独立リーグ

2019年3月20日 (水)

オープン戦 石川ミリオンスターズvs福井ミラクルエレファンツ

 昨日は石川県03201金沢市へ。BCリーグの石川ミリオンスターズと福井ミラクルエレファンツのオープン戦を見ていました。この両チームには静岡県関連選手が5名在籍。全員が出場してくれました。
 
 まず、福井ミラクルエレファンツはルーキーの工藤祐二朗(韮山出身)が「2番セカンド」でスタメン出場。フル出場し、内野安打2本、盗塁1の活躍でした。守備はセカンドだけでなく、7回からファーストへ。慣れないポジションでもソツなくこなしていました。大学時代は出場機会が少なかったのですが、ゲームの中で味を出す選手。試合に出られることに喜びを感じている様子で、溌剌とプレーしていました。
03202 また、2年目の寺田祐貴(磐田東出身)が途中出場。1打席目にレフト前安打を放つと、2打席目は大きなレフトフライ。そして、3打席目にはライト前に持っていきました。1年目は苦労したと聞きますが、打席でいい雰囲気が出てきました。今年は期待できます。
 
 一方の石川ミリオンスターズは、「8番ファースト」の荒川顕人(日大三島出身)が3安打をマーク。大学時代よりも体が一回り大きくなり、スイングが力強くなっていました。さらに、伊藤塁(飛龍出身)が3番手投手で登板。右サイドから139キロのストレートを投げ込んでいました。昨日は安打こそ出ませんでしたが、「3番ライト」で出場した荒谷勇己(静清出身)も楽しみです!(編集部・栗山)
<写真/上から工藤祐二朗、寺田祐貴(ともに福井ミラクルエレファンツ)>

| | コメント (0)

2018年1月31日 (水)

「静岡高校野球2018早春号」訂正のお知らせ~明星大・荒川(日大三島出身)が石川の練習生へ

 昨日、「静岡高校野球2018早春号」が発売となりました。すでに多くの方に手に取っていただけているようで、嬉しい限りです。ありがとうございます。
 その中で記述に誤りがございましたので、ここで訂正させていただきます。
 11ページの「静岡球児のネクストステージ」の中で明星大・荒川顕人(日大三島出身)の進路が「山岸ロジスターズ」となっていますが、正しくは「石川ミリオンスターズ」でした。
 関係者の皆様、読者の皆様にはご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます。

01311 荒川はBCリーグの「石川ミリオンスターズ」に練習生として入団が決定。このオフには大学の先輩・南要輔(楽天)、松原聖弥(巨人)と一緒にトレーニングを積み、レベルアップをはかったそうです。「一日でも早く支配化登録され、将来は企業チームでプレーしたい」とのこと。同じ「石川ミリオンスターズ」には常葉菊川出身の桒原凌が在籍。さらに、飛龍出身の伊藤塁も加入します。静岡県勢でチームをグイグイと引っ張って欲しいです。(編集部・栗山)

★過去の明星大・荒川の記事です→http://bit.ly/2yWeMi4

<写真/柔らかいグラブさばきが印象的な荒川顕人(明星大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)