社会人野球

2022年8月 7日 (日)

【県知事杯社会人・大学対抗戦】ヤマハが2大会ぶり優勝!

 第4回県知事杯社会人・大学対抗戦が昨日、ヤマハ豊岡球場で開催されました。社会人、クラブチーム、大学が一堂に会する県内唯一の大会。ヤマハが2大会ぶり3度目の優勝し、社会人の貫禄を示しました。

<1回戦>
浜松ケイ・スポーツBC 6-4 静岡大
ヤマハ 5-0 日大国際関係学部

<決勝>
ヤマハ 10-0 浜松ケイ・スポーツBC(5回コールド)

★最優秀選手賞…網谷圭将(ヤマハ)
★敢闘賞…原木大介(浜松ケイ・スポーツBC)

08071_20220807061301

08072_20220807061401  決勝戦はヤマハが圧勝しました。2回に打者10人を送る猛攻で5点を先制すると、3回にも5点を追加。投げてはが近藤卓が5回をわずか1安打に抑えました。若手の活躍も目立った今大会。決勝戦では新人・中田悠斗が1番打者として2安打、高校卒2年目の相羽寛太も「3番ショート」で溌剌としたプレーを見せてくれました。
 ヤマハは明日開幕のJABA高山市長旗・飛騨市長杯争奪高山大会に出場。来月の日本選手権の東海予選に向けて、弾みをつけてほしいです。
 また、大学勢では日大国際関係学部の播磨仙一(4年)が力強いストレートを武器に、ヤマハ相手に好投。秋のリーグ戦で注目したい選手の一人です。
(編集部・栗山)

<写真上/最優秀選手賞を獲得した網谷圭将(ヤマハ)。1回戦で右中間に本塁打を放った>
<写真下/決勝戦でタイムリーを放った中田悠斗(左)。秋利雄佑(右)とグータッチする>

| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

【都市対抗】ヤマハ、無念の逆転負け

07212_20220721193901

★7月21日 都市対抗野球 1回戦 東京ドーム

  チーム 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0
NTT東日本 0 0 0 0 0 0 0 0

(ヤ)佐藤、水野-川邉
(N)沼田、三宮-保坂

▽二塁打=内山(N)
▽本塁打=川邉(ヤ)、保坂(N)

 ヤマハの佐藤廉が1球に泣きました。
 3回に8番・川邉健司のソロ本塁打で1点を先制。先発の佐藤はNTT東日本打線をキレのあるストレートと変化球で翻弄し、完封ペースで試合が進みます。
07213  しかし7回、2者連続三振を奪ったあとにライト前安打を打たれると、8番・保坂淳介に高めのストレートをレフトスタンドに持っていかれました。打線は川邉の一発がでたものの、東海予選での猛打が影を潜め、計4安打。2年連続の初戦敗退となりました。
 ゲームセットの瞬間、涙を流してうなだれ、チームメートに抱えられながらベンチ裏に戻った佐藤。7回10三振と、全国の舞台で力を存分に発揮しただけに、悔しい敗戦となりました。捕手の川邉は「佐藤らしく丁寧ないいピッチングだった」と労い、「また来年、東京に来ます。リベンジします」と宣言。佐藤は「来年はどんな内容であれ、チームを勝たせられるピッチングをします」と最後は前を向き、ドームを去りました。(編集部・栗山)

<写真/2連続初戦敗退となったヤマハ)
<写真下/力を発揮した佐藤廉(ヤマハ)>

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

ほほえみ王子・大野健介が対戦して一番すごかった打者は!?

 「静岡高校野球2022春号」が昨日発売となりました。多くの方に手にとっていただけているようで本当に嬉しいです。ありがとうございます!

202203171  今号では昨年限りで現役を引退した大野健介さん(ヤマハ)のインタビューを掲載しました。高校、大学、社会人とトップレベルの打者と対峙してきた大野さん。じつは今回、ペースのスペースの都合で掲載できなかったのですが、これまで対戦した選手で一番凄かった打者も伺ってきました。
 「いや~、決めかねますね」と悩んだ末に、大野さんが挙げたのがヤマハでチームメートだった矢幡勇人。紅白戦で対戦したことがあるそうで、そのすごさをこう話します。「アイツの調子が良いときはどこに投げても抑えられないですね。しかもボール球でも普通に打つので。低めの変化球を拾われてセンターオーバーを打たれたこともありました」。
202203172  今年32歳となるベテランの矢幡。2016年には社会人ベストナインを獲得した強打者です。近年は故障があって満足なシーズンを過ごすことができていませんが、対応力、打球スピード、飛距離。打撃能力はプロレベルといっていいでしょう。今年もここ一番の大事な試合での活躍を期待したいです!(編集部・栗山)

<写真上/昨年限りで現役を引退した大野健介さん>
<写真下/今シーズンも活躍が期待される矢幡勇人>

★「静岡高校野球2022春号」の取り扱い書店についてのご案内
http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2022/03/post-b1bcfa.html

| | コメント (0)

2022年3月 7日 (月)

【東京スポニチ大会開幕】ヤマハは村木が2番手で登板!

 球春到来を告げる社会人野球の東京スポニチ大会が昨日、開幕しました。
 7年ぶりに出場のヤマハは初戦で東芝と対戦。終盤に粘りを見せましたが、2対5で初戦を落としました。
03071  収穫は入社2年目の村木文哉でしょう。6回2死満塁の場面でマウンドへ。キレのあるフォークで相手の1番打者をレフトフライに打ち取ります。その後、7回は2三振を奪って三者凡退に。8回は2点を失ったものの、大学2年秋以来の明治神宮球場のマウンドでアピールを見せました。「去年、投げることができなかった中で、このスポニチ大会を目指してやってきた」と村木。期待されながらも、1年目は戦力になることができなかっただけに、今年にかける意気込みは強いようです。「今年は力感を大切にして、真っすぐで差し込めるピッチャーになっていきたい」と逞しい言葉が聞けて一安心しました。
  また、「5番キャッチャー」で出場した大本拓海は安打こそ出ませんでしたが、昨年までと比べ、明らかにスイングに迫力が増している印象。攻守で自信を持ってプレーしている姿が印象に残りました。

 03072 この日の明治神宮球場の第3試合、日本新薬は岩本喜照(常葉菊川出身)が先発しました。昨年までは主に抑えで登板する機会が多かっただけに、先発と知ったときは驚きました。 
 抜群の安定感を見せ、6回3分の1を1失点。伸びのある140キロ台前半から中盤のストレートに加え、変化球を低めに集める制球が見事で、まさに社会人トップレベルの投球でした。「後ろにいいピッチャーがいるので、初回から飛ばしていった」と岩本。長年、日本新薬の投手陣を支えてきた榎田宏樹が昨年限りで引退。「今年はチームの柱として、引っ張っていける存在になりたい」と力強く話してくれました。(編集部・栗山) 

<写真上/捕手の大本拓海とハイタッチする村木文哉(ともにヤマハ)>
<写真下/先発として試合を作った岩本喜照(日本新薬)>

| | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

ヤマハの新人会見が行われました!

 本年度のヤマハ野球部新規加入予定選手の発表会見が昨日行われました。今年は全国で勝てるチームを作っていきたいという方針のもと、投手3名と外野手1名が加入。3月6日開幕の東京スポニチ大会から躍動してほしいです!

02021

<写真/左から河野颯太、金原祥太、中田悠斗 、沢山優介>

---------------------------------------------------

◆河野颯太(投手/180cm78kg/右投右打/横浜商科大高~横浜商科大/背番号16)

即戦力の期待がかかる最速148キロ右腕。高校時代は2年秋に神奈川大会ベスト4。大学で球速がアップした。

本人のコメント
「気持ちの面で負けないように腕を振って投げていきたいです。勝てるピッチャーを目指します」

室田信正監督のコメント
「空振りがとれる強いストレートが持ち味の投手です」

---------------------------------------------------

◆金原祥太(投手/180cm73kg/右投右打/倉敷商高~東北福祉大/背番号15)

高校時代は遊撃手で活躍。ストレートと変化球を低めに集め、安定感のある投手。4年時にブレークし、秋に初勝利を挙げた。

本人のコメント
「1年目から試合で結果を残し、チームの勝利に貢献したいです」

室田信正監督のコメント
「カットボールが得意で、打者にフルスイングさせない投手です」

---------------------------------------------------

◆沢山優介(投手/185cm82kg/左投左打/掛川西/背番号34)

将来性十分の本格派右腕。しなやかな腕の振りから最速145キロをマーク。昨夏の静岡大会では16回3分の1を投げて失点を許さなかった。

本人のコメント
「この1年間で体を作り、チームに貢献していきたいです。年内に150キロを出し、3年後にドラ1でプロに行くことを目指します」

室田信正監督のコメント
「昨年夏の大会で見たとき、落ち着き
があり、堂々と投げている印象がありました」

---------------------------------------------------

◆中田悠斗(投手/182cm80kg/右投左打/藤枝明誠~中央大/背番号24)

高校時代は主将で甲子園へ。大学では1年春からリーグ戦に出場し、4年春にベストナインを獲得した。走攻守が揃う外野手。

本人のコメント
「新人らしく元気溌剌としたプレーで、チームの日本一に貢献したいです。まずは外野のレギュラー争いに食い込みたいです」

室田信正監督のコメント
「広角に打てるのが長所です。足が
あるし、守備の判断力もいい選手です」

| | コメント (0)

2021年11月30日 (火)

【都市対抗野球】ヤマハ、初戦で姿を消す

 都市対抗野球大会の大会3日目。ヤマハは初戦で日立製作所と対戦しました。

11301_20211130174501

★11月30日 第92回都市対抗野球大会 1回戦 

  チーム 8 9
日立製作所 0 0 0 1 2 1 0 0 0 4
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(日)岡、田川-川本
(ヤ)九谷、近藤均、ナテル-川邉
▽二塁打=野中(日)網谷、前野(ヤ)
▽本塁打=大塚2、豊田(日)

11302  「うまく流れをもってこれなかった」と室田信正監督。初回の攻撃が最後まで響きました。相手投手の立ち上がりをとらえ、先頭の青柳直樹、2番・貞光広登(Honda鈴鹿からの補強)、3番・前野幹博の3連打で無死満塁のチャンスを作ります。一気に畳みかけたいところでしたが、後続が倒れ、先制点を奪うことができませんでした。先発はベテランの九谷青孝。「相手によく研究されていることが分かった」と、本来の技巧的な投球から攻めの投球に切り替えて3回まで無失点に抑えたものの、4回に本塁打を浴びて先制点を許します。その後、2番手の近藤均(王子からの補強)も相手打線を止められず失点。7回からマウンドに上がったフェリペ・ナテルが7回の三者連続三振を含む3イニングで7奪三振と気を吐きますが、打線のつながりを欠き、完封負けを喫しました。

<写真上/初戦で敗退したヤマハの選手たち>
<写真下/リリーフで登板し、好投を見せたフェリペナテル>

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

島田シリーズが開催されます!

 昨年に引き続き、今年も「島田シリーズ」が開催されます。日程は明日(6日)と明後日(7日)の2日間。地元の山岸ロジスターズを筆頭に、静岡硬式野球倶楽部、TOKYO METS、矢場とんブースターズ、さらに東海大海洋学部が登場します!

11051_20211105133701

11月6日(土) 9時30分~ 山岸ロジスターズvs矢場とんブースターズ
       13時30分~ 静岡硬式野球倶楽部vsTOKYO METS

11月7日(日) 9時00分~ 山岸ロジスターズvs東海大学海洋学部
       13時00分~ 山岸ロジスターズvsTOKYO METS

※球場は全て島田球場。入場は無料です。

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

ショート転向の平野英丸(JR東海)が活躍!

09271_20210927201801 今日の都市対抗東海二次予選は日本製鐵東海REXとJR東海が対決。JR東海が「4番ショート」で出場した静岡高出身の平野英丸の2安打3打点の活躍で勝利しました。
 まず初回、2死二塁から「厳しいコースを一発で叩けた」とライト前にタイムリー。第2打席は相手の失策で出塁。そして1点を追いかける6回には1死二三塁のチャンスで打席が回ってきます。3球目のストレートをしぶとくセンター前へ。まさに執念で持っていった逆転の2点タイムリーとなりました。
 社会人2年目の今年は春先のスポニチ大会で右手の有鉤骨を骨折。その後のJABA大会は欠場します。5月末から6月にかけての日本選手権予選もわずか1打席のみの試合出場に終わり、チームも本大会への出場を逃しました。それだけに、ケガから復帰した今回の予選にかける思いは強いです。「6月からの3カ月間は都市対抗で活躍することだけをイメージして取り組んできました」。
 今年は、中学以来というショートに挑戦。平野と言えば、高校、大学を通してファーストやサードというイメージが強いだけに、ショートに入っていると知ったときは驚きました。今日の守備の見せ場は9回裏でした。2死一二塁のピンチで三遊間寄りの強い打球を好捕してアウトに。抜けれていれば同点になった可能性もありました。「守備は球際の強さにこだわって神経を使ってやっています」。攻守に持ち味の勝負強さを発揮。ここ一番で頼りになる選手だと、あらためて感じた試合でした。

09272_20210927201801 一方、日本製鐵東海REXは静岡リーグ出身の2投手が好投。ルーキーの孕石幸寛(島田工、東海大海洋学部出身)が先発し、5回まで1失点の好投。6回に走者を貯めた場面で交代しましたが、しっかりとゲームを作りました。また、3番手でマウンドに上がった続木悠登(日大国際関係学部出身)は2回を投げて無失点。140キロ台前半から中盤の糸を引くようなキレのあるストレートが印象的でした。(編集部・栗山)

<写真上/逆転タイムリーを放ち、塁上でガッツポーズを作る平野英丸(JR東海)>
<写真下/2イニングを無失点に抑えた続木悠登(日本製鐵東海REX)>

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

【都市対抗予選】ヤマハが大勝発進!

 都市対抗野球大会の東海地区二次予選。3年連続本大会出場を狙うヤマハは大勝スタートを切りました。

★9月17日 都市対抗野球大会東海地区二次予選 

    チーム
ヤマハ 0 1 4 7 0 3 0 15
スクールパートナー 0 0 0 0 0

<7回コールド>

(ヤ)清水、佐藤-川邉
(ス)佐藤、西川、深瀬、泰道-岩沢
▽二塁打=藤岡、相羽、羽山(ヤ)
▽三塁打=永濱、笠松(ヤ)

09171_20210917205101  どんなベテランでもプレッシャーかかる都市対抗予選の初戦で強心臓のルーキーが活躍を見せました。
 高校卒1年目の相羽寛太が「8番ショート」で先発。初回にショートゴロを軽快に処理すると、直後の2回の第1打席でライト前に持っていきます。さらに、3回の2死一二塁の場面では勝負強さを発揮。ファウルで3球粘った末に8球目の内角のストレートをきれいにさばいてレフト線を破ります。本人は「少し詰まったかと思った」と振り返っていましたが、高校時代よりもスイングが強くなっている分、打球が飛ぶようになっています。その後も、第3打席は相手エラー、第4打席はセンター前安打。全4打席で出塁しました。「先輩たちがやりやすい雰囲気を作ってくださっている」と相羽。溌剌とした全力プレーでチームに貢献しました。
 投げては先発の清水蓮が「相手は関係なく自分のピッチングをしようと思った」と、立ち上がりから冷静な投球を展開。3回には「力を入れた」というストレートが149キロを計測しました。清水が5回まで無失点に抑えると、2番手の佐藤が6回と7回を無安打に。清水、佐藤の共栄大出身コンビが無四球完封リレーを飾りました。

09172  続く第2試合は、二次予選初出場の焼津マリーンズが都市対抗14度出場の東邦ガスに挑みました。
 7回コールド(1対11)で敗退したものの、4番の森山恵介が気を吐きました。初回の第1打席で右中間を破る先制タイムリー、第2打席はライト前安打。第3打席も豪快なスイングからあわやフェンス超えのセンターフライを放ちました。東海大海洋学部時代はリーグの本塁打王にも輝いたことのある強打者。企業チームの投手にも互角に渡り合っていました。
 次戦はスクールパートナーと対戦する焼津マリーンズ。戸﨑秀伸監督は「1球の大切さが企業チームとは違った。もう一度調整して何とか1勝したい」と気持ちを切り替えていました。(編集部・栗山)

<写真上/3回に2点タイムリーを放った相羽寛太(ヤマハ)>
<写真下/力強いスイングを見せた森山恵介(焼津マリーンズ)>

| | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

静岡硬式野球倶楽部が県知事杯初優勝!

 第3回静岡県知事杯社会人・大学野球対抗戦は静岡硬式野球倶楽部が決勝戦でヤマハを下し、初優勝を飾りました。

★8月8日 第3回静岡県知事杯社会人・大学野球対抗戦決勝 

    チーム
ヤマハ 1 0 0 0 0 0 1 0 0
静岡硬式野球倶楽部 1 0 0 0 0 0 2 0 ×

(ヤ)清水、佐藤-川邉
(静)川里、新村、宮島-吉永
▽二塁打=矢幡(ヤ)

08111_20210811131101

08112_20210811135001  試合の流れを変えたのは女子投手の新村未来でした。
 7回表2死走者なし。勝ち越し点を許した場面でマウンドに上がると、球速表示50キロ台の超スロー変化球を駆使して相手打者を一塁ゴロに仕留めます。すると、静岡硬式野球倶楽部はその裏、1死二三塁のチャンスから6番・川岸蓉平が「ミートすることだけを意識した」と右中間方向へタイムリー二塁打を放ちます。このリードを8回からマウンドに上がった3番手の宮島大樹が守り切り、大金星を挙げました。
 勝ち投手となった新村は「すごく緊張しましたが、周りの選手たちを信頼して投げることができました」と笑顔。中島中から岐阜第一に入学するも右肩を故障し、一時は野球を諦めかけていたそうです。今年、大学入学に際08113 し、この日遊撃手として活躍した池井戸智矢から誘われて静岡硬式野球倶楽部に入団を決意。貴重な中継ぎ投手として、今やチームに欠かせない存在となっています。
 また最優秀選手賞に輝いた吉永祐太郎(決勝戦で2安打の活躍)は「大学を卒業するとき、社会人を諦めてこのクラブに来ました。本当に嬉しいです」と目に涙を浮かべてきました。
 一方、敗れたヤマハは9月15日開幕の都市対抗2次予選まで、まだ時間はあります。必ず、仕上げてくれると信じています。

 この日の準決勝では、静岡大のプロ注目右腕・井手駿(静岡大)がヤマハ戦で先発しました。3回までパーフェクト。4回には不運な安打もあり5失点も、スタンドで視察したプロのスカウトにアピールしました。最速146キロをマークしたストレートに加え、得意のカットボールも冴え、「企業相手に自信になりました」と本人も手応えを感じている様子。秋のリーグ戦が楽しみです!(編集部・栗山)

静岡硬式野球倶楽部・伊藤良介監督(4月から監督となり公式戦初優勝)
「浜松市出身で小さい頃からヤマハさんを見てきただけに勝つことができて嬉しい。新村はあくまで戦力として考えて投げさせた。今日は作戦通りで、流れを変えることに成功した。捕手の吉永がいいところを引き出してくれたと思う」

<写真上/初優勝を飾った静岡硬式野球倶楽部の選手たち>
<写真中/7回に勝ち越しタイムリーを放った川岸蓉平(静岡硬式野球倶楽部)>
<写真下/喜びの新村美来(左)と伊藤良介監督(右)>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧