社会人野球

2018年4月 4日 (水)

JABA静岡大会が開幕しました!

  昨日、社会人野球のJABA静岡大会が開幕しました。

 04041清水庵原球場では桐陽出身・大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が先発登板し、6回まで1失点に抑える好投。7回に2安打を浴びて降板しましたが、役目は十分に果たす投球でした。魅力は柔らかいフォームから繰り出すストレート。回転がいい上に低めにも集まり、空振りを奪うことができていました。今年はチームの柱として活躍が期待できます。
 また、常葉菊川出身の秋利雄佑(三菱重工名古屋)は「2番セカンド」でスタメン出場。第1打席にセンター前安打を放つと、盗塁に成功。さらに、相手のミスで三塁まで一気に進塁しました。今季は3月のJABAスポニチ大会で優秀選手賞を獲得。バッターボックスでの構えからオーラが溢れ、打撃はプロでも十分に通用するレベルだと感じました。「今年は自分の成績がどうこうよりも、とにかくチームとして勝ちたい」という秋利。チームを第一に考えながら、スタンドを沸かせるプレーもできる選手です!(編集部・栗山)

<写真/第1戦の先発を任された大貫晋一(新日鐵住金鹿島)>

★日本野球連盟(JABA静岡大会の組み合わせ、結果はこちらからご覧になれます)  http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/pdf/shizuoka.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

日本製紙石巻が草薙球場でキャンプを開催!

 今日は現在、草薙球場で行われている日本製紙石巻のキャンプに伺ってきました。そこで懐かしい顔と再会しました。同チームのマネージャーを務めている浜松市出身の澁谷謙太さんです。

 02271飛龍時代は3年夏に左腕2本柱の一人として活躍。ベスト8進出に貢献しました。その後、東北福祉大を経て、日本製紙石巻では2年間プレー。そして今季より、マネージャーの職に就いています。「今度はチームを支える立場で、都市対抗を目指したい」とのこと。マネージャー1年目で初々しさも感じますが、練習中はとにかく動き回り、選手をサポートしている姿が印象に残りました。(編集部・栗山)

<写真/日本製紙石巻・澁谷謙太マネージャー>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

山岸ロジスターズ、ルーキー・繁田の活躍でオープン戦初戦を勝利!

★2月25日 オープン戦 清水庵原球場   

   チーム
山岸ロジスターズ 0 2 0 0 0 0 3 0 0 5
金沢学院大 0 2 0 0 0 0 2 0 0 4

(山)青池、杉山、則本-天野
(金)若林、名河内、長船、小山-黒田

▽二塁打=天野、渡辺(山)吉原(金)
▽三塁打=日野、大浦(金)

 昨年、県内6番目の社会人クラブチームとして産声を上げた山岸ロジスターズ(島田市)。1年目は、秋に開催されたJABA東海地区クラブ野球選手権大会で準優勝と好スタートを切っています。
 いよいよ、都市対抗などの全国につながる大会にも参戦する今季。昨日は清水庵原球場で最初のオープン戦を見てきました。

 02261先発メンバーに2年目の選手が並ぶ中、唯一ルーキーとして出場したのが、繁田哲広です。清水桜が丘出身で2年夏は「1番ショート」として活躍。2回戦の島田戦では2安打を放ちました。しかし、3年春、練習中に脛骨の大怪我を負います。夏の大会はベンチから試合を見守るだけでしたが、大学でのプレーを目指して懸命にリハビリ。「どうせやるなら知っている人のいない県外で挑戦したかった」と、強豪・九州共立大の門を叩きました。
 大学の4年間、ベンチ入りはなし。ただ、レベルの高い環境で揉まれたことで自信をつけ、卒業後は地元の山岸ロジスターズでプレーすることを選択しました。
 この日は「8番ショート」で先発出場。その第1打席でした。1死三塁のチャンスで打席が回ってくると、バットを折りながらセンター前に弾き返すタイムリー。守っては三遊間の厳しい打球をキャッチし、打者走者をアウトにする場面もありました。小柄ですが、細かいプレーができて、守備力も高い選手。攻守でしぶとさを感じる選手だけに、チームにとっては大きな戦力になるでしょう。試合後、本人から「レギュラーをとって、1年目から都市対抗本大会に出場したい」と頼もしい言葉も。飛躍に期待したいと思います。
 
02262 一方、金沢学院大では9回に代打として、静清出身の榊原敦樹(1年生)が登場。静清時代、3年夏は主に5番打者として県ベスト8入りに貢献した強打者です。惜しくも三振に終わりましたが、追い込まれてから数球ファウルで粘りました。強いスイングを持ち味に、アピールを続けてほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/オープン戦初戦でタイムリーを放った繁田哲広(山岸ロジスターズ)
<写真下/代打で出場した榊原敦樹(金沢学院大)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ヤマハの新人会見が行われました!

 本日、浜松市内のヤマハ本社にて、本年度のヤマハ野球部新規加入選手の発表会見が行われました。今年は「投手と右の長距離砲」という補強ポイントにピッタリと一致した選手が加入。4選手ともに、前のステージからドラフト候補として挙がっていた注目選手たちです。新人選手、美甘将弘監督のコメントを紹介します!(編集部・栗山)

02061_2

<写真/左から笠松悠哉、水野匡貴、池谷蒼大、緒方太地>

---------------------------------------------------

◆笠松悠哉(内野手/180cm77Kg/右投右打/大阪桐蔭~立教大/背番号3)

1995年9月28日生まれ、 大阪府出身。高校時代は2年春から4季連続で甲子園に出場。2年時には甲子園で3本塁打を放ち、春夏連覇に貢献する。大学入学後、2年春からレギュラー。4年春にはベストナインを獲得し、リーグ優勝。大学選手権では日本一を果たす。

本人のコメント
「パワフルな打撃がウリですので、そこを見てもらいたい。調子の波を減らし、1年目から力を発揮していきたい」

美甘監督のコメント
「右の長距離砲として期待している。ただ、ウチの内野陣も厚いので、自力でレギュラーを奪ってほしい。高校、大学と日本一を経験している選手。持っている選手だと感じている」

---------------------------------------------------

◆水野匡貴(投手/183cm83Kg/右投右打/静岡高~明治大/背番号18)

1995年10月2日生まれ、静岡県出身。静岡高時代は3年春に145キロをマークし、プロから注目を浴びる。明治大では1年秋からリーグ戦で登板。その後、苦しんだ時期もあったが、4年秋にブレイク。立教大戦では140キロ台後半のストレートに加えて、フォークも冴え渡り、13奪三振をマークした。

本人のコメント
「力強いボールで相手に向かっていきたい。ヤマハの日本一に貢献できるように頑張ります」

美甘監督のコメント
「ものすごく真面目な選手。『打てるもんなら打ってみろ』という気持ちが前面に出てきたら面白いでしょう」

---------------------------------------------------

◆池谷蒼大(投手/174cm77Kg/左投左打/静岡高/背番号14)

1999年8月2日生まれ、静岡県出身。静岡高では1年秋からベンチ入り。2年秋の途中からエースとなり、チームを東海大会優勝に導く。3年春のセンバツ大会では大阪桐蔭相手に力投を見せる。3年夏は県準決勝敗退。バランスのいいフォームから最速144キロのストレートを投げ込む。

本人のコメント
「高卒らしく、元気のいいプレーでチームに貢献していきたい。今は軽く遠投している程度ですが、来週からの草薙キャンプでは立ち投げができるまでもっていきたい」

美甘監督のコメント
「まずは体を作ることからでしょう。ただ、左投手なので、1年目から良ければチャンスはあると思う」

---------------------------------------------------

◆緒方太地(投手/185cm84Kg/右投右打/福岡工~沖データコンピュータ教育学院/背番号17)

1996年生まれ、12月2日生まれ、福岡県出身。高校時代は3年春まで野手。夏の大会ではマウンドに上がり、143キロをマークする。沖データコンピュータ専門学校では3年時に都市対抗2次予選で2試合に先発。企業チーム相手に、計16イニングを投げて3失点の好投を見せた。最速149キロを誇る本格派右腕。

本人のコメント
「勝負所での気持ちの強さをアピールしていきたい。ヤマハは一昨年の日本選手権での優勝を見て、憧れを持っていた。1年目からチームに貢献できるように、日々の練習に取り組んでいきたい」

美甘監督コメント
「まだ21歳と若く、将来性がある選手。真っすぐにキレがあり、フォークもいい。都市対抗予選の経験も持っているので、先発になるか、リリーフになるか、見極めながら起用していきたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

ヤマハ・矢幡勇人が日本代表入りを目指す!

 昨年末、アジアウインターリーグが終わり、台湾から日本に帰国したばかりのヤマハ・矢幡勇人を取材しました。

01062 矢幡は2016年に社会人ベストナイン、2017年に東海地区社会人ベストナインを獲得した社会人トップクラスの好選手。今回は社会人代表候補選手として、主に1番打者やクリーンアップで出場。プロのファーム選抜チームや、海外チーム相手に14試合で11安打(二塁打3本)を放ちました。
 初の海外遠征で苦しんだのは食事面だったとか。「香辛料がきついのがけっこうあって…。でも、事前にアジア大会で台湾に行った(鈴木)博志から火鍋が美味しいと聞いていたので、試してみたら、確かに美味しかったです(笑)」
 今回のアジアウインターリーグは8月のアジア競技大会に向けた社会人日本代表チームの強化の意味合いが強かったそうです。矢幡は、初の日本代表入りに近づきつつあります。
「社会人になって日本代表っていう考えがなかったので、5年目、6年目になって、すごい新鮮というか。また新しいことに挑戦できるのかなっていう感じでいます」
 さらに、2018年シーズンに向けて、「チームとしては都市対抗出場はもちろん、個人的には正式に日本代表のユニフォームを着ることができるように頑張りたいです」と、抱負を語ってくれました。(編集部・栗山)

01061■矢幡勇人[やはた・はやと]
1990年5月23日生まれ、神奈川県出身。相洋では高校通算50本塁打。専修大では通算99安打をマークする。社会人3年目にブレイクし、都市対抗で本塁打を放つ。2016年には社会人ベストナインを獲得。今季はパンチ力のある打撃と、50m5秒8の俊足が武器に、日本代表入りを狙う。174cm80kg、右投右打。

※ヤマハ・矢幡の記事は「静岡高校野球2018早春号」(1月30日発売予定)でも掲載します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

小林弘郁(三菱自動車岡崎)が勝負の2年目へ!

12131 今日は「静岡高校野球2018早春号」の取材で、三菱自動車岡崎の大府グランドに行ってきました。グランドにつくと、レフト付近でトレーニングしている市立沼津出身・小林弘郁を見つけることができました。
 1年目の今季は故障などもあり、わずか10試合に登板したのみ。「思っていたより社会人の壁は厚かった」と、1年を振り返ってくれました。
 来季は「勝負の年」と位置付けている小林。同じ左腕の山本大貴(千葉ロッテ3位)がプロ入り。チームの左投手は3人になり、チャンスも増えてくると予想されます。
 高校時代の同級生・今村亮(JR東海)も苦しんだシーズンになったとのこと。来年はぜひ、2人が投げ合う姿を見たいです!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

ヤマハ、日本選手権の連覇ならず

 昨日は京セラドームに行ってきました。連覇を狙ったヤマハは惜しくも初戦敗退。来年は戦力アップし、都市対抗制覇を目指して欲しいです。(編集部・栗山)

★11月7日 社会人日本選手権1回戦 京セラドーム   

  チーム
パナソニック 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4
ヤマハ 1 0 0 0 0 0 0 0 × 1

(パ)藤井聖-三上
(ヤ)ナテル、九谷-東
▽三塁打=横田(パ)
▽二塁打=法兼、柳田(パ)

 11071_2ヤマハは初回、1番・青柳直樹のライト前安打からチャンスを作り、4番・佐藤二朗のレフト前タイムリーで1点を先制する。先発のフェリペ・ナテルは序盤から伸びのあるストレートと落ちる変化球を武器に、6回まで1安打に抑える快投。7回は2死一二塁のピンチを作るも無失点にしのぐ。しかし、疲れの見えた7回につかまる。1死満塁とし、三塁打を浴びて3失点。代わった九谷青孝もタイムリーを打たれた。ヤマハ打線はパナソニックを上回る9安打を放ったものの、2回以降チャンスで一本が出ず。9回も佐藤がこの日4本目の安打で出塁したが、後続が凡退した。

ヤマハ・美甘将弘監督
「初回の1点のあと、追加点が欲しかった。ナテルは期待通りのピッチングをしてくれた。(来年に向けて)新しい力が出てくれないと全体の底上げになっていかない。そこを期待したい」

ヤマハ・鈴木博志投手(登板がなく、ヤマハでの最終戦を終えた)
「チームが負け、悔しい気持ちだけです。今日は7回からブルペンで用意していました。今はヤマハには感謝の思いしかない。地元の球団に入るので、活躍した姿をみなさんに見てもらえるように頑張りたいです」

<写真/先制打を含む4安打の活躍の佐藤二朗(ヤマハ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

伊藤翼咲(東海REX)が公式戦初登板で5回1失点!

 昨日はJABA愛知県野球連盟会長杯争奪大会へ。藤枝明誠出身・伊藤翼咲(東海REX)の公式戦初登板を取材しました。

★10月15日 JABA愛知県野球連盟会長杯争奪大会 東海REXグランド 晴   

 チーム
鳥開 0 0 0 0 1 1
東海REX 2 9 0 1 × 1

<5回コールド>

(鳥)比嘉、高野-谷岡
(新)伊藤-後藤田

 10151鳥開ベースボール相手に初先発した伊藤は5回を1失点に抑える好投。初回は少し球が高めに浮いて2安打を浴びるも、2回から4回はいずれも三者凡退。最後の5回に二塁打、単打、犠飛で1点を失いましたが、社会人に入って最長となる5イニングを投げ切りました。
 高校時代は野手投げだった印象ですが、フォーム全体がピッチャーらしくなってきました。腕をダイナミックに使え、豪快に振り抜きます。ストレートの質も上がってきているので、来年が楽しみです!(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

ヤマハ・鈴木博志が1安打完封勝利!

★9月21日 日本選手権東海地区予選 岡崎市民球場 晴   

   チーム
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
永和商事ウイング 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(ヤ)鈴木博-東
(永)高橋-大川

09211_2 ヤマハの鈴木博志が1安打完封の快投を演じました。今日の最速は151キロどまりも、ゆったりとした力みのないフォームから、1球1球を丁寧に投げ込みます。なんと、8回二死まで無安打ピッチングを展開。このままノーヒットノーランをやってしまうのではないかというくらい、完璧に近い投球でした。
 社会人入社後、これまで投げた最長イニングは昨年の日本選手権での5回1/3。今日は初めて、7回以降に突入して、初完投初完封マークしました。
 試合後の取材では「やっと仕事ができました」とホッとした表情を見せた鈴木博志。初戦の東邦ガス戦では力が入りすぎて5回5失点。その反省から今日はリラックスし、「いい意味で適当に投げたことが結果的によかった」と話してくれました。変化球もカットボールが、打者の手元で鋭く変化していました。

09212_4 ようやく打線が鈴木を援護したのは9回でした。2番・鈴木光が四球で出塁し、間一髪で盗塁成功。5番・河野拓郎のセンター前タイムリーで1点を奪いました。
 
 ヤマハは初戦黒星から3連勝で、ついに代表決定戦まで登りつめました。明日、日本選手権出場をかけて戦う三菱重工名古屋は常葉菊川コンビが活躍しています。今日の試合では先発の萩原大起が粘りの投球で7回3失点、2番ショートの秋利雄佑が2塁打1本を含む3安打と好調です。
 両チームともに負けられない一戦だけに、好ゲームが期待されます。(編集部・栗山)

ヤマハ・美甘将弘監督
「集中力を切らさずに良くやってくれた。鈴木博志は投げるごとに本人の中で感触をつかんでくれていると思う」

<写真上/社会人入社後、初完封の鈴木博志>
<写真下/9回に三浦の安打で、俊足の鈴木光が生還する>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

ヤマハ、2連覇に向けて苦しいスタート

★9月13日 日本選手権東海地区予選 岡崎市民球場 晴   

チーム
東邦ガス 3 1 0 0 1 0 0 0 0 1 6
ヤマハ 0 0 0 4 0 0 0 0 1 0 5

(東)屋宜、七島、水田、小椋-柴田
(ヤ)鈴木博、九谷、波多野-川邉、東

▽三塁打=三浦(ヤ)
▽二塁打=水本2(東)池田2(ヤ)

 社会人野球の日本選手権東海地区予選が11日から始まりました。昨年、日本一を達成したヤマハは初戦で東邦ガスと対戦しました。

 プロ12球団31人のスカウトが見守る中、先発した鈴木博志は初回から150キロ超を連発。最速で154キロをマークします。しかし、初回に水本弦にタイムリーを浴びて先制点を許すと、その後も、不運なヒットやエラーが重なり、5回4失点でマウンドを降りました。
 この日、奪った三振は0。ストレートで空振りを奪うことができず、終始苦しい投球でした。
 鈴木は試合後、「いい状態でマウンドに上がっていけたのですが、コースの中に入ってしまった甘いボールを打たれてしまった。リズムよく、3人で打ち取っていけば、もっと展開が違ったはず」と、唇をかみながら、取材にこたえてくれました。

09142 ヤマハは4回に、二死満塁から9番・三浦拓馬の走者一掃となるセンターオーバーのタイムリー三塁打などで4点を奪って同点に。6回から8回までは2番手の九谷青孝が無安打に抑えて流れを作ると、土壇場の9回に同点に追いつく粘りを見せます。しかし、反撃はそこまで。10回に1点を失い、惜しくも黒星スタートとなりました。
 これで、本大会に出場するには、もう1つも負けることができません。敗者復活戦から、這い上がることを期待しています。(編集部・栗山)

09141
ヤマハ・美甘将弘監督
「チームに勢いをつけたい思いがあって鈴木博志を先発のマウンドに送ったが、リズムが悪かったことがすべて…。これが現実なので、受け止めるしかない。1つ1つ全力で戦います」

<写真上/タイムリー三塁打を放った三浦拓馬(ヤマハ)>
<写真下/試合終了後のヤマハナイン>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧