ、明らかにスケールアップしている感がありました。
 先発した榊原遼太郎(3年)も負けていません。6回を3安打無失点に抑える快投。ストレート、変化球ともにキレキレで、しかもコントロールが抜群に良く無四球。浜松工打線につけ入るスキを与えませんでした。
 一方の浜松工は捕手・清水翔和(3年)の強肩に驚きました。フットワークも軽快で、今年の県内でトップクラスの捕手だと見ました。

 続く、第2試合は接戦となります。浜松商が前半に3点を先制すると、エースの工藤遼太(3年)が「いけるところまで全力でいこうと思った」と強打の浜松開誠館を5回まで1安打に抑えます。一方の浜松開誠館は終盤に工藤をとらえ、8回に4連打で同点に追いつきます。延長戦に突入すると浜松商が10回表に、ここまで力投した工藤が自らスクイズを決めて勝ち越しに成功。その裏は篠原大空(3年)が締めて昨秋に続いて準決勝進出を決めました。
 「チームとして成長を感じた試合だった」と浜松商の田川智博監督。派手さはありませんが、堅い守備と機動力を発揮し、往年の浜松商を思い出させるようなチーム一丸での勝利でした。(編集部・栗山)

<写真/先発で6回を無失点に抑えた榊原遼太郎(掛川西)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧