中学野球

2022年12月 5日 (月)

下田ボーイズ、県初タイトル獲得!

 ボーイズの中学3年生にとっては最後の大会となる「2022オリエンタルフーズ旗争奪3年生交流大会」の準決勝と決勝戦が4日、愛鷹球場で開催されました。

<準決勝>
菊川ボーイズ 5-4 浜松修学舎ボーイズ
下田ボーイズ 6-1 スルガボーイズ

<決勝>
下田ボーイズ 4-3 菊川ボーイズ(延長8回タイブレーク)

12051

 決勝戦は手に汗握る好ゲームとなりました。1対1で迎えた6回、菊川ボーイズは7番・渡辺夏叶のタイムリー二塁打などで2点を勝ち越します。一方の下田ボーイズはその裏、2番・磯谷怜皇のタイムリーなどで同点に。延長タイブレークに突入した8回、下田ボーイズが守備で一死満塁を併殺で無失点に切り抜けると、その裏、相手のミスでサヨナラ勝ちを決めました。

12054  創設11年目にして初の県タイトルを獲得した下田ボーイズ。この日、投打で躍動したのは佐野恭太郎です。準決勝ではリリーフで好投し、2本の三塁打をマーク。そのうち、一本はレフトのフェンス直撃の弾丸ライナーでした。決勝戦では先制タイムリーを含む2安打。そして7回か らマウンドに上がって愛鷹球場のスピードガンで130キロをマークしました。「このチームでプレーできるのは最後だったので嬉しい」と佐野。「高校では150キロを出して甲子園に行きたいです」と逞しい言葉を聞けました。
12052  2試合トータルで4安打を放った「2番・サード」の磯谷も高校での活躍が期待される選手。栗原陵矢(福岡ソフトバンク)のフォームを参考にしているという打撃はリストが柔らかく、胸の前まで球を引きつけてコンパクトなスイングで弾き返します。守備での肩の強さも魅力。「高校では1年からレギュラーを狙って、スター性のある選手になりたいです」。プロ野球を夢見ているそうで、将来が楽しみです。

 12053準決勝で敗れましたが、浜松修学舎ボーイズの健闘も光りました。「3番ピッチャー」で出場した佐藤塁唯は身長176センチ体重82キロの体格の良さに加え、投球の際のヒジの使い方が目を引きました。球速は120キロ台に満たないものの、まさに大器。父・二朗氏はヤクルト、ヤマハで活躍した強打者で、息子の打撃も父の現役時代を彷彿とさせる豪快さとスケール感がありました。まだまだ身長は伸びているとのこと。新たな静岡の宝として今後も追いかけていきたいです。

 準優勝の菊川ボーイズは山本暁斗が下田ボーイズの佐野と同じく130キロをマーク。スルガボーイズは先発した望月佑哉がキレのあるストレートに加え、縦に大きく曲がる変化球が良く、しなやか系の本格派右腕として高校でブレークする雰囲気を持っていました。(編集部・栗山)

<写真/上から優勝してナンバーワンポーズを作る下田ボーイズの選手たち、佐野恭太郎(下田ボーイズ)、磯谷怜皇(下田ボーイズ)、佐藤塁唯(浜松修学舎ボーイズ)>

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

島田ボーイズが2年ぶりに春の全国へ

 ボーイズリーグの春季全国大会県支部予選の準決勝、3位決定戦、決勝戦が27日に草薙球場で行われました。島田ボーイズが2年ぶりに優勝。来年3月開催の全国大会出場を決めました。

<準決勝>
島田ボーイズ 9-3 磐田ボーイズ
菊川ボーイズ 3-1 浜松北ボーイズ

<3位決定戦>
浜松北ボーイズ 6‐1 磐田ボーイズ

<決勝戦>
島田ボーイズ 7-3 菊川ボーイズ

11291_20221129165701

11292  決勝戦は島田ボーイズと菊川ボーイズのカードとなりました。先制したのは菊川ボーイズ。初回に1死満塁から5番・國川翔輝の走者一掃のタイムリーで3点を挙げます。一方の島田ボーイズは4回に反撃。6番・鈴木迅のタイムリー二塁打などで一挙4点を奪って逆転すると、5回にも3点を追加します。このリードを4回からマウンドに上がった鈴木迅が守り抜きました。

11293  この日の4試合。左の好投手たちが目につきました。菊川ボーイズは学童時代から注目された矢部侑が準決勝で1失点完投勝利。手足が長く高身長。中学2年生の時点ならそれだけで十分に魅力ですが、さらに体全体の柔らかさが半端ないです。球速以上に速さを感じるストレートと曲がり幅のあるスライダーとの組み立てで安定感がありました。
 3位決定戦で好投したのが松下歩叶(浜松北ボーイズ)。腕の振りが良く、カーブとのコンビネーションが良かったです。細身で大きな伸びしろを秘める見原悠斗(島田ボーイズ)、バランスのいいフォームに惹かれる鈴木颯真(菊川ボーイズ)も今後注目されそうなサウスポーです。(編集部・栗山)

<写真/上から全国大会出場を決めてガッツポーズを作る島田ボーイズナイン、決勝戦で躍動した鈴木迅(島田ボーイズ)、準決勝で快投を見せた矢部侑(菊川ボーイズ)>

| | コメント (0)

2022年11月28日 (月)

三ヶ日中が全国出場へ、最後の1枠を掴み取る

 文部科学大臣杯第14回全日本少年春季軟式野球大会静岡県予選兼静岡県中学校新人野球大会。すでに、東・中・西部地区予選を勝ち抜いたU15フジヤマBBC、東海大静岡翔洋中、桜が丘中が来春の全国大会への出場を決めています。ラスト切符をかけた各地区準優勝3校によるの地区準優勝チームリーグ戦が26日に裾野球場で開催されました。

<地区準優勝チーム・リーグ戦>

三ヶ日中 4-0 大里・中島中
大里・中島中 11-2 伊東南中
三ヶ日中 6-3 伊東南中

11281_20221128175901

11282_20221128180501  雨の影響で2時間遅れで開始した第1試合。前評判の高かった三ヶ日中のエース左腕・井口陽向が快投を見せます。右足が大きく跳ね上がり、体のバネを感じる躍動感たっぷりのフォーム。回転のいいストレートとブレーキのきいたカーブで相手打線を翻弄します。球数制限(100球)があり、6回2死でマウンドを降りましたが、そこまで無安打に抑えました。三ヶ日中はバックを守る守備のレベルも高かったです。6回二死満塁の場面。遊撃手の前に転がった打球を大野太誠が軽やかにさばいてピンチを脱します。野球センスが感じられたビッグプレーでした。また、捕手・竹田啓視の肩も目立っていました。一塁走者が試みた盗塁を3度も刺します。捕ってから投げる速さがあり、何よりコントロールが素晴らしかったです。

11283_20221128180801  続く第2試合は大里・中島中が計12点を奪って圧勝しました。存在感があったのは2塁打2本を含む3安打と好調だった「1番キャッチャー」の髙橋佑和。右にも左にも長打が打てる選手です。2安打を放った4番・安池友も打席での雰囲気が良かったです。

 そして、第3試合は三ヶ日中が1点ビハインドで7回へ。このまま敗れれば、得失点差の関係で大里・中島中の全国切符が決まります。しかし、三ヶ日中は底力を発揮しました。2死満塁から6番・岡部琳太朗の一塁強襲安打で2者が生還。その後も2点を加えて試合を決めました。

 2012年以来、2度目の全日本少年春季軟式野球大会出場を決めた三ヶ日中。新チームの結成直後から「全国出場」を目標に掲げ、特に走塁に磨きをかけてきたとのこと。この日の2試合でも、随所に積極的な走塁を仕掛けていました。植村慧央監督は「気持ちを切らさずに頑張ってくれた。一冬の間に個々をレベルアップし、チーム力を上げていきたい」と視線を来春に向けていました。
 
11284  この日は2連敗を喫しましたが、伊東南中にも楽しみが選手がいました。なかでもトップバッターの金指敢太はバットが振れる選手、本来はエースでこの日は遊撃を守っていた勝又劉翔はスローイングの形が良く、今後に期待です。(編集部・栗山)

<写真/上から全国出場を決めた三ヶ日中ナイン、将来が楽しみな井口陽向(三ヶ日中)、力強いスイングの髙橋佑和(大里・中島中)、身体能力の高い金指敢太(伊東南中)

| | コメント (0)

2022年11月19日 (土)

【クラストカップ】静岡裾野シニアが優勝を飾る!

 クラストカップ杯第23回リトルシニア南関東支部野球大会の決勝戦&3位決定戦が中栄信金スタジアム秦野で本日行われました。
 決勝戦は静岡代表の静岡裾野シニアが神奈川代表の横浜青葉シニアを下し、5度目の優勝を飾りました。

<決勝戦>
静岡裾野シニア 6‐2 横浜青葉シニア

<3位決定戦>
逗子シニア 12‐5 浜松南シニア(5回コールド)

11191_20221119191701

 秋季関東大会を圧倒的な力で制した静岡裾野シニア。勢いそのままに、クラストカップも勝ち上がってきました。
11192  決勝戦は2回に相手のミスが絡んで2点を先制すると、4回には1死二塁から7番・木部海月のレフトオーバーの長打で1点を追加します。さらに5回には5番・村上諒の2点タイムリーなどでリードを広げました。
 投げては2回途中から登板した左腕・宮澤和聖が低めいっぱいに決まるキレのあるストレートに、曲がり幅の大きい変化球を武器にゲームメーク。そして7回はエース右腕の伊藤漣が締めました。
 秋季関東大会で最優秀賞を獲得し、全国の高校野球界から注目を集める「4番キャッチャー」の杉山育夢は3回にライト前安打。試合後は「勝ったことは良かったですが、まだ小さいミスを修正しないといけないです」と主将として厳しい表情を浮かべていました。
11193    静岡裾野シニアは秋の公式戦は無敗。当然ながら、出場が確実視されている来春の全国大会の頂点を見据えています。「この冬にもっと細かい部分を詰めていって、負けないチームを作ります」と杉山。タレント揃いの静岡裾野シニアがひと冬の期間でどんな進化を見せるのか。まだまだ伸びしろがあり、底が見えないチームなだけに楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/優勝した静岡裾野シニアの選手たち>
<写真中/5回にタイムリーを放って笑顔の村上諒(静岡裾野シニア)>
<写真下/安定感のある投球を見せた宮澤和聖(静岡裾野シニア)>

| | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

中学軟式クラブチームの大会で見た注目選手!

 7日は中学の軟式クラブチームによる「第1回SHIZUOKA RUBBER BASEBALL CLUB SUMMER CUP」を取材しました。
  近年、県内各地で続々と増える中学クラブチーム。今大会は8チームが参加しています(志太ナインBBCは2チーム参加)。

08091_20220809181801  この日の第2試合はU15フジヤマBBCが登場。静岡高の吉田優飛の弟で、中学県ナンバーワン左腕との呼び声が高い吉田遥孔(3年)に注目しました。
 吉田を見るのは約1年ぶり。以前、兄の優飛を取材した際、「弟はめちゃくちゃでデカくなっていますよ」と聞いていたのですが、実際に見たらビックリ。身長が伸びているし、全体的なシルエットが大きくなっていました。
 先発して、3回を1失点。打つ方では6回の打席で、初球をジャストミートします。打った瞬間にわかるライト方向へのライナー性のホームランでした。さらに7回、負けている場面で打席が回ってくると、ライト前に同点タイムリー。体の軸がブレず、スイングも圧倒的。そして、勝負強さも垣間見ることができました。
 
 08092_20220809181801 そのU15フジヤマBBCにタイブレークの末に勝利したのが、志太ナインBBC。創部3年目の新鋭チームです。気になったのはバッテリーです。エースの廣川理桜(3年)は漢人友也(現中京大)そっくりの体を少し捻じるフォームから低めのコースに投げる制球が持ち味。「1番キャッチャー」の増田湧仁(3年)はコンパクトなスイングでレフトオーバーの打球を放ち、肩も良かったです。

08093_20220809182201
 また、2019年に結成された清水BBCにも楽しみな選手がいました。先発した渡邉駿(3年)は角度のある球を投げ込み、ショートでセンスある動きを見せて途中からマウンドに上がった杉山心之介(3年)は柔らかいヒジの使い方に伸びしろを感じました。(編集部・栗山)

<写真/上から吉田遥孔(U15フジヤマBBC)、増田湧仁(志太ナインBBC)、杉山心之介(清水BBC)>

 

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

【静岡県中学親善大会】浜松A選抜が優勝!

★8月3日 第39回静岡県中学親善野球大会 決勝戦 草薙球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7
小笠 0 0 0 0 0 0 0 0
浜松A 0 0 0 1 0 0 × 1

(小)名波、大崎-金原
(浜)鈴田、隈本-山上

▽二塁打=角田(浜)

08041

 計20チームが参加した静岡県中学親善野球大会。決勝戦に残ったのは浜松A選抜と小笠選抜でした。

08042  決勝戦は引き締まった好ゲームとなりました。序盤は浜松A選抜・鈴田樹(開成中)、小笠選抜・名波瑛太(大須賀中)の投げ合い。両投手ともに打たせてとる投球で3回まで無失点。試合が動いたのは4回でした。浜松A選抜は3番・竹下健太(高台中)のレフト前安打、4番・角田大和(可美中)のレフトオーバーの二塁打で1死二三塁のチャンスを作り、6番・牧之瀬悠(北浜中)のタイムリーで先制します。
 1点をリードした浜松A選抜は好投の鈴田から6回に隈本秀我(高台中)がリリーフ。体全体を使ったパワフルなフォームから130キロを連発し、最後を締めました。
 この日、1日で3試合をこなして優勝した浜松A選抜。3試合ともに接戦での勝利。層の厚さに加え、今年は勝負強さが光りました。
08043  あと一歩及びませんでしたが、小笠選抜も堂々とした戦いぶりでした。決勝戦で安打を放った「4番キャッチャー」の金原武嗣(大須賀中)は間違いなく軟式県トップクラスの捕手。二塁送球が2秒を切る強肩に、フォロースルーの大きい迫力あるスイングが魅力。見れば見るほど引き込まれていきます。高校進学後も注目していきたい選手です!(編集部・栗山)

<写真上/優勝した浜松A選抜の選手とスタッフ>
<写真中/決勝戦で豪快な二塁打を放った角田大和(可美中)>
<写真下/強肩強打を披露した金原武嗣(大須賀中)>

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

【静岡県中学親善大会】蜆塚中・永原、5回参考ながら無安打無得点達成

 第39回静岡県中学親善大会が開幕しました。
 初日は裾野球場で浜松B選抜と藤枝選抜の試合を見てきました。

08021_20220802200401

 浜松B選抜は高校野球界から注目を集める左腕・永原悠大(蜆塚中)が先発。右打者の内角にズバッと決まるクロスファイヤー、そして速いスライダーを武器に2回2死から7者連続三振をマークします。打線の援護もあり、5回を投げて被安打0で参考ながら無安打無安打試合を達成。計9奪三振の圧巻の投球を披露してくれました。パワーと柔らかさを兼ね備えるハイブリッド型。この夏の中体連でチェックした際は、球が荒れることがありましたが、与えた四球は1つのみ。いい意味で力が抜けて制球も安定しました。
08022_20220802200601
 一方、敗れたものの、藤枝選抜の先発を任された秋山創大(岡部中)も期待値の高い左腕。180センチの身長から打者の手元で伸びるストレートを投げ込んでいました。まだまだ体の線が細く、粗削り。投手として完成するのは高校野球以降で遅咲きのタイプだと感じますが、スケールの大きな投手になりそうで楽しみです。(編集部・栗山)

<写真上/5回参考ながら無安打無得点試合を達成した永原悠大(蜆塚中)>
<写真下/将来性が光る秋山創大(岡部中)>

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

浜松南シニアが3年連続で夏の全国大会へ!

 浜松南シニアが8月2日に開幕する第50回日本リトルシニア日本選手権に出場します(3年連続12度目)。

07151
07152
エース左腕の児玉一琉(左)、主将の池田悠人(中)、俊足巧打の鈴木脩平(右)

 昨年も日本選手権に出場した浜松南シニア。鈴木彰宏監督は「去年に比べたら飛び抜けた選手はいないが、3年生26人を中心にチームワークで戦っていくチーム」と話します。
 昨秋の新チーム最初の公式戦は富士シニアに敗退。その後の大会も勝てず、春の全国大会を逃しました。
 それでも、地道な練習で力を蓄え、5月から開催された関東連盟夏季大会では4回戦まで進出。敗者復活2回戦(対相模原シニア)では延長8回タイブレークの末に勝利し、全国切符を手にしました。主将の池田悠人(3年)は「特別な選手はいませんが、まとまりを武器に全国ではベスト8以上を狙っていきたい」と意気込んでいます。
 
 今年の浜松南シニアの特徴は、複数の好投手を擁していることです。「どのピッチャーも同じくらいの力を持っています。とにかく色んなピッチャーをつぎ込んで接戦に持ち込みたいです」(鈴木監督)
 エースナンバーを背負うのが左腕の児玉一琉(3年)。力強いフォームからキレのあるストレートを投げ込みます。また、リリーフでマウンドに上がって勢いで抑える右腕の内山颯太(3年)、しなやかな腕の振りで将来性抜群の左腕・佐藤大介(2年)も注目です。

07153
今が伸び盛りの右腕・安藤蒼哉

 さらに楽しみなのが安藤蒼哉(3年)。元々は捕手で、肩の強さを買われて2年から投手に転向。バランスのいいフォームに加え、肩甲骨周りの柔らさが魅力の本格派タイプです。
 投手に転向した当初、腕を大きく使って投げていたことで制球に不安があったそうですが、冬の期間にコンパクトな投げ方を習得。4月の関東連盟春季大会では強豪の八王子シニア相手に好投するなど台頭してきました。「勝てるピッチャーになっていきたい」と安藤。自信のあるストレートを武器に全国大会で羽ばたきます。(編集部・栗山)

★浜松南シニアのメンバー
児玉一琉(3年)/大橋一輝(3年)/安間敬祐(3年)/鈴木脩平(3年)/松下琥太郎(3年)/池田悠人(3年)/内山颯太(3年)/石原凪(3年)/瀬戸口琉太(3年)/安藤蒼哉(3年)/大石雄塁(3年)/花井悠真(3年)/疋田龍悟(3年)/永岡隼輝(3年)/山内脩平(3年)/太田壮海(3年)/瀬崎創也(3年)/青木統眞(3年)/川合渚(3年)/鈴木翔真(3年)/高橋尚詠(3年)/本多朝愁(3年)/足立朝飛(3年)/飯田唯人(3年)/安川宙輝(3年)/石津幹也(3年)/佐藤大介(2年)/鈴木大和(2年)

| | コメント (0)

2022年7月12日 (火)

【日刊スポーツ杯】静岡中央シニアが富士シニアを撃破!

 10日の午前中は富士シニアのグランドで日刊スポーツ杯を見てきました。
07121_20220712163001  第1試合は富士シニアと静岡中央シニアが対戦。静岡中央シニアが前半に奪った大量リードを守り抜き、8対5で勝利しました。
 攻守で目覚ましい動きを見せたのは「4番ショート」の杉山怜矢。初回のチャンスでライト前に2点タイムリーを放つと、2回にはレフト前にタイムリー。先発で好投した左腕・小林幸乃祐の後を受け、4回からはマウンドへ。右サイドから腕が振れ、低めギリギリのコースにキレのある球を投げ込みました。投打ともに将来性がありますが、「どちらかというバッティングの方が得意」と話す杉山。見逃し方の雰囲気が良く、シャープなスイングで一球で仕留めるタイ07122_20220712165501 プです。「相手には同じ中学の同級生もいて、今日は絶対に負けたくありませんでした。ここまできたら優勝を狙っていきます」。キャプテンとしてもチームをまとめる要。次の準決勝、そして決勝での活躍を誓ってくれました。
 一方の富士シニアは今月2日にジャイアンツカップ東海地区B代表決定戦で愛知豊橋ボーイズに勝利。来月開催のジャイアンツカップ出場を決めています。全国の舞台でまずは1勝を目指して頑張ってほしいと思います!
 
07123_20220712165601  続く第2試合で目を引いたのは沼津シニアの先発・遠藤稜大です。肩関節に柔らかさがあり、リリースの位置が打者寄り。キャッチャーミットに向かってホップするようなイメージの球を投げ込みます。強打の浜松シニア打線からストレートで空振りをとり、打者がとらえたという球も詰まっていました。それだけ、手元で球が伸びている証拠だと思います。高校で体が出来上がったら楽しみな選手です。(編集部・栗山)

<写真上&中/杉山怜矢(静岡中央シニア)>
<写真下/遠藤稜大(沼津シニア)>

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

【日刊スポーツ杯】静岡蒲原シニアが圧勝!

 シニアの日刊スポーツ杯が6月26日に開幕しました。
07051_20220705160501  優勝候補の一つに挙がるのが静岡蒲原シニア。初戦は13対0で勝利。続く3日に行われた2回戦(対浜松シニアB)を取材しました。
 先発したのはエース左腕の杉本迅。「真っすぐが走っていて調子が良かった」と、2回から変化球を使わずにオールストレートで勝負。5回を無安打に抑える好投を見せました。テークバックからリリースにかけ、腕が体に巻き付くように流れ、ヒジのしなりも十分。顔が小さく、まさに投手体型です。同チームでプレーした髙田琢登(現横浜DeNA)の中学時代を思い出してしまいました。高校で下半身を使えるようになってくれば、自然と球威が上がっていきそうです。
 「2022 リトルシニア関東連盟夏季大会」では3回戦で行田シニアに敗退。先発した杉本はわずか8球でマウンドを降り、その悔しさをもって中学最後となる今大会に臨んでいるとのこと。「最後は優勝して終わりたいです」と意気込んでいました。
07052  試合は静岡蒲原シニアが10対0で圧勝(5回コールド)。初回に1点を先制すると、2回には一挙6点を奪う猛攻を見せます。迎えた5回、「7番サード」の大木仁がレフト方向に大飛球。「打った瞬間にいったとわかりました。今までで一番飛んだと思います」。中学通算20本目となる本塁打を放って試合を決定づけました。身長183センチ体重93キロ。高校生、いや大学生と言われても納得する堂々とした体格の持ち主。
07053_20220705160901 「決して調子が良いわけではないんですが」と本人は話しますが、それでもピンポン球のように飛んでいく圧倒的なパワーに魅力を感じました。兄の漣は今夏、加藤学園でエースを務めます。試合後は「自分も負けていられません」と気合いをみなぎらせていました。(編集部・栗山)

<写真上/5回を無安打無得点に抑えた杉本迅(静岡蒲原シニア)>
<写真中/本塁打を含む2安打を放った大本仁(静岡蒲原シニア)>
<写真下/試合後の大本仁(左)と杉本迅(右)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧