大学野球

2022年1月19日 (水)

望月源氏の自主トレを取材!

01191_20220119181001  昨日は今季から富山GRNサンダーバーズでプレーする望月源氏の自主トレを取材してきました。

 静岡産業大では俊足強打の遊撃手として活躍した望月。3年秋に首位打者、昨秋は盗塁王を獲得しました。「とにかく野球がしたくて環境を求めていた」と独立リーグ入りを決意。リーグ戦終了後は技術練習を行う一方でトレーニング方法を一から見直してきたそうです。その効果か、昨年に比べて体が引き締まり、シュッとなった印象。本人も「前よりは体のキレが増して動きやすくなっています」と手応えを感じている様子でした。
 50m5秒8の俊足が最大のアピールポイント。そこに打撃力がもうワンランクアップすれば、NPB入りも見えてくるはず。この日のティー打撃を見る限り、スイングが明らかに鋭くなっていました。(ティー打撃の動画をアップしました。以下のURLよりご覧下さい)。本人が求めているのは確実性のある打撃。「最初からレギュラーを掴んで、タイトルを獲りたい」と意気込んでいました。
 あくまで目標は1年でNPB入りすること。今は基礎を固めて、2月8日のチームの合流に備えます。(編集部・栗山)

★望月源氏のティー打撃の動画です!
https://youtu.be/nvZeCM1NaD4

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

静岡大のWエースが社会人の強豪へ!

 雑誌『静岡高校野球』やこのブログでも紹介してきました静岡大のWエースの進路先が決定しました!

12201


 最速148キロの角度あるストレートを投げ込む井手駿は東京ガスへ。体全体を使った力強いフォームが魅力で同じく最速148キロの石田雄太が西濃運輸へ。ともに今秋のドラフト会議では指名されませんでしたが、伸びしろが期待できる投手2人です。
 井手が入社予定の東京ガスは今年の都市対抗で初優勝。「今よりも野球に専念できる環境で練習に取り組み、すごい先輩たちからたくさん吸収して、連覇に貢献できるように成長したい」と気持ちを高ぶらせます。また石田が入社予定の西濃運輸は都市対抗で橋戸賞を獲得した経験を持つ佐伯尚治氏が監督に就任したばかり。「東京ドームでマウンドに立つこと」を目標とし、「野球を仕事にするプライドと覚悟を持って取り組みたい。さらなる進化を目指し、チームから信頼される投手を目指したい」と意気込み十分。新たなステージでの飛躍を期待したいです。

12202  また、井手、石田とバッテリーを組んだ好捕手・西林利基も進路が決定!
 今年の「天皇賜杯全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」で優勝を飾った大阪シティ信用金庫で軟式野球を続けます。守るだけではなく、この秋は打率.444をマークしベストナインを獲得。リーグ優勝に貢献しました。「まずはレギュラーとして試合に出られるように頑張っていきたい」と軟式日本一のチームでも勝利に貢献することを誓います。(編集部・栗山)

<写真上/左から石田雄太、井手駿(静岡大)>
<写真下/西林利基(静岡大)>

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

【大学野球オータムフレッシュリーグ】静岡大が2連勝を飾る!

 「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の2日目。草薙球場では静岡大が明治大と中京大を下し、連勝を飾りました。
 
11201  静岡大は佐藤啓介が大暴れ。中京大中京出身の2年生。2試合目の相手・中京大には同級生や後輩もいたそうで、「胸を借りるつもりで試合に入った」という佐藤。5回、満塁で打席が回ってくると、2球目のストレートを強振。ライナー性で飛んだ打球はライトフェンスを越え、満塁本塁打となりました。
 先月の東海地区秋季選手権大会でも本塁打を放っている好打者。単打も長打もコンスタントに打てる技術はもちろんのこと、大事な場面で結果を残すメンタルが素晴らしかったです。来年の目標は全国大会に出ること。「チームの柱として自覚を持って取り組みたい」と意気込んでいました。
 また投手陣は明治大戦で吉田哉太が6回2失点の好投。中京大戦では古川陽都が6回途中まで1失点に抑え、勝利に貢献しました。

11202  中京大の漢人友也は、西ヶ谷球場の第1試合で行われた浜松西戦で登板。1回0/3を無失点に抑えます。その後、草薙球場に移動しての静岡大戦では志願してマウンドへ。9回の1イニングを無失点(2奪三振)に抑えました。キレのあるストレートに加え、この夏から取り組んでいるというスローカーブが威力を発揮。「最後は草薙球場に来て下さったお客さんに見てもらいたいと思い、投げさせてもらいました。この3試合で結果が出て良かったです」と収穫を口にしていました。

 この日は高校生チームも登場。来春のセンバツ出場が有力の聖隷クリストファーが明治大と対戦。0対2で敗れたものの、大学生相手に先発の左腕・塚原流星が2失点完投。レベルの高い相手に対し、持ち味の緩急を生かした投球を見せてくれました。今日の投球を自信に一冬を過ごしてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/満塁本塁打を含む、2試合で4安打を放った佐藤啓介(静岡大)>
<写真下/無失点でマウンドを降りる漢人友也(中京大)。2日間で3試合に登板した>

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

中京大・漢人友也が大学野球オータムフレッシュリーグで好投!

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」が本日、開幕しました。1日目の結果は以下のようになりました。

<草薙球場>
中京大 4-0 日大国際関係学部
中京大 5-4 慶應義塾大

11191_20211119203801  第2試合は中京大の漢人友也(3年/常葉大菊川出身)が2回3分の1を無安打に抑え、勝ち投手となりました。
 マウンドに上がったのは5回。2死満塁の場面でした。漢人は空振り三振を奪い、ピンチを断ち切ります。続く6回は、前の打席でタイムリーを打っていた慶應義塾大の4番・清原正吾に対してブレーキのきいたカーブを有効に使って3球で三振に。その後も危なげない投球で、チームに流れを持ってきました。
 高校時代から体重が15キロアップ。下半身が逞しくなった印象を受けました。球速数字的にはこの日のマックスは142キロ。最速の147キロには届きませんでしたが、初速と終速のない漢人独特の軌道のストレートが低めに決まっていました。

 慶應義塾大では杉山勇征(1年/清水東出身)が「9番ショート」で先発出場。4回にタイムリー安打を放つ活躍を見せました。(編集部・栗山)

<写真/凱旋登板で好投を見せた漢人友也(中京大)>

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が開催&公式プログラムのご案内!

11081

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が本日、静岡市役所にて行われました。今年は11月19日からの3日間、大学11校、高校6校による交流戦が計19試合組まれています(ボーイズリーグ県選抜vsリトルシニア県選抜の試合もあります!)。
 本日の記者会見では、慶應義塾大・杉山勇征(清水東出身)、筑波大・榊原慎太郎(島田出身)、静岡大・荒井瑞紀(静岡東出身)が参加。それぞれ、以下のような意気込みを語りました。

慶應義塾大・杉山「高校1年生、2年生のときに、このオータムリーグに出場し、それが大学で野球を続けるきっかけとなりました。秋のフレッシュリーグでは悔しい思いをしました。それを晴らしたいです」

筑波大・榊原「筑波大の野球を静岡の皆さまに知っていただきたいです。今まで育ててもらった監督、家族に元気にプレーしている姿を見てもらいたいです」

静岡大・荒井「県外の強豪相手にチーム、自分の力がどこまで通用するのか楽しみです。地域の方々に元気を与えられるプレーがしたいです」

11082 ※大会に先立ち、「静岡高校野球」が編集協力した公式プログラムが完成しました。大会当日、各球場で購入することができます。また、戸田書店清水江尻台では先行発売しています!

★組み合わせはこちらからご覧下さい。→https://baseball.sfc.keio.ac.jp/autumnfresh-league/schedule.html
なお、参加予定だった日大三島は明治神宮大会出場が決まったため、11月20日の西ケ谷球場の第3試合は早稲田大対日大国際関係学部の対戦となりました。

<写真/左から大場祐輔(静岡大/企画チーム)、杉山勇征(慶應義塾大)、榊原慎太郎(筑波大)、荒井瑞紀(静岡大)、大澤昴輝(静岡大/企画チーム)>

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

島田シリーズが開催されます!

 昨年に引き続き、今年も「島田シリーズ」が開催されます。日程は明日(6日)と明後日(7日)の2日間。地元の山岸ロジスターズを筆頭に、静岡硬式野球倶楽部、TOKYO METS、矢場とんブースターズ、さらに東海大海洋学部が登場します!

11051_20211105133701

11月6日(土) 9時30分~ 山岸ロジスターズvs矢場とんブースターズ
       13時30分~ 静岡硬式野球倶楽部vsTOKYO METS

11月7日(日) 9時00分~ 山岸ロジスターズvs東海大学海洋学部
       13時00分~ 山岸ロジスターズvsTOKYO METS

※球場は全て島田球場。入場は無料です。

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

神奈川大・川合勇気(掛川西出身)が明治神宮大会へ!

 今日は午前中に静岡県内で高校野球の練習試合を取材し、午後からは横浜スタジアムへ。横浜市長杯争奪関東地区大学野球選手権大会を見てきました。お目当ては第2試合の神奈川大対上武大。勝てば明治神宮大会出場が決まる準決勝です。

11031_20211103200101  そんな大一番で神奈川大の先発を任されたのは掛川西出身・川合勇気でした。立ち上がりの初回、二塁打2本を浴びて先制点を許すも、中日からドラフト1位指名を受けた4番のブライト健太から三振を奪います。その後、4回に失策絡みで失点。それでも崩れることなく、しっかりとゲームメークし、5回2失点でマウンドを降りました。「後ろにいいピッチャーがいるので、初回から全力でいきました。低めにボールを集めることができたと思います」。
 ストレートは常時140キロ台の前半をマーク。落ちる系の変化球が決め球として冴え渡っていました。
 チームは9回に劇的なサヨナラ勝利。11年ぶり8度目の明治神宮大会切符を手にしました。
  川合自身にとっては、中学以来となる全国大会出場。「やっと神宮に出ることができます。本当に嬉しい」と試合後は笑顔を見せてくれました。    
 今秋はリーグ戦で3勝をマーク。無類の安定感を見せる川合が、ついに全国の舞台に立ちます。「川合勇気」の名を広めてほしいと思います!(編集部・栗山)

<写真/5回2死二塁のピンチをしのいでガッツポーズを作る川合勇気(掛川西)>

| | コメント (0)

2021年10月25日 (月)

立正大・奈良間大己が勝ち越しタイムリーで勝利に貢献!

 昨日は上尾市民球場で東都大学リーグ2部を取材しました。

10251  春に1部から2部に降格し、今季は0勝5敗1分と苦しんでいる立正大。チームを救ったのは、やはりこの男でした。
 立正大は初回、専修大に5点の先制を許すも、その裏、先頭の奈良間大己(3年/常葉大菊川出身)が冷静に四球を選んで反撃への足がかりを作ります。3回に同点に追いつくと、5対5で迎えた6回でした。2死2塁のチャンスで、2球目の高めのストレートを捉えると、打球はセンターの頭上を越えていきました。タイムリー三塁打。まさに気持ちで持っていった一打でした。「負けと引き分けが続いている中で、自分は1年生から出させてもらっているので、1本を出したかった」と奈良間。ベース上では力強くガッツポーズを作りました。この一打で勢いづき、立正大は今季初勝利。奈良間は打つだけでなく、三塁間の打球を華麗にさばくなど、守備でも今季初勝利に貢献しました。
 次週の舞台は春に悔し涙を流した明治神宮球場。「東都としてこれまで1部でやっていたので、その舞台に戻りたい。もう1回神宮の楽しさを味わって、来年は1部に行けるチームになりたいと思います」。今季は入れ替え戦がなく、モチベーションという意味では難しい状況ですが、その中でこれまでと変わらずに全力プレーを続けています。とにかく勝利に飢えている奈良間。「らしさ」を十分に感じることができました。
 また、この日は国士舘大の榛村大吾(3年/常葉大菊川出身)、夏賀貞伍(2年/御殿場西出身)、磯部太一(1年/御殿場西)、専修大の夏目大(3年/常葉大橘出身)の静岡勢が出場。それぞれ逞しくなった姿を見ることができました。(編集部・栗山)

<写真/勝ち越しタイムリーを放った奈良間大己(立正大)>

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

静岡大がリーグ優勝を飾る!

 静岡大が2014年春以来となるリーグ優勝を飾りました。今月23日、24日にダイムスタジアム伊勢で行われる東海地区秋季選手権大会へ出場します。

10161_20211016201501


 ★10月16日 東海地区大学野球静岡リーグ 

  チーム
静岡大 5 0 0 0 0 2 4 11
常葉大浜松 0 0 0 0 0 0 0 0

<7回コールド>

(静)石田、豊田、永井康、井手-西林
(常)萩原、北村、木下-榊原、土井
▽二塁打=出口(静)、古橋(常)
▽三塁打=荒井(静)

10162_20211016201801  ここまで全勝で迎えた静岡大。今日は初回、一挙5点を奪って試合を優位に進めます。投げては最速148キロ右腕の石田雄大が5回8奪三振無失点の快投。7回までに7点のリードを奪ってコールド勝ちの点差まで広げると、7回裏2死からは井手駿がマウンドへ。石田と同じく最速148キロを誇る右腕が最後を締めくくりました。
 打率.444をマークし、最高殊勲賞に輝いた捕手の西林利基は「4年生の最後に後輩にいい景色を見せることができて良かった」と笑顔。春は石田、井手という好投手を擁しながら3位に甘んじただけに、ホッとした表情を浮かべていました。
 ただ、静岡大が目指す明治神宮大会への道のりは長いです。東海地区秋季選手権大会で優勝した上で、愛知大学野球連盟、北陸大学野球連盟のチームとの「三連盟王座決定戦」が待っています。西林は「何としても勝ち切りたい」と、来週末からの戦いに目を向けていました。(編集部・栗山)

<写真/最高殊勲賞を獲得した西林利基>

| | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

静岡大の井手&石田がドラフト前最後の登板!

10101  いよいよ明日、運命のドラフト会議を迎えます。
 昨日はドラフト会議前、最後の登板となった井手駿石田雄大の静岡大コンビの投球をチェックしてきました。
 先発の井手は3回を1失点。優勝のかかるプレッシャーの中でこの日はしっかりとゲームメーク。ただ速い球を投げるだけではない、進化した姿を見せてくれました。
 そして、7回 から石田がマウンドへ。最初のイニングは全球ストレートで勝負。気迫を前面に出す持ち味を発揮して3回を1失点に 抑えました。

10102

 静岡リーグからは、2018年から大盛穂(静岡産業大→広島)、奥山皓太(静岡大→阪神)、加藤廉(東海大海洋学部→巨人)と、3年連続でドラフト指名選手が出ています。
 今年も2人に吉報が届くことを期待しています!(編集部・栗山)

★井手&石田(静岡大)のこれまでの歩みはこちらをご覧ください。
https://4years.asahi.com/article/1444603

<写真上から井手駿、石田雄大(ともに静岡大)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧