ドラフト

2019年10月17日 (木)

ドラフト会議、県内関連3選手指名!

 本日のドラフト会議、県内関連は以下の3選手が指名を受けました。おめでとうございます。

★横浜DeNA1位/森敬斗(桐蔭学園)※島田ボーイズ出身
★オリックス2位/紅林弘太郎(駿河総合)
★阪神育成2位/奥山皓太(静岡大)

10181

10182  編集部では駿河総合、静岡大で取材してきました。紅林はオリックス2位で指名されると、「期待にこたえられるようにしたい」とコメント。一方、静岡大から初めてのプロ野球選手となる奥山は、「本当に指名されるのか半信半疑だったが、指名を受けて気が引き締まった」と冷静に話し、その上で「糸井(嘉男)選手のような走攻守の三拍子が揃った選手になりたい」と抱負を語ってくれました 。ここからが本当の勝負になります。頑張って下さい!

駿河総合・望月俊治監督
「高い評価をしていただいてありがたいです。プロに入れば、一流選手との差を感じると思いますが、物おじする選手ではなく、どうすれば追いつけるのか、勝てるのかを考えられる選手です。息の長いプレイヤーになってもらいたいです」

静岡大・高山慎弘監督
「まさか指名されるとは思っていませんでした。夢のような気分です。育成でも、この世界に入ったからにはテッペンまで行くチャンスはある。今後はすべてを野球に注げる環境の中で、甲子園で結果を出せる選手になってほしいです」

<写真上/3年生の部員から花束を受け取る紅林弘太郎(駿河総合)>
<写真下/高山慎弘監督と握手する奥山皓太(静岡大)>

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

大型外野手・奥山皓太(静岡大)がプロ志望届提出!

09191  静岡大の奥山皓太がプロ志望届を提出しました。 
 186センチ93キロという堂々とした体格を持つ大型外野手。身体能力の高さがウリで、走れば50メートル5秒9 、投げれば遠投120メートルの強肩を誇ります。 
 山梨・甲府西から静岡大に入学。元々は投手でしたが、3年秋から本格的に野手として出場しています。噂を聞きつけ、この秋のリーグ戦にはプロ数球団のスカウトが視察。開幕戦ではセンターから強肩を披露しました。
 打撃など荒削りな部分もありますが、伸びしろを秘める大器。ドラフトに向けて最後のアピールに期待です!(編集部・栗山)

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

県内3選手がプロ志望届を提出!

09042 日本高野連はプロ志望届の掲載を開始し、県内からは栗田和斗(知徳)、紅林弘太郎(駿河総合)、塩﨑栄多(浜松工)の3選手が公示されました。

  栗田は187センチの長身右腕。夏前には147キロをマークし、プロのスカウトから注目を浴びました。夏の大会後も、毎日走り込みを中心としたトレーニングを積み、「球速がアップしている感じはある」と進化が止まりません。

09041 今夏、県準優勝に導いた紅林は大型の遊撃手。高校通算40本塁打の長打力に加え、柔らかいグラブさばきと強肩が武器です。この春にU18日本代表候補合宿を経験。「より高いレベルを意識するようになった」と刺激を受け、プロ志望へ。上位での指名も期待されます。

09043  塩﨑は鋭いスイングが持ち味の外野手。ライナー性の猛烈な打球を左右両方向に飛ばします。荒削りながら、将来性が高く評価されています。

 運命のドラフト会議は10月17日。吉報を待ちたいです!

<写真/上から栗田和斗(知徳)、紅林弘太郎(駿河総合)、塩﨑栄多(浜松工)>

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

ドラフト会議、県内関連は4選手が指名されました!

 本日のドラフト会議、県内関連は以下の4選手が指名を受けました。おめでとうございます。

★福岡ソフトバンク2位/杉山一樹(三菱重工広島)※駿河総合出身
★横浜DeNA3位/大貫晋一(新日鐵住金鹿島)※桐陽出身
★広島育成1位/大盛穂(静岡産業大)※飛龍出身
★楽天育成2位/則本佳樹(山岸ロジスターズ)

10251_2 編集部は静岡産業大にて待機。19時40分過ぎ、広島の育成1位で、大盛穂が指名を受けました。その後の記者会見では「正直なところ、信じられない気持ちがあります。自分の大好きな広島カープに選んでいただき嬉しいです」とホッとした様子でした。走攻守のすべてでスピード感があり、広島にピッタリと合いそうな選手。「まずは支配化になり、センターのレギュラーを獲りたいです」と抱負を語ってくれました。
 また、最速147キロ右腕・鈴木彩隼は支配化でプロ入りを狙っていましたが、残念ながら指名がありませんでした。「社会人に行って、スピード、制球力を上げていきます」とコメント。まだまだ成長段階にある投手ですので、社会人でどんな成長を見せるのか楽しみです。2年後のプロ入りを期待しています。

<写真/ドラフト指名を受け、萩原輝久監督と握手する大盛穂(静岡産業大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

ドラフト会議で県勢、5選手が指名されました!

 本日のドラフト会議、県勢からは以下の5選手が指名を受けました。おめでとうございます。編集部では指名直後、鈴木博志(ヤマハ)と佐々木健(小笠)に話を伺ってきました。

★中日1位/鈴木博志(ヤマハ)※磐田東出身
★阪神2位/髙橋遥人(亜細亜大)※常葉橘出身
★広島育成3位/佐々木健(小笠)
★オリックス育成3位/比屋根人(飛龍)
★オリックス育成4位/木須デゾウザフェリペ(御殿場西)

鈴木博志(ヤマハ)
10261_31位という順位は光栄に思い、身が引き締まる思いです。中日は地元の球団で浜松でもファンが多いイメージ。先発、中継ぎ、抑え、どこでもいけるようにトレーニングしたいです。プロで対戦してみたいのは、日本を代表する筒香嘉智選手(横浜DeNA)です。ただ、今は(11月の)日本選手権のことで頭がいっぱい。プロでの目標は日本選手権が終わってから考えたいです。磐田東時代の同級生の齋藤誠哉とはリーグは違いますけど、またプロの世界で会えたらなと思います」

佐々木健(小笠)  
10262「育成ドラフトが始まってから緊張していましたが、指名された瞬間は嬉しくてホッとしました。広島はとても強くて、チームワークが良いイメージを持っています。プロでストレートを磨いて、将来は大谷翔平(日本ハム)のように160キロを投げたいです。一日でも早く支配化登録されるように頑張ります」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

ドラフト会議で県勢、4選手が指名されました!

 本日のドラフト会議、県勢からは以下の4選手が指名を受けました。おめでとうございます。指名直後、鈴木と加藤に話を伺ってきました!

★西武4位/鈴木将平(静岡)
★巨人4位/池田駿(ヤマハ)
★西武5位/平井克典(ホンダ鈴鹿)※飛龍出身
★巨人育成2位/加藤脩平(磐田東)

10201_2鈴木将平(静岡)
「本当にどこに指名されるのかが分からない状況だったので、今日一日、楽しみにしていました。指名されて、安心しました。西武は勝ちにこだわる球団という印象があるので、そのチームの一員として活躍できればと思います。自分の武器は足をバットコントロールです。それを生かし、できれば来年のうちに1軍に上がって、多くの舞台を経験したいです」

10202加藤脩平(磐田東)
「今日は絶対に指名があると信じて待っていました。指名された時は、ちょうどテレビがCMに入ったところで…。みんなから『おめでとう』と言われ、ようやく実感がわいてきました。プロでは、バッティングと肩を生かして外野手として勝負していきます。1日でも早く支配下選手になり、巨人という伝統のある球団の名に恥じないような活躍がしたいです」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

独立リーグを目指す大型右腕・寺本悠眞(東海大海洋学部)

 いよいよ、10月20日に迫ったドラフト会議。本日、プロ志望届が締め切られました。静岡関連選手の提出者は以下の5名となりました。

★鈴木将平(静岡)
★加藤脩平(磐田東)
★今村亮(市立沼津→東海大海洋学部)
★小林弘郁(市立沼津→愛知東邦大)
★岩本喜照(常葉菊川→九州共立大)

10061 じつはもう一人、静岡リーグに独立リーグを目指す投手がいます。東海大海洋学部の寺本悠眞(大阪・興国高出身)です。身長186センチから140キロ台前半のストレートを投げ込む大型右腕。しかし、これだけのスペックがありながら、全くの無名です。というのも大学入学後、故障に苦しみ、リーグで登板したのはわずか数試合。同学年の今村亮に隠れ、ほとんどその存在は知られていませんでした。
 それでも、4年夏のオープン戦では愛知工業大相手に完封。結局、ここまで立ち上がりの制球に不安があり、公式戦での登板数は少なかったのですが、手塚慎太郎監督が「どんなピッチャーになるのか楽しみ」と期待する逸材です。

 僕も自分の目で一度見たいと思っていたところ、10月4日の常葉大浜松キャンパス戦の6回2死からマウンドに上がってくれました。いきなり四球を出すも、前の打席で満塁本塁打を放った絶好調の4番・上野亮一を三振に切ってとります。さらに、続く7回も無安打に抑え、役割を果たしました。
 フォームは粗削りですが、真上から投げ下ろすので角度があり、フォークという決め球を持っているのが長所。もう少しスピードが上がってくれば、少々、制球が乱れても、力で抑え込める投手になることも可能でしょう。
 上のレベルにいって、何かのきっかけで大化けの可能性もある有望株。ぜひ、独立リーグに入団し、ゆくゆくは夢のNBP入りと果たしてもらいたいと思います。(編集部・栗山)

※寺本悠眞投手の動画をアップしました。1球のみですが、ご覧ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)