中学野球

2018年8月 3日 (金)

小笠選抜が6年ぶり9回目のV!

 第35回静岡県中学親善野球大会は1、2日に草薙球場などで開催され、小笠選抜が6年ぶり9回目の優勝を果たしました。

★8月2日 静岡県中学親善野球大会決勝 草薙球場 晴   

  チーム
小笠選抜 0 4 0 5 0 9
島田選抜 0 0 0 0 0 0

<5回コールド>

(小)後藤-中山
(島)鈴木、今村咲-太田拓

08033

 08031今年の小笠選抜は総合力が高く、4試合を戦って35得点1失点という圧倒的な力を発揮しました。
 準決勝は相田康慎(掛川東中)が6回1失点の好投で勝利すると、決勝戦では後藤響(城東中)が5回を無失点に抑えました。
 後藤はバランスのいいフォームに腕の振りの強さもある魅力的な右腕。決め球のスプリットも良かったです。「高校に向けて、今日のピッチングは自信になった」という後藤。現在は身長が172センチ、体重が53キロという体型で華奢ですが、これからの体力強化でグングンと伸びそうです。
 野手陣の中で目を惹いたのはトップバッターの山内健真(菊川東中)。とにかく身体能力が高くて、何をやっても動きにスピード感がありました。この時期に、チェックできて良かったです。
 
 毎年、注目の中学生が一挙に見ることができる貴重な大会。2年前の同大会では今夏の静岡を沸かせた島田商・小林史弥が優勝投手となり、高校野球に向かっての弾みをつけています。(当時の記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2016/08/33-6641.html
 そして今年も、多くの注目中学生と出会うことができました。ここからは僕が見ることができたチームの中で、気になった選手を挙げていきます。
 まずは、富士宮選抜の「1番ショート」で出場した山下大智(富士宮一中)。打席での面構えに雰囲気があり、リストが強い。守備でも三遊間の打球を落ち着いて処理していました。
 御殿場選抜の強肩捕手、湯山大輔(御殿場南中)は二塁送球がベース付近に近づいても全く垂れることなく、ライナーでピシャリ。打撃もシャープにセンター方向に打ち返します。
 08032左腕から最速127キロのストレートを投げ込んだ石黒豊生(門野中)も楽しみ。聞くところによると、これまでほぼピッチャー経験がないそうですが、「それでこのボールか!」と驚きました。
 そのほか、スイングスピードが抜けている静岡葵選抜・大塚悠矢(賎機中)、俊足好打の島田選抜・柴田優作(島田一中)、高い野球センスを感じる浜松B選抜・辻村音冶(入野中)、腕の振りのいい本格派タイプの浜松A選抜・熊井健一郎(佐久間中)などが印象に残りました。どの選手もまだまだ成長が期待できるだけに、残りの中学生活を大事にし、高校でいいスタートを切ってほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/決勝戦で5回2安打無失点の後藤響(城東中)>
<写真下/力強いストレートを投げた石黒豊生(門野中)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

東海大静岡翔洋中と島田一中が東海大会へ!

 県中学総体は本日準決勝が清水庵原球場と西ヶ谷球場で行われ、東海大静岡翔洋中と島田一中が勝利。8月7日から岐阜県で開催される東海大会出場を決めました!

 清水庵原球場では東海大静岡翔洋中と積志中が対戦。今大会、圧倒的な力を見せている東海大静岡翔洋中が今日も本領を発揮し、10対0で5回コールド勝ちを決めました。
 3回に右中間を破るタイムリー二塁打を放った主砲・石上賢真によると、チームとしてテーマにしてきたのは「打ち勝つ野球」だと言います。日々の練習はロングティーなど、打撃がメイン。弓桁義雄監督も自信たっぷりにこう語ります。
「今年は夏に打てるチームを作ってきた。真っすぐだけじゃなくて変化球にも対応できているし、飛距離もかなり伸びています」
07291 投げては最速133キロ右腕の松下陽真が5回を無失点。4月の全日本の県予選で敗退後、球をより前でリリースするフォームに改善。その効果で徐々に球威が上がってきているとのことでした。「このまま全勝で全国大会に行きたい」という松下。東海大会、全国大会でも期待したいです。(編集部・栗山)

<写真/速球とスプリットを武器に今大会無失点を続ける松下陽真(東海大静岡翔洋中)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

中学総体で金の卵をチェック!

 高校野球の静岡大会は明日決勝戦を迎えますが、中学総体も熱いです。今日の浜岡球場では県大会の2回戦4試合が行われ、この年代の軟式を牽引する注目ピッチャーが続々と登場しました。

072601 第4試合では、軟式県ナンバーワン右腕と囁かれる相田康慎(掛川東中)と、184センチの長身右腕・森口大貴(入野中)が直接対決しました。
 まず、相田は立ち上がりからエンジン全開。力強いストレートを武器に気持ちのこもった投球を展開します。一方の森口は大型と聞いていたので、もっと素材だけの投手かと想像していましたが、実際はヒジをコンパクトに使って丁寧に低めにボールを集めるタイプ。牽制でのターンの素早さに加え、フィールディングもそつなくこなし、単に投げる以外の要素も備わっています。
 試合は両投手の投げ合いが続き、延長9回まで0対0。タイブレークに突入します。10回表、無死満塁から入野中がスクイズを試みると、投手前に転がった打球を相田がすかさずキャッチしてそのままホームベースに自らダイビングします。判定はセーフ。ここから掛川東中は一挙5点を失って敗退しましたが、この一つのプレーだけでも相田の身体能力の高さを感じることができました。
 相田は9回まで奪った三振は11個。森口は粘って粘っての投球での勝利。本当に素晴らしい投球戦でした。3年後、ぜひ再戦を期待したいです!

 07262_2その相田の奪三振ショーの上をいったのが、第2試合でマウンドに上がった左腕の舩橋龍右(長泉北中)。なんと、2回二死から6回まで15打者連続三振をマーク。圧巻の投球を見せてくれました。しかし、7回に新木柊(金谷中)の内野安打をきっかけに5失点で敗退。この悔しさを高校で晴らしてほしいです。

 第3試合で5回を無失点に抑えた東海大静岡翔洋中の松下陽真はストレートが速いのはもちろん、縦の変化球が冴えていました。

 もう一人、気になったのは島田一中の右腕・榊原遼太郎。春の選抜大会で見た時からフォームのバランスの良さに惹かれていました。あれから数ケ月。体が大きくなって、球威が増している印象です。この時期の中学生は一気に成長しているのでやっぱり見逃せません。(編集部・栗山)

<写真上/ベスト8進出を決めた長身右腕・森口大貴(入野中)>
<写真下/15打者連続三振をマークした舩橋龍右(長泉北中)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

菊川ボーイズの池田が日本代表、水野&田村が中日本ブロック選抜へ

 ボーイズリーグから嬉しいニュースが飛び込んできました!
 8月2日からオーストラリア・シドニーで開催される2018世界少年野球大会。その日本代表に菊川ボーイズの池田惟音(168cm60kg、右投左打)が選出されました。
 池田は強肩強打の捕手。持ち味はシャープなスイングで左右両方向に打ち分けます。「足を生かして走れるキャッチャーを目指している」という池田。日本代表のユニフォームを着ていい経験をしてきて欲しいです。
 また、同じ菊川ボーイズでは水野琉唯(175cm56kg、右投右打)、田村虎治郎(162cm51kg、右投左打)が中日本ブロック代表に選ばれました。8月25日、26日に鳥取県で行われる第19回ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会に出場します。本格派右腕の水野はキレのあるストレートに加えて、縦と斜めに変化する2種類のカーブが武器。狙って三振をとれる投手です。また好遊撃手の田村の魅力は守備。巧みなグラブさばきを存分に披露してきてもらいたいです。(編集部・栗山)

07101<写真/左から池田惟音、田村虎治郎、水野琉唯(菊川ボーイズ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

ボーイズリーグ県大会レポート

 土曜日はボーイズリーグ・スポニチ杯全日本少年野球静岡選手権の準々決勝2試合を浜松球場で見てきました。

061102 第1試合の菊川ボーイズ対浜松修学舎ボーイズは注目の好投手同士の投げ合いとなりました。浜松修学舎ボーイズが初回に1点を先制すると、1対0のまま試合が進みます。
 まず、菊川ボーイズ・水野琉唯はダイナミックに腕を振り抜く本格派タイプ。力強いストレートで追い込み、最後は縦のブレーキのきいたカーブで三振を奪っていきます。
 一方の浜松修学舎ボーイズ・富山大綺は角度と手元でのキレが武器。制球も良く、打たせて取るピッチングを展開していきます。
  06111試合が動いたのは6回裏でした。菊川ボーイズが1死満塁のチャンスを作ります。ここで4番・大西晴登がライト後方にタイムリーを放って逆転に成功。そして、7回表は水野がランナーを出しながらも無失点に抑え、菊川ボーイズが勝利しました。
 敗れはしましたが、浜松修学舎ボーイズはバットコントロールのいい藤田一輝、強肩強打の伊藤大空など楽しみな選手が多く、高校でも期待したいです。

 06113_2第2試合は御殿場ボーイズが逆転勝ちを飾りました。先発の望月龍飛が丁寧に投げ、打っては「1番センター」の勝又湧斗が2安打2盗塁の活躍を見せました。
 磐田ボーイズは1年生がスタメンで2人登場。そのうちの一人の名前に聞き覚えがありました。昨年末、ドラゴンズジュニアの一員として活躍した古山海帆です。「6番ファースト」で出場し、第3打席ではセンター前安打。とても中学1年生とは思えない堂々とした風格を持ち、打球スピードの速さは圧巻でした。今後も追いかけていきたい選手です。(編集部・栗山)

<写真/上から富山大綺(浜松修学舎ボーイズ)、大西晴登(菊川ボーイズ)、望月龍飛(御殿場ボーイズ)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

小笠地区で中学野球の大会が開催されます!

 小笠地区の中学軟式野球の情報です。4月、5月に2つの大会が開催されます。

04062 毎年恒例の「小笠地区中学野球ペナントレース」が明日7日に開幕します。小笠地区のレベルアップを目的に、2006年から実施されて、今年で12回目。この地区は毎年レベルが高く、好選手が輩出されるだけに注目です。ちなみに、鈴木博志(現中日)も大浜中時代に出場しているとのことです。  
 掛川、菊川、御前崎地区の14校による総当たり戦で、上位4校には夏の中学総体予選のシード権が与えられます。

04063 また、5月3日、4日には「第12回小笠選手権大会」が開催されます。県外の強豪チームや、今春の全国大会で1勝を挙げたU-15フジヤマベースボールクラブも参戦。小笠地区からは好投手・相田康慎を擁する掛川東など、予選を勝ち抜いた8チームが出場します。また、中学野球としては珍しいDH制が導入されるそうです。詳しくはポスターをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

シニア春季大会レポート!

 4日はシニアの春季大会へ。富士シニアグランドで県内2チームが登場した試合を見てきました。

03061_2 第1試合、伊豆市シニアは横浜青葉シニア相手に1対7で敗れましたが、「5番ピッチャー」の佐野立真が2本の二塁打を放ち、存在感がありました。2本ともに変則右腕相手に、強引に引っ張るのではなく、無理のないスイングで逆方向に弾き返していました。ピッチャーとしては、序盤に5失点も、上背があって腕も振れるだけに、これから下半身ができたら楽しみです。 

 第2試合は浜松シニアが相模原西シニアを7対0(6回コールド)で下しました。
 初回、1番・榛葉太輝のレフト前安打、3番・榛葉晃貴の犠飛で1点を先制。2人は双子選手で、ともにシャープなスイングが持ち味です。
 03062さらに、続く4番・岡野裕一郎がレフトの柵を越える豪快な本塁打を放ちました。先日、浜松シニアの練習に伺った時、フリーバッティングを見てから気になっていた選手。スイングにスピードがあり、打球を飛ばせる選手です。前日の東海大翔洋中・石上賢真の本塁打も迫力がありましたが、岡野の打球も負けていない弾丸ライナーでした。
 また、この日は2番・金子伸一、7番・安間皓利も2塁打2本の活躍。今年も浜松シニアは打線に迫力があります。(編集部・栗山)

<写真上/佐野立真(伊豆市シニア)>
<写真下/岡野裕一郎(浜松シニア)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

静岡県中学選抜大会<5日目>~島田球場レポート

 本日、しんきんカップ第48回静岡県中学選抜野球大会は準決勝が行われ、東海大静岡翔洋中と周南中が勝利。明日、春の県王座をかけて決勝戦が開催されます。

 <準決勝>
東海大静岡翔洋 5-0 吉田中
周南中 6-0 中伊豆中

03031 第1試合、東海大静岡翔洋中は初回に無死満塁のチャンスをつかみます。ここで4番・石上賢真(171cm60Kg、右投右打)がレフトポール際にライナーでもっていく一発を放ちました。インパクトに強さがあり、打った瞬間に「いった」と思うほどの猛烈な一撃。久々に、軟式でこれだけの打球を目にしました。弓桁義雄監督によると、チーム全体で「打ち勝つ野球」を目指しているとのこと。その中で、石上はいつでもスタンドまでも放り込める力を持っているスラッガーだそうです。キャッチャーとして肩もいいので、今後も注目していきたいです。
 投げては松下陽真(167cm62kg、右投右打)がノーヒットノーランを達成。角度あるストレートで空振りを奪い、13三振を奪いました。

 03032第2試合は周南中のエース・工藤遼太(168cm70Kg、右投右打)が安定感のある投球で完封しました。柔らかいヒジを畳み込んで使い、球持ちがいいのが特徴。ベース上でボールがグッと伸びてきます。常に全力投球のスタイルですが、視野が広く冷静さも持ち合わせる好投手でした。(編集部・栗山)

★アットエス 静岡新聞SBSオフィシャルサイト
http://www.at-s.com/sports/article/data/baseball/446101.html
※勝ち上がり表はこちらからご覧になれます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

静岡県中学選抜大会<3日目>~焼津球場レポート

 今日はしんきんカップ第48回静岡県中学選抜野球大会の2回戦が行われました。
 各球場で見たい選手が満載でしたが、昨年の同大会から気になっていた開成中の捕手・山元丈輝(168cm64kg、右投左打)が登場する焼津球場に向かいました。

 02241第1打席から山元の能力の高さに驚きました。力強いスイングからライト前安打を放ち、すかさず盗塁を決めます。2打席目、3打席目もバットにボールがあたった瞬間、あっという間に打球が一二塁間を抜けていきました。3打数3安打に盗塁も2つ決めて、抜群の存在感。相手ベンチからは「シングルならオッケー」という声が飛び出すほどでした。守備面ではスローイングの形がいいです。腕を耳の横にスッと持っていき、そこから二塁ベースに向かってストライク送球。肩甲骨周りの柔らかさを感じました。先日、このブログで紹介したスルガボーイズ・斉藤琉仁は鉄砲肩というイメージですが、この山元はタイプの違った強肩捕手。今後が楽しみ逸材です。

 02242試合は島田一中が4対1で勝利。初戦で35点を奪った開成中を抑えたのは榊原遼太郎(163cm49kg、右投左打)でした。体全体を使ったバランスのいいフォームで、ストレートと変化球のコンビネーションが冴えていました。
 野手ではトップバッターの数原椋太(168cm58kg、右投左打)が三塁打を含む2安打の活躍。打つだけでなく、セカンドの守備は一歩目の反応が優れ、7回にはライトに抜けそうなライナーを好捕しました。

02243 第2試合は中伊豆中が対島中を2対1で下しました。チームを勝利に導いたのは長身右腕・川口遥斗(177cm60kg、右投右打)。これだけの体なので、もう少し球が暴れるのかなと思っていたのですが、序盤からストレートが低めにビシビシと決まっていきます。4回までパーフェクトに抑える快投。5回には無死満塁のピンチを作りましたが、無失点にしのぎます。角度があって球持ちがいいのが特徴。縦に大きく割れる変化球は「ここ」という場面で武器になるでしょう。打っても2安打に加えて2盗塁。体にバネが漲るだけに、スケールの大きな選手になる予感がしました。(編集部・栗山)

<写真/上から山元丈輝(開成中)、数原椋太(島田一中)、川口遥斗(中伊豆中)>

★アットエス 静岡新聞SBSオフィシャルサイト
http://www.at-s.com/sports/article/data/baseball/446101.html
※勝ち上がり表はこちらからご覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

ボーイズリーグの県大会を見てきました!

022001_2 18日はボーイズリーグの県大会2試合を富士ボーイズグランドで見てきました。

 第1試合は島田ボーイズが磐田ボーイズをタイブレークの末に下しました。
 島田ボーイズはとにかくバットが振れていました。2回に6番・村松星哉、3回に4番・松浦快斗がそれぞれレフトスタンドへ本塁打。ともにパワフルで豪快なスイングが印象的でした。
 02202_2磐田ボーイズで存在感を示したのが「2番ショート」の山本和輝。初回にきっちりと送りバントを決めると、第2打席でセンター前、第3打席ではレフト前安打を放ちました。そして7回には2死から同点となる2点タイムリー二塁打。右中間方向へきれいにライナーで弾き返しました。野球センスが感じ、特にボールの待ち方とタイミングの取り方が優れていました。

02203_2 続く第2試合はスルガボーイズがコールド勝ちでベスト4進出を決めました。
 注目したのはスルガボーイズの捕手・齋藤琉仁。工藤隆監督が「私が指導してきた中ではキャッチャーならナンバーワン」という逸材です。魅力は肩の強さ。まさに鉄砲肩でした。イニング間の送球から明らかに違います。この日は2つの盗塁を阻止。二塁ベースに向かって垂れることなくライナーで伸びます。その強肩を生かし、投手もこなすそうですが、1年生右腕の鈴木友が成長してきたことで、工藤監督は「キャッチャー一本で大きく育てていきたい」と期待。「中学2年生世代」は軟式にもいい捕手が多いですが、硬式でも面白い捕手を発見できました。
 02204_2この日は大敗を喫しましたが御殿場ボーイズにもキラリと光る選手がいました。「1番ピッチャー」の勝又湧斗は投げても打ってもフォームのバランスが良かったです。また、1年生ながら4番を任されている松田碧海は学童時代に東京スワローズジュニアでプレー。NPB12球団トーナメントにも出場しています。体に力がありそうな感じでしたので、今後が楽しみです!(編集部・栗山)

<写真/上から村松星哉(島田ボーイズ)、山本和輝(磐田ボーイズ)、斉藤琉仁(スルガボーイズ)、勝又湧斗(御殿場ボーイズ)>

★公益財団法人 日本少年野球連盟 静岡県支部
http://www.netto.jp/boysleagueshizuoka/
※勝ち上がり表はこちらからご覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧