中学野球

2020年2月26日 (水)

県中学選抜野球大会が開幕しました!

  しんきんカップ第50回県中学選抜野球大会が開幕しました。
 22日から3日間、各球場で行われた1回戦の試合を見てきました。
02261  初日の開幕戦は長田南中と浜松開誠館中が対戦。浜松開誠館中の本多駿本多優の双子スラッガーに注目が集まる中、好投を見せたのが長田南中の右腕・有薗真吹でした。
 序盤から腕が鋭く振れ、打者の手元で伸びるストレートをビシビシと投げ込みます。6回まで2安打無失点に抑えた投球は見事でした。浜松開誠館中は9回、本多駿がセンターオーバーへ豪快な一打を放ち、サヨナラ勝ち。体格といい、スイングスピードといい、やはり別格です。
02262  続く2日目のお目当ては、古川士道(対島中)でした。エースを務める古川ですが、試合前のシートノックはショートに入っていました。俊敏性と肩の強さは、思わず見惚れてしまうほど。動きが目立っていました。この日はマウンドに上がり、初回に3失点。終盤にも失点を重ねて敗退しました。それでも、ストレートの力強さは県中学トップレベル。中盤は相手打者を圧倒していました。バッティングでは、第2打席で右中間を破る二塁打。足の回転数が多いランニング姿のシルエットが絵になっていました。
 その対島中に勝利した開成中では、4番打者の藤田奏多が目につきました。打席での構えの雰囲気が良く、シャープなスイングが持ち味。第3打席では、ランニング本塁打を放ちました。
 また、掛川東中にもキラリと光る選手が。「2番サード」の松下瑞希です。まだ1年生ですが、きれいにバットが内から出るスイングで野球センスを感じました。
 続く3日目の焼津球場でも、将来が楽しみな選手を発見。第2試合に登場した青島中の「2番センター」の山内拓馬です。まずはユニホームの着こなしで、この選手、良さそうだとチェック。体が大きく、バットも強く振れていました。しっかり名前を覚えておきたいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/有薗真吹(長田南中)>
<写真下/古川士道(対島中)>

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

シニアの南関東支部春季大会予選を見てきました!

 昨日は浜岡球場でシニアの南関東支部春季大会静岡ブロック予選を見てきました!
 最終的に夏のジャイアンツカップにつながる重要な大会。いつもなら強風の浜岡球場ですが昨日は風もなく、絶好の天候の中で白熱した試合が行われました。

02121  第1試合は浜松シニアの齋藤童獅が4回を2安打1失点の好投。昨年の秋に一度チェックしているのですが、一冬で力強さが増した印象。まるで別人の投手になっていました。ストレートの球威は、この日の6チームの投手の中でナンバーワンでした。兄の來音(静岡高→慶應義塾大)は強打者として活躍中。一方で弟の堂獅はピッチャーとして期待したいです。
夏までにどこまで伸びるか楽しみです。
 第2試合の注目は伊東シニアの左腕・高清水慧吾でした。昨年2月のブログでも一度紹介した左腕です。(こちらから→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2019/02/post-0023.html)この日は立ち上がりこそ荒れ気味で初回に3点を失ったものの、2回以降は角度のあるストレートにタテの変化球を絡ませて打者を仕留めていきました。指にかかったときのインコースのクロスファイヤーには惚れぼれしました。
02122  そのほか、初回に四球を選んで盗塁などを絡めて一気にホームまで還った俊足の西村啓汰(掛川シニア)、左打席からライナーでレフトの頭を越える鋭い打球を放った石川琥珀(沼津シニア)、2打席連続三塁打の活躍を見せた大畑謙真(藤枝明誠シニア)、1年生ながら柔らかいグラブさばきの遊撃手・栁原武侍(小笠浜岡シニア)も目につきました。
 中学野球は軟式、硬式とも、本格的なシーズンに突入します。今年もこのブログと雑誌『静岡高校野球』で随時、逸材たちを紹介していきたいと思います!
(編集部・栗山)

<写真上/力強いストレートを投げ込んだ齋藤童獅(浜松シニア)> 
<写真下/立ち姿に雰囲気がある石川琥珀(沼津シニア)>
 
★試合の結果はこちらから→https://www.kantoleague.net/shop/tournament/file/755/1.pdf

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

田方・三島地区で中高交流指導者研修会が開催される!

01211  田方・三島地区中高交流指導者研修会が1月19日に実施されました。同地区のレベルアップを目的に2018年から始まり、今年で3回目。函南東中・山田大先生と三島南高・稲木恵介監督が中心となり、高校9校10名の講師が13中学校の2年生93選手を指導しました。内容はキャッチボール・走塁・バントなどの基礎から実践練習まで。学んだ選手たちが数年後、高校野球に舞台で活躍してくれることを期待したいです。

 参加した監督、選手の言葉を紹介します!
錦田中主将・星谷奎斗選手
「今日の研修会で、普段教わっている練習の意味がよくわかり、自分たちの課題がたくさん見つかりました。中体連に向けてひとつひとつのプレーを丁寧に行い、意味のある練習を心掛けていきたいと思います」
修善寺中・山口友樹監督
「普段の練習では全体指導になってしまうことが多いので、本研修でポジションごとに細かく指導することの重要性を感じました。また、高校の指導者に教わる中学生の姿は、日頃よりも緊張感があり真剣な眼差しだった。中学生にとって高校野球を目指すきっかけになればと思います」
三島南高・稲木恵介監督
「地域の子どもたちが高校でもスポーツを継続して行うためには、中高の垣根を越えて関わり、技術・技能だけでなく、みんなで成長していこうとする機会を多くしていくことが必要だと思います。今後さらに発展的にこのような機会が増えると良いと感じました」

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

伊豆少年野球団の練習を見てきました!

 今日は伊豆少年野球団の練習にお邪魔しました。
 同チームは11月30日、12月1日に開催された「第18回金太郎杯中学生野球大会」で5年ぶり7回目の優勝を飾りました。「子供たちが良く成長してくれた」と武田弘文監督。11月の「第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆」は予選で敗退していただけに、この最後の大会にかける気持ちが強かったそうです。驚いたのは4試合を戦って無失点だったこと。Uー15侍ジャパンに県内で唯一選ばれた石井羚(修善寺中)とともに今井謙心(函南東中)も好投したとのことです。
 本来、「KWBボール」で活動していますが、3年生は大会が終了し、この日から本格的に硬式球を使っての練習。石井、今井の両選手はやはりキャッチャボールから雰囲気が良かったです。 高校でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!(編集部・栗山)  

12221
<写真/金太郎杯中学生野球大会で優勝した伊豆少年野球団の3年生>

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

菊川ボーイズが初全国へ!

 ボーイズリーグの第50回日本少年野球連盟春季全国大会静岡県支部予選が12月14日に行われ、菊川ボーイズが優勝。初の全国切符を手にしました。

<準決勝>
磐田ボーイズ 8-0 駿東ボーイズ(5回コールド)
菊川ボーイズ 9-1 静岡葵ボーイズ(5回コールド)

<決勝>
菊川ボーイズ 3-1 磐田ボーイズ

121701

121702  決勝戦は磐田ボーイズと菊川ボーイズの対戦に。菊川ボーイズが4回に5番・進士且基のタイムリーで同点に追いつくと、5回に勝ち越し。投げては先発の松本大誠が好投します。「コントロールを意識して投げた」と丁寧な投球で完投。腰の疲労骨折の影響で、約2カ月ほど投げることができなかったそうですが、そんな感じは全く受けない見事なマウンドさばきでした。
 菊川ボーイズは創部5年目で春夏通じて全国大会初出場。栗田弘基監督は「子供たちが頑張ってくれた」と、ホッとした表情を浮かべていました。

121703  準決勝で敗れましたが、静岡葵ボーイズの中畑凪輝は今後、注目していきたい逸材です。試合前のブルペンでの投球から気になり、リリーフで登板すると、一気に惹きつけられました。立っているシルエット、フォームのバランスが◎。現状は高めに抜ける球もありますが、それも伸びしろでしょう。焦ることなく、ゆっくりと体を作ってほしいタイプです!(編集部・栗山)

<写真上/初優勝を飾って喜び菊川ボーイズナイン>
<写真中/決勝で2回以降無失点に抑えた松本大誠(菊川ボーイズ)。腰の疲労骨折から復帰したばかりで好投>
<写真下/将来が楽しみな中畑凪輝(静岡葵ボーイズ)> 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

静岡県ボーイズリーグ選抜とシニア南関東選抜が台湾遠征へ

 12月8日は静岡県ボーイズリーグ選抜とシニア南関東選抜がシニア神奈川選抜を交えて練習試合を行うということで、愛鷹球場に行ってきました。

12111  やはり、選抜チーム。どの選手もポテンシャルが高く、魅力的でした。
 まず、静岡県ボーイズ選抜では澤口志堂(浜松ボーイズ)が印象に残りました。マウンドに上がってパワフルな投球を展開すると、打っても左中間を破る二塁打を放ちました。さらに、これまで捕手のイメージが強かった松田碧海(御殿場ボーイズ)がマウンドに上がり、地肩の強さをアピール。ショートとセカンドをこなした山本和輝(磐田ボーイズ)の安定感のあるグラブさばきも光りました。
 南関121102東選抜で気になったのは今駒蓮大(掛川シニア)。球速は110キロ台ですが、低めに集まる制球力が武器。変化球に もキレがありました。野手ではショートを守った太田圭哉(静岡蒲原シニア)の守備力に驚かされました。三遊間の強い打球をさばいて打者走者をアウトに。今すぐ高校レベルでも通用しそうな体幹の強さを感じました。

 なお、静岡県ボーイズリーグ選抜は今月21日から台湾で開催の「2019台北国際野球大会」に参加。投打で活躍が期待される太田涼介(浜松修学舎ボーイズ)は「今まで静岡は優勝したことがないと聞いているので、優勝して歴史を作りたい」と意気込んでいました。
 一方、県内12選手が入っているシニア南関東選抜も年末に台湾へ。「日台国際野球大会」で2連覇を目指します!

<写真上/澤口志堂(浜松ボーイズ)>
<写真下/今駒蓮大(掛川シニア)>

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

県中学校新人野球大会、竜爪・西奈中が優勝!

★12月7日 第21回静岡県中学校新人野球大会決勝戦 裾野球場

     チーム
東海大静岡翔洋中 0 0 0 1 0 0 0 1
竜爪・西奈中 0 0 1 0 0 1 × 2

(東)小林-米倉
(竜)永野-和田

12082

 秋の県中学ナンバーワンを決める県中学校新人野球大会 。決勝戦は竜爪・西奈中が東海大静岡翔洋中を2対1で下しました。

 竜爪・西奈中は春と夏の全国を経験するエース・永野陽大が持ち味を存分に発揮。多彩な変化球を丁寧に低めに集め、ここという場面ではズバッとキレのあるストレートで相手打線を苦しめます。この日、許した安打は3本のみ。最終回のピンチの場面も落ち着いた投球で無失点に抑え、優勝に導きました。それでも試合後は「自分の持ち味はコントロール。3ボールになることがあったので、それは改善していきたいです」とまだまだ納得していない様子。「冬の練習をしっかりとやって全国制覇を目指したいです」と意識を高く持っていました。

12081  打線では3番・井上諒大の活躍が光りました。3回にライトオーバーのタイムリー二塁打を放つと、6回には勝ち越しにつながる安打。無駄のないきれいなスイングから鋭い打球を連発していました。本来はショートの頭の越すような単打を打つ選手。ここにきて力がついてきたようで、「試合でのライトオーバーは初めてなんです」と嬉しそうな表情を浮かべていました。来春はもっとすごい活躍を見せてくれるでしょう。(編集部・栗山)

<写真上/竜爪・西奈中、東海大静岡翔洋中はともに来春の全国大会に出場する>
<写真下/先制タイムリーを放った井上諒大(竜爪・西奈中)>

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

ボーイズ支部長杯、スルガボーイズが2連覇!

 4日は春野総合グランドで行われたボーイズリーグの県支部長杯の準決勝、決勝を取材しました。

<準決勝>
島田ボーイズ 9-3 下田ボーイズ
スルガボーイズ 5-3 浜松修学舎ボーイズ

<決勝>
スルガボーイズ 5-1 島田ボーイズ

11061

11062  3年生が主体となる今大会。連覇を飾ったのはスルガボーイズでした。
 3回に3番・深瀬涼太のレフトオーバーの二塁打を足掛かりに2点を先制。投げては先発の鈴木友が好投を見せます。「今日はカーブのコントロールが良かった」と、ストレートを見せ球に、縦に割れるカーブで打ち取って完投勝利。「1番打者」としても、3回にライトオーバーの二塁打を放ち、野球センスの良さを感じさせてくれました。
 鈴木は夏の全国大会の予選前に右手の小指を骨折。チームは全国出場を逃していただけに、今大会での優勝に嬉しそうな表情を浮かべていました。

11063  準優勝の島田ボーイズは「1番ショート」の浮島雅士が、準決勝で2本の三塁打を含む3安打の大活躍。下半身を使ったシャープなスイングが光りました。今年の春の大会でも浮島を見ているのですが、半年間で体が一回り大きくなり、「あのときと同じ選手なのか」と疑ってしまうほど、急成長している印象。一瞬、先輩の森敬斗(桐蔭学園→横浜DeNA)の中学時代とダブって見えました。高校では走攻守三拍子が揃った選手として期待したいです。

 準決勝で敗れましたが、浜松修学舎ボーイズの注目左腕・太田涼介には衝撃を受けました。この日は「1番センター」で先発出場して、4回からマウンドへ。投手としては良かったのは想像通りですが、驚いたのはバッティングでした。フォロースルーの大きい豪快なスイングで第1打席にセンターオーバーの三塁打を放つと、第2打席にはライトフェンスオーバーの本塁打。走っても50m6秒0の脚力に圧倒されました。
11064  浜松修学舎ボーイズは太田だけではありません。「8番セカンド」の女子選手・児玉椛姫のプレ ーにも目を奪われました。この夏はボーイズリーグ中日本女子の一員として、日本一を経験している児玉。ミートの上手い打撃に加え、守備も堅実でした。

 また、下田ボーイズの「1番ショート」の佐藤裕哉もパンチのある打撃が魅力で、将来が楽しみな選手です。(編集部・栗山)

<写真/上から鈴木友(スルガボーイズ)、浮島雅士(島田ボーイズ)、児玉椛姫(浜松修学舎ボーイズ)> 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

シニアのクラストカップが開幕しました!

 クラスカップ争奪第20回記念シニア南関東支部野球大会が開幕しました。

10021  9月29日の1回戦では、静岡裾野シニアと静岡蒲原シニアの強豪同士がいきなり激突。試合は静岡蒲原シニアが初回に2点を先制するも、静岡裾野シニアは3回に打者一巡の猛攻で一挙5点を奪って逆転します。投げては先発の藤田圭佑が好投。「立ち上がりに甘いところに入ってしまった」と初回に2点を失うも、3回以降は「制球を意識した」と丁寧にストレートと変化球を投げ分けて得点を許さず。静岡裾野シニアが8対2で勝利しました。

 静岡裾野シニアは1年生ながら3番を務める井上葵來に注目。学童時代は横浜ベイスターズJrで活躍し、このブログでも紹介した選手です。(当時の記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2018/12/jr-4bec.html )好選手が集まる同チームですが、その中でも一人、打席での雰囲気と打球スピードが違います。3回の打席ではチャンスの場面でレフト前安打。勝負強く、一球で仕留めるところにも惹かれました!

 一方の静岡蒲原シニアでは先発としてマウンドに上がった大木漣が楽しみな存在です。3回途中で降板しましたが、腕の振りが良く、 噂通りの好左腕でした。(編集部・栗山)

<写真/2失点完投の藤田圭佑(静岡裾野シニア)>

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

島田ボーイズが2連覇!

 ボーイズリーグの静岡県支部秋季大会(中日本選抜大会県予選)は島田ボーイズが2連覇を飾りました。

09181

<準決勝>
菊川ボーイズ 11-1 浜松北ボーイズ(4回コールド)
島田ボーイズ 9-1 磐田ボーイズ(5回コールド)

<決勝>
島田ボーイズ 5-1 菊川ボーイズ

09182  島田ボーイズは準決勝で左腕の亀井海夏人が5回1失点、決勝では右腕の高畑葵が4回途中から7回を無失点。投手力が光りました。高畑は初めて見ましたが、ストレートの球筋がいい上にスライダーもキレッキレ。本格派として楽しみな選手です。野手陣では「2番センター」の栗田凌久が活躍。決勝の3回に左中間へ先制タイムリーを放つと、守備でもダイビングキャッチするスーパープレー。俊敏性のある好選手でした。

09183  準優勝の菊川ボーイズで目を引いたのは決勝の4回からマウンドに上がった荻原拓実です。メジャーリーガーのようなダイナミックなフォームと鋭い腕の振りが魅力。重い球を投げ込んでいました。最終回に2点を失いましたが、4回から6回の3イニングは無失点。パワーピッチャーとして期待したいです。(編集部・栗山)

島田ボーイズ・鈴木亨監督
子供たちが一生懸命にやってくれた結果です。まだ発展途上のチーム。中日本大会でも練習してきたことを試合で出すだけです」 

★大会の組み合わせはこちらからご覧ください→https://www.netto.jp/boysleagueshizuoka/

<写真/上から優勝を喜ぶ島田ボーイズナイン、高畑葵(島田ボーイズ)、荻原拓実(菊川ボーイズ)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧