社会人野球

2018年9月18日 (火)

ヤマハ、日本選手権出場を逃す

★9月18日 日本選手権東海地区予選敗者復活3回戦 晴 岡崎市民球場 

  チーム
王子 2 2 0 0 1 2 4 11
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 1 1

<7回コールド>

(王)近藤-細川
(ヤ)近藤、大野、ナテル、波多野、伊藤、九谷-東

▽二塁打=亀山、勝田、神鳥(王)
▽三塁打=伊礼、前田(ヤ)
09181

 ヤマハが日本選手権への出場を逃しました。
 序盤に守備のミスが重なって4点のリードを許す苦しい展開。3、4回は3番手のフェリペ・ナテルが無失点に抑えるも、5回以降も失点が続きました。一方で打線は相手のエース・近藤均の前にチャンスらしいチャンスを作ることができず。7回に、5番・藤岡康樹の犠飛で1点を返すのが精一杯でした。
 初戦のHonda鈴鹿戦に続くコールド負け。主将の矢幡勇人は「ミスが多く、防げる点数を防げなかった」と悔しそうな表情を浮かべていました。ただ、新体制となり、まだ1カ月足らずですが、「最後まで諦めない姿勢はチームに出てきた」と確かな成長も口にしていました。
 目標はあくまで来年の都市対抗出場。やっぱり、ヤマハが強くないと、静岡の野球が盛り上がりません。3年ぶりの東京ドームに向かい、今度、どのように変貌を遂げるのか注目していきたいです。(編集部・栗山)

室田信正監督
「ベンチは元気を出していたが、なかなか切り替えることができなかった。(今後に向けて)まずはバッテリーをしっかりと作っていきたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

社会人日本選手権中国予選&東海予選レポート!

  7日(金)は静岡から車を走らせて約6時間、岡山の倉敷マスカットスタジアムに向かいました。現在、社会人の日本選手権中国地区予選が開催中。今秋のドラフト候補として名前が挙がる駿河総合出身の杉山一樹(三菱重工広島)をもう一度この目で見たいと、思い切って行ってきました。
09091_2 球場に着き、杉山が先発と知って一安心。日本選手権予選の大事な初戦のマウンドを託されたということは、チームとして信頼が高くなってきた何よりの証拠でしょう。
 初回に、球場のスピードガンで147キロをマーク。ただ、この日はストレートというより、縦のスライダーにキレがありました。5回まで毎回ランナーを出しながらも、無失点に。要所で三振も奪いました。しかし、6回に2死一二塁のピンチを作ると連続タイムリーを浴びて3失点。ここでマウンドを降りました。
 チームはサヨナラ負け。かなり悔しそうな表情でしたが、悪いなりにもストレートを見せ球に変化球で打ち取っていく姿に成長を感じました。
 また、相手の三菱自動車倉敷オーシャンズは、掛川西出身の川原孝太が「1番ファースト」で先発で出場。ライト方向へ2本の安打を放ちました。プレーはもちろん、チームを声で引っ張る姿が良かったです!

09092_2 そして、今日は東海地区予選へ。ヤマハの初戦を取材しました。
 2回に5番・藤岡康樹のライトポール直撃の本塁打などで3点を先制するも、3対10で8回コールド負け。投手陣が踏ん張り切れず、守りのミスも痛かったです。
 試合後、室田信正監督は「修正できるところは修正していきたい」とコメント。これで第3代表決定戦に回るヤマハは、出場権を獲得するには4連勝しかありません。何とか意地を見せてほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/初戦の先発を任された杉山一樹(三菱重工広島)>
<写真下/先制2ラン本塁打を放ち、松尾知之コーチとハイタッチする藤岡康樹(ヤマハ)> 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

初戦王者にヤマハが輝く!

★8月20日 第1回静岡県社会人・大学野球対抗戦決勝  晴  ヤマハ豊岡球場 

  チーム
東海大海洋学部 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
ヤマハ 1 0 0 2 0 1 0 0 × 4

(東)孕石、坂本、山本-枷場
(ヤ)水野、波多野、緒方-川邉、東

▽二塁打=藤岡、矢幡(ヤ)
▽本塁打=矢幡(ヤ)

<1回戦>
東海大海洋学部 2-0 浜松ケイ・スポーツBC
日大国際関係学部 4-3 山岸ロジスターズ

<準決勝>
東海大海洋学部 2-0 スクールパートナー硬式野球部
ヤマハ 2-1 日大国際関係学部

08202
 第1回静岡県社会人・大学野球対抗戦が18日、19日にヤマハ豊岡球場で開催されました。
 企業、クラブ、大学から計6チームが参加。決勝戦に残ったのはヤマハと東海大海洋学部でした。

08201 東海大海洋学部の先発は孕石幸寛。初回、先頭の矢幡勇人にいきなりライト方向に本塁打を浴びたものの、その後は最速142キロのストレートでヤマハ打線を押し込んでいきます。特に印象的だったのは6回。社会人を代表する強打者の佐藤二朗を詰まらせてセカンドフライに打ち取りました。6回を投げて4失点。その内容に本人は納得していない様子でした。「今日は60点の出来です。もっと低めをついていかないと…」。それでも、社会人相手に自信も掴んだはず。「今日の反省を生かして秋のシーズンは先発としてどのカードでも必ず1勝はしたいです」と前を見据えていました。
 一方のヤマハは9回にプロ注目の緒方太地がマウンドへ。しなやかなフォームから投げ込まれる140キロ台中盤から後半のストレートに惚れ惚れしました。同じ速球派でも昨年ヤマハからプロ入りした鈴木博志(中日)が「剛」だとしたら、緒方は「柔」というイメージ。この日、先発した水野匡貴とともに、9月の日本選手権予選ではヤマハ投手陣を引っ張ってほしいです。(編集部・栗山)

ヤマハ・室田信正監督
「先行された中で逆転して勝ち切れたのは収穫。こういう我慢強さ、粘り強さをチームに植え付けていきたい」

<写真上/最優秀選手賞を獲得した矢幡勇人(ヤマハ)>
<写真下/企業チーム相手に堂々とした投球を見せた孕石幸寛(東海大海洋学部)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

ヤマハ、新体制での初オープン戦を見てきました!

★7月31日 オープン戦  晴  新日鐵住金東海REXグランド 

 チーム
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
東海REX 0 0 2 0 1 0 0 0 × 3

(ヤ)近藤、上田、伊藤、ナテル-川邉
(東)松向、平峯-後藤田
07311_2

 今日は、ヤマハが新体制となって初のオープン戦を行うということで新日鐵住金東海REXのグランドに伺ってきました。
 僕がグランドに着くと、ヤマハの選手たちはベンチ前で澁谷寿成新ヘッドコーチのサイドノックを受けていました。明らかに以前とは雰囲気が違う…。全員がまるで高校生のように大きな声を出し、元気良く動き回り姿に驚きました。
 07312新体制となり約一カ月が経過。室田信正新監督は「全力で声を出すこと」をチームに植え付けてきたそうです。
「劣勢になった時でも声を出すことで何かが起こる。最後まで絶対に諦めないチームを作りたいと思っています」
 実際、今日は1試合を通して、ベンチに活気がありました。0対3という苦しい展開で最終回を迎えましたが、相手のエラーと6番・羽山弘起のレフト線への二塁打から1点を返す粘りも。この粘り強さこそ、室田新監督が目指す新しいヤマハのスタイルだと感じました。
 試合後、室田監督は「攻撃面はやりたいことは少しずつできている。あとはバリエーションを増やしながら壁を破っていきたい」と手応えを掴みつつある様子。9月の日本選手権予選までにどのようにチームが変貌を遂げるのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真/今月1日からチームを率いる室田信正新監督。現役時代は投手として都市対抗に8度出場の経験を持つ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が11奪三振完投&岩本喜照(日本新薬)が東京ドームデビュー!

 都市対抗、今日の第1試合は新日鐵住金鹿島対日本新薬。嬉しいことに静岡県出身選手が活躍してくれました!

 07181_2新日鐵住金鹿島の注目右腕・大貫晋一(桐陽出身)は初回に146キロを計測。無難に立ち上がります。3回、5回に1点ずつ失いますが、大崩する要素が全くありませんでした。9回まで投げ抜き、なんと毎回の11奪三振をマーク。力感はそれほどないのですが、回転数の多いストレートがビシビシとコースに決まっていました。大学時代は故障に苦しんだだけに、この快投に感動しました。
 また、予選で153キロをマークした日本新薬の岩本喜照(常葉菊川出身)は8回途中からマウンドへ。その初球、いきなり147キロを叩き出し、僕のテンションも上がっていきました。大学時代よりも07182フォームがいい意味で荒々しくなり、その分、ストレートに力強さが加わっています。ただ、今日の岩本は少しストライクとボールがはっきりしていた印象。結果的に1回3分の2を無失点に抑えましたが、試合後、本人も納得していない様子でした。「この経験を行かして秋に向けて頑張ります」とのこと。社会人2年目の今年はプロ解禁イヤー。今回の東京ドームの経験を糧に、さらなる飛躍を期待したいです。
 そして、日本新薬で忘れてならないのが静岡高出身の板倉健人。第1打席で左中間への二塁打を放つと、第2打席では低めの難しい変化球をレフトスタン07183_2ドに運びました。「まさか入るとは思いませんでしたがガムシャラに押し込みました。でも、負けたら意味がありません…」と悔しそうな表情。それでも、走攻守に渡っての全力プレーに元気をもらいました!(編集部・栗山)

<写真上/大舞台でエースの働きを見せた大貫晋一(新日鐵住金鹿島)>
<写真中/東京ドームデビューを果たした岩本喜照(日本新薬)>
<写真下/都市対抗で初本塁打を放った板倉健人(日本新薬)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

都市対抗で期待したい静岡関連選手!

  高校野球の予選が真っ盛りの今日この頃、社会人野球の第89回都市対抗野球大会も東京ドームで本日開幕します!
 ヤマハなどの県勢は惜しくも予選で敗退。ただ、県関連選手は多く登場するだけに目が離せません。

07131 まず、今秋のドラフト候補として名前が挙がる三菱重工広島・杉山一樹(駿河総合出身)がJR西日本の補強選手として出場します。所属チームは不祥事の影響で予選を辞退。それだけに、本大会にかける思いは強いはず。150キロを超える剛球を投げ込んでくれることでしょう。
 日本新薬の2年目・岩本喜照(常葉菊川出身)も楽しみ。予選では全4試合に抑えで登板し、8回3分の1を無失点。球速は153キロをマークしたという情報もあるだけに必見です。
 さらに、新日鐵住金鹿島のエースに成長した大貫晋一(桐陽出身)、予選で大活躍を見せた東京ガスの石川裕也(日大国際関係学部出身)、Hondaの補強で出場するJFE東日本の中澤彰太(静岡高出身)も見逃せません。
 07122_3そして、初出場のトヨタ自動車東日本には古屋旺星がいます。御殿場ボーイズ出身の古屋は花巻東(岩手)を経て、今年入社。東北2次予選の第1代表決定戦では8回に2死一三塁の場面で代打出場。そこで貴重なレフト前タイムリーを放ち、都市対抗出場に貢献しました。「本大会でもここ一番で一本を打てるようにしっかり準備をしていきたい」と話す古屋。持ち味の勝負強さを発揮してほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/プロ注目の杉山一樹(三菱重工広島)。JR西日本の補強選手として出場する>
<写真下/花巻東時代の古屋旺星(トヨタ自動車東日本)。社会人1年目ながら都市対抗出場に貢献した>

=====================

[静岡関連の出場選手]

★トヨタ自動車東日本/古屋旺星(御殿場ボーイズ-花巻東)
★信越硬式野球クラブ/五十嵐将(中越-静岡産業大)
★信越硬式野球クラブ/近藤駿(常葉菊川-立正大)
★信越硬式野球クラブ/小池俊輝(笛吹-常葉大浜松キャンパス)
★信越硬式野球クラブ/柳龍一(浜松商-岐阜聖徳学園大)
★SUBARU/遠藤康平(常葉菊川-青山学院大)
★日本通運/渡辺圭(富士シニア-東海大甲府-東海大)
★新日鐵住金鹿島/大貫晋一(桐陽-日本体育大)
★Honda/中澤彰太(静岡-早稲田大)※JEE東日本所属
★新日鐵住金かずさマジック/長谷川裕介(常葉菊川-法政大)※JEE東日本所属
★セガサミー/赤堀大智(掛川西-立正大―セガサミー-DeNA)
★石川裕也(東海大相模-日大国際関係学部)
★JR東日本/國松歩(静岡商)
★三菱日立パワーシステムズ・村山正誠(常葉菊川)
★王子/横尾蓮太(静清)
★王子/中林流星(常葉菊川)
★王子/フェリペ・ナテル(カントリーキッズ)※ヤマハ所属
★王子/矢幡勇人(相洋-専修大)※ヤマハ所属
★東邦ガス/九谷青孝(南部-東京農大)※ヤマハ所属
★西濃運輸/山下大輝(飛龍-常葉大浜松)
★西濃運輸/大野健介(静岡商-早稲田大)※ヤマハ所属
★JR東海/今村亮(市立沼津-東海大海洋学
★JR東海/青柳直樹(日本航空-専修大)※ヤマハ所属
★JR東海/秋利雄佑(常葉菊川-カリフォルニア州立大)※三菱重工名古屋所属
★JR東海/鈴木光(会津-東北福祉大)※ヤマハ所属
★大阪ガス/登地慶輔(常葉菊川)
★日本新薬/岩本喜照(常葉菊川-九州共立大)
★日本新薬/三木昴(三島-関西国際大)
★日本新薬/板倉健人(静岡-立正大)
★伯和ビクトリーズ/光本捺葵(呉港-常葉大浜松)
★JR西日本/杉山一樹(駿河総合)※三菱重工広島所属
★Honda熊本/菊江龍(下田高南伊豆分校-朝日大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

軟式で活躍中の竹越悠也を見てきました!

 昨日は、天皇賜杯第73回全日本軟式野球ENEOSトーナメント静岡県大会の準決勝と決勝を見てきました。

 070201注目したのはテクノスジャパンの竹越悠也。誠恵時代は1年時からエースとして活躍し、3年夏の県大会では藤枝明誠を苦しめた本格派右腕。『静岡高校野球』編集部でも追いかけてきた投手です。テクノスジャパン入社後、2年目の今季は中心投手に成長したという情報を耳にし、どんな姿になっているのか楽しみでした。
 まず、準決勝はリリーフで登板。延長のタイブレークでは、気迫のこもった投球でチームを勝利に導きます。さらに、決勝の静岡ガス戦では先発。6回を2失点の好投を見せました。
 高校時代に比べて体格が大きくなり、風格は十分。全体的なシルエットが、どことなく鈴木博志(中日)に似ています。130キロ台後半のストレートには力強さがあり、スライダー、フォークもキレていました。
 いい意味で荒々しさを保ちつつ、投手として完成してきている様子。指のかかりも良く、おそらくM級という、新しい軟式ボールがマッチしていると思われます。とにかく元気に投げている姿を目撃できて嬉しかったです!

 なお、決勝戦は静岡ガスが3対1で勝利。絶対王者が勝負強さを発揮し、全国大会出場を決めました。(編集部・栗山)

<写真/軟式で活躍する竹越悠也(テクノスジャパン)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

駿河総合出身・杉山一樹(三菱重工広島)を見てきました!

 昨日のJABA京都大会、第3試合では駿河総合出身の杉山一樹(三菱重工広島)が新日鐵住金かずさマジック相手に先発しました。194センチの超大型右腕として、今秋のドラフト候補として注目される逸材。実は昨年、都市対抗、日本選手権で投げるだろうと予測して計3度、三菱重工広島の足を運んだのですが、3度とも空振り。ようやく今回見ることができ、楽しみでたまりませんでした。

04271 まず、最初の1球を見て驚きました。スケールが日本人ではありません。まるでメジャーリーガーのような迫力で、長い腕が豪快に振られ、ズドーンとキャッチャーミットにボールが突き刺さります。3人で抑えた初回の球速は常時140キロ台中盤で最速148キロをマーク。社会人の強打者から、ストレートで空振りを取っていきます。
 ただ、2回以降はランナーを背負う投球が続いていきます。2回と5回に各1失点。4回3分の2を投げて9安打2失点という内容でマウンドを降りました。
 試合後、本人は「初戦という落とせない試合で、完投する気持ちでいったのですが…」と悔しそうな表情。それでも、「得点圏にランナーを置いた場面で粘ることができたのは良かったです」と、収穫も口にしていました。
 確かに、大量失点になっても不思議ではないピンチが何度もあった中、落ち着いて投げ抜いたのは大きな成長だと思います。大人の投手になってきました。一方で、まだまだ底知れない器を持っているのも事実。投げるごとに良くなっていくのは間違いないでしょう。
 今度は7月の都市対抗本大会、東京ドームで見たいです!
 
 また、第1試合には常葉菊川出身の遠藤康平(SUBARU)が「7番ショート」で先発出場。2月上旬に右手人差し指を骨折したとのことで心配していましたが、元気な姿を見ることができて安心しました。結果は四球、三振、三塁ゴロ。ここから都市対抗予選に向かって状態を上げていってほしいです。(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

ヤマハ、JABA京都大会で白星発進!

 今日は、JABA京都大会を見てきました。ヤマハは、初戦で三菱重工神戸・高砂と対戦し、2対0で勝利。好スタートを切りました!

★4月26日 JABA京都大会 皇子山球場   

    チーム
ヤマハ 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2
三菱重工神戸・高砂 0 0 0 0 0 0 0 0 × 0

(ヤ)ナテル、九谷、大野-東
(三)佐藤、守安、高橋-森山

▽二塁打=三浦(ヤ)
▽三塁打=前野(ヤ)

 3回に8番・三浦拓馬の二塁打からチャンスを作り、3番・矢幡勇人の犠飛で1点を先制します。先発のフェリペ・ナテルは毎回走者を背負う苦しいピッチングながら、5回まで無失点。すると、6回からリリーフした九谷青孝が独特のキレのある変化球を武器に3イニングを抑えます。そして9回は大野健介が登板。1球1球、声を出しながらの気迫の投球で締めました。

06261_2 ヤマハ打線では5番に入った前野幹博が活躍。1、2打席とも空振り三振に倒れましたが、7回にライトオーバーの三塁打で追加点につなげると、9回にもライト安打を放ちました。驚いたのは、その守備位置。昨年まではサードでしたが、今日はセンターを守っていました。身長187センチ体重92キロという体でセンターがこなせたら、前野の魅力がさらにアップするはず。社会人5年目の今年を飛躍の年にしてほしいです。

 その他、この日は常葉菊川出身の遠藤康平(SUBARU)、駿河総合の杉山一樹(三菱重工広島)も登場しました。その様子は明日のブログでアップします!(編集部・栗山)

<写真/二塁打を含む2安打の前野幹博(ヤマハ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

JABA静岡大会が開幕しました!

  昨日、社会人野球のJABA静岡大会が開幕しました。

 04041清水庵原球場では桐陽出身・大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が先発登板し、6回まで1失点に抑える好投。7回に2安打を浴びて降板しましたが、役目は十分に果たす投球でした。魅力は柔らかいフォームから繰り出すストレート。回転がいい上に低めにも集まり、空振りを奪うことができていました。今年はチームの柱として活躍が期待できます。
 また、常葉菊川出身の秋利雄佑(三菱重工名古屋)は「2番セカンド」でスタメン出場。第1打席にセンター前安打を放つと、盗塁に成功。さらに、相手のミスで三塁まで一気に進塁しました。今季は3月のJABAスポニチ大会で優秀選手賞を獲得。バッターボックスでの構えからオーラが溢れ、打撃はプロでも十分に通用するレベルだと感じました。「今年は自分の成績がどうこうよりも、とにかくチームとして勝ちたい」という秋利。チームを第一に考えながら、スタンドを沸かせるプレーもできる選手です!(編集部・栗山)

<写真/第1戦の先発を任された大貫晋一(新日鐵住金鹿島)>

★日本野球連盟(JABA静岡大会の組み合わせ、結果はこちらからご覧になれます)  http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/pdf/shizuoka.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧