大学野球

2022年6月29日 (水)

練習試合 静岡大vs静清

  昨日は焼津球場で行われた静清と静岡大の練習試合を見てきました。
06291 静清はエースの久保陸弥が順調な仕上がりをアピールしました。格上の静岡大打線相手に4回2安打無失点の好投。「後ろに信頼できる投手がいるので、とにかく自分は全力で飛ばして試合を作るを考えています」と、昨日も立ち上がりからエンジン全開。力強いストレートで静岡大の打者のバットを折る場面もありました。
  春の大会では、県ベスト4進出に貢献した久保。しかし、スイングした際に左股関節を負傷。準決勝と3位決定戦は欠場しました。その後、順調に回復し、5月下旬の復帰戦では自己最速の141キロをマークしていました。故障の治療中にフォームを微調整したとのこと。踏み出しをインステップ気味にし、腕の位置を変幻自在に変えることで、ストレートの走りが良くなり、武器のスライダーのキレが増している様子でした。
 「夏の目標は甲子園優勝です」と力強く話す久保。186センチの大型右腕がこの夏の主役となったとき、静清の2011年春以来の甲子園出場が見えてきそうです。

06292  野手で気になったのは途中出場の武井銀士。静岡裾野シニア出身の注目1年生です。入学後、すでに4本塁打をマーク。試合前、長田仁志監督は「久しぶりにああいう打球を見た」と驚いていました。この日の第1打席。初球を強振するとファウルになりましたが、その滞空時間が凄かったです。レフト方向に高々と上がり、なかなか球が落ちてきません。長田監督が「ああいう打球」といった意味がわかりました。このパワーと角度は、誰もが持っているものではありません。彼が3年生になったとき、どんなスラッガーになっているのか、楽しみです!
 
 06293一方の静岡大は、静岡高出身で昨夏の甲子園を経験した1年生・永島周が出場。「1番ショート」で溌剌とした動きを見せてくれました。来年はレギュラーを脅かす存在になってほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真/上から久保陸弥、武井銀士(ともに静清)、永島周(静岡大)>

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

東都2部選抜チームに県勢5人が参加!

 東都大学野球連盟2部選抜チームと社会人野球チームとの交流試合が昨日、大田スタジアムが開催されました。県内関連は以下の5選手が出場しました。
★東京農業大・加部郁哉(4年・常葉大橘出身)
★国士舘大・中村隆一(3年・御殿場西出身)
★専修大・夏目大(4年・常葉大橘出身)
★国士舘大・根来龍真(4年・常葉大菊川出身)
★立正大・奈良間大己(4年・常葉大菊川出身)

06271_20220627112001
東都で活躍する常葉大橘出身コンビ。専修大・夏目大(左)と東京農業大・加部郁哉(右)

 第1試合、トヨタ自動車相手に夏目大が「6番キャッチャー」で先発しました。今春は開幕週の立正大戦で左手を骨折。その後のリーグ戦には出場することができず。手術とリハビリを経て、昨日が復帰戦となりました。
 守備面では、まだ本調子とはいかないようでしたが、それでも、普段組むことのない投手陣を必死にリード。打撃は第1打席にライナー性の打球をライト方向に。アウトになりましたが、強いスイングで復調をアピールしてくれました。完全復活した秋が楽しみです!
 その夏目と常葉大橘でチームメートだった加部郁哉は第2試合(対NTT東日本)の7回にマウンドへ。1点は失ったものの、堂々とした投球を見せてくれました。高校時代は内野手として活躍した加部。大学入学後、投手を兼任し、最速143キロをマークするまで成長しました。上半身と下半身がマッチしたバランスのいいフォームが印象に残りました。

06272_20220627113001
2部選抜の主将を務めた立正大・奈良間大己。「秋は春以上の成績を目標にしていく」と意気込む

 そして今回、2部選抜チームの主将を務めたのが奈良間大己。第2試合の「1番ショート」で出場し、2四球を選んで出塁しました。今月18日からの侍ジャパン大学代表合宿に参加しましたが、最終的には代表には選ばれず、「自分の力不足。悔しい」と奈良間。昨日は社会人チームと対戦し、あらためて「振る力」の違いを感じたとのこと。「総合的にもう一段階レベルアップしていきたい」と、勝負の秋に向けて目をぎらつかせていました。(編集部・栗山)

 

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

皇學館大の小林&山澤(清水桜が丘出身)に会ってきました!

 2年前の夏。新型コロナウイルスの影響で甲子園がなくなり、夏は代替大会という形で開催されました。
 当時、高校3年生だった球児は今、どうしているのか。無性に知りたくなり、三重県の皇學館大に伺ってきました。

06211_20220621051601

 今回、僕が会いに行ったのは清水桜が丘出身の小林亮太山澤元輝。ともに、1年秋に東海大会に出場し、皇學館大がホームグランドとするダイムスタジアム伊勢でプレーした経験を持ちます。この日もダイムスタジアム伊勢を借りての練習。球場横にそびえ立つ沢村栄治、西村幸生の銅像を眺めながら球場内に入ると、すでに練習が始まっていました。

 まず、シートノックで目に飛び込んできたのは遊撃手の小林。大学入学後、1年春からベンチ入り。「守備の確実性が増しました。高校のときよりも送球も良くなっていると思います」。現在、安定した守備力を武器にレギュラーを狙える位置にいます。1年春、2年春ともにチームは東海地区大学選手権に出場するも、あと一歩のところで全国大会出場ならず。「2年連続、目の前で相手が喜んでいる姿を見て悔しかったです」。今は課題に挙げる打撃向上に励んでいるところです。小林は教員志望ということですが、社会人野球などの上のレベルで勝負したいという気持ちも芽生えているとか。まずは、この秋、レギュラーをつかみ、来年につなげてほしいと思います。
 清水桜が丘時代は1番打者として活躍した山澤も頑張っていました。高校卒業後は野球を続けるか迷っていたそうですが、曲田雄三監督(現静岡商監督)からの後押しもあり、皇學館大に入学。まだベンチ入りこそありませんが、森本進監督は「バッティングは面白いものがある」と期待を寄せています。「大学のピッチャーのレベルは高いですが、ミスショットを減らして秋は試合に出たいです」。持ち味のパンチ力を生かし、悔いのない大学生活を送ってほしいです。期待しています!(編集部・栗山)

<写真/左から山澤元輝、小林亮太(ともに皇學館大)>

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

【全日本大学選手権】静岡大、収穫の初戦敗退

 8年ぶり3度の全日本大学選手権大会に出場した静岡大。初日の第1試合で東日本国際大と対戦しました。

★6月6日 全日本大学野球選手権大会1回戦 東京ドーム

  チーム 7 8
静岡大 0 0 0 2 0 0 0 1 3
東日本国際大 2 4 0 0 0 0 1 3 10 

<8回コールド>

(静)吉田、藤原、速水、吉川、加藤、小林-安竹、竹田耕
(東)大山、竹田-成田

▽二塁打=内田(静)
▽三塁打=荒井(静)
▽本塁打=竹田龍(静)、小林、佐々木、上崎(東)

06061

  静岡大は初回に2本塁打を浴びて先制を許すと、2回に4失点。序盤で6点ビハインドという苦しいスタートとなります。
 それでも、4回に安竹俊喜内田一希のタイムリーで2点を返すと、3回からマウンドに上がった3番手・速水龍太が好投。4点差で終盤に突入します。
06062   7回にソロ本塁打を浴びますが、直後の8回、5番・竹田龍平がレフトスタンドに豪快な本塁打。粘り強く食らいついていきます。しかし、反撃はそこまで。その裏、3点を失ってコールドゲームが成立しました。
「打つべき人が打って、守るべき人が守って、静大の野球は見せることができた」と主将の永井結登。打撃は相手の好投手から二桁の10安打を記録。十分に通用することを証明しました。秋にもう一度、全国の舞台に戻り、今度は勝つために、さらに「静大野球」を進化していってほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/初戦で敗れた静岡大の選手たち>
<写真下/8回に本塁打を放った竹田龍平(静岡大)>

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

静岡大が全日本大学選手権出場を決める!

 静岡大が8年ぶり3度となる全日本大学野球選手権大会への出場を決めました!

東海地区大学野球春季選手権大会>

静岡大 5-0 皇學館大
皇學館大 2-1 中京学院大(延長10回タイブレーク)
静岡大 2ー1 中京学院大

05221

05222  東海地区大学野球春季選手権大会に静岡代表として出場した静岡大。第1試合の皇學館大(三重)戦は速水龍太(4年)が完封を飾り、5対0で勝利します。
 そして、勝てば全国大会出場が決まる第3試合では中京学院大(岐阜)と対戦。来年のドラフト候補に挙がる赤塚健利(掛川シニア出身/3年)に対し、初回に3番・佐藤啓介(3年)のセンター前タイムリーで先制します。さらに5回には1番・内田一希(4年) のタイムリーでリードを2点に広げます。
 投げては先発の加藤翔太(4年) が好投を見せます。相手の赤塚が草薙球場のスピードガンで150キロを連発する中、加藤のストレートは120キロ前後。それでも、「打たせてとることを意識した」と、ツーシームを巧みに使いながら中京学院大の強打者たちのタイミングを微妙にずらしていきます。
 淡々と凡打の山を築き、気づけば終盤に。迎えた9回、最後の打者を三振にきってとると、大きくガッツポーズを作り、捕手の安竹俊喜(2年)と抱擁を交わしました。
今春のリーグ戦で最優秀投手賞を獲得したエース・吉田哉太がこの日は教育実習の関係で不在。加藤は「吉田のお陰でこの東海大会に出場することができた。吉田を全国で投げさせたいという気持ちだけだった」と恩返しできたことを喜んでいました。

05223

 静岡大はここ数年で着実に実力をつけて、強豪大学と互角に渡り合うまで成長。2018年秋から指揮をとる高山慎弘監督は「毎年11月に静岡でオータムフレッシュリーグを開催していただき、そこで東京六大学などの強いチームと戦うことができたことが大きかった」と感謝の思いを口にします。
 浜松商出身の指揮官は「浜商野球で挑みます」と臨んだ今日の2試合。能力で上回る相手に対し、攻撃では機動力を使いながら緻密に攻め、粘り強く守り抜く野球は往年の「浜商野球」そのもの。まさに遺伝子が生きているような戦いぶりで全国切符を勝ち取りました。

 全日本大学野球選手権大会は6月6日に開幕。静岡大は東京ドームで行われる初日の第1試合で東日本国際大(南東北大学代表)と対戦します!(編集部・栗山) 

<写真上/優勝を決めてバッテリーを中心に喜び合う>
<写真中/好投を演じた加藤翔太(静岡大)>
<写真下/優勝旗を手にした静岡大の選手たち>

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

専修大・肥沼竣(加藤学園出身)がリーグ戦初先発!

 今日は東都リーグ2部の取材で大田スタジアムに行ってきました。立正大と専修大の注目の一戦。両チーム1勝1敗で迎えた第3戦でした。

04181  この大事な一戦で専修大の先発を任されたのが加藤学園出身の肥沼竣(2年)。「2020甲子園交流試合」で甲子園のマウンドを踏んだ本格派右腕です。
 リーグ戦での初先発。 「状態はまずまずだった」と、初回は三者凡退に。しかし、2回に1点を失うと、3回にはソロ本塁打を浴びます。それでも、その後のピンチをしのぎ、3回被安打2で2失点という結果でマウンドを降りました。
 春先のオープン戦から好調で先発の座を勝ち取った肥沼。今日は自己最速となる145キロを計測。相手の1番打者・奈良間大己(4年)に対しては果敢に内角をつくなど、淡々と投げる中で持ち味の強気な姿を見ることができました。
 高校3年時に比べて体が引き締まった印象。本人によると、体重は変わっていないそうで、「その分、筋肉になっていると思います」とのこと。今日はマスクを被りませんでしたが、先輩の夏目大(4年)は「いい球を投げるんです。これからもやってくれると思います」と期待を寄せていました。

04182  また、「静岡高校野球2021春号」で表紙を飾った立正大の奈良間は安打こそ出ませんでしたが、随所で奈良間らしさを発揮。敗戦後、ものすごく悔しそうな顔つきが印象に残りました。
 今春の立正大は、キャプテンの奈良間の影響か、1球1球に対する執念がすさまじいです。誰よりを負けず嫌いな男。このままでは終わらないはずです。次週からチームをどう巻き返してくるのか。注目していきます!(編集部・栗山)

<写真上/リーグ初先発を飾った肥沼竣(専修大)>
<写真下/気迫漲るプレーを見せた奈良間大己(立正大)>

| | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

望月源氏の自主トレを取材!

01191_20220119181001  昨日は今季から富山GRNサンダーバーズでプレーする望月源氏の自主トレを取材してきました。

 静岡産業大では俊足強打の遊撃手として活躍した望月。3年秋に首位打者、昨秋は盗塁王を獲得しました。「とにかく野球がしたくて環境を求めていた」と独立リーグ入りを決意。リーグ戦終了後は技術練習を行う一方でトレーニング方法を一から見直してきたそうです。その効果か、昨年に比べて体が引き締まり、シュッとなった印象。本人も「前よりは体のキレが増して動きやすくなっています」と手応えを感じている様子でした。
 50m5秒8の俊足が最大のアピールポイント。そこに打撃力がもうワンランクアップすれば、NPB入りも見えてくるはず。この日のティー打撃を見る限り、スイングが明らかに鋭くなっていました。(ティー打撃の動画をアップしました。以下のURLよりご覧下さい)。本人が求めているのは確実性のある打撃。「最初からレギュラーを掴んで、タイトルを獲りたい」と意気込んでいました。
 あくまで目標は1年でNPB入りすること。今は基礎を固めて、2月8日のチームの合流に備えます。(編集部・栗山)

★望月源氏のティー打撃の動画です!
https://youtu.be/nvZeCM1NaD4

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

静岡大のWエースが社会人の強豪へ!

 雑誌『静岡高校野球』やこのブログでも紹介してきました静岡大のWエースの進路先が決定しました!

12201


 最速148キロの角度あるストレートを投げ込む井手駿は東京ガスへ。体全体を使った力強いフォームが魅力で同じく最速148キロの石田雄太が西濃運輸へ。ともに今秋のドラフト会議では指名されませんでしたが、伸びしろが期待できる投手2人です。
 井手が入社予定の東京ガスは今年の都市対抗で初優勝。「今よりも野球に専念できる環境で練習に取り組み、すごい先輩たちからたくさん吸収して、連覇に貢献できるように成長したい」と気持ちを高ぶらせます。また石田が入社予定の西濃運輸は都市対抗で橋戸賞を獲得した経験を持つ佐伯尚治氏が監督に就任したばかり。「東京ドームでマウンドに立つこと」を目標とし、「野球を仕事にするプライドと覚悟を持って取り組みたい。さらなる進化を目指し、チームから信頼される投手を目指したい」と意気込み十分。新たなステージでの飛躍を期待したいです。

12202  また、井手、石田とバッテリーを組んだ好捕手・西林利基も進路が決定!
 今年の「天皇賜杯全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」で優勝を飾った大阪シティ信用金庫で軟式野球を続けます。守るだけではなく、この秋は打率.444をマークしベストナインを獲得。リーグ優勝に貢献しました。「まずはレギュラーとして試合に出られるように頑張っていきたい」と軟式日本一のチームでも勝利に貢献することを誓います。(編集部・栗山)

<写真上/左から石田雄太、井手駿(静岡大)>
<写真下/西林利基(静岡大)>

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

【大学野球オータムフレッシュリーグ】静岡大が2連勝を飾る!

 「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の2日目。草薙球場では静岡大が明治大と中京大を下し、連勝を飾りました。
 
11201  静岡大は佐藤啓介が大暴れ。中京大中京出身の2年生。2試合目の相手・中京大には同級生や後輩もいたそうで、「胸を借りるつもりで試合に入った」という佐藤。5回、満塁で打席が回ってくると、2球目のストレートを強振。ライナー性で飛んだ打球はライトフェンスを越え、満塁本塁打となりました。
 先月の東海地区秋季選手権大会でも本塁打を放っている好打者。単打も長打もコンスタントに打てる技術はもちろんのこと、大事な場面で結果を残すメンタルが素晴らしかったです。来年の目標は全国大会に出ること。「チームの柱として自覚を持って取り組みたい」と意気込んでいました。
 また投手陣は明治大戦で吉田哉太が6回2失点の好投。中京大戦では古川陽都が6回途中まで1失点に抑え、勝利に貢献しました。

11202  中京大の漢人友也は、西ヶ谷球場の第1試合で行われた浜松西戦で登板。1回0/3を無失点に抑えます。その後、草薙球場に移動しての静岡大戦では志願してマウンドへ。9回の1イニングを無失点(2奪三振)に抑えました。キレのあるストレートに加え、この夏から取り組んでいるというスローカーブが威力を発揮。「最後は草薙球場に来て下さったお客さんに見てもらいたいと思い、投げさせてもらいました。この3試合で結果が出て良かったです」と収穫を口にしていました。

 この日は高校生チームも登場。来春のセンバツ出場が有力の聖隷クリストファーが明治大と対戦。0対2で敗れたものの、大学生相手に先発の左腕・塚原流星が2失点完投。レベルの高い相手に対し、持ち味の緩急を生かした投球を見せてくれました。今日の投球を自信に一冬を過ごしてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/満塁本塁打を含む、2試合で4安打を放った佐藤啓介(静岡大)>
<写真下/無失点でマウンドを降りる漢人友也(中京大)。2日間で3試合に登板した>

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

中京大・漢人友也が大学野球オータムフレッシュリーグで好投!

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」が本日、開幕しました。1日目の結果は以下のようになりました。

<草薙球場>
中京大 4-0 日大国際関係学部
中京大 5-4 慶應義塾大

11191_20211119203801  第2試合は中京大の漢人友也(3年/常葉大菊川出身)が2回3分の1を無安打に抑え、勝ち投手となりました。
 マウンドに上がったのは5回。2死満塁の場面でした。漢人は空振り三振を奪い、ピンチを断ち切ります。続く6回は、前の打席でタイムリーを打っていた慶應義塾大の4番・清原正吾に対してブレーキのきいたカーブを有効に使って3球で三振に。その後も危なげない投球で、チームに流れを持ってきました。
 高校時代から体重が15キロアップ。下半身が逞しくなった印象を受けました。球速数字的にはこの日のマックスは142キロ。最速の147キロには届きませんでしたが、初速と終速のない漢人独特の軌道のストレートが低めに決まっていました。

 慶應義塾大では杉山勇征(1年/清水東出身)が「9番ショート」で先発出場。4回にタイムリー安打を放つ活躍を見せました。(編集部・栗山)

<写真/凱旋登板で好投を見せた漢人友也(中京大)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧