その他

2016年7月14日 (木)

高校野球ノンフィクションシリーズ『その壁を越えろ!』のご案内

07141 7月20日に矢崎良一氏監修の高校野球ノンフィクションシリーズ「その壁を越えろ!」が発売となります。その中で一部、執筆しましたので、ご紹介したいと思います。
 第2章の「心を揃える〜富士市立・戸栗和秀監督 〝あと一球〟からの再出発」です。

 実は富士市立の戸栗和秀監督と宮間豊智コーチは縁あって、埼玉栄時代から約10年間に渡って取材を続けてきました。
 今回はその集大成とも言うべき、戸栗監督のこれまでの歩んできた野球人生を中心に、相棒・宮間コーチとの出会い、野球観、挫折など、34ページに渡り、たっぷりと描きました。

 これまで、同シリーズは15作ほど発刊されているのですが、静岡関連のチームや指導者の物語は初となります。

 そのほか、高校野球ファン必読の濃い内容となっています。書店では7月20日発売予定、Amazonでは7月25日発売予定となります!(編集部・栗山)

★Amazon 高校野球ノンフィクションシリーズ『その壁を越えろ!』

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%A3%81%E3%82%92%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%82%8D-%E3%80%9C%E5%BD%BC%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%A8%E9%97%98%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%80%9C-%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%8A%A0%E6%9D%A5-%E6%85%B6%E7%A5%90/dp/4907333102/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1468395190&sr=1-1&keywords=%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%A3%81%E3%82%92%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%82%8D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

常葉菊川出身・桒原凌が石川ミリオンスターズに入団!

  07031_2 昨日、常葉菊川出身・桒原凌の石川ミリオンスターズ(BCリーグ)への入団が決定しました。
 桒原は高校時代、通算45本塁打を放つなどスラッガーとして注目を浴びました。その後、三菱自動車岡崎に4年間在籍。今春退社後は、常葉菊川のグランドなどで地道にトレーニングを積み、入団にこぎつけました。

 石川ミリオンスターズといえば、独特の打撃フォームで日米を沸かしたフリオ・フランコが監督を務めるチーム。長打力が武器の桒原がフランコ監督の下で、どんな飛躍を見せてくれるのか楽しみです。

以下、本人からのコメントです。
「もう一度、野球をやれる喜びと、そこに至るまでに支えてくれた人達に心から感謝して、誰よりも泥臭く、元気よく、野球に対して体ごとぶつかっていきたいと思います。そして、さらに上のレベルを目指して1日を無駄にせずに頑張っていきます」

 今日から後期リーグが始まるBCリーグ。桒原は早速、チームに帯同しているとのことです。果たして、いきなり出番はあるのか!? 今月16日に開催されるフレッシュオールスターへの出場が決まった弟の桒原樹(広島)とともに、注目していきたいと思います。(編集部・栗山)

<写真/三菱自動車岡崎時代の桒原凌(三菱自動車岡崎)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

静岡高の食事合宿に迫る!

12201__2 今日は、年末年始、野球のないこの時期にオススメしたい1冊の本を紹介したいと思います。先日発売された甲子園の強豪校はこんなごはんを食べていた! 強くなるための「食育」カルテ』(オークラ出版)というムック本です。
 今回、その中で僕は静岡高について、原稿を執筆しました。ここ数年、静岡高の体格の良さは、他県の強豪校と比較しても、見劣りしないどころか、全国トップクラスではないかと思っていました。体をつくる源となる食事。以前、「食事合宿を行っている」と聞いたことがあり、その内容にすごく興味を持っていました。
 今回は、静岡高の他に、帝京、浦和学院、龍谷大平安、豊川、山梨学院大附などが、「食」へのこだわりを披露しています。指導者、現役球児はもちろん、高校野球ファンも楽しめる内容になっているので、ぜひ本屋さんなどで手に取ってほしいです。(編集部・栗山)

★amazonからも購入できます→http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%BC%B7%E8%B1%AA%E6%A0%A1%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F-%E5%BC%B7%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E9%A3%9F%E8%82%B2%E3%80%8D%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86-OAK-MOOK/dp/4775521829  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

岡田千詠子先生による竜洋中学野球部のためのトレーニング講習会に潜入しました

Img_9647_2 9月7日に竜洋コミュニティセンターにおいて、ストレングス&コンディショニングコーチの岡田千詠子先生によるトレーニング講習会が行われました。
 高校球児の指導経験が豊富な岡田先生には、『静岡高校野球2013』でも、「正しいトレーニング講座」というページでわかりやすくトレーニングについて教えてもらいました。その岡田先生が竜洋中野球部の1・2年生部員たちを対象にトレーニング講習会を開催するということで、『静岡高校野球』編集部も潜入してきました!

 講習会は講義、測定、実技の3本立て。まずは、講義でトレーニングの目的についてしっかり確認していきます。トレーニングの目的として、挙げられるのは①ケガの予防②パフォーマンスアップ。トレーニングと言うと、②のパフォーマンスアップに目がいきがちですが、岡田先生はまず、①のケガの予防を目的にしてほしいと言います。トレーニング初心者ともいえる中学生たちには、特に大切なことですね。②のパフォーマンスアップばかりを目指すと、トレーニングでケガをしてしまうという最悪の事態も招きます。

Img_9671 ということで、今回の講義ではケガをしないための体作りを目指すということをテーマに、野球が上手になるために必要な要素や、トレーニングのメリット、ケガを予防する方法、柔軟性の大切さや体重を増やすことなどを確認しました。全体で40分ほどの講義でしたが、生徒である選手たちの集中ぶりには驚かされました。一生懸命、ホワイトボードや手元の資料を見つめていて、中学生たちのトレーニングに対する関心の大きさを伺い知ることができました。

 ここまでは非常におとなしく、真剣に講義を聞いていた選手たち。しかし、測定に入り、個々の柔軟性やパワー、持久力、瞬発力を測る種目が始まるとさすがにテンションアップ(笑)。とはいえ、上級生たちが中心となって、盛り上がりながらも順序良く種目をこなしていきます。その後は、さらに柔軟性をチェック。そして、各種目が何を測定するために行われたのか、また、いわゆる「いい選手」がどれぐらいの数値を叩きだすのか、柔軟性チェックでは対応する筋肉の部位を、野球の動作でどう使うのかを具体的に岡田先生が説明してくれました。

Img_9703 そして、最後は実技。動的ストレッチと呼ばれる、ウォームアップに取り入れたいストレッチや、家でできるストレッチ、スクワットのフォームの確認などを行いました。岡田先生が軽々とやっている腰を落とす体勢を、選手たちもやってみると、へっぴり腰になったり、ひっくり返りそうになっている選手もチラホラ。柔軟性の大切さがよくわかりました。最後に注意点も確認して、今回の講座のメニューが終了しました。

 その後に行われた質問コーナーでは、中学生の多くが疑問に思う、「筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるってホントですか?」という質問が。その答えは、「身長が伸び終わる時期から、成長ホルモンが出て筋肉がつき始めるので、身長が止まったように見える」とのこと。身長に関しては、「お父さんやお母さんの身長をみれば、大体どのくらいになるかわかるんじゃないかな」という岡田先生の言葉に、後方で見守っていた親御さんたちを振り返る選手も…。

 こうして2時間半近くに及んだトレーニング講習会は和やかに幕を閉じました。
 今まで、私立の中学校で講習会をすることが多かったという岡田先生。高校野球と違い、中学野球ではトレーニングの知識も必要性もまだ広まっていないといいます。ただ、ケガをしないための体を作るということは高校野球に必ずつながっていきます。
 講習会に潜入した編集部Hもカメラがよくぶれるので、中腰の体勢を維持できるよう、腰の柔軟性を高めることを決意しました。

 岡田千詠子先生はトレーニング講習会を随時開催しています。岡田先生の連絡先はkohga@gmail.comです! トレーニングのことやケガの予防についてはもちろんのこと、リハビリのサポートも岡田先生の得意分野だそうです。(『静岡高校野球』編集部)

<写真/盛り上がりながらも真剣に学んでいる竜洋中野球部の選手たち&熱心でわかりやすい指導をしてくれた岡田千詠子先生>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます!

 昨年、当ブログを見て下さった皆様、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年は、念願の静岡の高校野球本『静岡高校野球2012』を出すことができました。今年も『静岡高校野球2013』発売に向けて、このブログやTwitter、Facebookで進行状況や、取材のことなどを報告していきたいと思っています。 2人しかいない編集部ですが、コンパクトさを生かして、小回りのきいた動きで頑張ります。お勧め選手や、面白い試合がありましたら、ぜひ教えて下さい。

Twitter 「静岡高校野球」編集部
http://twitter.com/shizuokabb

Facebook 静岡高校野球
http://www.facebook.com/shizuokabb

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

「野球太郎No.002」でヤクルトのドラ1・石山を取材!

Taroh

 『野球太郎No.002』が発売になりました。今回は「2012ドラフト総決算プレミアム特集号」です。

 僕は、「野球太郎ストーリーズ」というコーナーでヤクルトにドラフト1位指名された石山泰稚(ヤマハ)についての記事を書きました。4ページに渡って石山の野球人生を振り返りました。
 本人への取材はドラフト1週間後に行ったのですが、「ドラフト後はお祝いメールや連絡が多く、こういった取材もあり、練習ができない感じなのですが…。でも、やることは一緒なんで、いつものように普段通りにやっています」とあくまでマイペースを貫いていたのが印象的でした。

Ishiyama_2 紙面では掲載できなかったのですが、取材時のこぼれ話を紹介したいと思います。
 取材の最後で「静岡に来て一番の思い出は?」と尋ねると、「鰻を食べたことです」と即答してくれた石山。なんでもインターネットで店を調べ、美味しそうな店を選んでいってみたとか。気になる味は、「奮発した甲斐があり、かなり美味しかったです」とのこと。僕が「○○○っていう鰻店もいいよ」と教えてあげると、早速、店の名前をチェックしていました。さらに「白焼きってどうなんですか?」と興味津々。ヤマハで急成長した要因の一つに「鰻パワー」があるのかもしれませんね。
 プロにいっても、バテたときには、ぜひ静岡に戻って鰻を食べて欲しいです。

 その他、鈴木翔太(聖隷クリストファー)が「2013年ドラフト候補名鑑」の中で紹介されています。
 ぜひ、本屋さんで手にとって下さい!(編集部・栗山)

<写真/念願のプロ入りを果たした石山泰稚(ヤマハ)>

★野球太郎のフェイスブックページはこちら→http://www.facebook.com/yakyutaro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

神奈川県で野球のフリーペーパーが創刊!

Kanagawa_4

 静岡のお隣、神奈川県で野球のフリーペーパーが創刊されました。その名もBK(Baseball Kanagawa)。創刊号の表紙は、今夏、甲子園で話題をさらった松井裕樹(桐光学園)で、高校野球から、大学・社会人・女子野球まで幅広く野球の話題を取り扱っています。フリーペーパーとはいえ、36ページとボリューム満点で、これをタダでもらってもいいのかな? という盛りだくさんの内容でした。横浜商科大の紹介ページでは、吉原商(現富士市立)出身の山崎珠嗣も取り上げられています。

 最近、県単位の野球雑誌やフリーペーパーの創刊が相次いでいます。『静岡高校野球』も負けないように、来年に向けて取材を行ったり、企画を考えているところです。詳細がきまりましたら、随時、こちららのブログで報告していきます。

★BKについて詳しくはこちらをご覧下さい→http://www.samurai-a.co.jp/baseball-kanagawa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

ドラフトで県勢5名が指名!

 本日、プロ野球のドラフト会議が行われました。静岡県関連では以下の選手が指名されました。

石山泰稚(ヤマハ/投手)→ヤクルト1位
赤堀大智(セガサミー/外野手)→横浜4位 ※掛川西出身
高橋朋己(西濃運輸/投手)→西武4位 ※加藤学園出身
森下宗(愛知工業大/外野手)→広島育成2位 ※掛川工出身
西川拓喜(福井ミラクルエレファンツ/外野手)→オリックス育成2位 ※三島出身

1210251

 ヤクルトに1位指名を受けた石山泰稚(ヤマハ)は最速147キロを誇る本格派右腕。バランスのいいフォームが魅力で、まだまだノビシロも秘めています。先発、リリーフ、どんな使い方もできるだけに楽しみです。
 赤堀大智(セガサミー)は掛川西時代から大型選手として注目を浴びた逸材です。高校時代から見てきた選手だけに、ようやくのプロ入りで僕も嬉しい限りです。
 即戦力として期待されるのは高橋朋己(西濃運輸)。大学、社会人で急成長を果たし、左腕から140キロ台後半を投げ込みます。
 育成ドラフトで指名された森下宗(愛知工業大)は50メートル6秒を切る俊足選手です。高校時代に森下を指導した矢部真吾氏(前掛川工監督)からこんなコメントを頂きました。
 「高校に入学したときには体が小さく、器用な面はありましたが、その後、プロにいくとは全く想像していなかった子です。それが、ウェイト、食事のトレーニングなど、本人の努力で力をつけてきましたね。大学に入ってからのプレーを見ていても、本当に一生懸命に走っている。内面もしっかりしています。プロでは、足と守備を生かして、松本哲也選手(巨人)のような道を歩んでもらいたいです」。
 同じく育成ドラフトで指名を受けた西川拓喜は170センチと小柄ですが、こちらも足が武器の選手。好打も評価されているので、登録を目指して頑張ってほしいです。

 指名された5選手のプロでの活躍を楽しみにしています!(編集部・栗山) 

<写真/ヤクルト1位指名の石山泰稚(ヤマハ)>

【今日は石山の指名記念に投球フォームの動画をアップしました。昨年秋に撮影したものです。フォームの美しさ、腕の振りの良さに惚れぼれします。】

※石山(ヤマハ)の過去の記事はこちらです。http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/08/post-c504.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

静岡高校野球 東京野球ブックフェア特別号

Shizuokakokoyakyuomote_2

Shizuokakokoyakyuura

 先日参加した東京野球ブックフェアで来場された方にお配りした「静岡高校野球 東京野球ブックフェア特別号」をPDFと画像にしました。興味のある方はぜひご覧ください。

 表面は現在の中2~高3の静岡県を代表する選手たちを扱いました。裏の編集部イチオシ選手では、趣味に走った選手紹介をしています(特にHさん)。

 裏面では東海大会に触れましたが、来年のセンバツは記念大会ということで東海は3枠になります。今年は本当にチャンスなので、静岡、常葉学園菊川、飛龍の3校には期待したいですね。今年は静岡県で開催されるので、前評判が高い三重県や、黄金世代の東邦(愛知1位)が地元で見られるのも楽しみです。

「shizuokakokoyakyu.pdf」をダウンロード

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

東京野球ブックフェア、大盛況でした!

1210152_2 昨日、東京・月島の相生の里で「第2回東京野球ブックフェア」が行われました。先日お伝えしたとおり、『静岡高校野球』も参戦。当日、用意してもらった場所は、以前は『野球小僧』、現在は『野球太郎』の表紙を飾る人形でおなじみの佐野文二郎さんと岩手のスポーツ雑誌『スタンダード』さんの間! 佐野さんはさすがアーティストで、ブース自体が作品のようになっているし、『スタンダード』は著名な地方誌ということで、ちょっと焦ってしまいましたが、頑張って 『静岡高校野球』をアピールしてきました。
 さすがに『静岡高校野球』の存在を知らない方ばかりで、そこまでニッチな存在があるのかと驚いてた方も多かったです。しかし、このブログを見て、『静岡高校野球』を目当てにこのイベントに来たという方も数人おり、すごく感激しました。静岡出身の方にも声をかけていただいて、嬉しかったです。

1210151

 全国のアマ野球が好きな方とも色々とお話をしましたが、中でも鈴木翔太(聖隷クリストファー)、高橋遥人(常葉学園橘)、國松歩(静岡商)の名前はよく上がり、知名度の高さを感じました。特に、國松はまだ1年生で、甲子園にも出ていないのに、「中学時代に有名だったんですよね」とか「軟式だったんですよね」と情報を持っている方が多く、ビックリしました。

 そのほかにも、この日は野球本の古本市、トークライブなど、イベントが盛りだくさんで、野球好きにはたまらない空間だったと思います。ぜひ、来年も参加したいです。

 なお、当日、会場で配ったこの日限定のチラシは今週中にアップする予定です。

<写真上/屋外スペースで行われた野球本の古本市。掘り出し物がいっぱいありました>
<写真下/『静岡高校野球』のブースの様子。有望選手の動画も流しました>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧