大学野球

2020年9月 1日 (火)

【大学野球】静岡リーグが開幕しました!

09011_20200901085201 大学野球の秋季静岡リーグが開幕しました。
 8月30日の清水庵原球場、第1試合でマウンドに上がったのが静岡大の最速146キロ右腕・井手駿(3年/181cm74kg)。この日は6回を投げて6奪三振で無失点に抑えました。圧巻の投球は3回。角度のあるストレートを軸に3者連続三振を奪いました。絶対的な決め球を手にし、球速数字が150キロ近くまで上がってくれば、来秋のドラフト候補になってくるでしょう。その可能性は十分にあります。

09012_20200901085701  続く第2試合は、東海大海洋学部のプロ注目・加藤廉(4年/181cm80kg)が2安打2打点の活躍を見せました。加藤と同じくインパクトを残したのが4番の望月洸希(3年/175cm80kg)。そのパワーは恐るべし! 第1打席でレフト前安打を放つと、第2打席では滞空時間の長いレフトフライ、そして第3打席でレフトオーバーの二塁打。バットが振れて、打球音は一人別格でした。東海大静岡翔洋時代は控え選手でしたが、大学で実戦経験を重ね、成長してきている印象。右の長距離砲は貴重なだけに、今後も注目したいです。(編集部・栗山)

<写真上/井手駿(静岡大)>
<写真下/望月洸希(東海大海洋学部)>

| | コメント (2)

2020年7月28日 (火)

【大学野球静岡リーグ】代替トーナメントは東海大海洋学部&日大国際関係学部が優勝!

 静岡リーグの春季リーグ戦代替トーナメントの準決勝が26日、伊豆市の志太スタジアムで行われました。
 準決勝は東海大海洋学部と日大国際関係学部が勝利。その後、決勝戦を行う予定でしたが、時間の関係で中止となり、東海大海洋学部と日大国際関係学部が優勝となりました。

07281_20200728083201

<志太スタジアム・準決勝>
東海大海洋学部 5-1 静岡大
日大国際関係学部 4-3 常葉大浜松キャンパス

07282  第1試合はドラフト候補に挙がる加藤廉(東海大海洋学部)に注目。実際に見るのは昨年の秋以来でしたが、体が一回り大きくなっていてビックリしました。明らかに違います。冬から春にかけて、かなりトレーニングを積んだ証拠でしょう。実際、手塚慎太郎監督によると、プロのスカウトからも体が大きくなっている部分を評価してもらっているそうです。この日は「3番ショート」で出場。ヒットこそ出ませんでした、パワーアップした分、バットが振れるようになった印象。5回に二盗、三盗を立て続けに決め、足も見せてくれました。
 そして、加藤と同じ島田工出身の4年生で、本格派右腕の孕石幸寛は8回からマウンドに上がります。「久々の公式戦でバッターを相手に投げることが楽しかった」と、生き生きとした投球で2回を無失点に。秋のリーグ戦に向けて、さらなる飛躍が期待できます。

07283  第2試合は、先発メンバー全員が4年生の常葉大浜松が日大国際関係学部を追い詰めます。2対2で迎えた8回に6番・後藤拓杜のタイムリーで勝ち越しに成功。投げては左腕・清水幹太の快投しました。ストレートで内角を攻め、変化球は曲がり幅の大きいスライダーが冴え渡っていました。一方、日大国際関係学部は「4番キャッチャー」の林健太に注視しました。和泉貴樹総監督が「能力は大学時代の柿沼友哉(現千葉ロッテ)よりも上」と話す好選手。肩の強さ、フットワークの良さなど、洗練されたプレーが目を引きました。(編集部・栗山)

<写真上/サヨナラ勝ちを飾った日大国際関係学部ナイン>
<写真中/パワーアップした加藤廉(東海大海洋学部)>
<写真下/好投を見せた清水幹太(常葉大浜松キャンパス)>

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

静岡リーグの代替試合で注目の左腕~浅野嵐吏(静岡大)~【動画あり】

07141_20200714200301  静岡大学リーグの春季リーグ戦の代替試合が7月18日、19日に開催されます。例年、春のリーグ戦を最後に引退する4年生もいるだけに、意味の大きい代替試合になると思います。

 今回、個人的に注目しているのは、静岡大の左腕・浅野嵐吏(4年)です。去年の秋ごろ、練習を見に行った際に、キャッチボールでのヒジのしなりが気になりました。同学年の足立真彦、神田貴浩、3年生の石田雄大、井出駿が軒並み140キロオーバーの球を投げていることもあり、これまで公式戦での登板自体は少なかったのですが、プロのスカウト好みの投手として期待してきました。
 先日はブルペンでの投球を拝見。能見篤史(阪神)を彷彿とするフォーム(動画をアップしました!)から、指にかかったときはクロスファイヤー気味のイキイキとしたボールがきていました。
 福井・敦賀高出身の浅野。高校2年春には2番手投手として県ベスト4進出に貢献したそうです。しかし、大学では入学早々、肩の痛みに苦しみます。「一時は痛くて18.44メートルの距離も投げられませんでした」と振り返るほど。それでも、3年春のリーグ戦で初登板。球速は130キロ前後まで戻り、コントロールに磨きがかかってきました。
 苦しんだ肩痛も今は完治したとのこと。思い切り、腕を振ることができています。体の線の細さを見る限り、体重を増やしていくことで、いくらでもスピードが上がりそうな要素を持っています。
 卒業後はシステムエンジニア系の会社に就職する予定。本人が一つの区切りと考えているのが、今回の代替試合と、静岡大が出場する8月のJABA高山大会です。野球人生の集大成、天性のしなりを存分に生かしてほしいです!(編集部・栗山)

★浅野投手の動画はこちら↓

◆浅野嵐吏[あさの・あらし]
1998年9月22日生まれ、福井県敦賀市出身。小学3年時に「粟野フェニックスBBC」で野球を始める。敦賀高では2年秋からエース。3年夏は2回戦で啓新に敗れた。静岡大入学後、3年春からリーグ戦で登板する。180cm67kg、左投左打。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

球音を待つ静岡人⑦~山梨智也(立命館大)

 編集部が静岡の野球人を応援する企画。第7回は今秋のドラフト候補に挙がる山梨智也(立命館大)です。

----------------------------------------------------

★高校から本格的に投手へ
 立命館大のリリーフ投手として最速149キロを誇る山梨智也。全日本大学選手権は中止、リーグ戦の開催も不透明だが、今は真っすぐに前を向いている。
「モチベーションは保てています。両親だったり、 高校時代の仲間だったり、周りで応援してくれる人がいるから頑張ることができています」
05191  静岡東では無名の存在だった。「 勉強面も一生懸命に取り組みたかった」と進学校に入学し、1年時は三塁を守っていた。ピッチャーへの転向を勧めた内藤文武監督(現榛原副部長)が当時を振り返る。
「三塁から投げるボールのスピンが良くて、他の選手よりも球が速かったのでピッチャーをやってみたらどうかなと。大学で、まさかここまで球速が出るとは思っていませんでしたが…」
 2年秋からエースとなり、最速は136キロをマーク。静岡市内大会では静岡高打線相手に好投して話題になった。迎えた3年夏。初戦(対清水桜が丘)は先発し、延長11回の末に勝利したものの、2回戦(対沼津商)では大敗を喫した。
 
★3年春に149キロをマーク!
 立命館大へは指定校推薦枠で入学。3年春にリーグ戦で初登板を飾ると、145キロを計測。そして、秋には149キロという驚きの数字を叩き出した。
 スピードが上がった要因について、「トレーニングの効果が大きい」と語る。
「大学に入って最初に感じたのは先輩たちとの体つきの差でした。このままの自分の体では追いつけないと思いました」
 ウエイトトレーニングで体重を約8キロ増やし、それに比例するように球速がついていった。
 プロを本格的に考えるようになったのは1年秋のこと。3学年先輩の東克樹(横浜DeNA)がドラフト1位で指名され、その盛り上がりを見て、「自分も同じようになりたい」と触発された。

05192 ★秋こそ全国の舞台で…
 
 プロのスカウトも注目し始めた大学ラストイヤー。キャンプ、オープン戦と順調に調整を進めていたが、新型コロナウイルスの影響で、チームは4月3日から活動停止。アピールの場となる全日本大学選手権の中止も決まった。また、リーグ戦の開催については、5月末もしくは6月初旬の臨時常任理事会で決定することになっている。
 山梨は今年の全日本大学選手権で戦ってみたい選手がいた。高校時代のチームメートで静岡大の主将を務める河本昌範だ。
「静岡東の同級生で硬式を続けているのは2人だけ。秋はお互いに勝ち上がって、明治神宮大会で対戦したいです」
 大台となる150キロ超え、そしてプロの世界へ。
先が見えない不安の中でも、ひたむきに努力を続ける。

<写真上/静岡東時代の山梨>
<写真下/立命館大ではリリーフで通算2勝を挙げている>

----------------------------------------------------

■山梨智也[やまなし・ともや]
1998年9月4日生まれ、静岡県静岡市出身。学童時代は「静岡ツインズ野球スポーツ少年団」、中学は末広中でプレーする。高校入学後、2年秋から本格的に投手となり、3年夏は2回戦で敗退。立命館大では3年春にリーグ戦初登板を飾る。177cm84kg、右投右打。

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

球音を待つ静岡人⑤~堀田伊吹(筑波大)

 編集部が静岡の野球人を応援する企画。第5回は藤枝東から筑波大に進学した堀田伊吹です。
----------------------------------------------------

05041_20200504103301 ★超大型右腕が筑波大へ
「まだ1度も野球部の練習に参加できていないんです。早く練習したいですね」
 藤枝東から筑波大に進学した堀田伊吹は不安な様子でそう語る。
 194センチの超大型右腕。藤枝東では1年夏から出場し、2年春からエースに。3年夏は初戦で敗退したものの、高校で完成するタイプではなく、底知れぬスケールの大きさを持っていた。
「高校では周りから期待してもらった分の活躍ができませんでした。このまま終わることはできないですし、もっと成長したいと思いました」    
 夏の大会後、筑波大の練習に参加。レベルの高さ、充実した施設に触れて、「自分もここでやってみたい」との思いが芽生えた。また、その際に筑波大で活躍する村木文哉(静岡高出身)からチームの魅力を聞いたことも決め手となった。
 その後は、約半年で体重を10キロアップ。大学仕様の体を作り、入学に備えていた。だが、新型コロナウイルスの影響で筑波大の課外活動が禁止となり、4月以降も自宅待機のまま。他の選手と一度も顔を合わすことができていない。

050402 ★大学でも文武両道
 モチベーションを保つことが難しい中、ライバルから刺激を受けている。小学校、中学校で一緒にプレーした紅林弘太郎(オリックス)はプロの世界に入り、すでに2軍の試合でプレーしている。
「紅林からは『早く俺のところまで上がってこい』って言われているんです(笑)」 
 現在は自宅でのネットスローに加え、筑波大の硬式野球部からオンラインで送られてくるトレーニングメニューを必死にこなす。先が見えない日々が続くが、堀田は前を向く。
「まずは球速は140キロまで上げて、Aチームに入れてもらえるように頑張っていきます」
 大学では野球だけなく、勉学にも全力で取り組む。理工学群社会工学類に籍を置き、建築関係を学ぶ方向だ。将来的には建築士の資格を狙っていく。
 明るい未来だけを信じ、大学生活のスタートを待つ。
----------------------------------------------------

■堀田伊吹[ほった・いぶき]
2001年7月13日生まれ、静岡県藤枝市出身。小学2年時に「青島ホークス野球スポーツ少年団」に入団。青島中では全日本少年軟式野球大会で県ベスト8進出。3年夏に藤枝選抜に選ばれる。藤枝東入学後、1年夏は捕手で出場。2年春からエースとなる。3年夏は初戦敗退。194cm95kg、右投右打。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

球音を待つ静岡人②~孕石幸寛(東海大海洋学部)

 編集部が静岡の野球人を応援する企画。第2回はプロ注目の本格派右腕・孕石幸寛(東海大海洋学部)です。

--------------------------------------------------- 

04241★無名投手が大学で飛躍!
 「あの海洋のピッチャーはどうしている?」
 プロのスカウトがそう気にするのが、東海大海洋学部の孕石幸寛だ。
 スラッとした体型、バランスのいいフォーム、低めに伸びるストレート。いかにもスカウト好みの右腕といえる。
 島田工時代は最速139キロをマークしていたものの、県内では無名の存在だった。
 3年夏は初戦で浜松西と対戦。相手の強力打線の前に6回で10失点を喫し、コールド負け。その悔しさが孕石のハートに火をつけた。元々は就職希望だったが、大学進学に方向転換した。
「大学でやるつもりはなかったのですが、このままでは終われないと思いました。夏大が終わったあとチームメートの加藤(廉)が一緒にやろうと誘ってくれて。手塚(慎太郎)監督からも声をかけてもらって決断しました」
 手塚監督の期待値は高く、大学では1年秋のリーグ戦でデビュー。東海大会でもマウンドに上がった。
「高校の頃はただ思い切り投げて力で抑え込もうとしていましたが、大学に入って上手く力を抜くポイントがわかって、試合を作ることができるようになりました」
 迎えた3年春、孕石の素質が一気に開花する。5勝を挙げて、18季ぶりとなるリーグ優勝に貢献。エースとしてフル回転し、文句なしで最優秀投手賞を獲得した。
 印象に残るのは勝てば優勝の決まる5月11日の日大国際関係学部戦。8回に右足をつりながらも、146球を投げ抜く気迫を見せた。

★秋の不調を乗り越えて
 しかし、秋は生命線のストレートが走らず、不調に陥る。エースを下級生の翠尾透に譲り、1試合も先発で登板することがなくシーズンが終了した。「気持ちの部分で弱気になっていた」と振り返る。04242
「開幕に状態を合わせることができなくて、それが焦りにつながってしまって。こんなはずじゃないって考えているうちにズルズルといってしまいました」
 静岡2位で出場した東海大会。孕石は中部学院大戦の4番手で登板するも、2回2/3を投げて3失点。「何かを変えなければ」と悩んだという。
 オフは徹底的に体を鍛えた。ウエイトトレーニングの量を増やし、最速143キロのストレートに力強さが加わった。

★オープン戦で社会人相手に快投  
 3月17日には、きらやか銀行とのオープン戦で6回を無失点の好投。ストライク先行の投球で企業チームを抑え、手塚監督も「一皮むけてくれた」と手応えをつかんだ。
 ところが、直後に部活動が休止に。3月末の開幕に向けて、順調に調整が進んでいたが、一度リセットされた。
「開幕がいつになるかわかりませんが、暑い時期になった場合、スタミナな重要になってくると思うので、体力作りからやっています」
 今年の静岡リーグの投手では、もっともプロに近い存在。たが、現状ではスカウトに見てもらえる機会はない。今はただ、理想とする「軽く投げても糸を引くようなストレート」を目指し、時間を有効に使う。

<写真上/最速139キロをマークした高校時代の孕石>
<写真下/大学では体重が約10キロアップし、体が一回り大きくなる>

---------------------------------------------------

■孕石幸寛[はらみいし・ゆきひろ]
1998年6月28日生まれ、静岡県島田市出身。小学4年時に「五和クラブ」で野球を始める。金谷中では軟式野球をプレー。島田工入学後、2年秋からエースとなり、最速139キロをマークする。東海大海洋学部では1年秋からリーグ戦登板。3年春はリーグ優勝に貢献し、最優秀投手賞を獲得した。182cm75Kg、右投右打。

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

球音を待つ静岡人①~稲垣淳之介(大東文化大)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、野球の開幕が見えない状況が続いています。「今は野球どころではない」というのは百も承知の上で、編集部では静岡の野球人の現状を伺いつつ、応援する企画を作ることにしました。第1回は4年前の夏を沸かせた稲垣淳之介(袋井→大東文化大)です。

---------------------------------------------------

04222_20200422163401 ★「袋井旋風」の立役者に
 2016年夏、袋井のエース右腕・稲垣淳之介の快投に県民が惹きつけられた。
 しなやかなフォームから伸びのあるストレートをコーナーに投げ込む。準々決勝では日大三島相手に延長10回を完封。さらに、浜松商戦でも好投し、創部初の決勝進出を果たした。
 決勝戦では常葉菊川と対戦。0対12で敗れたものの、快進撃の立役者として一躍注目を浴びる存在に。とりわけ、袋井市では稲垣のことを知らない人がいないと言ってもいいほど、大フィーバーとなった。

★大学で投球のスキルがアップ
 夏前までは大学で野球を続けるのか迷っていたという稲垣。大会で自信を深めたことで大東文化大でプレーすることを決めた。
 1年秋からリーグ戦で登板。順調にスタートを切ったが、「ちょっとでも甘くなったら打たれた」と、大学野球のレベルの高さを感じた。球の回転はきれいでも、球威が軽かった。
 元プロの寺村友和コーチから「スピードはすぐに上がらないけど、真っすぐの質を高めることはできる」との助言を受け、少しずつ球威を上げていった。3年春には140キロをマーク。チームも7季ぶりとなる1部昇格を果たした。
「ただ投げるだけでなく、高校のときよりも考えて投げられるようになりました」
 変化球の使い方、タイミングの外し方など、投球全体のスキルもアップした。しかし、3年の秋はヒジの故障の影響で登板できず。ラストイヤーに、すべてをかけるはずだった。

04221 ★待ち受けていた試練
 2月下旬から3月上旬にかけて行われた沖縄・石垣島キャンプではヒジの故障も癒え、順調に調整を進めた。その矢先、チームは活動自粛となり、オープン戦もすべて中止に。活動再開のメドは立っていない。
「この3年間、決して満足する結果ではなかったので、今年こそ思い切り投げたいと思っていたのですが…」
 現在は近所の公園で軽く体を動かす程度。相手がいなくてキャッチボールすらできないという。「この先も野球を続けるためにリーグ戦でアピールしたい」という稲垣にとっては、我慢の日々が続く。それでも6月21日のリーグ戦の開幕を信じ、待ち続ける。
 4年前の輝きをもう一度――。

<写真上/袋井ではエースで県準優勝に導く>
<写真下/大学では1年秋から登板。力強さが増す>

---------------------------------------------------

■稲垣淳之介[いながき・じゅんのすけ]
1998年10月4日生まれ、静岡県袋井市出身。小学2年時に「袋井北少年野球団」で野球を始める。袋井中時代は「掛川シニア」でプレー。高校入学後、2年秋からエースとなり、3年夏はチームを創部初の県準優勝に導いた。179cm75Kg、右投右打。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

オープン戦 静岡大vs静岡硬式野球倶楽部

 昨日は草薙球場で行われた静岡大と静岡硬式野球倶楽部のオープン戦を見てきました。

 静岡大の先03221発は最速146キロ右腕の石田雄大(新3年)。5回を投げて、1安打無失点。5三振を奪いました。1球1球全身全霊を込めて投げ込むパワーピッチャー型。この日は草薙球場のスピードガンで142キロをマークしましたが、むしろ130キロ台後半の低めいっぱいに決まるストレートが良かったです。ズドンと重さを感じ、迫力満点。変化球はスライダーのキレ味がありました。球速数字がアベレージで3~4キロ上がってくれば、来年のドラフト候補になる可能性は十分にあるでしょう。
 3番手で登板の廣橋航大(新4年生)も楽しみな投手。球離れが遅く、何より球筋がきれい。この1年で球速が一気に上がっているそうです。リーグ戦で注目していきたいです。

03222  静岡硬式野球倶楽部はルーキーの池井戸智矢が「3番ショート」でスタメン出場。清水西時代はスラッガーとして鳴らし、中部学院大でもリーグ戦に出場した選手です。この日は守備で魅せてくれました。軽快な動きで、バウンドを合わせにくい打球をアウトに。巧みなグラブさばきと、安定したスローイングが光っていました。打席では第1打席で四球を選びます。先日のクラブ選手権の予選でも2四球と、やはり勝負しづらいオーラを持っているんだと思います。4年ぶりの静岡で大暴れしてほしいです!(編集部・栗山)

<写真上/剛球を投げ込む石田雄大(静岡大)>
<写真下/今後の活躍が楽しみな池井戸智矢(静岡硬式野球倶楽部)>

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

「静商の斗魂」続編~日本大・石黒健徒マネージャー

 『静岡高校野球2020春号』の発売から2週間が経過しました。今回の「静商特集」、たくさんの方に読んでいただきまして、ありがとうございました!

03101  実は今回、雑誌では掲載できませんでしたが、どうしても紹介したい静岡商OBがもう一人います。日本大硬式野球部の石黒健徒マネージャー(1年)です。昨年の秋、東都リーグ2部を見に行った際、「覚えていますか?」と声をかけられてビックリ。静岡商時代に一度取材していたのですが、ここで再会するとは思っていませんでした。
 静岡商では2年春からベンチ入りした石黒マネージャー。三塁コーチャーとしてチームに貢献しました。マネージャーを志したのは、そんな高校時代の経験が大きかったそうです。
「静商では副キャプテンをやらせてもらい、髙田(晋松)監督の下でチームのために何ができるのかを常に考えていました。大学でもそういうことをやりたいと思い、マネージャーで入れてもらいました」
 大学のマネージャーは、部のお金を管理したり、オープン戦の日程を組んだりと、仕事は多岐に渡ります。1年間経験し、「大変なこともありますが、やりがいのある仕事です」と頼もしい言葉が聞けました。
 石黒マネージャーが目指しているのは「チームから信頼されるマネージャー」だそうです。今は積極的に選手とコミュニケーションをとり、1部昇格のために奮闘中。「静商時代の経験も生かしながら、いろいろなことを選手に伝えられるように勉強していきたいと思っています」と「静商魂」を胸に秘め、裏方として全力投球します。(編集部・栗山)

◆石黒健徒[いしぐろ・たけと]
2000年9月29日生まれ、神奈川県秦野市出身。中学時代は「湯河原ベースボールクラブ」に所属。静岡商では2年秋からベンチ入りし、副主将を務める。3年夏は三塁コーチャーで県ベスト8入りに貢献した。日本大に進学後、硬式野球部のマネージャーを務める。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

中京大・松井祐紀(掛川西出身)に期待!

02211  昨日は中京大の取材へ。掛川西出身の松井祐紀(3年)に会ってきました。大学入学後、2年時から4番を務め、リーグ戦通算9本塁打をマーク。昨秋の中部大戦では2打席連続本塁打も放ちました。「木製バットの感覚が自分にあっていた」という松井。大学に入ってから、打撃動作の余計な動きを減らし、シンプルに打つことで、結果が出てきたそうです。主砲として、今年の目標は全国の舞台で活躍すること。2年春は全日本大学選手権に出場しましたが、昨年は春秋ともに逃しています。「まず春に行って全国で打ちます」と誓ってくれました。
 リーグを代表する強打者となった松井。当然ながら、相手からのマークは年々厳しくなっています。さらなる進化に向け、このオフは、「逆方向に引っ張ったような打球を打てるように」と、幅を広げているとのことです。その先に見据えるのは社会人、そしてプロの世界。右の飛ばせる打者は全国的に見ても貴重です。ぜひ夢を叶えてほしいと思います。(編集部・栗山)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧