大学野球

2019年3月 8日 (金)

オープン戦 日大国際関係学部vs青山学院大

 6日は志太スタジアムで行われた日大国際関係学部と青山学院大のオープン戦を見てきました。青山学院大は1月に安藤寧則監督が就任。この日が対外試合の初戦となりました。一方の日大国際関係学部も今春から松崎裕幸監督が指揮をとっています。新監督同士がどんなチームを作っているのか楽しみでした。

第1試合 青山学院大 9-0 日大国際関係学部(5回雨のためコールド)
第2試合 日大国際関係学部 5-2 青山学院大

03081 第2試合、青山学院大の鈴木蓮夢(常葉菊川出身・新3年)が「7番サード」で先発出場しました。高校3年夏は3番打者として県優勝に貢献。甲子園でも2安打を放った強打者です。

 2回に回ってきた第1打席。その初球でした。「上手く反応ができた」と、レフト線に鋭いライナーを飛ばします。二塁打となり、次打者のタイムリーで本塁に生還しました。その後の打席は、ショートへの内野安打とショートゴロ。いずれも、ミートができていました。
 試合後、「今年はリーグ戦でヒットを打ちたいです」と力強く話してくれた鈴木。昨年は春のリーグ戦でデビューするも、まだ安打はなし。ただ、大学入学後、ウエイトトレーニングを取り入れ、確実にパワーはついたようで、近くで接すると、体の芯がしっかしてきたように見えました。まず、目指しているのは三塁のレギュラー。「安藤監督は常に元気を求めています。そういう意味では菊川と似ていると思うので頑張りたいです」。転換期の迎えたチームの中で、チャンスを掴んでほしいです。

03082 一方、日大国際関係学部で印象に残ったのは第2試合に先発した左腕の大石亮人(新3年)。報徳学園時代、3年春に甲子園でも登板した左腕です。この日は5回を投げて2失点。腕の振りが良く、ストレートで差し込めているのが良かったです。引き続き、リーグ戦でもチェックしていきたいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/今季はレギュラーを狙う鈴木蓮夢(青山学院大)>
<写真下/青山学院大相手に5回2失点の好投を見せた大石亮人(日大国際関係学部)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

オープン戦 ヤマハvs専修大

★3月2日 オープン戦 晴 ヤマハ豊岡球場 

 チーム
専修大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2
ヤマハ 1 0 5 0 0 0 0 0 × 6

  2日は怪物中学生の余韻に浸りながら、ヤマハ豊岡グランドへ。ヤマハと専修大のオープン戦を見てきました。

03051_3 専修大は4回から、藤枝明誠出身の久保田蒼布(新2年)がマウンドへ。3イニングを投げて1安打無失点の好投を見せました。高校時代と比べて変則のイメージが若干薄れ、力強く投げている印象。それでも、抜群の制球力は変わることなく、ストレート、変化球ともに常に低めに集まっていました。試合後、本人にフォームの変化について尋ねると、「腕の位置は変わっていませんが、まだ試行錯誤しています」とのこと。「その中で、今日は思い切って投げることができて良かったです」と爽やかに話してくれました。昨年は春にリーグ戦デビュー。今年は今の状態をキープしていけば、さらに登板数は増えそうです。

 03052一方、ヤマハは2年目の池谷蒼太が8回から登板しました。高校3年夏、池谷が敗れた相手が久保田を擁する藤枝明誠。それだけに気持ちが入っていたのでしょう。ほぼ全球ストレート勝負。球速は140キロ前後でも回転数が多いです。一球一球、「オリャ~」と声を出しながら、2イニングで4奪三振。高校3年春の大阪桐蔭戦を彷彿させるような凄みのある投球でした。今年1年、池谷がどんな活躍を見せるのか。楽しみでたまらなくなりました。(編集部・栗山)

<写真上/凱旋登板で好投した久保田蒼布(専修大)>
<写真下/持ち味のストレートに磨きがかかる池谷蒼太(ヤマハ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

オープン戦 国士舘大vs中部大

03031 先月27日は掛川球場で行われた国士舘大対中部大のオープン戦を見てきました。
 国士舘大は常葉菊川勢を中心に県内出身者が何人もいるので楽しみにしていました。

 先発のマウンドに上がったのは山田裕介(常葉菊川出身/新4年)。昨秋のリーグ戦で4勝をマークし、今季はエースとして期待される左腕です。
 この日は2イニングを投げて1安打無失点。初見では打ちづらい独特のフォームに加え、ボールのキレ、コントロールともに文句なし。初速と終速の差がなく、むしろ終速の方が速いのではないかと思うほどキャッチャーミットに向かって伸びてくる球筋でした。マウンド上での風格もあり、今年もやってくれるでしょう。
 そして、7回から新1年生の根来龍真(常葉大菊川出身)がマスクをかぶりました。7回の打席では四球で出塁して本塁へ生還。武器の一つの脚力を見せてくれました。

03032

常葉菊川出身の山田裕介(左)と増田来希(右)

 投手は山田、野手はドラフト候補の髙部瑛斗を擁し、戦力が充実する国士館大。この日の出場機会はありませんでしたが、主将の増田来希(常葉菊川出身/新4年)は1部昇格に向けて燃えています。「チームをまとめて今年は必ず上げたい」と力強く話してくれました。

 さらに試合後、2015年の夏を沸かせた森亮太(静岡商出身/新4年)と再会することができました。本人と話すのは約3年ぶり。高校時代よりも体が引き締まった印象で顔つきも大人っぽくなっていました。

03033

静岡商出身の森亮太。今季はリーグ戦での登板を目指す

 国士舘大入学後、下級生時はリーグ戦で登板機会があったそうですが、昨年は未登板。それだけに、「このキャンプでアピールしたい」と必死に取り組んでいます。「大学ではコントロールが良くなりました。弟には負けていられないので…」。弟とは桐蔭学園(神奈川)の主将・森敬斗。『静岡高校野球2019春号』でも特集した注目選手です。そんな弟に対し、亮太は「甲子園ではケガだけには気を付けて、敬斗らしいプレーをやってほしい」と期待。兄弟で刺激し合って、頑張ってほしいです。(編集部・栗山)

<プレー写真/上々の仕上がりを見せる山田裕介(国士舘大)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

3連休、印象に残った選手たち

 3連休は県内各地で野球イベントが目白押しでした。この3日間で印象に残った選手を紹介したいと思います。

 1129123日は「第29回三村旗争奪野球大会」へ。まず3位決定戦では、吉原工の渡邊浩季が清流館相手に5安打完封。ストレートと曲がり幅の大きいスライダーのコンビネーションが良かったです。 
 続く決勝戦は、富士宮北が富士宮西を4対3で下しました。富士宮北は2回に3番・渡邉陸斗が変化球をシャープに振り抜き、ライトスタンドへ3ラン本塁打。静岡蒲原シニア時代は目立った存在ではなかったのですが、これで高校通算11本塁打。内角のさばき方が上手いです。投げては右腕の小野崎泰翔が内外角を丁寧に投げ分けて、粘る富士宮西を振り切りました。

 翌日は浜松学院と豊川(愛知)の練習試合を見てきました。浜松学院は秋の県大会出場を逃しましたが、気になっている選手が何人もいて、今年最後にもう一度チェックしようと思いました。
 先発の河鰭智也は豊川打線相手に3回まで無失点に抑えます。球速は120台後半ですが、腕がしっかりと振れるので、手元でピッときて数字以上の速さを感じるタイプです。投げっぷりも良かったです。中盤に失点するも、「低めに投げれば打たれない」という自信をつけたと思います。
11292 そして、8回からマウンドに上がったのが吉田康佑。秋の西部大会では「あまり球が走っていなかった」という情報を耳にし、心配していました。それが、この日は驚きました。明らかにフォーム全体に力強さが増し、質のいいストレートが次々とキャッチャーミットに収まります。「秋の大会は調子が悪すぎて、どう投げたらいいのか分からなくなってしまった」と苦しんだそうですが、大会後、フォームの微調整に取り組んだ結果、「これだ」と掴んだものがあったと言います。そこから見違えるようなボールになり、スピード的にはマックスで140キロまで伸びているとのこと。この11293_3日も8回、9回の2イニングを無失点に抑えました。来春、一気に県トップクラスに名乗りを挙げる可能性もあると思います。
 野手では、「1番・センター」の神谷樹汰に注目しました。吉田道監督が「アイツの野球勘は素晴らしい」と絶賛する選手。確かに、守備の感覚に優れています。的確なポジショニングに、一歩目の速さ。「右中間、左中間の打球は、まず抜けないだろう」というくらいのスペシャリストです。打撃面はまだ課題が残りますが、「将来はプロへ」という高い意識を持っている選手なだけに、期待が膨らみます。

 112943連休最後は「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」へ。草薙球場で明治大対静岡市立、慶應義塾大対静岡商の2試合を取材しました。
 慶應義塾大は、大久保秀昭監督がベンチに入って采配。選手は来春への生き残りをかけて、本気モードで戦ってくれました。全力疾走、カバーリング、一球に対する姿勢…。高校生にとっては大いに参考になったと思います。
 県勢では、「5番DH」で小川慶太(浜松西出身)、「9番セカンド」で村田大輔(磐田南出身)が出場。小川が第3打席にライナーでレフトフェンスに直撃する猛烈な一打を放てば、村田も第3打席にセンター前へ。来春は2人の勇姿を神宮球場で見たいです!(栗山)

<写真/上から小野崎泰翔(富士宮北)、吉田康佑(浜松学院)、神谷樹汰(浜松学院)、小川慶太(慶応義塾大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の記者会見&公式パンフレット販売について

11201 「第1回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の記者会見が本日、静岡市役所で行われました。大会を運営する企画チームの静岡大・西澤大空(清水東出身)、早稲田大・竹沢拓海、選手として出場する立教大・佐藤大揮(清水東出身)、静岡大・米澤広太郎(浜松南出身)の4名が熱い思いを口にしました。

 大会発案者の松橋崇史氏(拓殖大商学部准教授)は「まず大学生の部員数が増えている現在、育成の場として試合ができる舞台を作りたかった」と、開催にいたった経緯を説明。その上で、大学生が大会を運営することで、「ひとづくり」、「まちづくり」に寄与したいと話しました。

 大会は23日に開幕。草薙球場、清水庵原球場、東海大松前球場を舞台に3日間で行われます。参加するのは以下の大学・高校です。

<大学>慶應義塾大、明治大、立教大、早稲田大、筑波大、中京大、東海大海洋学部、静岡大
<高校生>静岡高、静岡市立、静岡商、清水桜が丘、清水東、東海大静岡翔洋

112003
※大学生は1、2年生が主体。高校は金属バットを使用。

立教大・佐藤大揮
「立教大が掲げる全力疾走、全力のカバーリング、溌剌としたプレーを見てほしいです」

静岡大・米澤広太郎
「レベルの高いチームと試合ができる貴重な機会。1戦1戦、頑張って戦います」

<写真/左から竹沢拓海(早稲田大)、佐藤大揮(立教大)、米澤広太郎(静岡大)、西澤大空(静岡大)>

**********************************************

112002_2

 大会公式パンフレットは各会場及び戸田書店静岡本店で購入できます。定価700円(税込)です。

 「静岡高校野球」編集部が編集協力した大会公式パンフレットが完成しました! 大会中、各球場で販売されます。定価700円(税込)です。  
 また、大会前に出場予定選手をチェックしたい方に向けて、本日より、戸田書店の静岡本店(静岡市葵区紺屋町17-1葵タワーBF・1F・2F)で先行発売しています。球場でパンフレットを購入された方には特典として大会特製クリアファイルがプレゼントされることになっていますが、戸田書店で購入された場合は、球場のパンフレット売り場でレシートを見せていただければ、同様の特典があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

明治神宮大会で県関連選手のプレーを見てきました!

 10日、11日は明治神宮大会を見てきました。
 大学の部では、10日の第4試合に筑波大が登場。同チームには県勢数人がベンチ入りしていました。
 まず、静岡高出身の村木文哉が先発しました。3回まで毎回走者を出すも、気持ちのこもった投球で無失点に。しかし、4回に相手の4番打者に本塁打を浴び先制点を許します。この一発をきっかけに、エンジンがかかったきた様子。5回、6回は「インコースを攻めきれた」と三者凡退で抑え、マウンドを降ります。試合は1対2で敗退。フォークは全国で通用すると感じた一方で、「もっとストレートの質を上げていきたい」と今後の課題も口11121にしていました。具体的な球速数字で言えば、マックスで150キロ以上を出して、アベレージで140キロ台中盤を目標にしていきたいとのこと。来年はもうワンライン上の投手になって、全国で大暴れしてくれることでしょう。
 そして、8回には沼津東出身の秋岡弘樹が代打で出場。冷静に球を見極めて四球を選びました。4年生として、大学最後の打席が念願の神宮球場となった秋岡。この貴重な経験を財産に、次のステージでも活躍を期待したいです。

 1112211日の第4試合では、創価大の鈴木嘉基(静岡高出身)が「6番セカンド」で出場。第2打席でセカンド内野安打をもぎ取ります。高校までのイメージとは変わり、バットを短く持ち、コンパクトに振り抜くスタイル。守備は「サードの嘉基」の印象が強く、最初はセカンドを守っている姿に違和感があったのですが、全力でボールを追い、細かいプレーをこなしていきます。走攻守すべてで必死さが見てとれました。筑波大と同様に初戦で敗退。「もっともっと成長して来年は日本一に少しでも貢献したい」という鈴木。来年はぜひ東京新大学リーグにも足を運び、チェックしていきたいなと思いました。

  高校の部では、桐蔭学園の森敬斗(島田ボーイズ出身)に注目。関東大会で3本塁打を放ち、一躍、来年のドラフト候補に挙がっています。
 しかし、この日の筑陽学園(福岡)戦では3打数無安打。チームも敗れ、「自分たちのいいところを出せなかった」と悔しさを噛みしめていました。来年のセンバツで、このリベンジを果たしてもらいたいです。(編集部・栗山)

<写真上/代打で四球を選んだ秋岡弘樹(筑波大)>
<写真下/セカンドで堅実な守備を見せる鈴木嘉基(創価大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

神宮大会で活躍期待の県勢選手!

 明日から第49回明治神宮野球大会が始まります。今年は大学、高校ともに県勢チームの出場が叶いませんでしたので、県関連選手を追いかけていきたいと思います。

 11081大学の最注目は筑波大・村木文哉でしょう。今秋は4勝をマークし、関東地区大学野球選手権では敢闘選手賞も獲得しています。高校1年秋以来となる神宮球場のマウンドでどんな投球を披露してくれるのか楽しみです。
 また、高校では、県外に進んだ3選手が出場予定。主将・3番打者としてチームを牽引する桐蔭学園・森敬斗、本格派左腕の東邦・植田結喜、名門の平安でショートのレギュラーを掴んだ羽切陸に注目です。(編集部・栗山)

<写真/最速147キロ右腕の村木文哉(筑波大)>

【出場が期待される県内関連選手】

★法政大・安本竜二(3年・静岡高)
★立正大・新村佳汰(4年・駿河総合出身)
★創価大・鈴木嘉基(2年・静岡高出身)
★筑波大・篠原涼(3年・富士宮シニア出身)
★筑波大・村木文哉(2年・静岡高出身)
★筑波大・座馬健人(2年・浜松北出身)

★桐蔭学園・森敬斗(2年・島田ボーイズ出身)
★東邦・植田結喜(2年・浜松ボーイズ出身)
★平安・羽切陸(2年・曳馬中出身)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

浜松商出身・伊奈堂(福井工大)が地元・浜松で活躍!

 第14回東海地区・北陸・愛知三連盟代表大学野球王座決定戦が今日から浜松球場で始まりました。
 各連盟を勝ち抜いた名城大、中部学院大、皇學館大、福井工業大が出場し、明治神宮大会出場1枠を争います。

10271 福井工大は浜松商出身の伊奈堂(3年)がベンチ入り。試合前の素振りから気迫が漲っていました。「これは何かやってくれるぞ」と思っていると、いきなり、2回の2死一二塁のチャンスで代打として登場します。慣れ浸しんだ浜松球場のバッターボックスに立ち、カウント1-1からの3球目。外角のストレートを強振すると、左中間の奥に打球がグングンと伸びていきます。あわやフェンス越えの大飛球。走者が2人生還します。伊奈は二塁ベースを蹴ったあと、三塁でアウトになりましたが、見事に役割を果たしました。打席での集中力、スイングの力強さ。伊奈の長所が存分に発揮されました。
  
 伊奈は大学入学後、故障と木製バットへの対応に苦しみ、何度も挫折しそうになったそうです。そのたびに、これまで支えてくれた人のことを思い、踏ん張ってきたと言います。部員は約190人という大所帯の福井工大ですが、努力が実り、この秋は指名打者や代打で出場。地元・浜松での凱旋につなげました。

 しかし、試合は4対5で敗退。終了直後は「どうしても勝ちたったので悔しい」と号泣する姿も。「来年はレギュラーをとって、絶対に全国に行きます」と誓い、浜松球場を後にしました。
 もっともっと伊奈のプレーを見たくなったので、来年は北陸にも足を運んでみたいです!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

静岡リーグの4年生が最後の勇姿!

 昨日の静岡リーグ。浜松球場では静岡理工科大対聖隷クリストファー大、常葉大浜松キャンパス対静岡大の2試合が行われました。

10151_2 最終節の2日目ということで、4年生にとっては最後の試合。これまで静岡リーグを盛り上げてくれた選手たちの勇姿を目に焼き付けてきました。
 聖隷クリストファー大の先発投手は2年前、野球部を立ち上げるにあたって中心として動いた澤井翔太。この2年間の思いを込める投球で5回まで1失点の好投。終盤に打ち込まれて逆転負けを喫しましたが、最後まで全力で腕を振り続けたのは立派でした。
 一方の静岡理工科大は、8回裏に逆転すると、前日1失点完投勝利した黒川大輝がマウンドへ。3人でピシャリと抑え、有終の美を飾りました。黒川を含め、この日は4年生4人が出場した静岡理工科大。試合後、坂田義之監督は「本当に今年の4年生は頑張ってくれた」と、感謝の言葉を口にしていました。

 10152続く、第2試合は常葉大浜松キャンパスの主将・藤村捷人が好守で存在感を示してくれました。まず2回、ショートの守備で鋭い横の打球に反応して打者走者をアウトに。打っては5回にしぶとくライト前にもっていくと、6回にはセンター前に弾き返しました。
 社会人野球のエナジック(沖縄)への入社が内定している藤村。父・宜人氏は1988年にドラフト外で日本ハムに入団した元プロ野球選手です。「これまで父を超えたいという一心で野球をやってきました。社会人でもっと成長して、自分もプロに行きたいです」。アピールポイントの守備はスピード感があり、グラブさばきも確か。さらにこの秋、スイッチヒッターの藤村は両打席で安打を量産。50メートルを6秒フラットの俊足も生かして、右打席で4安打、左打席で14安打をマークしました。
 広島・呉港高時代は「3番ショート」で活躍。浜松での4年間で技術と人間性を高め、今度は夢を掴むために沖縄へ。都市対抗や日本選手権で再会できる日が今から楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/聖隷クリストファー大を牽引した澤井翔太>
<写真下/社会人からプロ入りを狙う藤村捷人(常葉大浜松キャンパス)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

日大国際関係学部が7季連続V!

10131 
 日大国際関係学部が劇的なサヨナラ勝ちで7季連続23回目のリーグ優勝を決めました。
 2対2で迎えた9回、東海大海洋学部が1点を勝ち越しましたが、その裏、日大国際関係学部は代打・高橋海飛のレフト前タイムリーで同点。さらに、代打・青木伊織がレフト前タイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを飾りました。これで日大国際関係学部は今月19日から岐阜・長良川球場で開催される東海地区秋季選手権大会への出場が決定。春秋連続の全国出場を目指して頑張ってほしいです。

 続く第2試合は静岡産業大が常葉大草薙キャンパスをコールドで下しました。プロ志望届を提出し、すでにプロ4球団の調査書を届いているという鈴木彩隼は6回を投げて10奪三振。ベース上で伸びるストレートと速い変化球が冴え渡り、圧巻の投球を見せてくれました。また、鈴木と同様にプロ志望届を提出している大盛穂も最後のアピール。4回にセンターオーバーのタイムリー二塁打、6回には右中間へ本塁打。何が何でもプロに行くんだという強い気持ちがヒシヒシと伝わってきました!(編集部・栗山)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧